We are currently performing an upgrade to our software. This upgrade will bring MediaWiki from version 1.31 to 1.33. While the upgrade is being performed on your wiki it will be in read-only mode. For more information check here.

Java Edition 18w05a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
18w05a
18w05a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年1月31日

親バージョン

1.13

プロトコルバージョン

356

データバージョン

1464

18w05a[1] は、1.13 の16番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

全般
  • コマンド入力時の入力候補に、エンティティセレクター(@e など)が表示されるようになった
  • 曖昧なコマンドへの警告がログに表示されるようになった
/bossbar
  • /bossbar create <ID> <表示名 (JSON)> で Bossbar を作成出来る
    • ID は対象のバーに用いられ、(名前空間):ID と記述する(例:foo:bar
      • 指定されなかった場合、デフォルトで minecraft になる
    • 表示名 (JSON) はバーの表示名で、JSON形式のみ有効である
      • 例:
        • /bossbar create example:test "Hello World"
        • /bossbar create hello:world {"text":"Foo Bar","color":"red","bold":true}
  • /bossbar set <ID> name <新しい表示名 (JSON)> でバーの表示名を変更する
  • /bossbar set <ID> color <色> でテキストの色を変更する(テキストで指定されていない場合)
    • デフォルトは white である
  • /bossbar set <ID> style <スタイル> でバーのスタイルを変更する
    • デフォルトは progress である
    • notched_6notched_10notched_12notched_20、そして progress を使用できる
    • notched は目盛りの数を設定する
    • progress は目盛りの数を1に設定する
  • /bossbar set <ID> value <値> は現在のバーの値を変更する
    • デフォルトは 0 である
  • /bossbar set <ID> max <最大値> はバーの最大値を変更する
    • デフォルトは 100 である
  • /bossbar set <ID> visible <表示> はバーが表示されるかどうかを変更する
    • デフォルトは true である
  • /bossbar set <ID> players <プレイヤー名> はどのプレイヤーに対してバーを表示させるかを変更する
    • デフォルトは none である
  • /bossbar remove <ID> はバーを削除する
  • /bossbar list は作成したバーのリストを表示する
  • /bossbar get <ID> (max|players|value|visible) は要求された設定をコマンドの result として返す
/execute
  • サブコマンドとして /execute store (result|success) bossbar <ID> (value|max) <連鎖するコマンド> が追加された
    • バーの value または maxresult または success を代入する

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

Crowdin
  • 翻訳が更新された

修正[編集 | ソースを編集]

12個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-4923 – 火打石と打ち金とファイヤーチャージを使うことで、本来ありえない位置に着火することができる
  • MC-5037 – マントを着けたままブタやウマに乗ると、マントの動きがおかしくなる
  • MC-105591 – 耐久度の少ない火打石と打ち金やファイヤーチャージで着火しようとすると、たとえ着火できなかったとしても消費される
  • MC-120296F3 + Tpack.mcmeta を再読み込みすることができない
1.13の開発版から
  • MC-123460 – Data pack とリソースパックの pack.mcmeta の解析の際に投げられた JSON解析での例外が、適切にキャッチされない
  • MC-124048/advancementTab ↹ の補完機能を使用すると、末尾の空白が原因でエラーが発生する
  • MC-124056/scoreboard/teammembers 引数と target 引数、targets 引数がプレイヤー名を Tab ↹ で補完しない
以前の開発版から
  • MC-124360 – OS の言語設定が、/data get の実行結果テキストでの 倍率 引数に使用されている
  • MC-124379 – Data pack が関数を信頼できない方法で読み込む
  • MC-124384/triggerobjectives 引数がデフォルトで有効になっている
  • MC-124499/trigger を正常にトリガーした時の実行結果テキストが存在しない
  • MC-124616/setidletimeout のキックされるまでの時間が、分単位ではなく秒単位で表示される

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Snapshot 18w05a」 –Minecraft.net、2018年1月31日