Java Edition 14w32d

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
14w32d
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2014年8月8日

親バージョン

1.8

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

36

14w32dJava Edition 1.8の45番目のスナップショットであり、14w32cでの専用サーバーに参加した際にクラッシュする・キックされるバグが修正された。[1][2]

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ドア
  • 全てのの種類に対応した新しい種類のドア
    • ドアによってテクスチャは異なり、窓がないものもある。
    • ドアのレシピでは同じ種類の木が6つ必要になった。

修正[編集 | ソースを編集]

9個のバグを修正
1.8以前にリリースされたバージョンから
  • MC-2117 – 描画距離が低いとビーコンの光線が見えない
  • MC-54818 – パワードレールがオフにならない
  • MC-66316/list/help 3に二回表示されている
1.8の開発版から
  • MC-45091 – パワードレールが更新されない
  • MC-48797 – バリアブロックで覆われたブロックが日光の値15になっている。また、バリアブロックの下にいる敵対Mobが日光の影響を受ける
  • MC-59681 – インベントリ・UIの草ブロックのテクスチャが変
  • MC-62980 – 16チャンクの描画距離でクラッシュする
  • MC-64399 – 矢の動作が変
以前の開発版から
  • MC-66143io.netty.channel.AbstractChannelHandlerContext invokeExceptionCaught - サーバーに参加できない

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 14w32dは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]