Java Edition 15w31b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
15w31b
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2015年7月30日

親バージョン

1.9

プロトコル
バージョン

50

15w31b[1] は、15w31a のいくつかのバグやクラッシュの問題を修正するためにリリースされた 1.9 の2番目のスナップショットである。

修正[編集 | ソースを編集]

26個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-14826 – リードがゲームの再起動またはチャンクの再読み込みで破損/消滅してしまう
以前の開発版から
  • MC-82808 – 新しい矢の名前が正しくない
  • MC-82809 – 光の矢のテクスチャーがエラーを起こしている
  • MC-82819 – サーバー上で空中浮遊のステータス効果を得ると、ハックと見なされキックされる
  • MC-82842 – マルチプレイ時にプレイヤーがブロックを採掘すると、そのプレイヤーの体が揺れる
  • MC-82859 – 地面に刺さった矢を拾うと、新しい矢のスタックが手に入る
  • MC-82863 – 光の矢で強調表示されている時に、アイテムが輪郭ではなく1マス分で表示される
  • MC-82873 – レール上でプロパティが取得できない
  • MC-82874 – 利き手を左に設定した状態で /kill を実行すると、利き手が右手になってしまう
  • MC-82876 – パーティクルの非表示が機能しない
  • MC-82880 – カカオ豆を植えていると、プロパティが取得できない
  • MC-82896/clear を実行すると、メインインベントリ以外のスロットがクリアされる
  • MC-82907 – 本と羽ペンに記入すると、結果がめちゃくちゃになる
  • MC-82938 – エンダーマンの腕と頭が誤配置されている
  • MC-83015 – 通常のレールが他の種類のレールと正しく連結しない
  • MC-83041 – 防具のスロットに /replaceitem を使用しても正常に機能しない
  • MC-83143 – Glowing のステータス効果が、防具や持っているアイテムが周りのチーム色ではない
  • MC-83187 – 看板の各行に開閉の引用符が表示される
  • MC-83313 – チャンクの保存の失敗時: java.io.UTFDataFormatException: encoded string too long: 65541 bytes
  • MC-83336 – アイテムがエンチャントされていてもプロパティを受け取らないため、エンチャントの効果が発揮されない
  • MC-83460/tellraw が機能しない
  • MC-83623 – 耐久性を持つアイテムが Unbreakable タグを使用すると、そのアイテムのモデルが破損する
  • MC-83709 – クリエイティブインベントリの「その他」タブでのスクロールの際に、1行飛ばされる
  • MC-83796 – インベントリメニューでプレイヤーのモデルが逆さまになっている
  • MC-83818 – リソースパックでマルチパートのブロック情報の処理を使用するとクラッシュをしてしまう
  • MC-83838 – ターゲット(オーナー)と Pos 位置が等しい場合に、ShulkerBullet のNBTタグが壊れてしまう

脚注[編集 | ソースを編集]