「Java Edition 1.8」の版間の差分

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
(多分違うから)
タグ: 取り消し
12行目: 12行目:
 
|prevparent=1.7.2
 
|prevparent=1.7.2
 
|prev=1.7.10
 
|prev=1.7.10
|next=1.16.1
+
|next=1.8.1
|nextparent=1.17
+
|nextparent=1.9
 
}}<onlyinclude>
 
}}<onlyinclude>
   

2020年9月27日 (日) 13:57時点における版

1.8 は、バウンティフル・アップデート[1]の最初のリリースであり、Minecraft のメジャーアップデートである。リリース日は2014年9月2日。

このアップデートでは、ブロック、Mob、構造物、コマンドなど数多くの追加や拡張、調整が行われれ、特にコマンドは配布ワールド作成において容易および多様化の大きな影響を与えた。他に新モードとしてスペクテイターモードの追加や、パフォーマンスの大幅改善なども施されている。

追加要素

全般

スプラッシュ
  • "That's Numberwang!"
  • "pls rt"
  • "Do you want to join my server?"
  • "Put a little fence around it!"
  • "Throw a blanket over it!"
  • "One day, somewhere in the future, my work will be quoted!"
  • "Now with additional stuff!"
  • "Extra things!"
  • "Yay, puppies for everyone!"
  • "So sweet, like a nice bon bon!"
  • "Popping tags!"
  • "Now With Multiplayer!"
  • "Very influential in its circle!"
  • "Rise from your grave!"
  • "Warning! A huge battleship "STEVE" is approaching fast!"
  • "Blue warrior shot the food!"
  • "Run, coward! I hunger!"
  • "Flavor with no seasoning!"
  • "Strange, but not a stranger!"
  • "Tougher than diamonds, rich like cream!"
  • "Getting ready to show!"
  • "Getting ready to know!"
  • "Getting ready to drop!"
  • "Getting ready to shock!"
  • "Getting ready to freak!"
  • "Getting ready to speak!"
  • "It swings, it jives!"
  • "Cruising streets for gold!"
  • "Take an eggbeater and beat it against a skillet!"
  • "Make me a table, a funky table!"
  • "Take the elevator to the mezzanine!"
  • "Stop being reasonable, this is the Internet!"
  • "/give @a hugs 64"
  • "This is good for Realms."
  • "Any computer is a laptop if you're brave enough!"
難易度
  • 難易度がワールドごとに保存されるようになった
    • グローバルな難易度の選択肢が無くなった。[要改訳]
    • 別のワールドへ移動しても難易度が変更されなくなる
  • それぞれのワールドの難易度を固定することができるようになった
    • 困った状況で簡単な難易度に変更できないようにする
    • ワールドに設定された難易度は、外部エディタを使用しない限り解除できない
    • /difficulty を使用すれば、難易度を変更することが出来る
  • ピースフルで、満腹度が自然回復するようになった
設定
  • 新たなカスタムスキンの設定が追加された
    • ここで、マントやスキンレイヤーを切り替えられる
  • マルチプレイ設定
    • F3デバッグ画面での情報の削減を有効または無効にする「デバッグ情報の削減」の切り替え
  • ビデオ設定
    • 代替ブロックの切り替え
      • 代替ブロックを無効または有効(重くなる)に切り替えられる
        • 無効にすると、各ブロックに最も単純で優先度の高いモデルが常に適用される
    • VBO 使用の切り替え
      • 頂点バッファオブジェクト (VBO) を無効または有効に切り替えられる
      • 有効にすると、パフォーマンスが最大10%向上する
統計情報
  • stat.crouchOneCm
    • スニークで移動した距離
  • stat.sprintOneCm
    • 走った距離
  • stat.timeSinceDeath
    • 前回、死んでから経過した時間(ティック
  • stat.talkedToVillager
    • 村人と会話した回数
  • stat.tradedWithVillager
    • 村人と交易をした回数
パーティクル
シェーダー
  • 新しい「クリーパー」のシェーダー (creeper.json) の色合いが適用されるようになった
    • スペクテイターモードで、クリーパーの視点になったときに適用される
  • 新しい「クモ」のシェーダー (spider.json) の色合いが適用されるようになった
    • スペクテイターモードで、クモの視点になったときに適用される
  • 新しく追加されたシェーダーは、「Super Secret Settings」を使用して適用することもできる
  • 以前に存在した "invert.json" は、エンダーマンの視点になったときに適用される

ゲームプレイ

実績
  • 新しい実績「圧倒的な力」が追加された
エンチャント
  • 新しいエンチャント「水中歩行」が追加された
    • 水中で素早い移動ができる
    • 最大レベルは III (3) である
スペクテイター
  • /gamemode spectatorsp3 を使うことで変更できる
  • これは、デバックモードのワールドタイプでのデフォルトのゲームモードである
  • クリエイティブモードのように、奈落や /kill でしかスペクテイターモードのプレイヤーを攻撃・殺すことが出来ない
  • インベントリ内のプレイヤーモデルが完全に見えない
  • フリーローミング
    • ワールド境界はスペクテイターに影響を与えない(警告を表示する以外は)
    • プレイヤーは固体ブロックを通り抜け、飛ぶことができる
      • プレイヤーの頭部がブロックの内側にある場合、外側に出ない限りブロックが見えないか、X線のような効果が起こる
    • マウスのスクロールホイールかダッシュキーで、飛行速度を調節できる
      • 暗視の効果はスペクテイターにも影響を与える
  • 他のプレイヤーや Mob の目を通した一人称視点
    • 絵画トロッコのような、Mob でないエンティティも含む
    • クリーパークモエンダーマンはそれぞれの視点で、それぞれの特定のシェーダーが適用される。
    • プレイヤーを通して、そのプレイヤーの HUD が表示される
    • シフトキーを押すと、プレイヤーは飛行モードに戻る
  • 権限
    • をつけることができないため、視界は妨げられない
    • 透明のプレイヤーまたは Mob は目に見えるが、半透明である
    • オプションの保留ホットキーは、全てのプレイヤーに明るい輪郭を表示する
      • チームごとに色分けをすることが出来る
    • スペクテイターでは、チェストのようなインベントリのあるブロックや、チェスト付きトロッコのようなエンティティの中身を見ることができる
    • これには、自身のインベントリも含まれる
  • スペクテイターでは、別のプレイヤーへとテレポートする UI がある
    • UIは、数字キーまたはマウスの中ボタンをクリックすることでのみ起動および操作できる
      • ただし、スクロールホイールはさまざまなオプションをスクロールできる
    • クリエイティブの通常のホットバー(HUDに表示される)に似ているが、バリアブロックや古いプレイヤーの頭など、さまざまなアイテムのように見える特別なアイコンが含まれている
      • 少なくとも1つのチームが設定されている場合、UI は個人へのテレポートと特定のチームのメンバーへのテレポートとを区別する
        • それ以外の場合は、すべてのプレイヤーをアルファベット順に並べたリストになる(偽のプレイヤーを除く)
          • チームメンバーは、自分のリストの中で、同じ方法で区別される
        • プレイヤーとチームの両方のアイコンが、チームの色で色分けされている
        • テレポートしたプレイヤーのアイコンは、1.8以前にプレイヤーの頭が表示された方法に似ている
      • 8人以上のプレイヤーまたは7つ以上のチームへテレポートできる場合、スクロールするためにスロット1と8にそれぞれ右と左の矢印が表示される
        • その矢印は、リソースパックメニューおよびサーバーリストで使用されている矢印と非常によく似ている
        • 右または左の矢印は、プレイヤーが8人以上存在しない場合は表示されない
      • スロット9には、メニューを閉じるオプションが常にある
    • テレポートはディメンション全体で機能する
      • この場合、ワールドを先に読み込まなければならないので、テレポートが少し遅れる
  • スペクテイターの制限(スペクテイターでできないこと)
    • 地形の読み込み
    • 後者を見る事を別にして、ブロックエンティティと相互作用する
    • あらゆるインベントリへの干渉(自分のも含めて)
    • プレイヤーのホットバーのアイテムを除いて、Mob(ウマなど)やプレイヤーのインベントリを見る
    • 他のエンティティの動きを制御する

