Java Edition 15w38a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w38a
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年9月16日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

72

データバージョン

128

15w38a[1]は1.9の24番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

NBTタグ
  • SkeletonTrap (バイト):このウマがスケルトントラップのウマであるかどうかを示す(プレイヤーがそのウマから10ブロック以内に入った際にそのウマが4人のアンデッド騎兵をその場にスポーンさせるかなど)。
    • /summon EntityHorse ~ ~1 ~10 {SkeletonTrap:1b}.
  • SkeletonTrapTime (整数):SkeletonTrapが1に設定されている場合、1ティックごとに増加する。Mobは18000(15分)に達すると自動的にデスポーンする。これにより、チキンジョッキーのような敵対馬がワールドに溢れなくなる。
    • /summon EntityHorse ~ ~1 ~10 {SkeletonTrap:1b,SkeletonTrapTime:17980}.
統計情報
  • プレイヤーがベッドを使用した回数を追跡する「ベッドで寝た回数」(stat.sleepInBed)を追加。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

作物
  • (作物が収穫されるごとに平均1 35から1 57に)、ジャガイモニンジン(作物が収穫されるごとに平均2 35から2 57に)、ビートルートの種(作物が収穫されるごとに平均45から2に)のドロップ確率を向上。
エンドロッド
  • ハーフブロックのようにジャンプせずに登れなくなった。
  • 雨天時の火事が少なくなった。
    • ageプロパティに応じて、炎ティックごとの消える確率が100%から0–45%に低下。

Mob[編集 | ソースを編集]

全般
  • MobのAIの改善。
ウマ
  • 「スケルトントラップ」のウマを追加。プレイヤーが10ブロック以内に接近すると次の事が発生する:
    • SkeletonTrapフラグがクリアされる。
    • ウマに雷が落ちる。
    • ウマに皮がある場合は骨だけになる。
    • ウマが飼いならされる。
    • ウマが完全に育ち(子の場合)繁殖クールダウンがリセットされる。
    • ウマに乗っているスケルトンがスポーンする。
      • ピースフルではスケルトンはスポーンしないがウマはスポーンする。
      • スケルトンは3秒間無敵である。
      • タグPersistenceRequiredがtrueに設定されるとスケルトンはデスポーンしない。
      • ランダムにスポーンして他のものをかぶっていなければスケルトンは鉄のヘルメットをかぶる。
      • スケルトンの弓とヘルメットは、エンチャントテーブルでのレベル5~22に相応するエンチャントがされる。
        • 地域難易度に応じてレベルが高くなり、イージーでは常にレベル5のエンチャントになる。
    • 周辺にスケルトンが乗ったスケルトンホースが3頭追加でスポーンする。
スケルトン
  • 新しい鳴き声サウンド。
  • 歩行、弓引き、射撃が同時に行えるようになった。
    • プレイヤーに近すぎる場合はプレイヤーから離れ、遠すぎる場合は近づいてくる。
      • とても遠い場合はダッシュしてくる。
  • 新しい「スケルトントラップ」のウマで「スケルトンホース」に乗ってスポーンするようになった。
飼いならしたヤマネコオオカミ
  • 名前が付いていなくても飼い主のチャットに死亡と殺害者が表示されるようになった。
村人

Mob以外のエンティティ[編集 | ソースを編集]

  • 自然に落ちた雷によって時々「スケルトントラップ」のスケルトンホースがスポーンするようになった。
    • 確率は地域難易度のスコアから計算される:5%×生の地域難易度スコア。
      • イージーでは3.75~7.5%、ノーマルでは7.5~20%、ハードでは11.25~33.75%の確率。

修正[編集 | ソースを編集]

29個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1230 – プレイヤーとMobが伸びている・引っ込んでいるピストンを通り抜けて落ちることがある
  • MC-1635 – 一部のブロックの当たり判定が壊れている
  • MC-1720 – 階段、大釜、カーペット、ロックされたホッパーの上でのアイテムのバウンド
  • MC-32850 – サーバーGUIのテキストボックスが空白である(.exeのみ)
  • MC-69652 – Mobを攻撃すると再び怒る
  • MC-73302 – ブロックの当たり判定の問題(Mobがブロックを通り抜けるなどの不具合)
  • MC-77972 – 1.8.2以降のキノコバイオームで巨大赤キノコがない
  • MC-78759 – ホッパーがアイテムを分割して「チェスト付きトロッコ」にする
  • MC-79995 – チェストに旗のアイテムがあり過ぎると6-7チェストほどで見えなくなる
  • MC-81738 – クラッシュ: IndexOutOfBoundsExceptionワールドのテッセレート中のブロックで
  • MC-88101 – 引っ込んでいるブロックがエンティティを正しく移動させない・跳ねさせない
  • MC-88480 – トロッコが2ブロック上のホッパーからのアイテムを受け入れる
1.9の開発版から
  • MC-83002 – 村人がビートルートやビートルートの種を拾わない
  • MC-83266 – ビートルートの農業が続かない
  • MC-86253 – マルチプレイヤーで盾を防御しているプレイヤーを他のプレイヤーが見ると通常の状態のように表示される
  • MC-86845 – コマンドブロック付きトロッコでサーバーからプレイヤーが追い出される
  • MC-87802 – 過度のバナー(ブロックの)が描画されない
  • MC-87946 – モンスターが壁越しにプレイヤーを見れる
以前の開発版から
  • MC-88357 – F3で高度限界の外または奈落に行くとクラッシュする
  • MC-88365 – Shiftキーを押しながら旗と盾を組み合わせてクリックすると旗のスタック全体がインベントリに移動するが、クラフトグリッドから旗が1つだけ削除され、残りの旗は複製される
  • MC-88377 – 何もない盾に旗をクラフトするとクラッシュする
  • MC-88396 – ピストンが伸びていないピストンを動かせない
  • MC-88428 – ピストンが黒曜石を押せる
  • MC-88438 – クリエイティブまたはサバイバルモードでツタをブロックに設置できない
  • MC-88446 – 無条件のインパルスのコマンドブロックがconditionMetと予期せぬ相互作用をする
  • MC-88470 – プレイヤーの描画距離以内のマルチプレイヤーゲームに参加すると「見えなくなる

  • MC-88499 – ジャングルの木の幹に「接して」育っているツタの一番上を壊すと全ての下のツタが壊される
  • MC-88812 – ホッパー: java.lang.NullPointerException: 画面の描画
  • MC-88815 – 2×2より大きな絵画を置けない

動画[編集 | ソースを編集]

slicedlimeによる動画:

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 15w38aは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]