Java Edition 18w10c

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
18w10c
18w10a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年3月7日

親バージョン

1.13

プロトコルバージョン

366

データバージョン

1476

18w10c[1]は、1.13の26番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

の挙動
  • 新しいものになった
    • 階段、ハーフブロック、フェンス、丸石の壁、鉄格子、板ガラスが設置されている位置に、水を設置できるようになった
      • 将来的には、より多くのブロックで同じことができるようになる
    • 水は上記のブロックの位置から流れることはできるが、流れ込むことはできない
    • 静止した水になると、水ブロックとしてカウントされる
      • 泳ぎなどのゲームプレイに利用される
    • 上記のブロックの位置に設置された水は、全ての方向に流れる
      • これは将来的に変更される可能性がある
    • 上記のブロックは minecraft:waterlogged の Tag の機能を持っている
    • Bubble Column や Kelp などが、常に水源をカウントしている
Tag
  • minecraft:water_hackedminecraft:waterlogged のブロックの Tag が削除された

ブロック[編集 | ソースを編集]

flowing_waterflowing_lava
  • 削除された

変更要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

Phantom
  • アンデッドに分類された
    • これにより、治癒のポーションでダメージを受け、負傷のポーションで体力が回復するようになる


脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Snapshot 18w10c」 –Minecraft.net、2018年3月9日