コマンド

ターゲットセレクター
  • @e
    • 全てのエンティティを対象とする
    • エンティティID でエンティティの種類を指定できる
      • /kill @e[r=50,type=Chicken]: 半径50ブロックにいる全てのニワトリを殺す
      • /tp @e[r=5] ~ ~5 ~: 半径5ブロックにいる全てのエンティティを5ブロック上にテレポートさせる
コマンド
  • /execute
    • 指定したエンティティを対象にしてコマンドを実行する。
    • detect引数を使用すると、ブロックを対象として検知して/executeコマンドを実行する。
    • 構文:/execute <エンティティ> <x> <y> <z> <コマンド…>
      • /execute <エンティティ> <x> <y> <z> detect <x2> <y2> <z2> <ブロック> <データ> <コマンド…>
      • /execute @a ~ ~ ~ detect ~ ~-1 ~ minecraft:grass 0 say You are standing on grass.: 草に立っているすべてのプレイヤーが「You are standing on grass.(あなたは草の上に立っている。)」と言う
      • /execute @e[type=Chicken] ~ ~ ~ fill ~-1 ~-1 ~-1 ~1 ~1 ~1 minecraft:glass: 全てのニワトリのまわりに小さなガラスのキューブが生成される
    • /execute コマンドを使用して実行されるコマンドは、その成功値をコマンドブロックに戻す
  • /trigger
    • /scoreboard players set/scoreboard players add と同じように機能するが、トリガー 基準( "トリガー"と呼ばれる)で目的を変更するだけで、コマンドを実行しているプレイヤーのスコアを変更することができる
    • OP権限を持っていないプレイヤーが クリックイベント を使用したり、不正行為を防止することを許可する
    • OP権限を持っていないプレイヤーでも使用できる
    • プレイヤーがこのコマンドを実行するには、そのプレイヤーに対してトリガーを有効にする必要がある
      • /scoreboard players enable <プレイヤー> <トリガー> は、指定されたプレイヤーが指定されたトリガーを使用できるようにする
      • 使用可能なトリガーはプレイヤーごとに保存される
        • 1つのトリガーはプレイヤーに対して無効にすることができるが、そのプレイヤーは異なるトリガーを使用できる
        • 1人のプレイヤーがトリガーを使用できない場合があるが、別のプレイヤーは同じトリガーを使用できる
      • トリガーが使用された後は無効になる(再度トリガーを使用するには再度有効にする必要がある)
    • 主に、/tellraw と一緒に使う
    • 構文: /trigger <objective> <add:set> <値>
  • /replaceitem <entity|block> ...
    • 村人などの Ambon のインベントリを含む、あらゆるインベントリの中のアイテムを置き換えることができる
    • 構文:/replaceitem entity <エンティティ> <スロット> <アイテム> [個数] [データ値]
      • /replaceitem block <x> <y> <z> <スロット> <アイテム> [個数] [データ値]
      • /replaceitem entity @e[type=Zombie] slot.weapon minecraft:iron_sword 1 0: 全てのゾンビに鉄の剣を与える
      • /replaceitem entity @p slot.hotbar.0 minecraft:fish 4 2: プレイヤーの最初のスロットに4つのクマノミを入れる
      • /replaceitem block ~ ~1 ~ slot.container.5 minecraft:redstone_block 1 0: プレイヤーの1ブロック上にあるコンテナの6番目のスロットにレッドストーンブロックを入れる
  • /blockdata
    • 特定の座標で NBTデータを変更し、<データタグ> はその位置のブロックと合併する
    • 構文:/blockdata <x> <y> <z> <データタグ>
      • /blockdata 294 4 302 (Items:[]): これらの座標にあるコンテナ(インベントリを持つブロック)の中のすべてのアイテムを消去する
      • /blockdata ~ ~-1 ~ (Lock:"TEST"): コマンドに隣接するコンテナにパスワード式のロックをかける(Test で割り当てる)
  • /entitydata
    • /blockdata と同様に動作するが、エンティティに対してのみ機能する
    • プレイヤーには動作しない
    • 構文:/entitydata <エンティティ> <データタグ>
    • /entitydata @e[type=Sheep,r=20] {Color:14}: 半径20ブロックにいる全てのヒツジを赤色に染める
  • /clone
    • 指定された領域から、指定された別の領域にすべてのブロックをコピーする
    • 最大32768(323)ブロックを一度にコピーできる
    • このコマンドは replacemasked または filtered というタグを使用することができる
      • replace: すべてのブロックをコピーする(デフォルト)
      • masked: 空気ブロック以外をコピーする
      • filtered: 指定されたブロックが削除される
    • さらに、moveforce または normal のタグを使用することもできる
      • move: 選択された場所1から場所2に移動させ、場所1にある元ブロックは消滅する
      • force: 領域が重複していてもコピーが強制される
      • filtered を使用する場合は normal を指定する必要がある
    • 構文:/clone <x1> <y1> <z1> <x2> <y2> <z2> <x> <y> <z> [モード]
    • /clone 1001 3 1002 1011 3 992 1001 5 992 masked 反対側の角[1001,3,1002]、[1011,3,992]で定義される直方体をターゲットにし、古い角が[1001,5,992]の目的地(および方向)と一致するように複製する
  • /fill
    • 指定されたブロックを指定された場所に設置する
    • 特定のデータタグを持ったブロックエンティティを置き換えたり、別のブロックを設置したりすることはできない
    • 最大32768ブロックを一度に設置することができる
    • 構文:/fill <x1> <y1> <z1> <x2> <y2> <z2> <タイル名> [データ値] [元のブロックの処理] [データタグ]
      • oldBlockHandling のパラメータは、設置する範囲内にあるブロックの扱いを決定する
        • /setblock の場合と同じように、destroykeep および replace の値と同様に2つの追加値が必要である
          • hollow は外側のみを指定されたブロックに置き換え、内側のブロックを空気ブロックで満たす
          • outline は外側のみを指定されたブロックに置き換え、内側のブロックは上書きされない
    • /fill 1001 3 1002 1011 5 992 wool 6 replace: 指定された領域をピンクの羊毛で満たす
    • 指定されたブロックをフィルタリングすることができる
      • 構文:/fill [x] [y] [z] [x] [y] [z] [ブロック] [データ] replace [filterBlockName] [filterData]
  • /testforblocks
    • ワールドにある2つの領域を比較し、同じ構成(向きなど)で同じブロックかどうかをチェックする
    • モードは allmasked を設定することができる
      • デフォルトは all である
      • masked は空気ブロックを無視する
    • 構文:/testforblocks <x1> <y1> <z1> <x2> <y2> <z2> [モード]
    • /testforblocks 100 64 100 107 69 107 0 64 0 masked
  • /stats <entity|block> ...
    • コマンドによって影響を受けたり検出されたエンティティまたはブロックの数に基づいて、エンティティのスコアボードのオブフェクトを更新する
    • 構文:
      • /stats entity <対象> <モード>
      • /stats block [x] [y] [z] <モード>
      • CommandStats タグでやりとりするための代替的で便利な方法
        • モードの後に、SuccessCountAffectedBlocksAffectedEntitiesAffectedItems そして QueryResult の更新可能な5つの統計情報がある
          • /stats entity @a set AffectedBlocks @a Test: コマンドが実行されるたびに、すべてのプレイヤーの「Test」というスコアボードのオブジェクトを更新する
            • オブジェクトはコマンドによって影響を受けるブロックの数によって更新される
            • /statAffectedBlocks に設定されているため、コマンドが /fill の場合、コマンドを実行しているすべてのプレイヤー (@a) のブロックの数を更新することを意味する
  • /worldborder
    • /worldborder <set|add|center|damage|warning|get>
      • /worldborder set <ブロック数> <時間(秒)>
        • 最初の引数は、境界のサイズ(幅と高さの両方)をブロックで設定し、2番目の引数は、境界が拡大または縮小されるときの境界の速度を設定する
        • 境界は正方形である
      • /worldborder add <ブロック数> <時間(秒)>
        • ワールド境界のサイズを拡大したり、 負数を使用して縮小することもできる
      • /worldborder center <x> <z>
        • 境界の中心座標を設定する
      • /worldborder damage <buffer|amount>
        • amount のパラメータは、境界の外にいる間に受けるダメージ量を設定できる
        • buffer のパラメーターは、プレイヤーが境界の外側に出てもダメージを受けないブロック数を設定できる
      • /worldborder warning <time|distance>
        • プレイヤーがワールド境界がどのくらい近づくと警告(画面の端が赤くなる)が出るのかを設定できる
      • /worldborder get
        • コマンドを実行しているプレイヤーのチャット欄に、ワールド境界の現在の幅が通知される
  • /title
    • JSON を使用して、タイトルやサブタイトルの形で画面にテキストを表示することができる
    • /title @a title <JSON 形式のタイトル>
      • タイトルのテキストを設定し、タイトルとサブタイトルの両方を表示する(設定されている場合)
    • /title @a subtitle <JSON 形式のメッセージ>
      • サブタイトルのテキストを設定する(任意)
    • /title @a times <フェードイン時間> <持続時間> <フェードアウト時間>
    • タイトルとサブタイトルにフェードイン、フェードアウト、表示時間を設定できる
    • /title @a clear
      • すぐに画面からタイトルとサブタイトルを削除する
    • /title @a reset
      • すべてのパラメータをデフォルトにリセットする
  • /particle
    • 指定された力ベクトルを使用し、特定の領域に特定の数の特定のパーティクルを発生させる
    • 構文:/particle <name> <x> <y> <z> <xd> <yd> <zd> <speed> [count] [force].
    • /particle lava ~ ~1 ~ 1 1 1 0.5 50 normal @e[type=Chicken]: コマンドを実行しているブロックまたはエンティティの1ブロック上を中心に、すべてのニワトリの半径0.5ブロック内に50個の溶岩のパーティクルを発生させる
    • プレイヤーが「パーティクル」を「最小」または「少ない」に設定している場合でも、force 引数を使って、パーティクルを表示させることができる
    • パーティクルの一覧:hugeexplosionlargeexplodefireworksSparkbubblesuspendeddepthsuspendtownauracritmagicCritsmokemobSpellmobSpellAmbientspellinstantSpellwitchMagicnoteportalenchantmenttableexplodeflamelavafootstepsplashwakelargesmokecloudreddustsnowballpoofdripWaterdripLavasnowshovelslimeheartangryVillagerhappyVillagerbarriericoncrack_(ID)blockcrack_(ID)blockdust_(ID)_(DATA)droplettakemobappearance
ゲームルール
  • logAdminCommands
    • サーバコンソールに管理ログを表示し、マルチプレイでは、プレイヤーがコマンドを実行するのを防ぐ
  • sendCommandFeedback
    • false に設定すると、プレイヤーがコマンドを実行してもメッセージが表示されなくなる
  • showDeathMessages
    • チャットで死亡メッセージが表示されないようする
  • reducedDebugInfo
    • これは、ビデオ設定のように、F3デバッグ画面の情報を有効/無効にする
      • 1に設定すると、クライアントの「デバッグ情報の縮小」設定が無効になります。
  • randomTickSpeed [value]
    • 草ブロックの伝播などランダムティックが発生する頻度をコントロールする
    • 0に設定すると、ランダムティックが発生しなくなる
  • 独自のゲームルールを作成することができるようになった[2]
    • これらはゲームプレイ自体に影響を及ぼさないが、新しい QueryResults 引数と /stats を共に使用して、そのゲームルールの値に基づいてスコアボードのオブジェクトを更新する偽のゲームルールである
    • 作成方法:/gamerule <ルール名> <値>
    • 実行方法:/gamerule <ルール名>
スコアボード
  • チームごとののキル数の、新しいオブジェクトの基準が追加された
  • teamkill.red, killedByTeam.blue
  • 新しい、trigger のオブジェクトの基準が追加された
    • dummy のように動作する
    • /trigger コマンドを使用してやりとりできる
    • 主に /tellraw と一緒に使う
  • * ですべてのスコアボードのプレイヤーに繰り返すことができるようになった
    • これは、オフラインのプレイヤーにも影響する
  • 偽のプレイヤーが、コマンドブロックで実行することで作成できるようになった
    • それらは、別個のスコアボードの操作および機能を通じてのみ存在し、実際には存在しない
    • されに、プレイヤーとしてカウントされず、リストにも表示されない
    • /# で始まる名前の偽のプレイヤーは、スコアボードのサイドバーには表示されない
  • /scoreboard のサブコマンドとして、新しく /scoreboard operation/scoreboard test そして /scoreboard enable が追加された
    • reset のサブコマンドは、プレイヤーのオブジェクトをすべてリセットしたり、プレイヤーのオブジェクトを1つずつリセットしたりすることができる
      • /scoreboard players reset @a anObjective: すべてのプレイヤーに対して anObjective という名前のオブジェクトの得点をリセットする
    • operation のサブコマンドは、スコアに算術演算 ( + - * /%<> = ) を適用することができ、プレイヤーのスコアを変更することができる
      • /scoreboard players operation #teamscores redScore += @a[team=red] blueKills: red チームのキル数に、blue チームを殺した分のキル数を加える
      • コンパレーターでテストして、2つのスコアが互いに等しいか大きいか小さいかを調べることができる
    • test のサブコマンドは、スコアボードの値が最小値と最大値の間にあるかどうかをテストするために使用する
      • /scoreboard players test #global anObjective 12 19: オブジェクトの全体のスコアが12と19の間にあるかどうかをチェックする
    • enable のサブコマンドを使用して、trigger オブジェクトを有効にすることができる
      • /scoreboard players enable Trigger_a: Trigger_a という トリガー を有効にする
  • 異なるチームは、複数のオブジェクトをサイドバーに表示することができる
    • /scoreboard objectives setdisplay sidebar.team.yellow anotherObjective: これはチームの名前ではなく、チームの色を指す
  • スコアのテストは @e でも動作する
  • タグ名の表示を無効にする、/scoreboard teams option <名前> nametagVisibilityhideForOtherTeamhideForOwnTeamnever そして always のプロパティが追加された
  • 死亡メッセージを無効にする、/scoreboard teams option <名前> deathMessageVisibilityneverhideForOtherTeamshideForOwnTeam そしてalways のプロパティが追加された
  • /scoreboard players コマンド を NBTデータでフィルタリングできるようになった
NBTタグ
  • BlockEntityTag
    • ブロックエンティティのタグをアイテム内に保持する
    • /give @p command_block 1 0 {BlockEntityTag:{Command:"<!-- Command start --><code style="word-break: break-all;">/setblock ~ ~ ~ minecraft:diamond_block</code><!-- Command end -->"}}: 配置すると自動的に /setblock ~ ~ ~ minecraft:diamond_block のコマンドがセットされたコマンドブロックが与えられる
  • Lock
    • クリエイティブ以外のプレイヤーがチェストなどを開けないようにする方法
      • ロックされたコンテナは、指定されたパスワードやアイテムを持ったままクリックすることによってのみ開くことができる
        • アイテムは使っても消えない
    • コンテナは、タグから文字列を消去することによってロックを解除することができる
  • CanDestroy
    • 主にアドベンチャーモードで使う
    • このタグを持つアイテムは、アイテムのツールチップに破壊できるブロックの名前が表示される
    • /give @p minecraft:diamond_shovel 1 0 {CanDestroy:["minecraft:sand","minecraft:grass"]}: 草ブロックや砂だけを壊すことができるダイヤモンドシャベルが与えられる
    • 無効なアイテム名を入力すると、「破壊可能」の下に「missingno」と表示される
  • CanPlaceOn
    • アドベンチャーモードで他のブロックに対して配置できる特定のブロック設定する
    • /give @p minecraft:stone 16 0 {CanPlaceOn:["minecraft:diamond_block"]}: ダイヤモンドブロックにのみ置くことができる石のブロックが与えらる
    • 無効なアイテム名を入力すると、「配置可能」の下に「missingno」と表示される
  • PickupDelay
    • アイテムエンティティが拾えないティック数(時間)を設定する
    • 32767と設定すると、そのアイテムが拾えなくなる
  • generation
  • HideFlags
    • アイテムのツールチップに表示しない情報の数値を指定する
    • アイテム上で非表示にするツールチップの部分を決定するビットフィールド
      • 1は ench、2はAttributeModifiers、4はUnbreakable、8はCanDestroy、16はCanPlaceOn、そして32はそのほかの情報(ポーションのエフェクト、StoredEnchantmentsgenerationauthorExplosionFireworks)である
    • 例:ビットフィールドを3に設定すると、ench タグと AttributeModifiers タグの両方が非表示になり、63に設定するとすべてのタグが非表示になる
  • SelectedItem
    • プレイヤーが手に持っているアイテムのアイテムデータを含む
    • プレイヤーが特定のアイテムを持っているかどうかをテストする手順がコンパクトになった
      • 以前の方法では9個のコマンドブロックが必要だったが(ホットバーのスロットごとに1つ)、現在は1つのコマンドブロックで済むようになった
  • NoAI
    • AI を持たないエンティティは、プレイヤーを攻撃せず、自分自身で移動したり回ったり、デスポーンしたりしない
    • また、重力や他の Mob との衝突にも反応しないが、依然としてダメージを受けたり、死んだり、燃えたり、他のエンティティに乗ることができる
    • 1に設定すると、エンティティの AI が無効になる
  • rewardExp
    • 村人固有のタグで、村人との取引経験値を手に入れるかどうかを設定する
    • 1に設定すると経験値は手に入れられ、0に設定すると経験値は手に入れられなくなる
  • ShowParticles
    • Ambient タグ(少しのパーティクルのみを表示する)とは対照的に、すべてのパーティクルを表示または非表示にする
    • 1に設定すると表示され、0に設定すると非表示になる
  • Silent
    • エンティティが音を出すかどうかを設定する
    • 1に設定すると音を出さなくなる
  • CommandStats
    • 看板コマンドブロックで使用でき、正常に実行された場合、スコアボードで特定のスコアを増やすことができる
      • このコマンドは、アイテム/ブロック/エンティティ/成功の数に基づいてスコアを増やす
      • 例えば、このタグを有するコマンドブロックは、アイテム(例: /give)に影響を与えるコマンドを実行し、与えられたアイテムの数に基づいてスコアを更新させる
    • 構文:{CommandStats:{AffectedItemsName:"playername", AffectedItemsObjective:"objective", AffectedBlocksName:"playername", AffectedBlocksObjective:"objective", AffectedEntitiesName:"playername", AffectedEntitiesObjective:"objective", SuccessCountName:"playername", SuccessCountObjective:"objective"}}

アイテム

プリズマリンクリスタル
プリズマリンの欠片
  • ガーディアンがドロップする
  • 3種のプリズマリンブロックとシーランタンをクラフトする際に使用する
生の羊肉
焼き羊肉
生の兎肉
焼き兎肉
ウサギシチュー
ウサギの皮
  • ウサギがドロップする
  • 2×2の配置でクラフトするとを作ることができる
ウサギの足
跳躍のポーション
  • 跳躍力上昇の効果を「I」または「II」のレベルで付与させる
  • ウサギの足奇妙なポーションで醸造できる
  • ポーションとパーティクルの効果の色は明るい緑色になっている
ガーディアンのスポーンエッグ
  • ガーディアンをスポーンさせる
  • 青緑色とオレンジ色の斑点で着色されている
エンダーマイトのスポーンエッグ
ウサギのスポーンエッグ
  • ウサギをスポーンさせる
  • 茶色と茶色の斑点で着色されている

