Java Edition 1.2.1/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページは、Java Edition 1.2.1の開発版をまとめた一覧である。

12w03a

12w03aは、2012年1月19日にリリースされたJava Edition 1.2.1の最初のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、ジャングルバイオーム、およびジャングルの木の追加が行われた。

追加要素

バイオーム
  • ジャングルバイオームが追加された
    • ジャングルの原木、カカオの実、つると明るい色の葉を持つ厚い天蓋のような葉がある
ジャングルの原木
  • 苔のような茶色の模様の樹皮を帯びている
  • ジャングルの木に生成される
ジャングルの葉
  • ジャングルの木に生成される

変更要素

つる
  • プレイヤーが固体ブロックの隣にいる時に押し込まれると、つるに登れるようになった
言語ファイル
  • 言語ファイルが更新された
スポーンエッグ
  • ディスペンサーでスポーンエッグから Mob をスポーンさせる事が出来るようになった
  • スポーンエッグが64個までスタック出来るようになった
ゾンビ
  • ゾンビに新しい経路探知AIが追加された
オオカミ

12w04a

12w04aは、2012年1月26日にリリースされたJava Edition 1.2.1の2番目のスナップショットである[2]。このスナップショットでは、ヤマネコや、ジャングルの苗木エンチャントの瓶ファイヤーチャージの追加が行われた。

追加要素

ヤマネコ
  • ジャングルバイオーム固有の生魚を与える事でネコとして飼育する事が出来る
ファイヤーチャージ
  • ディスペンサーから火球を打ち出すことが出来、配置することで火を設置出来る
ジャングルの苗木
  • ジャングルの木に成長する
  • 4×4でジャングルの苗木設置する事で大きなジャングルの木を栽培出来る
エンチャントの瓶
ヤマネコのスポーンエッグ
砂漠の井戸
  • 砂漠の井戸が追加された
    • 砂漠の井戸は、砂漠に新しく生成された構造物である

変更要素

Mob
  • 多くの Mob に新しい AI が追加された
言語ファイル
  • 言語ファイルが更新された
スポーンエッグ
  • 任意のデータID(ジャイアント、エンダードラゴン、エンダークリスタルなど)を生成するように設定されたスポーンエッグは、これらのエンティティをスポーンさせなくなった
  • クリエイティブインベントリで利用可能な Mob を作成するだけである
テクスチャ
つる
  • プレイヤーは、つるの性質がはしごと同じという性質上、つるを通過する際に歩く速度が遅くなる様になった

12w05a

12w05aは、2012年2月2日にリリースされたJava Edition 1.2.1の3番目のスナップショットである[3]。このスナップショットでは、Mobの細部の変更が行われた。

変更要素

サウンド
  • 溶岩の音が追加された
ヤマネコ
  • ヤマネコのペット化が簡単になり、ネコに座るように指示出来るようになった
村人
  • 村人の家を見つけるとそこに住み着くようになった
言語ファイル
  • 言語ファイルが更新された
    • 不要な言語ファイルが削除
    • プレイヤーがカナダ英語を使されたっている時にプレイヤーの家のベッドが見つからない/邪魔されている場合、「Sorry, your home bed is missing or obstructed, eh?」と表示されるようになった
クリーパー
廃坑
  • 廃坑が渓谷に生成されるようになった
エンチャント
枯れ木

再アップロード

12w05aは2012年2月2日に再アップロードされ、座っている猫を右クリックすると、ゲームがクラッシュするバグが修正された。[4]

12w05b

12w05bは、2012年2月3日にリリースされたJava Edition 1.2.1の4番目のスナップショットである[5]。このスナップショットでは、MobのAIの細部の変更や、いくつかのバグの修正が行われた。

変更要素

死亡画面
  • 死亡画面は、殺されたときに誤ってボタンをクリックすることが防げるようになった
クリーパー
  • クリーパーの AI がわずかに改良された
  • クリーパーは飼いならされたネコヤマネコから逃げる様になった
村人
  • 村人はドアを開閉できるようになった

修正

2個のバグを修正

  • Shift キーを押しながらクリックすると、クラフト材料を過剰に消費してしまう
  • ネコを右クリックすると座る

12w06a

12w06aは、2012年2月9日にリリースされた1.2.1の5番目のスナップショットである[6]。このスナップショットでは、新たなサウンドの追加や、ブロックの設置規則の変更、MobのAIの調整が行われた。

