Java Edition 14w10c

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
14w10c
14w10a Banner.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2014年3月7日

親バージョン

1.8

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

13

14w10cJava Edition 1.8の16番目のスナップショットであり、スナップショット14w10a14w10bでのバグとクラッシュの一部が修正された。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

鉄格子
  • 上下どちらかを他の鉄格子に接続しても、上下のテクスチャが描画されるようになった。[1]

修正[編集 | ソースを編集]

38個のバグを修正
1.8以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1305 – 鉄格子の当たり判定の位置がずれている
  • MC-2487 – 叩かれるとココアが光る
  • MC-3084 – 特定の角度でモデルの影がおかしい
  • MC-3151 – 新しいMobのAIが経路探索をする際に、ワールド制限や奈落を考えない
  • MC-3493 – 額縁が「ジャンプ」する
  • MC-7001 – 額縁に入ったアイテムを回転させると暗くなる(処理優先)
  • MC-8509 – 鉄格子の溝のテクスチャ
  • MC-25378 – 要塞のはしごが浮いている
  • MC-33030 – Mob(エンダーマン)をエンドで攻撃しても赤くならない
  • MC-43012 – 板ガラスのテクスチャがちらつく
  • MC-44607 – 車両内での窒息率の上昇
  • MC-50916{IsVillager:1}でスポーンしたゾンビピッグマンの村人の頭がない
1.8の開発版から
  • MC-45327 – 草ブロックがミップマップされない
  • MC-45346 – ケーキの当たり判定が離れている
  • MC-45869 – コマンドでリードを召喚するとクラッシュする
  • MC-46432 – フェンスがバリアブロックに繋がる
  • MC-47650 – ブロックドロップが間違った場所や壁の後ろに表示される。
  • MC-48284 – ドロップされたアイテムに赤い線がある
  • MC-48831 – "サトウキビ"のモデルが誤って表示される
  • MC-50219 – "少し壊れた金床"がインベントリで間違った方向を向いている
  • MC-50221on-line-mode=falseで起動した場合、サーバー起動時の例外「名前とIDの両方を空白にすることはできません」。
  • MC-50235 – エンドポータルフレームのテクスチャバグ
以前の開発版から
  • MC-50276 – 植えられたネザーウォートが紫と黒の市松模様のテクスチャで表示される
  • MC-50280 – 大釜の内側がない
  • MC-50288 – 14w10bに切り替えるとプレイヤーのデータがクリアされる
  • MC-50296 – 丸石の壁が正しくスタックされない・ポストがない・松明が浮く
  • MC-50309 – 感圧板がインベントリのアイコンで"押された"状態のグラフィックを使用している
  • MC-50322 – 草ブロックと鉄格子のテクスチャがちらつく
  • MC-50335 – 石レンガとつながったフェンスの一部のテクスチャがない
  • MC-50351 – 重なった砂岩のハーフブロックのテクスチャが壊れている
  • MC-50367 – 当たり判定の視線の位置が悪い
  • MC-50370 – リソースパックの切り替え時のモデル警告コンソールスパム
  • MC-50373 – 特定のブロックの描画が明るすぎる
  • MC-50396 – ドアの上半分と下半分を別々にモデル化できない
  • MC-50432 – クローン内のタイルエンティティ ... REPLACE FORCE領域が、2回目のクローン操作でバリアブロックに置き換えられる
  • MC-50448 – レールが地面から浮いている
  • MC-50453 – サーバーのクラッシュ
  • MC-50460 – 丸石の壁がバリアブロックに繋がる

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 14w10cは以前からランチャーから削除されていたが、2018年9月に再び追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. MC-50349 「意図したとおりに動作する」として解決