Java Edition 1.5

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

1.5[1]は、レッドストーン・アップデートの最初のリリースであり、2013年5月13日にリリースされたMinecraftJava Edition)のメジャーアップデートである[2][3]

このアップデートでは、多数の新たなレッドストーン関連のブロックや、新たな装飾ブロックであるネザー水晶ブロックが追加された。また、スコアボードシステムや、新たなテクスチャパックフォーマットの追加、光源処理エンジンの最適化も行われた。

また、1.5のプレリリースが2013年3月13日にリリースされた[4]。ただし、このプレリリースと正式リリースは同一のものである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

アクティベーターレール
レッドストーンブロック
日照センサー
ドロッパー
  • クラフトレシピ:丸石×7, レッドストーン×1
  • 正面にあるコンテナ内にアイテムを設置し、コンテナが無い場合はアイテムをドロップする
  • ディスペンサーはアイテムを「撃ち」、ドロッパーはアイテムを「投げる」[5]
  • 6方向全ての向きで設置することができ、上向きまたは下向きは異なるテクスチャを使用できる
  • レッドストーン信号を受け取るとアイテムを1回ドロップする
  • レッドストーンコンパレーターを直接設置してブロックを通して出力する場合は、入力と同じ信号の強度が出力される
ホッパー
レッドストーンコンパレーター
  • Minecraftで言及されたコンデンサ (Capacitor) の案を置き換える形で追加された
  • クラフトレシピ:レッドストーントーチ×3, ネザークォーツ×1, ×3
  • リピーターと似ているが、2種類の入力がある
    • 入力Aの強度が入力Bの強度以上の場合、信号をそのまま出力するか、AとBの差を出力する。ピストンドアのようなレッドストーンの機構を簡単に作れるようになります。
      • 出力は右クリックで切り替え可能
    • 入力Aが入力Bより弱い場合、出力はされない。
  • レッドストーンコンパレーターが直接コンテナに設置されると、その中身に応じた強度のレッドストーン信号を出力する。コンテナがどれだけいっぱいになっているか、ジュークボックスのディスク番号に応じた強度が出力される。
    • これはトラップチェストでも機能し、異なる原因を持つ2つのレッドストーン信号を同時に提供できる
トラップチェスト
  • クラフトレシピ:チェスト×1, トリップワイヤーフック×1
  • 内部を見ているプレイヤー数に依存した信号を出力する
  • ラージトラップチェストはラージチェストと互い違いに並べることで倉庫をよりコンパクトにできる
  • 下には1ブロック越しで信号を送信できる。水平方向には直接しか出力されない[6]
  • テクスチャは普通のチェストより少し異なり、掛け金の周囲が赤く染まっている
重量感圧板
  • ドロップアイテムの感知に使用できる
  • (軽)の重量感圧板は60個のアイテムで最大強度に達する
  • (重)の重量感圧板は600個のアイテムで最大強度に達す
  • 一次関数的に、強度10の信号は強度5の信号を出力するときの2倍のアイテム数を意味する
ネザークォーツ鉱石
  • 採掘するとネザー水晶を1個ドロップする
  • かまどで製錬するとネザー水晶を入手できる
  • シルクタッチエンチャントで入手可能
  • ドロップ増加エンチャントで採掘すると多くドロップする
クォーツブロック
  • クラフトレシピ:ネザー水晶×4を正方形に設置
  • 装飾ブロック
クォーツのハーフブロック
  • クラフトレシピ:クォーツブロック×3
  • 逆さまに設置できる
  • 装飾ブロック
クォーツの階段
  • クラフトレシピ:クォーツブロック×6を通常の階段のレシピのように設置
  • 逆さまに設置できる
模様入りのクォーツブロック
  • クラフトレシピ:クォーツのハーフブロック×2
  • 装飾ブロック
クォーツの柱
  • クラフトレシピ:クォーツブロック×2を縦に設置
  • 装飾ブロック
  • 任意の向きに設置できるようになった - 設置は原木のように機能する
複数のの高さ
  • 完全実装 - 以前はワールドエディターを使用して様々な高さの雪を追加していた
  • 雪の層1個につき雪玉を1個落とす
  • 雪の各高さにはそれぞれ別の当たり判定が存在する
    • 雪の最上層には当たり判定が存在しないため、プレイヤーは常に雪の中で少し沈む
    • 視覚的には、4層の雪でハーフブロックと同じ高さとなる。しかし、当たり判定がハーフブロックと同じになるのは5層の雪である
  • クラフトレシピ:雪ブロック×3を一列に設置→雪の層×6
    • クラフトされた雪の層ごとに、プレイヤーはそれをクラフトするのに必要な雪玉をちょうど半分失うこととなる
重ね置きした砂岩のハーフブロック
  • ID・・・43:9

