Java Edition 18w43c

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
18w43c
18w43a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年10月26日

親バージョン

1.14

ダウンロード

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

442

データバージョン

1903

18w43c は、1.14 の3番目のスナップショットである[1]。このスナップショットは、18w43a および 18w43b でのバグが修正された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

デバッグ画面
  • シングルプレイで、Alt+F3 を押すとサーバーの秒間のティックレートが表示されるようになった
  • Alt+F3 に、min/avg/max(最小/平均/最大)ティック時間が表示されるようになった

変更要素[編集 | ソースを編集]

パフォーマンス
  • Mob のスポーン上限が無限に増えないようになった
  • クライアントおよびサーバーにおける処理遅延が改善された
  • パフォーマンスが改善された

修正[編集 | ソースを編集]

15個のバグを修正
1.14以前にリリースされたバージョンから
  • MC-40380 – 頭を別のブロックで置換するとアイテムとしてドロップする
  • MC-129433/locate Villageがスーパーフラットのワールドで機能しない
  • MC-131749 – スーパーフラットの「廃坑」生成設定で廃坑が生成されない
  • MC-134849 – フルスクリーンでのVSyncによるマウスのジッター
  • MC-136902 – ワールドを1.7.10から1.13.1に更新すると、海底神殿が生成されない
1.14の開発版から
  • MC-137487 – クラッシュ: メモリ接続のティック – java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException: -1
  • MC-137497 – スポーンする Mob の数が異常に多い
  • MC-137521 – レンダリング距離が短いとエンティティが見えなくなる
  • MC-137571 – 本と羽ペンで '§' を使用した後、カーソルの位置がずれる
  • MC-137697 – NBT リストがカンマ区切りを使わず "interpret" を使用している
以前の開発版から
  • MC-137580 – 壊して再び設置したシュルカーボックスがインベントリをリセットする
  • MC-137602 – Java 10 においてブロックモデルが描画されない(ConcurrentModificationException
  • MC-137706 – 本の難読化されたテキストを選択するとゲームがクラッシュする
  • MC-137715/dropでプレーヤーに一回minecraft:emptyをドロップすると予期せぬエラーが発生する
  • MC-137903/fill コマンドでクライアント側の明るさが更新されない

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. "Minecraft Snapshot 18w43c" – Minecraft.net、2018年10月24日