Java Edition 18w10b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
18w10b
18w10a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年3月7日

親バージョン

1.13

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

プロトコルバージョン

365

データバージョン

1474

18w10b[1]は、1.13の25番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

サウンド
  • より多くの水中の環境音が追加された
  • 熱帯魚の効果音が追加された

ブロック[編集 | ソースを編集]

死んだサンゴブロック
  • 各色に対応したものが追加された
シュルカーボックス
  • 染められていないものが追加された
  • Bedrock Editionからの移植要素である

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

死んだサンゴブロック
  • 新たに5種が追加されたため、これまで代替的に用いられていたテクスチャが削除された
サンゴ
  • ミレポラサンゴのテクスチャが変更された
シュルカーボックス
  • 紫色のシュルカーボックスにおいて、テクスチャが適切な色に変更された

修正[編集 | ソースを編集]

2個のバグを修正
1.13の開発版から
  • MC-126501 – Coral Blockの名前が小文字で表示される(英語版のみ)
  • MC-126564 – 死んだサンゴが1種類のテクスチャしか持たない事で、生きているサンゴブロックとのテクスチャパターンに矛盾が生じている

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Snapshot 18w10b」 –Minecraft.net、2018年3月6日