ブロック

閃緑岩
安山岩
  • レシピ:丸石×1,閃緑岩×1
花崗岩
  • レシピ:ネザー水晶×1,閃緑岩×1
粗い土
  • メガタイガ、メサ、サバンナのバイオームで生成される、草が生えない土を置き換えたものである
    • 本の草が生えない土と同じブロックIDを使用するため、草が生えない土があるすべてのワールドは単純に粗い土に置き換えられる
  • 通常のよりもやや暗いテクスチャである
  • サバイバルで入手するのにシルクタッチは必要ない
  • 粗い土をクワで耕すと通常の土に代わる
  • レシピ:土×2,砂利×2を市松模様のように交互に→粗い土×4
プリズマリン
  • 海底神殿に生成される
  • レシピ:プリズマリンの欠片×4を正方形に
  • プリズマリンの割れ目は、茶色、青、灰色、紫と、ゆっくりと色が変化するアニメーションをする
プリズマリンレンガ
ダークプリズマリン
赤砂岩
  • 赤砂×4を正方形に
  • 滑らかな、模様入り、階段、ハーフブロックにクラフトできる
    • 模様入り赤砂岩には、砂岩にみられるクリーパーと同様に、ウィザーの模様がある
    • ハーフブロックには、砂岩のような滑らかなものがある
    • 滑らかな重なったハーフブロック – minecraft:double_stone_slab2:8.
  • メサバイオームの洞窟の入り口にのみ生成される
鉄のトラップドア
  • 鉄のドアのように、レッドストーンを使用してのみ開閉できる
  • レシピ:鉄インゴット×4を正方形に
シーランタン
濡れたスポンジ
  • スポンジが水を吸収した時に入手できる
  • 製錬すると元のスポンジに戻る
    • 製錬すると、可能であれば燃料スロットの空のバケツに水を入れる。
  • 置かれている間は、水滴のパーティクルが発生する
  • エルダーガーディアンを殺すとドロップする
スライムブロック
  • レシピ:スライムボール×9
    • 9個のスライムボールに戻せる
  • 上に着地したプレイヤーはトランポリンのように跳ね上がる
    • これにより、落下ダメージはすべてなくなる
      • ⇧ Shiftキーを押すと、跳ね返らなくなるが、落下ダメージは無効になる
    • はね返りの速度は着地した時の速度によって変わる
      • 高さは最初の高さの最大60%に達し、反発係数は大きい
    • ドロップアイテムエンティティには影響しない
  • 上を歩く速度はソウルサンドよりも遅く、スニークした時の速度に近い
  • 設置・破壊本はスライムのダメージを受けた音を使用する
  • サバイバルでもツールなしで一緒んで破壊できる
  • 少なくとも1つが粘着ブロックで動かされると、スライムブロックの隣のブロックも一緒に押されたり引かれたりする
    • 通常のピストンでも同じ効果がある
    • KaboPCPanda4994によってコーディングされている[3][4]ピストンは次のすべてのルールに従う
      • 繋がったスライムブロックと、隣接するブロックは、次の条件が満たされている限り、自由に移動できる
        • ピストンが押し引きするブロックの数が12ブロック以内である
        • ピストンで押せないブロックが邪魔をしていない
        • 繋がっているスライムブロックがピストンに繋がっていない
    • 移動できる仕掛けができる
  • スライムブロックをピストンで押すと、その時スライムブロックに押されてあエンティティ(Mob、プレイヤー、アイテム、矢など)がその方向に発射される[5]
  • レシピ:看板のレシピの木材の部分を1色の羊毛で置き換え
    • 羊毛の色は基本色を表す
  • 16個スタックできる
  • 殆どの模様は、作業台で旗の周りに特定の方法で染料を配置することで作成できる(完全なものについてはのページを参照)
    • 他の模様は特定のアイテムで作成する
      • クリーパーの頭→クリーパーの顔
      • スケルトンの頭蓋骨→頭蓋骨と交差した骨
      • レンガブロック→レンガのテクスチャの背景
      • フランスギク→花の模様
      • ツタ→ツタ模様の縁
      • エンチャントされた金のリンゴ→Mojangのロゴ
      • これらの模様は染料なしで作成するとデフォルトで黒色になる
  • 旗には最大6つの模様を入れることができる
    • 回転、見た目では同じ模様も合わせると、その組み合わせは1兆以上にも上る。
    • レイヤーは作成した順に表示される
    • コマンドを使用すると、6つ以上の模様が入った旗を作成できる
  • 大釜に使用すると一番最近の模様が削除される
    • これにより大釜の水が1/3減る
    • 全てのレイヤーを削除できる
  • 壁や地面に設置可能
  • 見た目では1ブロックの幅で2ブロックの高さのエンティティのように見えるが、実際には下部しかブロックではなく、モデルが大きいのである。
    • 当たり判定はブロック全体より小さい。
      • その為、旗の上部に固体ブロックを設置できる。
    • 水または溶岩流で破壊される
    • 地上では、16種類の向きで設置できる(防具立てのように)
    • 地面に置いた時には、風に揺れているようにアニメーションする
  • 頭に装備できるが、 /replaceitemコマンドでのみ使用できる
  • 基本色が同じの、何も模様が付いていない旗といっしょにクラフトすると、旗を複製できる
  • かまどの燃料として使用できる
バリアブロック
  • 岩盤のように機能するが、完全に透明である
    • レッドストーン信号を通せる導体ブロックであり、その上にはブロックやエンティティを設置できる
    • クリエイティブでのみ破壊・入手できる
    • 破壊パーティクルは溶岩と同じものを使用する
  • クリエイティブでは、バリアブロックを手に持っているプレイヤーにのみ見える
    • 赤で正方形の禁止記号の形で、特別な大きいパーティクルとしてレンダリングされる
      • 全てのブロック内に1つのパーティクルが表示される
      • パーティクルは常にプレイヤーの方向を向く
      • 子のパーティクルのテクスチャはアイテムのテクスチャにも使用される
      • パーティクルは、プレイヤーの近くにあるブロックでのみレンダリングされる
磨かれた閃緑岩安山岩花崗岩
  • レシピ:元の岩×4を正方形に
フェンスフェンスゲートドア
  • 様々な種類の木材でのフェンス、フェンスゲート、ドアの新しい亜種
  • 異なる種類のフェンスやフェンスゲートはたがいに接続できる(ネザーレンガフェンスを除く)
  • レシピではすべての木材が同じ種類である必要がある
    • 新しいフェンスのレシピ:棒×2を中央に縦に、その両脇に木材×4→フェンス×3
  • ドアの種類によってデザインが異なり、窓のない物もある。

Mob

エンダーマイト
  • プレイヤーやエンダーマンがエンダーパールを使用してテレポートした際に時々スポーンする
  • 2分経つとデスポーンする(名札を使用し名前を付けた場合はしない)
  • シルバーフィッシュと同じサウンドを持つ
ガーディアン
  • 海底神殿にスポーンする
  • イカとプレイヤーをビーム攻撃する
    • ビーム自体は、攻撃しようとされている事を警告するだけである
    • 各攻撃の間に数秒のクールダウンがある
  • 陸地では跳ねるが、敵対したままである
    • イカのようには溺れない
  • プリズマリンの欠片プリズマリンクリスタル生魚を落とす
  • ダメージを受けた時にはぬれたような音を立て、陸上で跳ね回るときにはきしった濡れた音を立てる
  • また、棘が開いている間に攻撃すると、プレイヤーは棘の鎧のような効果でダメージを受ける(刺されたように)
エルダーガーディアン
  • ガーディアンのボスの様な亜種で、より多い体力、より位大きいサイズ、異なる見た目である。
  • 海底神殿には3体のエルダーガーディアンがいる
  • エルダーガーディアンに近づくと、点滅するエルダーガーディアンが画面に表示され、5分間プレイヤーに採掘速度低下Ⅲが付与される
  • 濡れたスポンジを落とす
ウサギ
  • ウサギの皮生の兎肉焼き兎肉ウサギの足を落とす
  • ウマやヤマネコのように、8つの異なるスキンがある:黒、白、茶色、金、白黒、塩コショウ、トースト、殺人ウサギ
    • ウサギのスポーンエッグまたは名札に"Toast"と名前を付けると、ユーザーxyZenTVの彼女のウサギトーストの形見として、ウサギが特別なスキンに変わる
    • 「殺人ウサギ」は特別な種類の兎であり、4ブロック以内のプレイヤーに対して敵対する。
      • スポーンするのは非常に稀である
      • 映画Monty Python and the Holy Grailへの脚注
      • 白いウサギで、目は血まみれの目で、足と口に血が付いている
      • 自動的に殺人ウサギと名前がついてスポーンする
      • コマンド/summon Rabbit ~ ~ ~ {RabbitType:99}で直接召喚できる
  • ニンジン金のニンジンタンポポで繁殖できる
  • 他のほとんどの友好Mobと同じAIを持ち、ランダムにジャンプする
  • ダメージを受けた時や殺された時は小さいきしみ音を立てる

Mob以外のエンティティ

防具立て
  • レシピ:ハーフブロック×1、
  • 16個までスタックできる
  • トロッコに乗れる.
  • 防具(カボチャ、Mobの頭、プレイヤーの頭を含む)を装飾的に表示するために使用できる
    • 防具で右クリックすると防具立てに装備できる
    • 隣に設置されたディスペンサーで装備も可能である
      • サバイバルでは、異なる種類の防具を一度に1つずつ飾ることができる
      • 防具の素材やタグによって制限されることはない
    • 削除したい防具の部分を指して右クリックすると削除できる
    • エンチャントされたり染色されたりした防具もMob・プレイヤーのようにレンダリングされる
  • クリエイティブの場合:
    • 防具立てに選択ブロックを使用すると、プレイヤーにデフォルトの防具立てが与えられる
    • NBTは、小さいSmall,透明(Invisible)腕あり(ShowArms),無効スロットあり(DisabledSlots),土台なし(NoBasePlate),重力なし(NoGravity)事前に構成された位置にある(Pose)の防具立てを呼び出すのに使用できる – これはコマンドでのみ実行可能
      • 腕がある防具立てには、アイテムを持たせることができるため、プレイヤー・Mobと同じように表示される

ワールド生成

地下
  • 花崗岩安山岩閃緑岩が石の地形内でまとまって生成されるようになった
    • 砂利の塊よりわずかに大きく、豊富である
    • この塊の中でも鉱石は生成される可能性があるため、鉱石の生成確率が減少することはない
海底神殿
カスタマイズのワールドタイプ
  • 地形生成が高度にカスタマイズできるようになった
    • 使用するには、[新しい世界を作成]を押し、次に[ワールドタイプ:カスタマイズ]を押し、[カスタマイズ]ボタンを押す。
    • 世界をカスタマイズするためのページが4つある
    • 頁1:建造物の生成、湖の生成確率、特定の建造物の大きさ、バイオームの種類と大きさ、海面をカスタマイズする
      • 生成される建造物が出現するかどうかを設定するカスタマイズオプション×18と、海面などの他の環境要因がある。これらのプリセットのボタンは、はい・いいえまたはスライダーである
        • 海面の高さ、洞窟・村・寺院・海底神殿・ダンジョン・池・溶岩湖・要塞・廃坑・渓谷の生成の切り替え、池、溶岩湖、ダンジョンの希少度のスライダー、溶岩の海、バイオーム選択、バイオーム・川の大きさのスライダー
    • 頁2:砂利花崗岩閃緑岩安山岩石炭鉱石鉄鉱石金鉱石レッドストーン鉱石ダイヤモンド鉱石ラピスラズリ鉱石の鉱石分布をカスタマイズする
      • 生成頻度、高さの範囲、最大性整数
    • 頁3,4:地形生成の高度な設定
      • Minecraftの地形生成を様々な要素でカスタマイズするのに使用できる16のオプションがある。これはスライダーの移動化、値の直接入力で変更する
        • 地形の伸びX/Y/Zは地形をなだらかにし、高く設定するとよりなだらかな地形になる
        • バイオームの地形変化の度合い・バイオームの奥行きの偏りはバイオームのデフォルトの高さ設定に基づいて地形を垂直に伸縮させる。
        • スケール上限・スケール下限は、値が近いとより強固な地形となり、値が遠いと穴だらけの地形になる
        • 高さ伸びは、地形を上下に引き延ばす。値が小さいほど上下に大きく引き伸ばされる。
        • 高さの幅、地形のでたらめさ、基本深度、奥行きノイズ指数、奥行きノイズスケール
  • 7つのプリセットがある
    • 水の世界、島の世界、洞窟探検家の喜び、山狂い、日照り、混沌の洞窟、グッドラック
  • 各ページには、様々な値をランダム化するボタンと、デフォルト値にリセットするボタンがある
  • server.properties及びワールドデータのスーパーフラットプリセットで「generator-settings」文字列を使用する
  • 選択すると、生成される建造物ボタンが消える
デバッグモードのワールドタイプ
  • リソースパックの作成に役立つ
  • ⇧ Shiftキーを押しながら[ワールドタイプ]オプションを選択して設置する
    • 他のワールドオプションは使用できない
    • スポーン時に友好にできるのはスペクテイターモードのみだが、コマンドを実行するすると変えることができる
  • 全ての有効なデータ値(IDではない)を持つすべてのブロックが一つずつ生成されている
    • 高さy=70に設置され、y=60にバリアブロックの床がある
    • これにはレッドストーンワイヤー、トリップワイヤー階段などの考えられるすべての状態が表示されている
    • 全てのブロックの状態は1つだけ生成されている
  • ブロックは配置・破壊できない

