Java Edition 15w38b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w38b
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年9月17日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

73

データバージョン

129

15w38b[1]Java Edition 1.9の25番目のスナップショットであり、いくつかのバグの修正や新しいスプラッシュの追加が行われた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュ
  • 「doot doot」を追加。

修正[編集 | ソースを編集]

9個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-88100 – ピストンで動かされたスライムブロックがエンティティを動かさない(動作を設定するだけ)
1.9の開発版から
  • MC-85730 – プレイヤーが死亡すると自分のスコアボードのタグがすべてクリアされる
  • MC-88764 – スコアボードのオブジェクトが入ったJSON看板が世界が再読込された際にチャンクを再生成する
以前の開発版から
  • MC-88832 – 白色の旗+盾=黒い盾.
  • MC-88833 – ピストンがエンティティを動かさない・跳ねさせない
  • MC-88843 – ブロックにはまったアイテムが上がらない
  • MC-88863 – 丸石の壁の当たり判定がめちゃくちゃ
  • MC-88870 – 花の当たり判定が大きすぎる
非公開の問題
  • MC-88837 – アイテムがプレイヤーのNBTを複製・堕落する[1]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このバージョンは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]