Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

Java Edition 15w32a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w32a
15w32aBanner.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年8月5日

親バージョン

1.9

プロトコルバージョン

52

データバージョン

100

15w32a[1] は、1.9 の4番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ワールド選択画面
  • 最後にプレイしたバージョンが15w32aよりも古い場合、ワールドに「unknown」と表示されるようになった
    • ワールドを一度も1.9のスナップショットで開いていない場合は、ワールド名の右端に感嘆符 (!) が表示される
    • それにカーソルを合わせると、次の文章も表示される: 「Don't forget to backup this world before you load it in this snapshot.」(このワールドを読み込む前に、バックアップを取ることを推奨します)
統計
  • sneakTime
    • プレイヤーがスニークキーを押している秒数の統計
Mob
  • クリーパー、スケルトン(ウィザースケルトンは除く)、ゾンビのMobの頭を装備しているプレイヤーは、近寄らない限りその Mob に気付かれなくなった
    • 具体的には、察知する範囲が半分になる。これは、スニークや透明化による察知範囲の縮小も上乗せされる

変更点[編集 | ソースを編集]

エンダードラゴン
  • 黒曜石の柱に登るプレイヤーを落とすための体当たりが再実装された
  • アシッドの攻撃が終わると、プレイヤーに体当たりしてくるようになった
  • アシッドの攻撃をする際に、プレイヤーが離れすぎていると攻撃を中止するようになった
  • アシッドの効果適応面積が大幅に増加された
    • これにより、エンダードラゴンの真後ろにいてもダメージを受けるようになった
  • 死ぬ直前にポータルへ戻るようになった
透明化のステータス効果
  • 透明になっているときに、スペクテーターモードと同じように第三者視点やインベントリ画面でプレイヤーの頭のみが表示されるようになった(自分自身にのみ)

修正[編集 | ソースを編集]

6個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-48730 – プレイヤーが透明であっても名前が表示されてしまう
1.9の開発版から
  • MC-82833 – シュルカーの弾がスペクテイターモード、クリエイティブモードでプレイヤーを追跡する
  • MC-84078 – 両手で釣竿を持ちながら釣りをすると、片方のみ浮きが投げられてるにもかかわらず手に持っている両方の釣竿の浮きがなくなる
以前の開発版から
  • MC-84253 – ほぼすべてのポーションとポーション効果が付いた矢の色が黒い
  • MC-84515 – ビーコンを発動させている場合やスプラッシュポーションを投げた時に表示されるパーティクルが表示されない
  • MC-84584 – エンドロッドをエンドロッドに設置すると、「hslsdjfksdlk」が2回出力ログに送信される

脚注[編集 | ソースを編集]