アイテム[編集 | ソースを編集]

ネザーレンガ(アイテム)
ネザークォーツ

非Mobエンティティ[編集 | ソースを編集]

ホッパー付きトロッコ
  • クラフトレシピ:ホッパートロッコの上に設置
  • ホッパーの上を通過したときだけ空にすることができる
  • アイテムの上を通過するとそのアイテムを拾うことができる
スポナー付きトロッコ
  • ワールドエディターでのみ入手可能
  • アイテムはなくエンティティのみを持つ
  • NBTの構造は通常のモンスタースポナーと完全に同じである
TNT付きトロッコ
  • クラフトレシピ:TNT×1, トロッコ×1
  • アクティベーターレールで起爆する
  • 速く走るほど激しく爆発する
  • レールやそれを支えるブロックを破壊しない
  • まだレッドストーンの材料を破壊する

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ネザークォーツ鉱石

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

スコアボードシステム
  • マップ作成者・サーバー管理者対象
  • /scoreboardコマンドまたはコマンドブロックで使用
  • 死亡回数や体力など、プレーヤーごとに特定のオブジェクトを追跡、編集、表示する(読み取り専用)
  • プレーヤーをチームに分けて、カスタムされたチーム名の色を割り当て、味方へのダメージを無効にし、相手に見えないチームメイトが見えるようにするオプションがある
NBT関連
  • トロッコが運ぶブロックを任意で設定できる(TNT、ホッパー、チェスト、かまど、エンティティ)
  • FallingSand(落下中のブロック)がタイルエンティティになった
  • 名前付きエンティティは、名札の範囲内にあるときに名前を表示できる
  • トロッコがスポナーとして機能するようになった
  • エンティティが他のエンティティに永続的に乗れるようになった
    • SethblingのMCEditフィルター(スタックエンティティ)を使用して実現可能。ここから
    • 再読込時に降車しなくなった
    • トロッコ、スパイダージョッキーなどの上にコウモリをスポーンしてコウモリに「乗る」など、多くのカスタマイズが可能

コマンド[編集 | ソースを編集]

/testfor
  • 指定されたプレーヤーがオンラインであるか(testfor/player)、または指定された座標・半径内にいるかどうかテストする。(/testfor @p[x,y,z], testfor|@p[r=radius] ,testfor|@p[x,y,z,r=radius])
  • 見つかったプレイヤー数を示すレッドストーン信号をコンパレーターを用いて得ることができる
/effect
  • 使用法:/effect <プレイヤー名> <効果> [持続時間(秒)] [強さ]
  • エフェクトの削除: /effect <player> <effect> 0
  • [持続時間(秒)] の最大値は1,000,000である
  • [強さ] は選択したステータス効果のレベルを増加させる
/scoreboard
  • スコアボードシステムを制御するのに使用できる

全般[編集 | ソースを編集]

Minecraft Realms
  • 現在はプレビュー
  • Mojangが提供するサブスクリプションベースのバニラサーバーレンタルサービス
  • サーバーを変更することはできない。オペレーションを指定することはできず、ホワイトリストは必須である
  • ランダムに選択された100人のプレイヤーにのみ追加される
  • メニュー画面のボタンからアクセスできる

