Java Edition 15w33a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 15w33a
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年8月12日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

55

データバージョン

111

15w33a[1]Java Edition 1.9の7番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

ドラゴンブレス
残留ポーション
  • スプラッシュポーションのように投げられる。
    • ポーションのパーティクルエフェクトが残る。
      • その中を歩いたエンティティに効果が付与される。
  • 全てのポーションの種類に対応しており、治癒のような即時効果でも機能する。
  • ドラゴンブレスと対応するスプラッシュポーションで醸造できる。
  • パーティクルの持続時間はデータタグで制御できる。
  • 他のポーションのようにスタックは出来ない。

コマンド[編集 | ソースを編集]

NBTタグ
  • Entityの子であるAreaEffectCloud(ID 3)を追加。
  • タグAge, Duration, WaitTime, ReapplicationDelay, DurationOnUse, RadiusOnUse, RadiusPerTick, Radius, OwnerUUIDLeast, OwnerUUIDMost, Particle, Color, EffectsAreaEffectCloudに追加。
  • ExactTeleportEndGatewayに追加。
  • LingerThrownPotionに追加。
スコアボード
  • 新しいオブジェクトの種類:armorとlevel。
    • 「armor」は、現在着用しているすべての防具で防御できる量を示す防具バーを記録する。
    • 「level」は、プレイヤーのレベルを、経験値の量ではなく、経験値バーの上の数字で記録する。

全般[編集 | ソースを編集]

統計情報
  • アイテムごとのドロップした数と拾い上げた数の統計。
    • stat.pickupstat.drop
スプラッシュ
  • 「More Digital!」を追加。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

コマンドブロック
  • 文字数制限が32767ではなく32500になった。
エンドゲートウェイブロック
  • テクスチャが角度と面に依存しなくなった。
    • 見えている面の星空は、遠近法による変形がなく、常に同じテクスチャが表示される。
      • その為、星空の一部ではないブロックの縁は見えない。
  • ビームのテクスチャが独自のものになった。

アイテム[編集 | ソースを編集]

ポーション
  • 毒のポーション(延長)、毒のポーションⅡ、再生のポーション(延長)の持続時間が減少。
  • 力のポーションのダメージのボーナスを130%ではなく3♥♥に変更(相対的から絶対的に)。
  • 弱化のポーションのダメージの減少を0.5 (♥ × 14)から4♥♥に変更。
  • 投げられるポーションをディスペンサーで使用する際に他の発射物と同じような動作をするようになった。
    • もっと遠くまで飛ぶようになった。
スポーンエッグ
  • スポーンエッグを数値データIDで指定できなくなった:give @p spawn_egg 1 50
    • スポーンエッグからスポーンできるアイテムはデータタグで指定されるようになった:give @p spawn_egg 1 {EntityTag:{id:"Creeper"}}

Mob[編集 | ソースを編集]

全般
  • HealF FloatタグをHealthに改名
    • その結果、元々のHealthタグのtypeはShortではなくFloatになった。
エンダードラゴン
  • 以前に追加されたエンドのエンティティを撃つようになった。
    • 発射物のようなファイヤーチャージ
    • 衝撃を与えるとドラゴンブレスが発生し、地面にが灯る。
      • ドラゴンブレスは残留ポーションのように層さし、特殊なエンティティ雲を形成する。
        • クモの中にいるプレイヤーはダメージを受ける。
  • ドラゴンがポータルの上にいる間はが逸れて燃えるようになった。

コマンド[編集 | ソースを編集]

NBTタグ
  • CommandStatsを使用するとQueryResultでエンティティが持っているスコアボードタグの数を取得できるようになった。
    • 例:/scoreboard players tag <ターゲット> listはターゲットに適用された「スコアボードタグ」の数を返す。
      • ターゲットに以前に3つのタグを追加していた場合は「3」のスコアが返される。
  • DataVersionEntityから削除。LivingBaseの子であるPlayer にのみ適用できるようになった。
  • LivingBaseの下のHealFを廃止。
  • LivingBaseの下のHealthのtypeを「Short」から「Float」に変更。
  • EndGatewayエンティティのLifeAgeに改名。
  • EquipmentArmorStandLivingから削除され、使用法が以前に追加されたHandItemsArmorItemsに置き換えられた。

全般[編集 | ソースを編集]

ブロック選択
  • サバイバルでは、ホットバーになくてもプレイヤーのインベントリに存在するアイテムであれば選択できるようになった。
  • クリエイティブでは、普通に使用すると存在するNBTを持つものではなくて新しいものが与えられるようになった。
  • ctrl+middle clickでアイテムが置き換えられなくなった。
    • 既存のアイテムは削除されずにインベントリに入れられる。
ツールチップ
  • ダメージの増加ではなく絶対的なダメージを表示するようになった。

修正[編集 | ソースを編集]

7個のバグを修正
1.9の開発版から
  • MC-82945 – UUIDエラー: UUIDが重複するエンティティを追加しようとしましたというメッセージ
  • MC-83731 – エンダードラゴンに/killを使用しても戦闘が終わらない
  • MC-84509 – エンドゲートウェイブロックのエフェクトが三人称視点でおかしく見える
  • MC-85288 – 「ワールドを保存」と「キャンセル」ボタンが入れ替わっている
  • MC-85382 – 範囲外のブロックにスポーンエッグを使用しようとするとエラーが発生する。
  • MC-85542 – エンダードラゴンがend_portalend_gatewayブロックを壊せる
以前の開発版から
  • MC-85397 – スポーンエッグでスポーンした大人のMobが「無効」であり、@eで選択できない。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 15w33aは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]