Java Edition 19w36a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 19w36a
19w36a.jpeg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2019年9月4日

親バージョン

1.15

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコル
バージョン

552

データバージョン

2203

Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
訳註
亀甲括弧内の日本語訳は確定したものではありません。今後変更が行われる場合があります。

19w36aは、2019年9月4日にリリースされたJava Edition 1.15の3番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、Bedrock Editionに実装されている多くの要素が追加された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

ゲームルール

全般[編集 | ソースを編集]

タグ
  • エンティティタグ minecraft:beehive_inhabitors が追加された。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ベッド
  • 日中就寝をしようとした際に、プレイヤーのスポーン地点がそのベッドに設定されるようになった。
Bee hive〔養蜂箱〕
  • レッドストーン信号が入力された際に、音が鳴るようになった。
ディスペンサー
  • ディスペンサーから発射されたロケット花火が、発射された方向に飛ぶようになった。
濡れたスポンジ
  • ネザー設置すると乾燥するようになった。

アイテム[編集 | ソースを編集]

Honey bottle〔ハチミツ入りの瓶〕

Mob[編集 | ソースを編集]

Bee〔ミツバチ〕

全般[編集 | ソースを編集]

Mod開発
  • 難読化マップが、このバージョンを含め今後のすべてのバージョンで公開されるようになった。
    • Does not change the existing restrictions on what may or may not be done with game code or assets.
    • Links to the obfuscation mappings are included in the version's accompanying .json file.
チャンクフォーマット
  • Biome information now stores Y-coordinates, allowing biomes to be changed based on height; previously, biome information only stored X and Z coordinates.
    • The Nbtsheet.png Biomes array in the Nbtsheet.png Level tag for each chunk now contains 1024 integers instead of 256.

修正[編集 | ソースを編集]

21個のバグを修正
1.15以前にリリースされたバージョンから
  • MC-117914 – Entities crossing dimensions through nether portal causes tremendous lag.
  • MC-158677 – Ender dragon freezes the server if there is no end stone in the end.
  • MC-158978 – "Create New World" button in the world creation menu is enabled after returning from the world customize menu, allowing world names to be left blank.
1.15の開発版から
  • MC-159359 – Dispensers ignore honey level when collecting honey from hives/nests.
  • MC-159370 – Bees suffocate when against a solid block ceiling.
  • MC-159383 – Copying a bee nest/hive with NBT duplicates the bees inside of it as well, causing multiple bees with the same UUID to exist in the same world at the same time.
  • MC-159385 – Bees are not affected by Bane of Arthropods enchantment.
  • MC-159395 – Honey level of bee hives does not increase, as opposed to bee nests.
  • MC-159424 – Hostile bees will not sting the player if they have a flower in their hand.
  • MC-159441 – Bees stay leashed when leaving a bee hive, despite having dropped their lead when entering it, thus duplicating the lead.
  • MC-159515 – Bees do not sleep at night.
  • MC-159518 – Bees stop their animations when standing still, even when still in the air.
  • MC-159558 – Bees attempt to sting the player even after they have already stung the player.
  • MC-159560 – Semi-transparent pixels on bee textures.
  • MC-159584 – When a bee nest/hive with a bee inside is destroyed on creative, the bees inside disappear.
  • MC-159743 – Bee textures have inconsistent amounts of nectar.
  • MC-159880 – Bee duplicate passenger entities when entering and leaving hives.
  • MC-160008 – Drinking honey bottles does not immediately make a sound.
以前の開発版から
  • MC-160254 – Bees do not pollinate lilacs, rose bushes or peonies.
非公開のバグ
  • MC-140507 – Overloading a chunk with data will cause it to revert to its old state.[1]
  • MC-159419 – Custom beehive item can be used to spawn any entity, including command blocks.[1]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. a b c "Minecraft Snapshot 19w36a" – Minecraft.net、2019年9月4日