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ビーコン
  • 効果が及ぶ範囲が増加した
    • 1層:直径41ブロック(以前は33)
    • 2層:61ブロック(以前は49)
    • 3層:81ブロック(以前は65)
    • 4層:101ブロック(以前は81)
醸造台
チェスト
  • レッドストーンコンパレーターを直接設置すると、その中身のアイテムの量に応じた強度のレッドストーン信号が出力される
ディテクターレール
  • レッドストーンコンパレーターを直接設置すると、そのレールを走っているトロッコに載っているコンテナのアイテムの量に応じた強度のレッドストーン信号が出力される
  • オンになったディテクターレールのテクスチャを追加
ディスペンサー
  • 1ブロック離れたところからプレイヤーに防具を装着するようになった
  • TNTを起動するようになった
  • 骨粉を撒くようになった
  • 火打ち石と打ち金を使うようになった
  • 6方向全ての向きで設置することができ、上向きまたは下向きは異なるテクスチャを使用できる
  • 入力されている間は起動しなくなるが、入力の強度が強くなった際に起動する
  • レッドストーンコンパレーターを直接設置すると、その中身のアイテムの量に応じた強度のレッドストーン信号が出力される
ジュークボックス
  • レッドストーンコンパレーターを直接設置すると、再生しているディスク番号に応じた強度のレッドストーン信号が出力される
溶岩
  • テクスチャを更新
  • ネザーでは水のように早く流れるようになった
  • ネザーの地中に1ブロックで埋まっている事がある
鍵のかかったチェスト
  • テクスチャは個々のファイルに入れられ、ロックされたチェストはなにもテクスチャを使用しなくなった
  • "Missing Texture"テクスチャを使用するようになった
ネザーレンガブロック
階段
  • 明るさの改善
  • 階段がダッシュを妨害しなくなった
重ね置きした石のハーフブロック
  • IDが43:8になった
  • 生成するために下にブロックを必要としなくなったが、下に水源ブロックがなければならない
  • これはバケツで川や海に跡が残らないことを意味する

アイテム[編集 | ソースを編集]

骨粉
  • 少し弱くなった
  • 最終的な成長段階に即座に成長するのではなく、毎回ランダムな成長段階を選択するようになった
  • 苗木が育つには2~4の骨粉を必要とする
  • 使ったときに緑のパーティクルを放出する

Mob[編集 | ソースを編集]

全てのMob
  • Mobはプレーヤーを追いかけていなければ、レールの上を歩かなくなった
スケルトン
  • 10ブロックではなく、15ブロック離れてから射撃するようになった
  • 標的が近づくほどより速く射るようになった
  • 難易度によって精度が変化する
スライム
  • 湿地にスライムがスポーンする確率が月齢に依存するようになった
ゾンビ
  • 標的に群がるようになった
  • 燃えているとき、プレイヤーに火を着けることができるようになった
  • より多くのダメージを受けて強くなる
  • プレーヤーに遠くからでも気づくようになった

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

廃坑

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

インベントリ管理
  • ダブルクリックされたアイテムを可能な限りの量だけスタックして持つ
  • スタックされたアイテムをマウスの左ボタンでドラッグされたスロットに均等に分割する
  • スタックされたアイテムをマウスの右ボタンでドラッグされたスロットに1つずつ設置する
  • アイテムを⇧ Shift+ ダブルクリックすると同じ種類のアイテムをインベントリの1つの部分に移動する
  • クラフトエリアのアイテムを⇧ Shift+ ダブルクリックするとインベントリのすべてのアイテムを配置する
  • インベントリやコンテナ内でマウスカーソルがアイテム上にある間にQを押すとアイテムをドロップする
  • 手に持った防具は右クリックで装備できるようになった
死亡メッセージ
  • 死因、プレイヤーとの戦闘で死亡したプレイヤー、殺すために使われたアイテム名を含む
    • [プレイヤー]ははしごから落ちた
    • [プレイヤー]はツタから滑り落ちた
    • [プレイヤー]は水から落ちた
    • [プレイヤー]は高い所から落ちた
    • [プレイヤー]は命が尽きて落下した
    • [プレイヤー]は[敵対者]によって命が尽きて落下した
    • [プレイヤー]は火の海に落ちた
    • [プレイヤー]はサボテンの上に落ちた
    • [プレイヤー]は[敵対者]の[武器]によって殺害された
    • [プレイヤー]は[敵対者]と戦いながら火の中へ踏み入れてしまった
    • [プレイヤー]は[敵対者]と戦いながらカリカリに焼けてしまった
    • [プレイヤー]は[敵対者]から逃れようと溶岩遊泳を試みた
    • [プレイヤー]は[敵対者]から逃げようとしてサボテンにぶつかってしまった
    • [プレイヤー]は[他プレイヤー]の[武器]で射抜かれた
    • [プレイヤー]は[Mob]の[武器]で殺害された
    • [プレイヤー]は[敵対者]を傷つけようとして殺された
アイテムの名前変更
  • 改名されたチェスト、トラップチェスト、ディスペンサー、かまど、醸造台、エンチャントテーブルは新たな名前をGUIに表示する
  • 改名されたコマンドブロックがチャット内で @ の代わりにその名前を用いるようになった
  • 改名されたスポーンエッグから産まれた Mob はスポーンエッグの名前を持ち、その名前が死亡メッセージに現れる
  • 改名されたボスの体力バーの上にその名前が表示されるようになった
  • 改名されたエンティティを見ると、名前が表示されるようになった
言語ファイル
  • 言語ファイルをバックグラウンドダウンローダー経由で更新できるようになった(新たな Minecraft のリリースを必要としない)
設定、タイトル画面
  • テクスチャパックのボタンが移動された(現在はメインメニューには現れない)
  • マルチプレーヤー設定内の新しいチャット設定
    • 大きさ、焦点のある高さ、焦点のない高さ、幅は設定可能
  • スムーズライティングが、最小、最大、オフに変更できるようになった
    • 最小は古いスムーズライティングを使用、最大は階段のバグを修正
クリエイティブモード
  • すべてのポーションが分類されるようになった
  • クリエイティブモードで、プレイヤーは Mob や他のプレイヤーを5ブロック離れたところから殴ることができるようになった

