Java Edition 12w38b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 12w38b
12w38a Banner.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2012年9月21日

親バージョン

1.4.2

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

43

12w38bは、2012年9月21日にリリースされたJava Edition 1.4.2の7番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、12w38aでの一部のバグやクラッシュが修正された。

変更要素[編集 | ソースを編集]

サウンド
  • トロッコのサウンドが追加された
  • レベルが上がった時のサウンドが変更された
  • 落下ダメージを受けたときのサウンドが変更された
  • (12w38aで実装された)新しいブロック設置音が元に戻された
  • 新しい洞窟のサウンドが追加された
  • ファイヤーチャージを使ったときに火打石と打ち金と同じサウンドが鳴るようになった
ウィッチ
  • 自身を傷つけることができなくなった
  • テクスチャが少し変更された
  • ドロップアイテムが追加された
    • ポーションの材料およびを落とすようになった
    • 死ぬときに持っていたポーションを落とすことがある
クリーパー
  • クリーパーは一定の高さからプレイヤーの上に落ちてきたときに爆発するようになった

修正[編集 | ソースを編集]

1個のバグを修正
  • /say コマンドが再び機能するようになった

脚注[編集 | ソースを編集]