Java Edition 14w29b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
14w29b
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2014年7月16日[1]

親バージョン

1.8

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

29

14w29b[2]Java Edition 1.8の37番目のスナップショットであり、14w29aスナップショットでの一部のバグとクラッシュが修正されたが、主にスレッド化されたチャンクの描画の導入に役立った

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

最適化
  • スレッド化されたチャンクの描画

修正[編集 | ソースを編集]

18個のバグを修正
1.8以前にリリースされたバージョンから
1.8の開発版から
  • MC-46531 – 水中でイカをスペクテイターした際のテクスチャがおかしい
  • MC-48106 – エンティティのテレポートバグ
  • MC-54012 – ピストンアームがピストンの後ろから突き刺さっているように見える
  • MC-57876 – 村がサーバーに生成されるとかまどが正しく設置できない
  • MC-57939 – 延焼しないブロックの側面についたの回転が間違っている
  • MC-58037 – アイテムを適切に持てない
  • MC-58130 – 向いている方向のチャンクしか描画されない
  • MC-59923 – プレイヤーが設置したトラップドアが開く
  • MC-59986 – 背の高い草破壊後のIllegalArgumentException
  • MC-61449 – ピストンの当たり判定
  • MC-61454 – Pingインジケータがタブリストの右側に表示される
  • MC-62024村人ゾンビの頭のブロックが胴体に描画される
以前の開発版から
  • MC-62116 – 死亡後のプレイヤーのCommandStats{}がない
  • MC-62134#playersがサイドバーのスペースを取る

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 14w29bは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。.

脚注[編集 | ソースを編集]