全般[編集 | ソースを編集]

光源処理
  • エンジンの最適化
  • よりリアルな明るさのサポート[7][8]
  • 明るさはハーフブロックや階段と正しく相互作用する[9]
  • 注:製錬しているかまどは、全面からのみ光を放出し(以前と同様)、黒点は未修正
テクスチャパック
  • テクスチャは、ブロック/アイテムごとに1つのファイルを使用するようになった。これらのファイルは、実行時に結合される
  • 各テクスチャは独自の解像度を持つことができ、フレームを互いに下に置くことでアニメーション化できる-フレームの順序と期間を指定するにはテキストファイルが必要である
  • 水と溶岩(ダブルサイズ)とコンパスと時計(アニメーション化できないフレームは可動部分に使用されます)には特別な規則が適用されます
  • バニラテクスチャは、欠落しているテクスチャファイルに使用されます
  • フォントもHDフォントに変更可能です
  • HDテクスチャパックのサポート。[10]
サーバー一覧
  • ゲームを閉じた後でもDirect Connect IPが保存されるようになった
エンチャント
  • 幸運がリンゴジャガイモにも適用するようになった
  • 効率強化エンチャントが付いたツールは、ツールが対象とするブロックの採掘を高速化するだけになった(効率強化エンチャントが付いたダイヤモンドツルハシは土や木材は早く採掘しない)

修正[編集 | ソースを編集]