変更要素

全般

スプラッシュ
  • "OpenGL 1.2!" → "OpenGL 2.1 (if supported)!"
  • "Now java 6!" → "Now Java 6!"
リソースパック
  • カスタムのブロックモデルリソースパックでロードできる
    • 同じブロックに複数のモデルが割り当てられている場合、ランダムに1つを選択される
    • デフォルトのリソースパックの一部のブロックモデルに変更が加えられた
  • カスタムのアイテムモデルをサポートするようになった
    • 多くのアイテムのモデルはインベントリ内及び手元で90度回転する
  • F3+TおよびF3+Sを押すと全てのモデルを再読込する
  • デフォルトのリソースパックをワールドに設定できるようになった
    • マップ保存ダイレクトリに設置し、「resources.zip」と名前を付けると実行される
スキンのカスタマイズ
  • 新しいデフォルトスキンアレックスを追加[6]
    • アレックスのモデルはスティーブのものと同じだが、腕が4ピクセルではなく3ピクセルである
    • アップデート後間もなく、minecraft.net/profileでアレックスとスティーブのプレイヤーモデルを選択する選択肢が追加された[7]
    • プレイヤーがカスタムスキンを持っていない場合、ランダムなユーザーIDに基づいてスティーブまたはアレックスのスキン・モデルがランダムに割り当てられる
      • 特定のプレイヤーモデル用にスキンは設定されており、自動的に別のモデルにうまく変換されない
  • 左右の腕と脚は個別に編集できる
    • 変更されたsteve.pngファイルを使用し、新しいレイアウトと新しい大きさを使用する
      • ファイルの大きさが64×64になった
  • 全身が設定できるようになった
    • プレイヤーはオプションメニューで各レイヤーの表示を個別に切り替えることができる
    • それぞれ帽子、ジャケット、袖、ズボンと呼ばれる
    • 古いスキンも引き続き機能するが、新しい機能はなく、ミラーリングするのにその一部の要素が必要になる場合がある
設定
  • ビデオ設定
    • F11フルスクリーンの切り替えが、オプションメニューのフルスクリーンの切り替えと同期するようになった
    • 「Advanced OpenGL」と「異方性フィルタリング」を削除
      • 異方性フィルタリングはデフォルトで無効になっているが、AMDグラフィックカードのいくつかの特別な設定からアクセスできる
  • マルチプレイヤー設定
    • マントの可視性の切り替えを削除
      • 新しいスキンのカスタマイズ設定に移動された
    • 64ビットJavaと少なくとも2GBの割り当てられたRAMを使用する場合、描画距離のスライダーは最大32まで動かせる
チャット
  • チャット通信の改善
  • メッセージは、チャット、システム、またはアクションバーのいずれかのメッセージになった
  • アクションバーメッセージは常に表示され、チャット・システムメッセージはチャット生成がそのように構成されている場合にのみ表示される
  • エンティティは、特定のチャットにカーソルを合わせるとツールチップを表示するようになった
    • これらはチャットでエンティティの名前にカーソルを合わせると表示される(/killコマンドでの成功メッセージなど)
    • エンティティの名前(太郎など)、エンティティのID(クリーパー(50)など)、エンティティのUUIDを表示する
    • エンティティの名前にカーソルを合わせながら⇧ Shift+Left clickを押すと、そのUUIDがチャットバーに挿入される
  • F3 + Dを押すとチャット履歴がクリアされる
UUID
  • 全てのプレイヤーリストがUUIDベースのシステムに自動的に変換されるようになった
    • ペットの所有権など、他の機能も同じシステムになる
    • これはプラグインAPIの要件の一部である
デバッグ画面
  • テキストの背景が灰色・半透明になった
  • 現在、描画距離、描画されているチャンクセクションの数、更新中のセクション、理由が不明のaB値、バージョンID、Modが入っているかどうか、Clouds・VBOs・VSyncが有効な場合のキーワード、ディスプレイの解像度とベンダー、グラフィックのモデルとベンダー、ローカルのOpenGLおよびJavaのバージョンを表示する
  • プレイヤーの座標はプレイヤーの足のブロックの座標を表示するようになった
    • 以前は頭のブロックのものを表示していた
  • ブロックにカーソルを合わせると、そのブロックの座標、ブロックID、プロパティが表示される
    • 見ているブロックのブロック状態はF3メニューに表示される
  • 方向:プレイヤーが水平面上で見ている方向の軸を表示する
    • 例:「Zの正方向」
  • 十字線は、3つの軸の正方向を示す3つの短い色付きの線に変わる。xは赤、yは緑、zは青である
  • 明るさは足元の明るさを表示するようになった
    • 以前は頭のブロックのものを表示していた
  • プレイヤーの回転は、水平角だけでなく垂直角でも表示されるようになった
  • 日にちカウンターが追加された
    • 夜明けごとに1ずつ増加する
    • 統計とは独立している
  • 難易度が表示されるようになった
    • ピースフルは0.00、イージーは0.75、ノーマルは1.50、ハードは2.25である
F3 ホットキー
  • デバッグツールチップに、アイテムに含まれるNBTタグの数が表示されるようになった
  • デバッグツールチップが有効になっている場合、アイテムには名前IDが表示される
  • デバッグツールチップが有効になっている場合、チャット内のユーザー名とエンティティの一部には、カーソルを合わせるとエンティティのUUIDを表示するようになった
  • F3 + D を使用すると、チャット履歴をクリアできるようになった
  • F3 + Sまたは F3 + T でブロックのテクスチャをリロードするようになった
  • F3 + B で、エンティティの当たり判定を表示するようになった。エンティティの目の高さを赤で、エンティティの視線を青で表示するようになった
  • F3 + H で、ツールチップにアイテムに含まれるNBTの数が表示されるようになった
ブロックID
  • コマンド内でブロック・アイテムを参照する場合、IDを名前として使うようになった
    • 例:id:"minecraft:stone".
    • スコアボードの形式:minecraft.block.stone
    • 古い数値IDも引き続きサポートされるが、最終的には廃止される予定である
ブロック処理
  • メタデータの代わりに内部的にブロック状態を使用するようになった
    • メタデータもまだしばらく使用される
  • 4ビットのデータ値からメタデータを計算する必要がなくなった
    • 代わりに、指定されたプロパティの値を簡単に取得して設定できるようになった
    • 例:.minecraft/saves/TheMapWithTheThing/resources.zip.
サーバー
  • サーバーができるようになったこと:
    • デフォルトのリソースパック処理を設定:プロンプト、有効、無効
    • network-compression-thresholdを使用してserver.propertiesのネットワーク圧縮をカスタマイズ:全てを圧縮する場合は0、何も圧縮しない場合は-1
    • オプションで、server.propertiesresource-pack-hashを使用し、クライアントにハッシュを送信してリソースパックを検証。40文字の16進数文字列の必要がある。それ以外は独自のIDとしてのみ使用される
    • server.propertiesmax-tick-timeを使用し、ティックがシャットダウンするまでの時間を設定
    • server.propertiesmax-world-sizeを使用し、(/worldborderを無視)最大のワールドサイズを構成
    • アクションバーに表示されるメッセージを送信
レンダリング・パフォーマンス
  • パフォーマンスの大幅な向上
  • ディメンションオーバーワールドネザージ・エンド)が別々のプログラムで実行されるようになった
    • これにより、1つのディメンションのパフォーマンスが他のすべてのディメンションのパフォーマンスとは無関係になった
  • チャンクのレンダリングと再構築が独立した複数の処理の流れを持つようになり、速度が向上した
  • Mobの経路探索が独立した複数の処理の流れを持つようになり、以前報告されていたMobが歩くのが遅い問題を軽減
  • 鉱石の生成が2倍以上速くなった
  • 透明なブロックのみが透明としてレンダリングされる
    • これにより、全てのX線テクスチャパックが無効になった
  • チャンクのなら見替えとブロックのレンダリングが書き直された
  • 可視性の選別の改善
    • Pocket Editionからの継承
    • 描画距離の半径全体ではなく、プレイヤーの視野のブロックのみをレンダリングするようになった

ゲームプレイ

エンチャント
  • エンチャントにはラピスラズリ×1~3と経験値が必要になった
    • ラピスラズリを消費した数だけ経験値が減る
  • ロックを解除するには最小合計レベルと同じレベルが必要なままである
  • 実際のエンチャントの計算は同じである
  • 可能なエンチャントの1つだけがツールチップに表示されるようになった
  • プレイヤーが特定の種類の道具に付与しようとしているエンチャントは、エンチャントを付けるまで変更されなくなった
    • このランダムに決められたエンチャントはプレイヤーごとに保存される
  • レベルアップには時間がかかるようになった
  • 金床を使用しなくても、アイテムにレベルⅤのエンチャントを付与できるようになった
  • ドロップ増加は、レベルごとにレアな戦利品を獲得できる可能性が1%増えるようになった
金床での修理
  • 新しいエンチャントのシステムとバランスを取るため、コストが削減された
  • アイテムの名前を変更するのにかかるコストは1レベルのみとなった
  • 修理のコストは指数関数的に増加するようになった (1, 2, 4, 8 ...)
  • アイテムの穴目を変更しても修理コストを抑えられなくなった
村人取引
  • 特定の職業のまとまりごとに同じ色のついた服を着るようになり、職業を見分けられるようになった
    • 農民(茶色いローブ):農民・釣り師・羊飼い・矢師
    • 司書(白いローブ):司書
    • 聖職者(紫色のローブ):聖職者
    • 鍛冶屋(黒いエプロン):防具家事・武器鍛冶・道具鍛冶
    • 肉屋(白いエプロン):肉屋・革職人
    • 対応する職業が取引GUIに表示される
  • 既存の村人はすでに解除された取引を保持している
  • 村人はロックを解除して2~4個の取引を追加するようになった
  • 取引をすると経験値がプレイヤーに与えられるようになった
  • 無効化された取引の矢印にカーソルを当てると説明のツールチップが表示されるようになった
  • 同じ職業の村人は同じ取引をするが、価格・アイテムの量は異なる
  • 村人のレベルは上げることができ、レベルごとにより多くの取引を提供するようになった
  • 取引の変化:
    • 村人は調理済みの魚を購入しなくなり、スイカ、ステーキ、火打石と打ち金を売らなくなった
    • まだ売られている防具は、チェーン防具、鉄のヘルメット・チェストプレート、エンチャントダイヤモンドチェストプレート、革のズボン、エンチャント革チェストプレートである
    • まだ売られている道具は、鉄の斧・シャベル・エンチャント剣、ダイヤモンドのツルハシ・剣・斧である
  • 新しい取引:
    • ジャガイモ、ニンジン、スイカブロック、カボチャ、糸、川、腐肉を買うようになった
    • パンプキンパイ、ケーキ、調理済みの魚、エンチャント釣り竿、全色の羊毛、弓、名札、ラピスラズリを売るようになった
村の力学
  • ドアは、利用可能なもっとも古い村ではなく、最も近い村に追加されるようになった
    • これにより、アイアンゴーレムトラップは壊れはしないが、「実質的に無意味」にはなる[8]
体力バー
  • ダメージのアニメーションが新しくなり、プレイヤーが失った体力の数を表示するようになった
アドベンチャーモード
  • デフォルトではブロックの破壊・設置が不可能である
  • ブロックの破壊・設置が不可能な場合、ブロックの当たり判定は表示されなくなった
  • CanDestroyNBTタグは、どのツールでそのブロックを破壊できるかを定義するのに使用できる(使用方法については上記を参照)
  • CanPlaceNBTタグは、どのブロックを度のブロックの上に設置できるかを決定する(使用法については上記を参照)
クリエイティブモード
  • ctrl+ブロック選択で、そのブロックをすべてのNBTタグを含んだ状態でホットバーに複製できる
  • invulnerableとフラグが立てられていても、エンティティを攻撃できる事がある
ダッシュ
  • 飛行中のダッシュは、移動速度に影響するようになった
テレポート
  • より滑らかになった
  • デフォルトでは、テレポート前の速度と回転をそのまま保存するようになった
  • 単一のブロックよりもより正確である
アイテムのツールチップ
  • コマンドで使用する内部名を表示するようになった(F3+Hモード)
パーティクル
  • /particleコマンドを使用して表示させることができる
  • ブロックに着地するときのパーティクルエフェクトを変更
    • 以前は、パーティクルは円形に表示されていた
    • 散らばっているように見えるが、まだ放射状である
プレイヤーリスト
  • プレイヤーリストの体力表示を改善
  • スペースが不足している場合はテキスト表示に戻り、異なる体力量を示す色(緑・赤・黄)で表示されるようになった
  • 体力が増強されてもディスプレイに収まるように纏められるようになった
  • チームをグループ化するようになた
  • プレイヤーを名前のアルファベット順に並び替えるようになった
  • プレイヤーリストにはプレイヤーのスキンの顔が表示されるようになった

