ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition 1.5.1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.5.1
Java 1.5.1.png
エディション

Java Edition

リリース日

プレリリース: 2013年3月19日
リリース: 2013年3月21日

開発版
ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

60

1.5.1の他の
エディション

1.5.1[1]は、2013年3月21日[2]にリリースされたMinecraftJava Edition)のマイナーアップデートである。このアップデートでは、主に特定のデバイスの低フレームレートに関する問題が修正された。プロトコルは1.5と同一であるため、1.5.1のプレイヤーは1.5を実行しているサーバーに接続できる。このアップデートは1.5の最後のアップデートではなかったが、1.6.1のスナップショットが開始される前の最後のアップデートであった。

また、ゲーム内では「1.5.1」となっている1.5.1のプレリリースが2013年3月19日にリリースされた[3]

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

パフォーマンス
  • FPSが増加し、レベルが1.4に戻った
Minecraft Realms
  • 改善と変更

ブロック[編集 | ソースを編集]

ホッパー
  • かまどの燃料スロットから空のバケツを取り出すようになった

アイテム[編集 | ソースを編集]

エンチャントの本
  • エンチャントレベルを上げるために、または単一の本で複数のエンチャントを組み合わせるために合成できるようになった
  • より高いレベルのバリエーションのために2つのエンチャントを組み合わせるとき、プレイヤーは同じレベルのエンチャントされた本を2つ必要とする
  • これらは通常のエンチャントレベルの制限を受ける

修正[編集 | ソースを編集]

20個のバグを修正
1.5以前にリリースされたバージョンから
  • MC-250 – /gamerule mobGriefing が false に設定されていてもエンダードラゴンが丸石やチェストのようなものを破壊できる
  • MC-1879 – 1.3.2.[注釈 1]
  • MC-2739 – トラップドアと感圧版(おそらくそのほかも)に光源の問題が発生する[注釈 1]
  • MC-4577 – エンチャントの本を合成してより高いレベルのエンチャントにできない
  • MC-6705 – プレイヤーが複数のエンチャントを持ったエンチャントの本を外部編集ツール (MCEdit) で出した場合、プレイヤーがアイテムにそれを合成しようとすると、リストの最初のエンチャントだけがエンチャントされる
1.5から
  • MC-6391 – ホッパーの上の火が見えない
  • MC-7174 – OSX:起動時のクラッシュ(OpenGL "機能がサポートされていません").[注釈 1]
  • MC-7191 – かまどの下のホッパーが空のバケツを取り出さない[注釈 1]
  • MC-8193 – 最初からできない場合にホッパーが他のスロットのアイテムを設置しようとしない
  • MC-8824 – スムースライティングによるFPSの低下[注釈 1]
  • MC-8943 – 8枚重ねの雪およびホッパーの上で火が表示されない
  • MC-11047 – 投げたエンダーパールやスプラッシュポーションがテクスチャパックを変更した後に他のアイテムに変わる[注釈 1]
  • MC-11089 – 長いスコアボードオブジェクトのタイトルがずれて表示され得る
  • MC-11109 – 個体ブロックを挟んでコンパレーターを接続されたアイテムの入ったコンテナを壊すとコンパレーターが更新されない
  • MC-11217 – 落下するブロックエンティティがそれが設置されているよりも1ブロック高い場所から落下しはじめるように見える
  • MC-11236 – 絵画が落ちると新しいものを設置できない
  • MC-11654 – テキストが額縁からはみ出している[注釈 1]
  • MC-11839 – 無効なポーション効果でゲームがクラッシュする[注釈 1]
  • MC-11894 – 無効な羊毛の値でクラッシュする[注釈 1]
  • MC-12254 – ディスペンサーや右クリックで誤って防具を装着する[注釈 1]

再アップロード[編集 | ソースを編集]

nullポインターのクラッシュを修正するため、1.5.1プレリリースが2013年3月20日に再アップロードされた。[4]この再アップロードは、1.5.1のフルリリースに進んだ

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. a b c d e f g h i j 以降の大規模なpingの問題。この修正は1.5.1の最後のスナップショット13w12~と1.5.1の完全リリースの間に発生した

脚注[編集 | ソースを編集]