80個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1 – MC-4770
  • MC-4 – MC-8487
  • MC-8 – MC-6060
  • MC-16 – プレイヤーがトロッコ、ボード、ブタに乗っているときにテレポートするバグ
  • MC-32 – 2×2 のレール上を走るトロッコに近づいてきたトロッコが急加速する
  • MC-49 – 火を消すときのサウンドがサバイバルモードで再生されない
  • MC-68 – 新しいワールドを作成すると空中にスポーンする
  • MC-69 – プレイヤーがブタをハーフブロックや階段の上に誘導すると、ブタが常にジャンプする
  • MC-122 – Unicode フォントのテキストの影が揃っていない
  • MC-127 – ピストンが同時に伸縮する
  • MC-128 – MC-9289
  • MC-136 – 伸縮するピストンの視覚的バグ
  • MC-151 – ピストンで押し出されると同時に起動する TNT が複製される
  • MC-177 – ゲームを終了したり死んだりしたとき等にクロック回路に接続したピストンのアームが見えなくなる
  • MC-184 – 動作させたレッドストーンが正常に更新されない
  • MC-195 – 水流が飛行中のプレイヤーを押し流す
  • MC-220 – 鉄格子 / 板ガラスのブロックの上下のテクスチャがちらちらする
  • MC-221 – ワールドをリロードしたときに乗り物に乗っているプレイヤーや Mob は乗っている他のエンティティから落下し、ブロックを通り抜ける
  • MC-266 – レッドストーントーチの上に固体ブロックを置いてもブロックの隣の TNT が更新されない
  • MC-302 – ゲームをやめて再開するまでTNTの爆発が遅延する
  • MC-320 – ツタにツタを置ける
  • MC-515 – チェストが閉じているのに開けっ放しになっている
  • MC-519 – アップデート後に実績が失われる
  • MC-547 – 矢が正しく着弾しない
  • MC-562 – ウシを繁殖するときに1個より多くの小麦が消費され得る
  • MC-592 – スタックされた防具を染色すると防具が複製される
  • MC-666 – スポーン保護が正常に機能しない
  • MC-711 – レッドストーンの機構が、チャンクをアンロードした後も信号を維持する
  • MC-737 – 地図の縮尺を変えると地図が壊れることがある
  • MC-835 – サーバーログでは、サーバーによって実行される /say コマンドはコンソールに現れないがプレイヤーには現れる
  • MC-846 – 更新されたディスペンサーおよびドロッパーが作動する
  • MC-855 – ピストンのグラフィックの不具合
  • MC-916 – 水を適切に配置しても水源ブロックができない
  • MC-1086 – コマンドブロックとリピーターが相互作用するときの不具合
  • MC-1324 – /difficulty コマンドがメッセージを表示しない
  • MC-1352 – crowdin.net での、ウィザーのドイツ語への翻訳が欠落している(ドイツ語での翻訳は "Withern")
  • MC-1361 – 自ら動力源となるレッドストーンランプまたはピストンでブロックに向かって設置したリピーターを壊しても回路が停止しない
  • MC-1446 – ほぼ同じ動作環境でもピストンのタイミングが異なる
  • MC-1505 – 上下逆さの階段の下の草ブロックが枯れる(オークの木の階段は例外)
  • MC-1523 – 採掘速度上昇のエフェクトが付いた状態でサバイバルでドラゴンの卵を壊すとゲームがクラッシュする
  • MC-1524 – 子どもの Mob の当たり判定が大きすぎる
  • MC-1548 – フェンスバグ
  • MC-1570 – レバーが設置されるとランダムな向きになる
  • MC-1594 – ブロックより短い当たり判定があるブロックから、より短い他のブロックに歩くと、プレーヤーの地面に瞬間的にバグが起こる
  • MC-1619 – レールを無限に複製できる
  • MC-1642 – トロッコで移動するときのサウンドが途切れる
  • MC-1680 – ジャガイモが幸運のエンチャントによる影響を受けない
  • MC-1688 – ドラゴンの卵が落下した時のレンダリングの問題
  • MC-1752 – ドアを壊すと、ドアの他の部分が時々移動する
  • MC-1775 – ハッシュサイズがレッドストーンを破壊する
  • MC-1914 – スポーンブロックがブタのスポーンブロックとして現れることがある
  • MC-1972 – レッドストーントーチがすぐに更新されることがある(南北ではなく)
  • MC-2196 – 額縁に設置された地図がちらちらする
  • MC-2257 – Minecraft のサーバーへの参加または更新が非常に遅く、ログインに長い時間(30秒~1分)がかかる
  • MC-2416 – 新しく作成したワールドにスポーンすると、勝手に動いたりその場で動けなくなったり、窒息したりする
  • MC-2503 – クリエイティブモードでボートやトロッコがドロップされる
  • MC-2512 – 村の街灯で松明が浮いた状態になる
  • MC-2526 – 降雨アニメーションが屋根を貫通する
  • MC-2582 – パワード / アクティベーターレールが斜面の上に設置されると起動する
  • MC-2711 – ジュークボックスをレコードが無い状態で破壊するとクラッシュする
  • MC-2806 – TNTキャノンで打ち出された金床がブロックの縁に衝突して設置されずに壊れることがある
  • MC-2974 – 金床で名付けるときにコストがかかる
  • MC-2987 – 階段を上がるときにダッシュできない
  • MC-2989 – 食料を持った状態でブロックを右クリックすると、ブロックが「リセット」される
  • MC-3069 – 地図が更新されない
  • MC-3114 – ピストンで動かされた作動中のディテクターレールが作動した状態を維持する
  • MC-3169 – ピースフルでウィザーがスポーンする
  • MC-3259 – 新たにロードされたチャンクで長いレッドストーンワイヤが更新されない
  • MC-3287 – ブロックをピストンで押すときの不具合
  • MC-3316 – (棘の鎧除いて)防具のエンチャントが Mob に対して効果を持たない
  • MC-3339 – タイルエンティティでクラッシュするバグ
  • MC-3409 – シングルプレイのクリエイティブモードで、インベントリを開き、ブロックを選び、インベントリを閉じるとゲームがフリーズしてクラッシュログを生成する
  • MC-3449 – 保持しているアイテムが変更されると、ブロックの破壊が中断される
  • MC-3458 – コンソール上にスペースが入力されるとサーバーがクラッシュする
  • MC-3597 – パルス信号が入力されたピストンでレールを押し出すとレールが浮いたままになる
  • MC-3662 – ピストンと他の非固体ブロックに関する不具合
  • MC-3887 – タブリストのネームカラーの問題
  • MC-3953 – 金床が十分なダメージを与えない
  • MC-3981 – ディスペンサーがブロックを通り抜けて下方向にアイテムを射出する
  • MC-4009 – MC-4052