コマンド

ターゲットセレクタ
  • 直方体のエリアをサポートするようになった
    • 例:@e[x=0,y=0,z=0,dx=10,dy=10,dz=10]0,0,0から10,10,10のすべてのエンティティをターゲットにする
  • ブロックの中心に基づき、ターゲットセレクタで使用可能な新しい半径値
    • 半径0は、そのブロックに正確に機能する
      • このコマンドは、以前のように角ではなく、それぞれのブロックのちょうど中央に適用される
  • エンティティの回転を検出する新しいセレクタパラメーター。rxm:x回転最小、ry:x回転最大、rym:y回転最小、ry:y回転最大
    • 例:@a[rxm=-15,rx=15,rym=-45,ry=45], /say @a[rx=30], 下を見るな!.
コマンド
  • Tab ↹座標引数が完成すると、プレイヤーが見ているブロックの座標が入力されるようになった
  • /effect
    • パーティクルエフェクトを表示するかどうかを指定できるようになった
    • 使用法:/effect <プレイヤー> <効果> [持続秒数] [強さ] [パーティクル非表示].
      • trueでパーティクルを非表示、falseで表示する。デフォルトはfalseである
  • /say
    • @eですべてのエンティティをリストするようになった
    • 例:/say @e[r=500]ワールドの半径500ブロック以内のすべてのエンティティを一覧表示する
  • /clear
    • 特定の数のアイテムのみをクリアするのに使用できるようになり、特定のNBTデータも指定できる
    • 例:/clear @p minecraft:spawn_egg 120 34 {display:{Name:マイケル}} マイケルという名前の最大34個の村人のスポーンエッグを自分のインベントリから削除する
    • 部分的にNBTが一致している事も確認できるようになった
  • /testforblock
    • 部分的にNBTが一致している事も確認できるようになった
  • /time
    • /time query <値>で引数で時刻を確認するようになった
      • その後に別の引数daytimeまたがgametimeがあり、それぞれ1日の開始以降のティック数端はワールドが作成されてい空のティック数のいずれかを確認する
  • /tp
    • 回転引数をサポートするようになった
    • 例:/tp @p ~ ~ ~ ~20 ~40でプレイヤーが右に20度、下に40度向いた状態でテレポートする
  • /kill
    • 後にターゲットセレクターを置けるようになった
    • 例:/kill @e[type=!Player].
  • /summon
    • /summonコマンドは、/summon LightningBoltで稲妻を召喚できるようになった
  • /testfor
    • データタグも確認できるようになった
    • 例:/testfor @p {foodLevel:20}.
    • コマンドブロックで排他的に使用できなくなった
    • インベントリ内の特定のアイテムを確認できるようになった
      • 例:/testfor @p {Inventory:[{Slot:6b,id:"minecraft:diamond_sword"}],SelectedItemSlot:6}.
  • /tellraw
    • insertionと呼ばれる新しいタグを使用すると、テキストをチャットに挿入できる。Shiftクリックすると、プレイヤーのチャット入力にさらにテキストが入力される
      • 例:/tellraw @a {text:"クリック",insertion:"テストです"}
    • スコアボードから値をメッセージに入力できるようになった
      • 例:/tellraw @p {text:"手持ち:",extra:[{score:{name:"賃金",objective:"報酬"}},{text:"ダイヤモンド"}]}.
    • selectorセレクター引数を持つようになった
      • プレイヤーの名前を出力できる
      • 例:/tellraw @a {selector:"@a[team=赤]"} で、赤に所属している全員の名前を出力する
    • hoverEventactionshow_entityに設定されている場合、エンティティツールチップを表示できるようになった
      • 例:/tellraw @a {text:"こちら",hoverEvent:{action:show_entity,value:"{type:'Zombie',name:'ダミー'}" }}ダミーという名前のゾンビのツールチップにカーソルを合わせるとメッセージが表示される
  • /debug
    • シングルプレイヤーで実行できるようになった
    • /debug debug <start stop chunk> [<x> <y> <z>]の新しい引数
    • x/y/zは必須であり、チャンクモードでのみ有効
  • /enchant/effect
    • 名前IDと数値IDをサポートするようになった
      • 例:/enchant @a minecraft:looting 3.
      • 例:/effect @a minecraft:speed 10 10.
NBT タグ
  • Age
    • -32768に設定するとアイテムがデスポーンしなくなるようになった
  • CustomNameCustomNameVisible
    • プレイヤーを除くすべてのエンティティで機能するようになった
  • pages
    • 本のプレーンテキストではなくJSONテキストを使用するようになった
    • clickEventhoverEventタグが使用できるようになった
    • 以前はテキストの書式設定は装飾コードの§記号を使用してのみ実行できていた
  • Text1, Text2, Text3 and Text4
    • 本のプレーンテキストではなくJSONテキストを使用するようになった
    • selectorscoreタグを使用して、プレイヤーのスコアを表示するのに使用できるようになった
    • 以前はテキストの書式設定は装飾コードの§記号を使用してのみ実行できていた
    • 文字制限は文字の幅に基づいたものになった

アイテム

ブレイズロッド
  • 三人称視点では道具と同じように持つようになった
ニンジン
  • 満腹度を4 ()ではなく3 ()回復するようになった
ベイクドポテト
  • 満腹度を6 ()ではなく5 ()回復するようになった
地図
  • 縮小された地図がグリッドに整列するようになった
  • 読込がはるかに早くなった
記入済みの本
  • 本をデフォルトの状態から署名した場合、「オリジナル」タグがマークされるようになった
    • オリジナルをコピーすると「オリジナルのコピー」と表示される
    • オリジナルのコピーをコピーすると「コピーのコピー」と表示される
    • コピーのコピーをさらにコピーすることはできない
  • 本のコピー状態(generation)は、ツールチップの作成者の名前の下に改行されて表示されるようになった
本と羽ペン・記入済みの本
  • 新しいpagesタグを使用し、本のプレーンテキストではなくJSONテキストを使用するようになった
    • 以前はテキストの書式設定は装飾コードの§記号を使用してのみ実行できていた
  • clickEventhoverEventタグが使用できるようになった
テクニカルブロック

ブロック

全てのブロック
  • 透明なブロックのみが透明としてレンダリングされる
    • これにより、全てのX線テクスチャパックが無効になった
  • プレイヤーの視野のブロックのみをレンダリングするようになった
  • ブロックのメタデータはブロック状態を優先し、段階的に廃止されていく
模様入り石レンガ
ひび割れた石レンガ
  • 石レンガを製錬し、再生して入手できるようになった
苔石
  • 丸石ツタを1つずつでクラフトできるようになった
苔石レンガ
丸石の階段
  • 曖昧さを避けるため、"石の階段"が"丸石の階段"に改名された
かまど
  • かまどの燃料が無くなると、製錬の進行が2倍の速度で巻き戻されるようになった
  • 空のかまどの燃料スロットには、コマンドで強制的に入れない限り、燃料とバケツしか入らなくなった
ビーコン
干し草の俵
  • ウマへの体力回復などを再調整
    • 9倍の速さで行うようになった
氷塊
  • ツルハシを使うとより速く採掘できるようになった
巨大キノコブロック
  • シルクタッチエンチャントで収穫すると、全ての側面に色がついているものではなく、対応するキノコテクスチャ(赤または茶色)のブロックをドロップするようになった
スポンジ
  • 新しい動作とテクスチャを持つスポンジをサバイバルモードに再導入
  • 水を吸収すると濡れたスポンジになるようになった
    • この際にスポンジの周りに水のパーティクルが表示される
  • スポンジは周囲の半径5ブロック先の水ブロックまで吸収する
  • スポンジが水を吸収するのは水に触れている時だけである
ドア
  • 64個スタックできるようになった
  • ドアをクラフトした際にドアを1つではなく3つ入手できるようになった
  • 新しいドアのアイテムのテクスチャと一致するよう、ドアのテクスチャがより詳細になった
    • 上記の変更はオークのドアと鉄のドアの両方に適用される
  • "木のドア"が"オークのドア"に改名
    • これは新しいドアの種類に対応するために行われた
ディスペンサー
ボタン
  • 天井または地面に設置できるようになった
レッドストーンコンパレータ―
  • 額縁の中のアイテムがどの向きに回転しているかを検知するようになった
レッドストーンリピーター
  • 光らなくなった
日照センサー
  • 右クリックで反転すると、9つの"センサー"の色が青く変わるようになった
    • 通常に設定された場合とは反対の時間に最大強度に達する
    • これにより、NOTゲート不要で夜間に点灯する照明を作ることができるようになった
アクティベーターレール
  • オンになったアクティベーターレールはトロッコを揺らし、乗っているプレイヤーやMobを降ろすようになった
看板
  • 本のプレーンテキストではなく、JSONテキストText1Text2Text3Text4を使用するようになった
  • selectorscoreタグを使用して、プレイヤーのスコアを表示するのに使用できるようになった
  • 以前はテキストの書式設定は装飾コードの§記号を使用してのみ実行できていた
  • 文字制限は文字の幅に基づいたものになった
Mobの頭
  • サバイバルでもクリーパー、スケルトン、ゾンビの頭を利用できるようになった
    • クリーパー、スケルトン、ウィザースケルトン、ゾンビは、帯電クリーパーに殺されると頭を落とす。ウィザースケルトンの頭蓋骨は稀なドロップアイテムとして入手できるままである
    • 帯電クリーパーの爆発は、それにより殺されたMobの数に関係なく、複数のMobの頭を落とさない
  • 頭に付けたMobの頭は大きくなっているため、2番目のスキンレイヤーが外側にレンダリングされなくなった
  • プレイヤーの頭に3Dのアイテムモデルが追加された
  • インベントリ内およびMob・プレイヤーが持っているプレイヤー・Mobの頭は、実際の頭のスキン・テクスチャ(プレイヤースキンの2番目のスキンレイヤーを含む)を表示するようになった
    • プレイヤーの頭を設置すると、2番目のスキンレイヤーもレンダリングされる
モンスタースポナー
  • スポーンエッグで右クリックするとスポナーがスポーンさせるMobを変更できる
コマンドブロック
  • サバイバルのプレイヤーは、コマンドブロック内を見てコマンドを確認できなくなった
  • @eターゲットセレクタの説明と残りのUIを表示するようになった
  • コマンドブロックUIの「最近の出力」の横にX/Oボタンを追加し、最近の出力の文字を表示するかを切り替えられるようになった
スイカはしご
  • 斧で早く採掘できるようになった
カボチャジャック・オ・ランタン
  • 上部のテクスチャが向きと同じ方向に回転するようになった
松明レッドストーントーチ
  • 壁に設置されている際の上面が適切に角度がつくようになった
    • 両方のテクスチャが変形していた
フェンスフェンスゲートトラップドア
  • "フェンス"と"フェンスゲート"が"オークのフェンス"と"オークのフェンスゲート"にそれぞれ改名された
  • "トラップドア"が"木のトラップドア"に改名された
    • 上記の変更は、各ブロックの新しい種類の追加を受け、区別を容易にするために行われた
枯れ木苗木、トラップドア
  • 燃えるようになった
看板チェストビーコンベッド
  • 破壊アニメーションが表示されるようになった[9]
    • ベッドにも表示されるようになったが、側面にしか表示されていなかった

Mob

全てのMob
  • 新しいAIに更新
  • ダメージを受けた時にわずかに異なる色の輝きを表示するようになった
防具
  • Mob・プレイヤーがダメージを受けた時に着用している防具に色が付かなくなった
村人
  • 職業を色のついた服で区別できるようになった
    • 取引GUIには単に「村人」ではなく専門が表示されるようになった
    • 農民(茶色いローブ):農民・釣り師・羊飼い・矢師
    • 司書(白いローブ):司書
    • 聖職者(紫色のローブ):聖職者
    • 鍛冶屋(黒いエプロン):防具家事・武器鍛冶・道具鍛冶
    • 肉屋(白いエプロン):肉屋・革職人
  • 雷に当たるとウィッチに代わるようになった
  • ヘルメットやその他のアイテムを装着できる頭のスロットが追加された
  • 意欲がないと繁殖しないようになった
    • 村人は特定の取引が初めて行われるときには必ず、それ以外の場合は1/5の確率で再び意欲を出す
    • 村人の子が生まれると、意欲を失う
    • 村人は食べ物を消費することで繁殖するようになる:パン×3か、ジャガイモ×12か、ニンジン×12
    • 村人の子孫を残そうとする意欲は、取引時に与えられた経験値の量を数えると分かる
      • 通常の取引では3~6の経験値が得られる
      • 意欲がある状態だと8~11得られる
  • 農民(職業)の村人のAIの変更
    • 栽培されたジャガイモ、ニンジン、収穫、回収、植え直しを行う
    • 小麦パンにクラフトするようになった
    • 仲間の村人に食べ物をあげるようになった
ウィザースケルトン
  • 当たり判定が2.5ブロックから3ブロックに変更された
ゾンビピッグマン
  • 大人のゾンビピッグマンは、しばらくすると怒りを収めるようになった(そして、攻撃速度の増加もなくなる)が、プレイヤーが攻撃対象距離から出るまで攻撃を続ける
エンダーマン
  • 歩くのが少し早くなった
ブレイズ
  • 間に固体ブロックがあっても、プレイヤーに撃つようになった
シルバーフィッシュ
  • 殆どのMobと同様に、再移動する前に時々停止するようになった
ヒツジ
  • 殺されると羊肉を落とすようになった
ジャイアント
  • 着ている防具が適切にレンダリングされるようになった
アイアンゴーレム
  • クリエイティブ中にプレイヤーを攻撃しなくなった
  • 攻撃を受けないと攻撃しなくなったMob:ゾンビ、スケルトン、クリーパー、クモ、洞窟グモ、スライム、マグマキューブ、ブレイズ
スノウゴーレム
  • y=64以下のスノウゴーレムは雪を足元に残さなくなった
オオカミ
  • 飼いならされたオオカミは、野生でヒツジを攻撃するのと同様に、無差別にスケルトンを攻撃し、スケルトンを萎縮させるようになった
飼いならされたヤマネコ飼いならされたオオカミ
  • 名札で名前が付けられている場合、チャットでの死亡メッセージにその名前で表示されるようになった
スケルトン・ウィザースケルトン
  • 反撃するのではなくオオカミから逃げるようになった
クモ & 洞窟グモ
  • 不透明なブロックを通して視線を描画しなくなった
スライムマグマキューブ
  • 新しいAIへ更新され、泳ぐようになった
  • 時々ランダムに方向を変え、壁や角に引っかかることが減った
  • 32メートルの範囲内にプレイヤーがいない場合、時間がたつとともにランダムにデスポーンするようになった
  • もう少しランダムにジャンプするように見えるようになった
  • 名前が付けられたスライムが攻撃されると、分裂したスライムはそれぞれ指定された名前を保持するようになった
怒ったゾンビピッグマン・エンダーマン
  • 新しいAIへ更新され、経路探索をするようになった
クリーパー、クモ、エンダーマン
  • スペクテイターモードで特定のシェーダーを適用できるようになった
ゾンビ・スケルトン・クリーパー
  • 帯電クリーパーに殺されると、それぞれのMobの頭を落とすようになった
アイアンゴーレム・スノウゴーレム・ウィザー
  • 横にブロックを設置しても召喚できるようになった
    • この際の向きは召喚されたMobの向きには影響しない
  • ディスペンサーに最後のブロックを入れて正しい位置に設置し起動することでも召喚できるようになった
    • この際の向きも召喚されたMobの向きには影響しない
ゾンビ、ゾンビピッグマン、スケルトン、ウィザースケルトン、他のクリーパー、ウィッチ
  • 爆発しようとしているクリーパーから逃げるようになった
動物の子(ヒツジ, ブタ, ウシ, ニワトリ, ネコ, オオカミ, ウマ, ウサギ)
  • 動物に繁殖アイテムを使用すると、成長がゆっくり早くなるようになった
    • 使用するごとに、成長する残りの時間が10%減る

