Java Edition 15w35b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w35b
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年8月24日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

63

データバージョン

119

15w35b[1]Java Edition 1.9の15番目のスナップショットであり、ゾンビAIが無効になる問題や、エンドでのブロックの描画、エンドクリスタルの再生成など、様々なバグが修正された。

変更要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

ゾンビ
  • ゾンビのAIが無効になる問題を修正[2][3]
    • 15w35aの間にスポーンしたゾンビはまだAIがない。

修正[編集 | ソースを編集]

6個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-77163 – 代替モデルの選択問題
1.9の開発版から
  • MC-82816 – エンダードラゴンがスポーンしない
  • MC-86071 – ドラゴンの復活時にエンドクリスタルが復活しない
  • MC-86234 – ワールドを開くと、プレイヤーが既に南側から旋回したように見える
  • MC-86984 – エンドの新しいチャンクに新しく設置されたブロックが見えない
以前の開発版から

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このバージョンは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]