Java Edition 1.6.2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.6.2
1.6.2 Banner.png
Release 1.6.2.png
エディション

Java Edition

リリース日

プレリリース: 2013年7月5日
リリース: 2013年7月8日
再アップロード: 2013年7月9日

ダウンロード
クライアント

プレリリース(初版): 利用不可
リリース(初版):
クライアント
リリース(再アップロード):

クライアント (.json)

サーバー

プレリリース(初版): 利用不可
プレリリース(再アップロード): 利用不可
リリース:
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

74

1.6.2の他の
エディション

1.6.2[1]は、2013年7月8日にリリースされたMinecraftJava Edition)のマイナーアップデートである[2][3]。このアップデートでは、主に1.6.1に存在するバグが修正された。このアップデートは1.6系統の最終アップデートではないが、1.7.2のスナップショットがリリースされる前の最後の1.6系統のアップデートとなった。

また、1.6.2のプレリリースが2013年7月5日にリリースされた[2]

追加要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

子供ゾンビ、子供ゾンビピッグマン
  • 自然にスポーンするようになった
  • スポーンエッグから稀にスポーンするようになった

変更要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

ウマ
  • 誰が飼い慣らしたかを記憶するようになった
ピッグマン
  • テクスチャファイルが削除された

修正[編集 | ソースを編集]