Mob以外のエンティティ

全てのアイテム
  • ドロップアイテムのエンティティが高速グラフィックの3つの軸全てでプレイヤーの方向を向くようになった
  • 水中での挙動を変更
    • 数ブロック沈んだ後に失速し、ゆっくり落下するようになった
    • 火のは水に入るとすぐに消えるようになった
TNT付きトロッコ
  • フレイムのエンチャントが付いた矢で撃っても点火できるようになった
  • 爆発が直線的に積み重ならなくなった
    • 水平漸近線を持つ関数に従って積み重なるようになった
      • ドメインはトロッコの量で、爆発強度の範囲である
      • これにより、爆発の可能性が厳しく制限される
額縁
  • 遠くからでも見えるようになった
  • 額縁内のアイテムは4方向ではなく8方向に向くようになった
  • 額縁が設置されている限り、最後に入っていたアイテムの向きが記憶され、次に入れたアイテムはその方向を向く
  • 額縁に入っているアイテムが向いている方向をコンパレーターによって検知し、それに応じた信号を発することができる
    • 信号強度は次の通り:
      • 空:0
      • アイテムが入れられた初期状態:1
      • アイテムが1回回転:2
      • アイテムが2回回転:3
      • アイテムが3回回転:4
      • アイテムが4回回転:5
      • アイテムが5回回転:6
      • アイテムが6回回転:7
      • アイテムが7回回転:8
    • 信号は中のアイテムとは関係ない
絵画・額縁
  • 位置処理を改善
    • 同じブロック面で互いに交差したり、同じブロック面に両方が設置されていたりしなくなった

ワールド生成

奈落
スーパーフラットのワールドタイプ
  • ブロックID・レイヤーの数の形式が数xIDから数*IDに変更された
    • スーパーフラットのプリセットには、新しい名前空間IDを使用することもできる
  • プリセットコードのバージョン番号が"3"に変更された
  • 村の道が丸石になり、かつて砂利が洞窟内に落ちていたことがなくなった
    • 砂漠の村の井戸が丸石ではなく砂岩でできているようになった
砂漠の寺院
  • 色付き羊毛ではなくテラコッタが生成されるようになった
洞窟
  • 砂漠、メサ、メガタイガ、キノコ島バイオームの地面に生成されるようになった
湿地帯
  • 沼地のような場所の生成を変更[10]
メサ
  • メサバイオームの洞窟の入り口に赤い砂岩が生成されるようになった
ワールド境界
  • ワールド境界が生成されるようになった
    • 現在、文字通りワールド境界を越えられるものはない
  • デフォルトのワールド境界は、目に見えない岩盤の壁ではなく、テクスチャがアニメーションする
  • /worldborderコマンドを使用すると、プレイヤーはワールド境界の様々な要素をカスタマイズできる
    • 大きさ、中心、ダメージ、アニメーション時間、警告時間・距離
    • 境界のサイズが変更されると、一定の速度でアニメーションが縮小または拡大される
      • 境界はブロックの一部に配置されているように見えるが、整数値でのみ定義される
  • プレイヤーは、静止している間は内側からワールド境界を通過できない
    • プレイヤーは、境界線が縮小すると境界線を通過する
  • クリエイティブまたはスペクテイターモードでない場合、ワールド境界の外側にいるプレイヤーはダメージを受ける
    • プレイヤーは外側からならワールド境界内に入ることができる
  • 上記とは別に、自由に飛び回ったり、歩いたりできる
    • Mobアイテムエンティティは外にいても境界の影響を受けない
  • プレイヤーが境界線から一定の距離内に入ると、赤い警告が作動する
    • 描画優先の場合にのみ表示される
    • 境界の外では、警告は常に最大強度である
    • 境界線の内側では、プレイヤーが境界線に近づくか、その逆になると、警告が徐々に強くなる
      • 境界が静止している場合、指定された警告距離をプレイヤーが通過すると最初に表示される
        • デフォルトはプレイヤーの位置から5ブロックである
      • 境界線が速く縮小している場合、指定された警告時間に最初に表示される
        • デフォルトはプレイヤーの位置から15秒である
  • 境界線は垂直に無限に伸びており、岩盤の下や建築上限を超えている
    • 岩盤の下など、特定の高さを超えてレンダリングはされない
  • 境界線の幅と長さは、常に同じである(正方形のように)
  • 最小で1×1までしか縮小できないため、世界からワールド境界が無くなることはない