追加要素

サウンド
  • ネコに鳴き声の音が追加された
  • ゾンビドアに当たった時に音が鳴るようになった

変更要素

ゾンビスケルトンゾンビピッグマン
村人
  • 村人の AI が改善された
    • 村人は互いに仲間となっている
    • 雨が降ると家に入る
    • ゾンビから逃げる
Mob
  • プレイヤーが敵対的Mobの標的になると、それは他の Mob に攻撃されたにもかかわらずプレイヤーを追跡し続ける
  • 水中の Mob の動きが改善された
    • Mob の速さが遅くなった
ゾンビ
  • ゾンビの AI が改善された
    • ハードとハードコアではドアを破壊するようになった
    • イージーとノーマルでもゾンビはドアを攻撃するが、木製のドアを壊すことはない
    • 村人を追いかけて攻撃するようになった
    • ゾンビは太陽光から逃げようとドアを攻撃するようになった
洞窟グモ
  • 水中を早く動けるようになったが、水流に向かっては動かない
ゾンビピッグマン
  • ゾンビピッグマンは水中を早く泳ぐようになった
スノウゴーレム
  • 雨と水によってダメージを受けるようになった
レッドストーン
デバッグキー
    • F1 を押して HUD を非表示にすると、ブロック上のヒットボックスのアウトラインとブロック分割アニメーションも無効になるようになった

修正

5個のバグを修正

12w07a

12w07aは、2012年2月15日にリリースされたJava Edition 1.2.1の6番目のスナップショットである[7]。このスナップショットでは、レッドストーンランプの追加や、RegionファイルフォーマットからAnvilファイルフォーマットへの更新に伴い、高度制限が128から256への変更が行われた。

追加要素

レッドストーンランプ
マルタ語
  • 12w01aで削除された後、再追加された

変更要素

ワールドファイルフォーマット
  • ワールドのファイル形式が Anvil に変更された
    • 限界高度が128ブロックから256ブロックに変更された
    • 最大で4096個のブロックIDが使用できるようになった
村人
  • 村人は、利用可能な家の集まりをとするようになった
    • 屋根と木製のドアで囲まれている場合、家と認識する
  • ゾンビ襲撃も含む
Mob のドロップ
  • レアドロップアイテムのドロップ確率が減少した
動物
  • 全ての動物の AI が変更された
    • 動物は、動く時に頭を動かすようになった
    • 子どもの動物は小麦を追いかけるようになった

修正

3個のバグを修正

12w07b

12w07bは、2012年2月15日にリリースされたJava Edition 1.2.1のスナップショットである[8]。このスナップショットでは、12w07aでの一部のバグが修正された。

修正

3個のバグを修正
  • ブロックが破壊される際に、炎にブロックが当たるバグの修正
  • Mob が高さ255ブロックより上にスポーンした際にクラッシュしてしまう問題の修正
  • SMP におけるヒツジのアニメーションの修正

12w08a

12w08aは、2012年2月23日にリリースされたJava Edition 1.2.1の8番目のスナップショットである[9]。このスナップショットでは、アイアンゴーレムや、デバッグカメラ操作の追加が行われた。

追加要素

アイアンゴーレム
  • 新しい実用的Mob
  • 村人を防衛するために稀ににスポーンする
  • 4個の鉄ブロックカボチャでスポーンさせることもできる
操作
  • カメラ操作が追加された(これらは間違って追加された、Jeb はそれらを「deadmau5 カメラ」操作と表記し、今後のスナップショットで再び削除される可能性がある[10][11]
    • F6 を押すと、プレーヤーは F6 が再び押されるまで、カメラに「つまった」状態になる
      • これにより、プレイヤーはブロックが透けて見えるようになった
    • F9 を押すと、カメラはその位置で静止し、プレーヤーのモデルが第三者の視点で回転しているように見えるようになった
    • マウスホイールをスクロールすると(インベントリをスクロールする)、前方、左、右、および後ろの方向を回転させるようになった
    • YHUOIKJLNM で、カメラの位置を様々な方法で変更できるようになった
      • 同時に Y + H の2つの機能的に接続されたキーを同時に押すと、そのビューは通常の状態に戻るようになった(ただし U + O は動作しない)

変更要素

階段
  • ブロックの下部に配置したときに上下逆さまに配置できるようになった
言語ファイル
  • いくつかのカナダ英語のステレオタイプが削除された
    • マルチプレイヤーに対して「Go camping with your buddies, eh?」と表示されるようになった
ワールド生成
  • 溶岩湖が、より頻繁に生成されるようになった
レッドストーントーチ
  • ガラスの上に置くことができるようになった

修正

1個のバグを修正

1.2

1.2は、Java Edition 1.2.1のプレビュー版である[12]

追加要素

模様入り石レンガ
  • 新しいタイプの石レンガ
  • クリエイティブ専用ブロック
アイアンゴーレム
  • サウンドが追加された
砂岩
  • terrain.png ファイルに2つの新しいテクスチャが追加された
    • これらは砂岩に似ているが、代わりに象形文字を含んでいる
    • これらのブロックはまだゲームに追加されていない (??)

変更要素

ハーフブロック
  • ハーフブロックを作るとき、3個から6個出来るようになった
  • ブロックの下に配置したときに上下逆さまに配置できるようになった
はしご
  • はしごを作るとき、2個から3個出来るようになった
コントロール
  • 削除されたカメラコントロールが誤って12w08aで追加された
F3 デバック画面
  • F3 を押すと、今いるバイオームの名前が表示される。また、生、空、ブロックの明るさの値はそれぞれrl、sl&bl と呼ばれる

修正

21個のバグを修正

注釈・脚注