この節は内容の改訳が必要な可能性があります。 執筆されている内容は不適切、不正確な翻訳かもしれません。
72個のバグを修正
1.10以前にリリースされたバージョンから
  • MC-149 – パワードピストンはクリエイティブのアイテムとしてドロップします
  • MC-1545 – インベントリ内のスキンを見ているときにプレイヤーと馬が乗馬中に奇妙な行動をする
  • MC-5770 – 水の前にサインを入れると走り続けます
  • MC-7486 – 捕獲された胸はインベントリ/アイテムフレーム内の通常の胸のように見えます
  • MC-12569 – Minecartに座った方が予想以上に高い
  • MC-12962 – 野生のオオカミをあらゆる種類の発射物(矢、雪だるま、ポーション)で攻撃すると、近くにいる飼い慣らされたオオカミが自分の所有者を攻撃するようになります。
  • MC-13167 – F5モードでは、プレイヤーがMinecartを動かしたり、馬に乗ったりしているときに世界をリロードするのはグリッチが多いです
  • MC-13632 – 馬はブロックに押し込められ、その後窒息のダメージを受ける
  • MC-13695 – Ctrl +クリック= Macの右クリックが機能しない
  • MC-13754 – リードが2本未満でモブをフェンスに結び付けることができません
  • MC-13949 – クリエイティブ内で右クリックすると、mobに接続されているリードがアイテムとしてドロップします
  • MC-14126 – マウスボタンに "こっそり"をバインドしてエンティティをマウントしようとするとゲームがクラッシュする
  • MC-14157 – Numlock EnterがReturnとして認識されない
  • MC-14355 – 馬でジャンプしている間は暴徒に当たることができない
  • MC-14359 – ダイレクトコネクトはポートを記憶しません
  • MC-14415 – ひものロープ部分がある角度で見えなくなる
  • MC-15024 – 干し草のブロックは小麦に戻すことはできません
  • MC-15161 – 鞍馬で十字線を滑る
  • MC-15547 – 「ネザー要塞のみ」のモブは以前に生成された要塞ではもう出現しません
  • MC-16145 – 弱点のポーションツールチップ
  • MC-16170 – 装甲のない馬はダイヤモンドの鎧を着ているように見える
  • MC-16222 – ゾンビの赤ちゃんは速すぎます
  • MC-16264 – "ゴースト"ホースアーマー - ランチャーを完全に再起動することによってのみ修正できます。クライアントをシャットダウンするだけでは不十分
  • MC-16267 – スロットで他の鎧をクリックしても、プレイヤーの鎧と同じように馬の鎧を変更することはできません。
  • MC-16330 – ディスペンスされたリネームされたコンテナマインカートは名前を覚えていません
  • MC-16467 – アイテムを介して与えられた場合、属性修飾子はランダムに使い果たされます
  • MC-16761 – スプリントはすぐには起こりません
  • MC-17673 – 変換したテクスチャパックを起動時に使用するとフォントが歪む
  • MC-17867 – crowdin.netに "リソースパック"の翻訳がありません
  • MC-17876 – ヘルスブーストの追加ヘルスはログイン時に消えます
  • MC-17908 – 飼いならされたオオカミの健康は、世界をロードすると枯渇する
  • MC-18247 – ヘルスブーストと吸収ポーションの名前は正しく表示されません
  • MC-18365 – 水/溶岩を別のソースブロックに入れると、壊れる音と粒子が現れる
  • MC-18435 – 装甲を着たときの客観的なヘルスは正しいヘルスを示していません
  • MC-18578 – バケツから水源に水を入れると水が鳴るが2回再現される
  • MC-18627 – "clear"コマンドによりクリエイティブモードのプレイヤーはインベントリ内のアイテムを移動できません
  • MC-18645 – シングルフレームコンパスでゲームがクラッシュする
  • MC-18661 – 意図せずに神経質になっている筋力ポーション[他の筋力の問題には関係ありません]
  • MC-18666 – ドラゴンダメージを受けるとプレイヤーはオブジェクトのGUIを離れる
  • MC-18676 – コンパレータ/ホッパーの混乱
  • MC-18713 – チーム名に " - "が含まれている場合、そのチームに誰かがいるかどうかを確認するための引数が機能しません
  • MC-18730 – スーパーフラットカスタマイズ画面にオーストラリア英語のフォーマットエラーがある/ Stringがcrowdin.netに表示されない
  • MC-18828 – /clearコマンドは保留アイテムのアニメーションに問題を引き起こします
  • MC-18845 – スコアボードの「正常性」が同期していません(切り捨て)
  • MC-18976 – ヘルスブーストは30秒ごとに追加のヘルスをリセットします
  • MC-18997 – 無効な言語選択でゲームの起動時にクラッシュする
  • MC-18999 – /killを使用するとヘルスが20億に設定されます
  • MC-19029 – インスタントヘルス効果が29、61、93 ... 253の値に設定されている場合、死亡メッセージなしですべてのプレイヤーが死亡します。
  • MC-19082 – フェンスに置かれた看板にはテキストがありません
  • MC-19275 – 属性を持つ装甲を身に着けていて同一の装甲を保持していると装甲の効果を取り除きます
  • MC-19509 – 実体に乗ったときの平和への回復速度が遅い
  • MC-19537 – 水泳中にブロックが壊れない
  • MC-19585 – 手付かずの馬にジャンプしてからサドルを装着すると、馬は自動的にジャンプします
  • MC-19592 – 1.5.2クライアントでマルチプレイヤー画面でサーバー1.6.1が1.3として表示される
  • MC-19602 – サーバーに接続エラーがあります
  • MC-19605 – 1人以上のプレイヤーがクエリに合格した場合、/ playsoundコマンドは@aでは機能しません
  • MC-20050 – Minecraft 1.6.1デモがクラッシュした
  • MC-20169 – ゲーム開始時にライブラリが見つかりません
  • MC-21145 – バインドされたマウスボタンの「名前」が見つからないとデモがクラッシュする
  • MC-21172 – リソースパックがクラッシュする
  • MC-21436 – JSONチャットでネストされた色が機能しません
  • MC-21965 – 暴徒の名前が死亡メッセージに翻訳されていません(LAN上でのみ修正されます)
  • MC-22375 – ゲームのプレイ不可/開発用コンソールがStacktraceでスパムする
  • MC-22401 – クリエイティブでブロックリードを選択できません
  • MC-22454 – 世界に入ると時計付きアイテムフレームが壊れる
  • MC-22459 – プレイヤー名の代わりにチーム名を表示するチャットとスコアボード
  • MC-22468 – 赤ちゃんゾンビだけが出現する
  • MC-22879 – 飼い慣らしたオオカミは馬を殺そうとします
  • MC-23928 – Default vanilla font has certain broken characters when italic, such as /\()xkQ48%^
  • MC-28614 – Hopper: java.util.UnknownFormatConversionException: Conversion = '1'
現在のバージョンの修正版から
  • MC-23928 – Default vanilla font has certain broken characters when italic, such as /\()xkQ48%^
  • MC-27997 – 英国英語翻訳にスポンジ用の下品な言葉が含まれています

再アップロード[編集 | ソースを編集]

1.6.2のプレリリースのサーバー版は、server.jar の修正、および絵画と額縁の問題の修正のため、2013年7月5日に再アップロードされた[4]

また、1.6.2のプレリリースのサーバー版は、server.jar のさらなる問題の修正のため、2013年7月5日に再度再アップロードされた[5]

1.6.2のリリースのクライアント版も、MC-23928の修正のため再アップロードされた。

脚注[編集 | ソースを編集]