修正

426個のバグを修正
1.8以前にリリースされたバージョンから
  • MC-19 – 視野が100を超えた状態でベッドで寝ると頭の中が見える
  • MC-71 – X座標とZ座標が負の場合、Mobが水流の隣にスポーンしない
  • MC-78 – 村人が1つの建物に集まっている
  • MC-99 – 死亡後にスキンが時々消える
  • MC-107 – 暗視のポーションを飲むと全体が暗くなる
  • MC-129 – 洞窟が見えるなど、チャンクの表面がロードされない
  • MC-208 – 絵画と額縁が重なり合い、テクスチャがちらちらすることがある
  • MC-229 – ホットキーを使用すると、フルスクリーン・ウィンドウモードの切り替え状態がおかしくなる
  • MC-268 – "跳躍"が落下ダメージを軽減しない
  • MC-393 – ピースフルで空腹の際にベッドで寝られない
  • MC-404 – 透明化の状態で地図を片手に持つと、両手で地図を持っているように表示される
  • MC-455 – 正確にx = 0, z = 0座標に立つと、北西のブロックの破壊・設置ができない
  • MC-486 – ゾンビとスケルトンがハーフブロックの上では燃えない
  • MC-506 – 滑らかな砂岩を滑らかな砂岩にクラフトできる
  • MC-586 – ビーコンの光が水を通らない
  • MC-665 – TNT付きトロッコを水流で動かせない
  • MC-676 – 看板とチェストの破壊アニメーションが表示されない
  • MC-816 – 水流に入って、頭上にブロックがある場合、酸素ゲージがリセットされない
  • MC-888 – シングルプレイヤーで/difficultyコマンドを実行しても、設定画面のデフォルトの難易度が変更されない
  • MC-1146 – 岩盤と同じ高さのピストン
  • MC-1178 – スーパーフラットで無効なバイオームIDを入力するとMinecraftがクラッシュする
  • MC-1253 – はしご、看板、フェンス、フェンスゲート、トラップドアを設置するとブロックが暗くなる
  • MC-1298 – 壊れた金床が壊れているテクスチャでない
  • MC-1305 – 鉄格子の当たり判定の位置がずれている
  • MC-1406 – サーバーとクライアントのブロックの設置範囲が一致しないことがある
  • MC-1428 – 矢がMobに当たるとはね返る
  • MC-1458 – ゾンビ・スケルトンのチェストプレートの袖が正しく表示されていない
  • MC-1532 – TNTが着火されていて点滅している際のグラフィックがおかしい
  • MC-1580 – 取引で⇧ Shiftクリックを使用するとアイテムが消える
  • MC-1677 – ピストンを縮ませると、テクニカルブロックの見えない当たり判定が表示される
  • MC-1769 – TNT・グロウストーン・レッドストーンブロック・葉の中に立つと透視ができる
  • MC-1818 – クリエイティブで頭をブロック選択するとSkullOwnerが失われる
  • MC-1831 – ファイヤーチャージの音が間違っている
  • MC-1893 – スニークしていると、バケツが水・溶岩・スイレンの葉を指定した位置に勝手に設置する
  • MC-1918 – 着火されたTNTがエンドポータルに落ちても、エンドポータルに入らず地面に落ちる
  • MC-2053 – ドアのテクスチャがおかしい
  • MC-2071 – ゲームを一時停止したり、ネザーポータルでGUIを開いたりできない
  • MC-2117 – 描画距離が低い場合、ビーコンの光が表示されない
  • MC-2292 – OS X:⌘ CmdではなくCtrl装飾キーである
  • MC-2335 – 0.5以上1.0未満のブロックから2つの高いフェンスゲートに歩く時が非常におかしい
  • MC-2344 – スケルトンがエンチャントされた弓を拾わない
  • MC-2346 – 金床の当たり判定が比例していない
  • MC-2367 – 1.4.2以前のマップでのアドベンチャーモードでブロックを設置・削除できる
  • MC-2487 – 叩かれるとココアが光る|
  • MC-2559 – イカが水中でもダメージを受ける
  • MC-2713 – エンティティを攻撃できないときがある
  • MC-2789 – アドベンチャーモードで壊せないブロック:干し草の俵、TNT、シルバーフィッシュ入りの石、ピストン、サボテン、ベッド、火、スポンジ
  • MC-2911/gameruleコマンドでtruefalse以外のパラメーターを使用できる
  • MC-2930 – 与えられたダメージ量が体力バーに表示されない
  • MC-2947 – ガストとウィッチが物を投げる・撃つときに照準を適切に合わせない
  • MC-2990 – 雪の層がある場所に頭、ベッド、ドアを設置できない
  • MC-3066 – アドベンチャーモードで透過ブロックを破壊できる
  • MC-3084 – 特定の角度でモデルの影がおかしい
  • MC-3100 – 石の階段という名前は間違っているため、丸石の階段と呼ぶべきである
  • MC-3151 – 新しいMobのAIが経路探索をする際に、ワールド制限や奈落を考えない
  • MC-3230 – 3人称視点での黒い四角
  • MC-3337 – チェスト・ソウルサンド・エンドポータルフレームが床になっている、2ブロックの高さの穴を歩けない
  • MC-3444/giveコマンドがいくつかのアイテムをスタックする
  • MC-3450 – ベッドに寝ている時にプレイヤーの近くにいるMobがプレイヤーの上に表示される
  • MC-3493 – 額縁が「ジャンプ」する
  • MC-3583java.lang.NullPointerException: Exception ticking world (at ml.c(SourceFile:199))(ネザーのチャンクが破損している)
  • MC-3599 – マルチプレイヤーで、y=128以上のベッドで寝るとプレイヤーが奈落に落ちるように表示される
  • MC-3631 – クリーパーが地面より1/8ブロックだけ宙に浮いている
  • MC-3664 – 金のニンジンのクリエイティブの置き間違い
  • MC-3668 – (ポーション)エフェクトが付いた状態でネザーポータルを通過すると、エフェクトのアニメーション(パーティクル、火、可視性、追加体力)がなくなる
  • MC-3716 – エンダーパールとベッド
  • MC-3718 – マップの中心から離れるとテクスチャとエフェクトがオフになる
  • MC-3781 – クリーパーが爆発するためにプレイヤーに近づかない
  • MC-3808 – 入力装置(ボタン、感圧版、ディテクターレールなど)が出力するパルスが短すぎる
  • MC-3818 – ジュークボックスでスタックされた音楽ディスクを再生するとディスクが複製される
  • MC-3884 – アイテムが水に落ちた際の音が再生されない
  • MC-3995 – スポンジが水を吸収しない
  • MC-4008 – ブロック選択をするとアイテムが複製される
  • MC-4077 – デバッグモードのプレイヤーの当たり判定が高すぎにレンダリングされている
  • MC-4222 – 暗視ポーションの効果を受けている際に、敵がダメージを受けると赤く点滅する
  • MC-4239 – 丸石製造機でレッドストーンや糸を使用すると黒曜石が製造できる
  • MC-4329 – エンチャントされた革の防具の一部が持ったときに光らない
  • MC-4402 – 醸造台を叩いた時に明るくなる
  • MC-4410 – 3人称視点でスニークすると宙に浮く
  • MC-4476 – エンダーマンが他のMobと近くで戦う際にテレポートしない
  • MC-4546 – ヒツジのスポーンエッグを地面に投げた際のテクスチャが間違っている(高速グラフィック)
  • MC-4660 – インベントリで手に持ったときとインベントリ内でのポーションのレンダリングが異なっている
  • MC-4767 – 頭の上のブロックの影
  • MC-4772 – Mobの頭のアイテムが適切に3Dにレンダリングされない
  • MC-4837 – ゾンビ・プレイヤーがビーコン経験のテクスチャがちらちらするように保持した
  • MC-4855 – スポナーがスポーン範囲のX軸とZ軸の行を見逃す
  • MC-4934 – イカが足音を立てる
  • MC-5018 – 幅の広い文字(チルダ~など)が記号でオーバーフローする
  • MC-5164 – 力と弱化のポーションが怒ったオオカミに機能しない
  • MC-5206 – 名前を変更したアイテムの名前の斜体・色がアイテム切替時に表示されない
  • MC-5215 – スポナーの"MaximumNearbyEntity"タグの最大範囲が上は4と下は4のみである
  • MC-5218 – 水中奇数ボックス
  • MC-5270 – 溶岩に立っている際の窒息画面のバグ
  • MC-5306 – エンチャントされたブロックを手に持っているとき、インベントリ内、頭にかぶったとき(頭蓋骨・カボチャ)、地面に落とされた際にエンチャントが表示されない
  • MC-5312 – 棘の鎧が一部のモンスターに機能しない
  • MC-5313 – 羊毛に使用した際にハサミの耐久力が減らない
  • MC-5477 – 花火とIDが15を超える染料
  • MC-5506 – 村人が取引でエンチャントできない本を売っている
  • MC-5525 – 一部の音が再生される音量が小さい
  • MC-5570 – ゲームルールmobGriefingがfalseに設定されていてもヒツジが草を食べる
  • MC-5585 – エンダードラゴンがダメージ増加と射撃ダメージ増加のエンチャントの影響を受けない
  • MC-5610 – 背の高い草の上の部分にレッドストーンダストを設置できる
  • MC-5653 – 村人が取引で売っているエンチャントの本が悪くなっている
  • MC-5824 – サボテンがブロックの隣に成長できる
  • MC-5860 – エンダーマンがサボテンを本来は設置できない場所に設置する
  • MC-5962 – ワールドを最初にロードするとき、ホットバーのチェストとトラップチェストの表示がおかしい
  • MC-5991 – ホッパーの設置・破壊音が木系のブロックのものを使用している
  • MC-6095 – ホッパーのブロックのモデルの溝がとても小さい
  • MC-6179 – ニワトリが卵を産むタイマーを保存しない
  • MC-6753 – アイアンゴーレムがデスポーンする
  • MC-6773 – 名前を変更したスライムまたはマグマキューブが分割した際に名前が無くなる
  • MC-7001 – 額縁に入ったアイテムを回転させると暗くなる(高速グラフィック)
  • MC-7133 – インベントリ内での火のついたかまど(ID 62)のテクスチャの向きがおかしい
  • MC-7157 – かまどの火が付いていなくても、かまど付きトロッコのかまどが火がついたテクスチャになっている
  • MC-7432 – 実際のゾンビ攻城が失敗に始まる(修正を含む)
  • MC-7443 – トロッコがピストンで一時的に浮遊する
  • MC-7463 – ムーシュルームがスポナーからスポーンする際に、菌糸ではなく草を必要とする
  • MC-7488 – 村の攻城のスポーン位置が正しく計算されない
  • MC-7508ExtendedBlockStorageの最上位のブロックをChunk.heightMapが無視することによる明るさのエラー(1エラーずつオフ)
  • MC-7736 – クモに攻撃された後、TNTによって爆発された場合、死亡メッセージが「クモによって爆破された」となる
  • MC-7807 – 投げられた卵が何かに当たると雪玉のように表示される
  • MC-8201 – リロードの際に点火されたTNTが床に落ちる
  • MC-8255 – TNTがディスペンサーから発射された時にシューという音を鳴らさない
  • MC-8509 – 鉄格子の溝のテクスチャ
  • MC-8648 – アイテムに名前を付けると、金床で修理した後に基本値が増加しない
  • MC-8662 – アイテムが額縁内で正しく中央に配置されない
  • MC-8785 – 雪の層をブロックの横に置くと、厚さに関係なく現在の厚さに置き換えられる
  • MC-8858 – 雨が逆さまの階段を通過する
  • MC-8881 – Mobが雪の層を非固体ブロックとして扱う
  • MC-8898 – プレイヤーの当たり判定がインベントリにレンダリングされる
  • MC-8987 – フレイムのエンチャントが付いた弓がTNT付きトロッコを着火しない
  • MC-9097/testforが無効なパラメーターを持つtrueのコンパレーター信号を生成する
  • MC-9134 – 斜めのパワードレール・ディテクターレール・アクティベーターレールがオンになった時の当たり判定が間違っている
  • MC-9164 – ニワトリをネザーウォート、スイカの種、カボチャの種で繁殖できる
  • MC-9173 – ドロップされたアイテムの側面と額縁内のアイテムがエンチャントされていないように表示される
  • MC-9177 – トリップワイヤーに側面が2つない
  • MC-9275 – TNTをファイヤーチャージで右クリックしても点火されない
  • MC-9388 – 子どものMobが泳げない
  • MC-9406 – 高アスペクト比の手持ちアイテムに対する水中効果
  • MC-9473 – リソースパック選択メニューの[完了]ボタンの不必要な遅延
  • MC-9539 – "/kill"コマンドがマルチプレイヤーサーバーコンソールでまだ機能しない
  • MC-9562 – クリエイティブインベントリをダブルクリックしてもアイテムが自動的にスタックされない
  • MC-9582 – チャットですべて選択をすると不規則に動作する
  • MC-9664 – mobGriefingをオフにしてもブレイズ・ガストの火の玉がブロックに火をつける
  • MC-9752 – コマンドブロックが死亡しているがリスポーンを押していないプレイヤーを検出する
  • MC-9787 – 村人と取引するとゲームがクラッシュする
  • MC-9806 – 名前に付けた色が/sayを使用した際に表示されない
  • MC-9866 – ドアの上の部分の横にレッドストーンブロックを設置しても開かない
  • MC-10095 – トロッコと着火されたTNTを燃やすことはできるが、水で消すことはできない
  • MC-10099 – 怒ったゾンビピッグマンは通常、敵に追いつくために透過ブロック1段を飛び越えない
  • MC-10198 – 製錬が完了すると同時にかまどに製錬するアイテムを追加すると、製錬でバグが発生する
  • MC-10206 – 大釜とホッパーの上に表示される破壊アニメーションがおかしい
  • MC-10323 – 画面の近くにエンチャントされたアイテムがあるとFPSが下がる
  • MC-10387 – ホッパーを破壊している際に、底が暗くなる
  • MC-11023 – 縮んだピストンアームの明るさが正しくない
  • MC-11170F3の円グラフのバグ
  • MC-11207 – ホットバーホットキー(19)をクリックしてアイテム・ブロックのスタックをエンチャントテーブルに移動すると、スタックの1つを除くすべてが削除される
  • MC-11270 – スコアボードがオフライン・存在しないプレイヤーで機能しない
  • MC-11524 – スライムとトロッコ
  • MC-11607 – 大釜に未染色の革の防具の一部を右クリックすると、水の層が下に下がる
  • MC-11651 – UTF-8ドメイン名のサポート
  • MC-11672 – スタックを持ったままインベントリタブの外側を右クリックすると、スタック全部がドロップされる
  • MC-11681 – ベッドで寝ている際のプレイヤーの名前が低すぎる
  • MC-11987/spawnpointの補完の引数が誤っている
  • MC-12061 – ウィッチの当たり判定がおかしい
  • MC-12550 – ネザーポータル内、ネザー内で死亡すると、ゲームがクラッシュする
  • MC-12640 – エントリが多すぎるとスコアボードが消える
  • MC-13007 – 丸石の壁の隣に置かれた二重のフェンスゲートの高さが間違っている
  • MC-13346 – 空の平地の世界を作成する
  • MC-13381 – 目が範囲内にある場合にスポナーはアクティビティを表示するが、実際には足が範囲内にある場合にのみMobを生成する
  • MC-13431 – つるがあると木が成長しない
  • MC-13485 – トリップワイヤーフックのテクスチャがおかしい
  • MC-13633 – ウマにサドルが付けられていなくてもウマのジャンプバーが表示される
  • MC-13771 – カーペットと雪の層のブロックを手に持った際に正しく表示されない
  • MC-13799 – リードが付けられているフェンスの選択エリアが非表示になる
  • MC-14398 – ウマに乗ったままスプラッシュポーションを投げてもウマに付与されない
  • MC-14617 – シングルプレイヤーのワールドで難易度を変更すると、他のワールドにも持ち越される
  • MC-14671 – 1ティックパルサーがリピーターで持続する
  • MC-14816 – 金床の第二スロットをクリックしてインベントリに戻す際に光学アイテムが複製される
  • MC-15084 – リードが付けられたMobを殺してもリードを落とさない
  • MC-15112 – クリエイティブモードで攻撃するとゾンビが怒る
  • MC-15202 – プレイヤーがウマに乗っているとMobに押しのけられる
  • MC-15289 – y座標が大きい場所にテレポートする際の身構えが正しくない。ワールドをプレイできなくなる
  • MC-15370 – 干し草の俵が9つの小麦で作られるのに、ウマの回復・成長速度が不一致である
  • MC-15707 – 野生のオオカミと怒ったオオカミをリードでつなぐことができる
  • MC-16387 – ワールド生成時の「建造物を生成する」の設定をオフにしてもネザー要塞が生成される
  • MC-16457 – スノウゴーレムのカボチャのテクスチャが反転している
  • MC-16587 – 板ガラス・鉄格子のグラフィックのバグ
  • MC-16608 – ホッパーと醸造台のGUIのテキストの色が変更される
  • MC-16753 – クリエイティブで水源・大釜を右クリックしてもガラス瓶が消費される
  • MC-17035 – 死んでリスポーンしないプレイヤーをテレポートできる
  • MC-17047 – ベッドを設置してもブロックが更新されない
  • MC-17156 – "/give"コマンドが、高いアイテムID値に対してArrayIndexOutOfBoundsExceptionを返す
  • MC-17624 – 階段を破壊した際のグラフィックのバグ
  • MC-17739 – [NVidia graphics card]の革の防具のテクスチャがちらちらする
  • MC-17868 – ゾンビのAIの水中でのバグ
  • MC-18245 – 名前変更とエンチャントを同時にした際のコストが間違っている
  • MC-18284 – 透明化になっていても新しいAIのMobは認識してくる
  • MC-18477 – アイアンゴーレムが透明化の敵対Mobを認識して攻撃する
  • MC-18752 – 額縁に入っているコンパスが原因でGLエラーが発生した際に、エンティティの影が正しくレンダリングされない
  • MC-19205 – 別の背の高い草に水を流して破壊した際の背の高い草のパーティクルが灰色になる
  • MC-19313 – 濡れた飼いオオカミと飼い慣らされていない濡れた敵対オオカミが飼い慣らされていない有効オオカミのテクスチャを使用している
  • MC-19331 – 斜めのレールの上でトロッコに乗ると、トロッコにバグが発生する可能性がある
  • MC-19702 – ウィザーの防具のテクスチャが間違っている
  • MC-19886 – 下のブロックが壊されたり明るさが変更されたりしても、植物が壊れない
  • MC-19996 – 統計メニューの項目名。
  • MC-20046 – ネザーに入る時に衝撃吸収の体力のハートがなくなる
  • MC-22395 – フェンスの隣にブロックを設置すると、自分の内側にブロックを設置できる
  • MC-22586/spreadplayersコマンドでxzパラメーターの相対座標が使えない
  • MC-23940 – 透過ブロックの近くのベッドで寝ると、ブロックに入ることができる
  • MC-24251 – 仔ウマに適切にリードを繋げない(プレイヤーの方を向かない)
  • MC-24778 – 開閉のサウンドのバグ
  • MC-25370Escキーで前のメニューに戻ると、マウスが中央に戻る
  • MC-25378 – 要塞のはしごが浮いている
  • MC-26203 – スコアボードで、初期スコアを0に設定した際に、プレイヤーがサイドバーに表示されない
  • MC-26987 – ウマが繁殖モードになっていない他のウマと繁殖しようとする
  • MC-27538 – ハーフブロックの高さの雪に砂が落ちた時が不安定である
  • MC-29408/playsoundコマンドでプレイヤー名の補完ができない
  • MC-29431 – 関数を検索すると追加のポーション結果が返ってくる
  • MC-29475 – ブロックに矢が当たった際に音が2回再生される
  • MC-29515stat.craftItemを追跡する際に、⇧ Shiftのクリック数が2である
