Java Edition 15w43b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w43b
15w43a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年10月22日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

81

データバージョン

140

15w43bJava Edition 1.9の35番目のスナップショットであり、以前のスナップショットからのマルチプレイヤーの問題の修正や、カスタムドロップテーブルの動作の改善、字幕の追加が行われた。[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

字幕
  • 聴覚障害者向けに音声を表示する字幕。
    • Mobには個別の字幕がある。「クリーパーがダメージを受ける」など。
    • 「<」や「>」は音が鳴っている方向を指す。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • ガラスに直接隣接していると流れるアニメーションが表示されなくなった。

Mob[編集 | ソースを編集]

エルダーガーディアン
  • 生魚やプリズマリンクリスタルのドロップ確率を再変更。
    • 魚は50%、クリスタルは33%、何も落とさないのは16.7%で、ドロップ増加で増える。
ガスト
  • 火薬が0~2個、涙が0~1のドロップに戻り、通常通りドロップ増加で増えるようになった。
ウサギ
  • 再び稀にを落とすようになった。
  • 肉のドロップはドロップ増加の影響を受けなくなった。
スケルトン
  • 矢が0~2個、骨が0~2個のドロップに戻り、通常通りドロップ増加で増えるようになった。
イカ
  • イカスミを0~2個(1~3個だった)落とすようになり、通常通りドロップ増加で増えるようになった。
ウィザースケルトン
  • 石炭が0~2個ドロップするようになり、通常通りドロップ増加で増えるようになった。これでも15w42aよりは増えている。
  • 骨が0~2個のドロップに戻り、通常通りドロップ増加で増えるようになった。
ゾンビピッグマン
  • 腐肉が0~1個、金塊が0~1個のドロップに戻り、通常通りドロップ増加で増えるようになった。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

イグルー
  • 金のリンゴが常に存在するようになり、チャンクがアンロードされてからチェストが開けられても消滅しなくなった。
  • 地下室の壁の統一感が無くなった。

修正[編集 | ソースを編集]

9個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-2931 – ボートの位置が同期していない
  • MC-35790 – ガラスブロックの側面の水源が水流のアニメーションを表示する
  • MC-72878 – 子村人の名札が頭の内側に入っている
1.9の開発版から
  • MC-90096 – ディスペンサーがどの種類のボートも発射しない
  • MC-90576 – 氷渡りが水流を薄氷に変える
以前の開発版から
  • MC-91043パケット0/72 (ia)が思ったよりも大きく、パケット72の読み込み中に19バイトが余分に見つかった
  • MC-91044 – 言語選択画面が何もない
  • MC-91046 – デフォルトのリソースパックのpack.mcmetaがない
  • MC-91098 – ウサギがウサギの足を落とさない

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 15w43bは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]