Java Edition 18w10d

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
18w10d
18w10a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年3月9日

親バージョン

1.13

プロトコルバージョン

367

データバージョン

1477

18w10d[1]は、1.13の27番目のスナップショットである。

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

の挙動
  • 描写が大幅に最適化された

Mob[編集 | ソースを編集]

ファントム
  • 日光で燃えるようになった
    • 日中にデスポーンしなくなった

ブロック[編集 | ソースを編集]

サンゴ
  • Warm Ocean(暖かい海洋)に自然生成されるようになった
シュルカーボックス
  • 大釜で脱色できるようになった
    • 満杯になっている大釜に使用することで可能となる
    • 脱色すると、大釜の水位は 1つ減る

修正[編集 | ソースを編集]

6個のバグを修正
以前の開発版から
  • MC-126912 – 流れる水が、見えないブロックを作り出している
  • MC-126914 – スポンジが、水の位置にあるブロックまでもを消してしまう
  • MC-126920 – 水が下向きに流れない
  • MC-126927 – 水が階段の背面を貫通する
  • MC-126936 – 釣竿の浮きがすぐ沈む
  • MC-126944 – ボートが沈む

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Snapshot 18w10d」 – Minecraft.net、2018年3月10日