  • MC-29518 – "stat.damageTaken"と"stat.damageDealt"が当たった数#体力ダメージ#を追跡する
  • MC-29558 – 背の高い植物と同じところに別のブロックを設置しても破壊されない
  • MC-29559 – 背の高い草・シダを壊しても種が落ちない
  • MC-29588ホッパー: java.lang.NullPointerException – 無効なバイオームID
  • MC-29711 – 飛行中のダッシュ
  • MC-29777 – グラフィック設定に関係なく、手に持ったときの草ブロックの側面のテクスチャが高速グラフィックのものを使用する
  • MC-29796 – 雪なのに雨が降っている
  • MC-29803 – 統計のサイズを変更できない・サイズ変更後のボタンがない
  • MC-29999 – クライアントがスナップショットでもRealmsボタンが表示されたままである
  • MC-30002 – 落下・着地パーティクルがプレイヤーではなくブロックを中心として適用される
  • MC-30135ホッパー: java.lang.NullPointerException:バイオームの取得
  • MC-30192 – スコアボードstat.useItem.<Item#>での不具合
  • MC-30350 – スーパーフラットの湿地帯でスイレンの葉が生成されない
  • MC-30450/giveコマンドに不完全な[dataTag]を入力すると、クラッシュの原因になるアイテムが与えられる
  • MC-30484 – データ値が不明な(高すぎる)アイテムをgiveコマンドで使用すると、ワールドがクラッシュして使用できなくなる
  • MC-30527 – 実績「冒険の時間」が正しく機能しない
  • MC-30543 – 壁またはフェンスのパーティクルが機能しない
  • MC-30548stat.fallOneCmが適切な量を表示しない
  • MC-30568/summonコマンドが雷を召喚しない
  • MC-30589 – 爆発時に額縁のアイテムしかドロップしない
  • MC-30704 – Linux上の外部キーボードでキーがサポートされていない
  • MC-30877 – 作物(小麦・人参・ジャガイモ)が明るさレベル0でもドロップしない
  • MC-30897 – ブロックがいくつか破壊されても、ネザーポータルが完全に壊れない
  • MC-30995/setblockのreplaceで、同じブロックを異なるタイルエンティティ・NBTデータで置き換えられない
  • MC-31047 – アイテムを使った数の統計が、右クリックではなく左クリックの数を数えている
  • MC-31081 – シルバーフィッシュ入りの石1つから2匹のシルバーフィッシュが出てくる
  • MC-31147 – 一部のアイテムがエンダーマンが持っている時に見えない
  • MC-31203 – 原料を変更した後も、かまどの精錬状況が変わらない
  • MC-31344/summon mob/summon monster
  • MC-31365/summon/setblockでチェスト、かまど、ディスペンサー、レール、ドロッパーの向きを指定できない
  • MC-31382 – 255を超えるエンチャントIDを/summonコマンドで使用するとゲームがクラッシュする
  • MC-31572/setblockではしごを設置すると透明なブロックが設置される
  • MC-31574/tellraw translate引数にwith引数がない場合、サーバーがクラッシュする
  • MC-31615 – ミップマッピングで、地平線に緑と茶色の「ブロック」が見える
  • MC-31728 – シェーダーでのリソースパックの不具合
  • MC-32017 – Super Secret設定を使用した場合の地図の問題
  • MC-32284 – 存在しないエンチャントIDでアイテムをエンチャントし、そのアイテムを金床の第一スロットに入れるとクラッシュする
  • MC-32301 – 溶岩流が空気ブロックを破壊するたびに溶岩のシューというサウンドが再生される
  • MC-32434 – さまざまなヤマネコのスポーンの問題
  • MC-32514 – 砂漠の村の井戸が間違った材料・丸石で作られている
  • MC-32526 – [Multiplayer]で長い名前を使用するとスコアがブロックされる
  • MC-32579 – 属性"followRange"が完全に機能しない
  • MC-32867 – フェンスが下にある場合、固焼き粘土が木材として機能する
  • MC-32930 – 雷雨の明るさレベルが通常の雨の際と同じくらい明るい
  • MC-32933/setblockでの明るさのパフォーマンスの問題
  • MC-32997 – giveで自分に空気を何度も与えようとすると、ゲームがクラッシュする
  • MC-33030 – Mob(エンダーマン)をエンドで攻撃しても赤くならない
  • MC-33071 – セミコロンで文字列を解析する場合に"データタグの解析に失敗しました:引用符が不均衡です"と表示される
  • MC-33084/giveコマンドが死んだプレイヤーに機能する
  • MC-33098 – コマンドブロック付きトロッコが自分の位置を現在の1ブロック上として計算する
  • MC-33109 – サーバーリストでマウスホイールを使用してもスクロールができない
  • MC-33110 – クモ(およびその他のMob)が、速度のエフェクトや属性movementSpeedの影響を受けない
  • MC-33246 – 多色の花火を/giveで与えた場合、または/summonで召喚した場合、クラッシュする
  • MC-33467 – 10進数以外の色の値を花火に使用するとクラッシュする
  • MC-33558 – Aggroタグが新しいAIを持つ中立Mobに機能しない
  • MC-33677 – マルチプレイヤーで、[設定]の[マルチプレイヤー]の[ウェブリンク]がオフの際に、tellrawのクリック可能なテキストが機能しない
  • MC-33713 – 湿地帯の水たまりと小島が削除された?
  • MC-33872 – スケルトンを除くすべての人型Mobがエンティティに乗っている際の位置が高すぎる
  • MC-34648 – 松明がステンドグラスに設置できない
  • MC-34772 – 氷塊に効率エンチャントが機能しない
  • MC-34815 – 再生のエフェクト中に体力のハートが点滅しない
  • MC-34919ホッパー: java.lang.NullPointerException: レンダリング画面.
  • MC-35431/tellraw commandblockoutput
  • MC-35617 – サボテンのインベントリの画像が正しくない
  • MC-36103 – ネザーポータルを複数立てた場合、前にあるネザーポータルブロックが見えなくなっている
  • MC-36151 – ゲームを閉じてもstat.leaveGameが増加しない
  • MC-36329 – ステンドグラスを通して川を見る際のレンダリングがおかしい
  • MC-36489 – ムーシュルームにハサミを使用すると名前タグの名前を失う
  • MC-36494/setworldspawnを実行してもコンパスが更新しない
  • MC-36639 – 拡張されたマップでのマーカーの位置が合っていない
  • MC-36718 – 翻訳の文断片
  • MC-36812 – チャットの不透明度設定が機能していない
  • MC-36822 – コマンドブロック付きトロッコが重なる
  • MC-36847 – ワールド設置のゲームモードの後のコロンがない
  • MC-36867/tellraw @a nullを実行するとゲームがクラッシュする
  • MC-36883 – ゲームが時々フリーズする(0~3fps)
  • MC-36947/weather clear <time in seconds>が、指定された量に近い場所の天気を晴らさない
  • MC-37075 – ホッパー: java.lang.NullPointerException: 新しいチャンクが生成されない.
  • MC-37110 – pingアイコンが間違っている
  • MC-37203 – ホッパー: java.lang.ClassCastException:bitをfmに追加できない.
  • MC-37215 – ガラス板を設置できない場所に設置できる
  • MC-37355server-icon.pngアルファチャンネルの表示
  • MC-37398 – メインメニューでSuper Secret設置をクリックすると、例外が返される(クラッシュしない)
  • MC-37416 – ディスクをジュークボックスに入れた際に名前が表示されない
  • MC-37494 – ポーションの実績ロゴが表示される際に灰色に表示されない
  • MC-37661 – データタグの解析・エスケープの問題
  • MC-37818 – 1つのブロックにはバックフェースカリングがないが、他のブロックにはある
  • MC-37946 – 草のない土にブロック選択をしても土を入手する
  • MC-38014/setblock oldblockHandlingreplaceに設定されていても、コンテナのアイテムが削除される
  • MC-38127 – ガラス瓶のテクスチャが間違っている
  • MC-38637 – ブロックの東西側の額縁に入った地図が南北側より暗い
  • MC-38915 – 大釜の中・上に立つと、大釜の上にブロックを設置できる
  • MC-38944 – 参加中のRealmsのワールドの[キャンセル]ボタンの位置が間違っている
  • MC-39139walkOneCm統計が距離を正確に測定しない
  • MC-39163 – 釣りの浮き
  • MC-39228 – 難易度がハードの際に、ゾンビが村人を攻撃しても村人がゾンビに変身せず殺されるだけである
  • MC-39456 – エンティティがカチカチ音を立てる・Mobの固執
  • MC-39825 – TNTを使用して金床を浮かせることができる
  • MC-40367 – オンラインのプレイヤーがいない際に/tellraw @aがNPEを返す
  • MC-40420 – 主要なテクスチャのレンダリングの不具合
  • MC-40484 – 村人に乗ってMinecartRideableを召喚するとゲームがクラッシュする
  • MC-40615 – 子動物が成長しても親についていく
  • MC-40986/tellrawコマンドでのクラッシュ(stat.entityKilledBy)
  • MC-41234/summonで召喚されたまたはスポーンしたLeashKnotsが常に0,0,0にスポーンする
  • MC-41594 – エンドクリスタルがウマの上に積み重なっているとゲームがクラッシュする
  • MC-41839 – 子ゾンビピッグマンのチキンジョッキーが動作しない
  • MC-41917 – 他のプレイヤー(SMPおよびシングルプレイヤー)を攻撃している際にサウンドを再生できません: "minecraft.damage"と表示される
  • MC-41962 – 水のテクスチャバグ
  • MC-42312 – コマンドブロックで使用する範囲がわずかに乱れている
  • MC-42475 – 死んだプレイヤーに与えられたアイテムを拾えない
  • MC-43010 – 解像度が非標準のミップマップでレンダリングエラーが発生する
  • MC-43984 – 権限のない通常のプレイヤーがプレイヤーセレクタを使用できる
  • MC-44166 – スコアボードの対象が製錬物の場合に不正確である
  • MC-44363 – 金床のインベントリ内でのレンダリングバグ
  • MC-44597 – 不明なサウンドイベントを再生できない:minecraft:mob:witch.idle
  • MC-44649 – MacでMinecraftがJavaと呼ばれている
  • MC-44669 – ダークオークの色のバグ
  • MC-44727 – アイテムとして存在しないブロックのIDをスーパーフラットのカスタマイズGUIで使用するとゲームがクラッシュする
  • MC-44801 – クライアント側のチャンクティック1.7.4+が過剰である
  • MC-44829 – Twitchライブラリをロードできない
  • MC-44881 – コマンドブロックの半径の設定
  • MC-45087 – 調理済みの魚のIDが"minecraft:cooked_fished"である
  • MC-45173 – 特定の場所でブロックを移動すると、そのチャンクでFPSが大幅に下がる
  • MC-45222 – トラップドアが所定の位置にしか置けない
  • MC-45254 – 太字のテキストが正しく揃えられていない(右・中央)(文字列の長さに関係なく表示される)
  • MC-45264 – 上書きされたアイテムのテクスチャにより、ポーションの表示ボックスが16×16ピクセルの範囲で非表示になる
  • MC-45568 – 額縁の複製バグ
  • MC-46082 – 空(奈落)の列を持つチャンクを作成するとクラッシュする
  • MC-46431 – アイアンゴーレムのリードがちぎれる
  • MC-46570 – 30ミルでガストを生成すると、サーバーが応答しなくなる
  • MC-47705 – ブレイズがクリエイティブモードのプレイヤーを攻撃する
  • MC-47811 – 非固体ブロックの下部のテクスチャが垂直に反転している
  • MC-47974 – 村人は農業をしている時は普通に歩き回っているが、そうでないときは走り回っている
  • MC-48270 – ピースフルでスライムが1・2秒間だけ表示される
  • MC-48340 – 溶岩湖が葉を変える
  • MC-48471 – 色付きガラスなどの色付きのブロックが、ピストンに押されている際に完全に透明になる
  • MC-48653the_endの設定に関係なく、スムーズライティングが常にオンである
  • MC-48688 – 異方性フィルタリング
  • MC-48760 – コードが長すぎる
  • MC-48904 – チャット内の単語が正しく折り返されない・改行されない
  • MC-49292 – コマンドを使用してエンドにエンドポータルブロックを設置できない
  • MC-49317 – キーを置き換えると、クリエイティブインベントリが機能しない
  • MC-49656 – 丸石の壁のテクスチャバグ
  • MC-50039 – 過剰攻撃の実績は、♥9以上のダメージを与えた際にのみ獲得できるが、説明には♥8以上で良いと書かれている
  • MC-50058 – 弓をチャージするとブロックが壊れる
  • MC-50176 – スコアチャットコンポーネントに名前として入力した*が、翻訳可能な引数として有効でない
  • MC-50848 – 死ぬ前に投げたエンダーパールの場所にリスポーン後にテレポートする
  • MC-50916{IsVillager:1}デスポーンしたゾンビピッグマンの村人の頭がない
  • MC-51214 – 空のFadeColorsで指定された花火にカーソルを合わせるとクライアントがクラッシュする
  • MC-51238 – 飼いならしたヤマネコ(ネコ)がプレイヤーから逃げる
  • MC-51298 – ツールチップを表示すると看板が暗くなる(/tellrawホバーテキスト、インベントリ、チャットのプレイヤーUUID)
  • MC-51461 – 2つの方向・入力から接続されている際に、アイテムがホッパーからチェストに入らない
  • MC-51655 – はしごを斧を使って破壊しても早く壊れない
  • MC-51776 – コマンドブロックの文字制限は32000文字だが、実際に機能するのは16000文字である
  • MC-51856 – 松明をハーフブロックに置ける
  • MC-51970 – プレイヤーの寝相が悪い
  • MC-52357/setworldspawnがエンダーパールが投げられた場所に変更する
  • MC-52540x回転引数を使用して東西方向に設置したブロックの影がない
  • MC-52653 – プレイヤーの頭のラグ
  • MC-52881 – ノックバックの距離が正しくなく、ログイン順によって異なる
  • MC-53049 – オオカミを弓で攻撃しても反撃してこない
  • MC-53166 – ウマが所有者をUUIDに変換する
  • MC-53206 – Realmsを他の場所から参加できるバグ
  • MC-53215 – TNTの破壊が弱い
  • MC-54386 – 鉄格子の角に小さな隙間がある
  • MC-54584Operationが2より大きいAttributeModifierでアイテムを作成するとクラッシュする
  • MC-54799 – 不適切なレンダリング:クモ・洞窟グモの名前
  • MC-54818 – パワードレールがオンになっていない
  • MC-55045 – Linuxフルスクリーン切替の実行状態
  • MC-55103 – Minecraftサーバーを更新すると、地図の古い部分からウマが削除される
  • MC-55172 – Mobが16の倍数の高さで出現しない
  • MC-55382 – 高速グラフィックのデータタグがあるドロップアイテムでエンチャントの効果が機能しない
  • MC-55490 – ムーシュルーム島にウシがスポーンする
  • MC-55681 – メニュー・インベントリを開閉しないとチェストを開けない
  • MC-56158 – Twitchサイトがストリーミング時でもオフラインと表示する
  • MC-56363 – スコアボードの対象の名前を補完するとクラッシュする
  • MC-56541 – レッドストーントーチ(またその他のレッドストーン要素)の遅延が一貫していない
  • MC-56599/helpメニューに/clear <player>と表示される。ただし"/clear"だけが機能するため、/clear [player]になる
  • MC-56633 – フェンスの横の水流に落下したアイテムが繰り返しテレポートする
  • MC-56825 – 水中の漏水
  • MC-58322 – リソースパックを使用するサーバーに接続すると、「テクスチャパック」と表示される
  • MC-58557ホッパー: fs: 無効なインデックス0が要求されましたTranslatableComponent{key='multiplayer.player.left', args=[], siblings=[], style=Style{hasParent=true, color=null, b
  • MC-58823options.txtに、ビデオ設定に高度なOpenGLがないグラフィックカード用のadvancedOpengl:trueもある
  • MC-59566 – Realms – ワールドの更新エラー - アップロードに失敗しました!(404)
  • MC-60665 – クリーパーがジャガイモを収穫する
  • MC-61586 – ブロックの不透明度がロードされていないチャンクの隣で変化すると、マルチプレイヤーでクライアントが最大1秒間フリーズする
  • MC-64287 – ログイン失敗画面の表示が誤っている
  • MC-64558 – 村人ゾンビにリンゴを与えられない
  • MC-64571 – エンダードラゴンがコマンドブロックを破壊する
  • MC-64851 – ジャンプ中にウマから降りると飛ぶことができる(クリエイティブ)
  • MC-65060 – 石のハーフブロックに頭を置くと、石のハーフブロックが消える
  • MC-66316/list/help 3に2回表示される
  • MC-66347 – ベッドの音が正しくない
  • MC-67168 – 一部のIntelグラフィックシステムで異方性フィルタリングを0より大きい値に設定すると、一部のテクスチャがぼやけて表示される
  • MC-67821 – 「Eを押してインベントリを開く」が一時停止メニュー・ゲーム内オプション画面に表示される
  • MC-67854 – クモ、エンダーマン、エンダードラゴンの名前を変更しても正しく表示されない
  • MC-68151 – 色付きガラスブロックのテクスチャがブロック間で消える
  • MC-68341 – シネマティックカメラが勢いを保つ
  • MC-68524 – 「Now Java 6!」というスプラッシュでJが大文字になっていない
  • MC-69976 – 初めてのスキンが1.7.10に表示されるが、1.6.4には表示されない
  • MC-70340 – Realmsのアップロードされたワールド画面がロードされない
  • MC-70349 – 1.8に更新した際に、Realmsサーバーでオペレーターをプレイヤーがキックできる
  • MC-70654 – ホッパー: java.lang.ArithmeticException: / by zero
  • MC-71584 – Realmsが2日以上前からバックアップを保存していない
  • MC-73426 – Realmsのオペレータープレイヤーが管理コマンドを使用できない

トリビア

  • これは、Minecraftの歴史の中で最も長い開発が行われたメジャーアップデートであり、最初のスナップショットは、完全リリースの236日前の2014年1月9日に公開された
    • 以前の最長は1.3.1であったが、最初のスナップショットから最終リリースまで111日で、1.8の半分にも満たない
  • このアップデートの開発スナップショットは52個とこれまでのメジャーアップデートの中で最も多い
    • 以前の最多は1.3.1であったが、スナップショットは19個であり、1.8の1/3余りであった

脚注