リリース時の修正[編集 | ソースを編集]

これらの修正は、1.5の最後のスナップショット13w10bおよび1.5の完全リリースの間に発生したものである

29個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-454 – クモはクモ内を移動するが、スケルトンは移動しない
  • MC-804 – ピストンが破壊された後、ピストンの伸縮部分が残る
  • MC-1522 – 隣接するブロックを破壊するとフェンスゲートが閉じる
  • MC-1523 – サバイバルでドラゴンの卵を採掘速度上昇のエフェクトが付いた状態で破壊するとゲームがクラッシュする
  • MC-1548 – フェンスバグ
  • MC-1594 – ブロックより短い当たり判定があるブロックから、より短い他のブロックに歩くと、プレーヤーの地面に瞬間的にバグが起こる
  • MC-2402 – 味方への攻撃がオフになっていても、火のついた矢がプレーヤーに火をつける
  • MC-3069 – 地図が更新されない
  • MC-3513 – フェンスに落としたアイテムが飛び跳ねる
  • MC-3953 – 金床が十分なダメージを与えない
  • MC-4560 – level.dat / player.datファイルでCanPickUpLootが1に設定されている場合、装備スロットのアイテムがクラッシュする
  • MC-6060 – コマンドブロックのゲームルールの更新の問題
  • MC-6872 – ウィザーを召喚すると、ゴーストブロックができる
  • MC-8624 – 遠距離のエンティティのスポーン解除またはアンロードされたスポナーがスポーンする
  • MC-8966 – /clear <プレーヤー> <アイテムID>が期待通りに機能しない
  • MC-9353 – Windows 8アップグレードおよびMinecraftとの互換性の問題
  • MC-9646 – メインメニューでシングルプレーヤーをクリックするとクラッシュする
  • MC-9877 – マルチプレーヤーでチャンク読込・タイムアウトキックの読み取りが遅い
1.9の開発版から
  • MC-5774 – ピストンに常に押されているブロックは、しばらくすると見えなくなる
  • MC-5778 – レッドストーンダストのテクスチャは、オンの状態が高速で切り替わると、オフまたはオンのままになっている
  • MC-8776 – コンパレーターが出力信号を更新しない
  • MC-8923 – 出力装置(ディスペンサーとドロッパーを除く)は、予期せぬ時に反応する
  • MC-9065 – アイテム31にダメージ3を与えるとクラッシュする
  • MC-9115 – 英語以外の言語の死亡メッセージが誤っている
  • MC-9431DisplayTileDisplayDataDisplayOffsetMinecartSpawnersで保存されない
  • MC-9740 – MobスポナーがMobの移動データを保存しない
  • MC-10638 – トロッコがブロックを通過する際のバグ
  • MC-10677 – ピストンがティック・ブロックのテレポートごとに複数回伸縮する
  • MC-10874Escキーは、コマンドブロックメニューを使用している時や看板を設置している時は機能しない

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 2018年9月以前は、launcherからすぐにプレイできない1.5が唯一のリリースバージョンだった

脚注[編集 | ソースを編集]