Java Edition 1.16 Release Candidate 1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16 Release Candidate 1
1.16 Release Candidate 1.jpg
エディション

Java Edition

種類

リリース候補

リリース日

2020年6月18日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

734

データバージョン

2565

1.16 Release Candidate 1ランチャー上での名称は1.16-rc1となっている)は、2020年6月18日にリリースされたJava Edition 1.16の最初のリリース候補である[1]。このリリース候補では、新たなスプラッシュの追加とバグの修正が行われた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュ
  • 通常のスプラッシュテキストの一覧に、COVID-19関連のものが追加された。
  • 以下のスプラッシュテキストが追加された。
    • This parrot is no more! It has ceased to be!
    • Honey, I grew the bees!
    • Find your claw!
    • Everybody do the Leif!
    • <3 Max & 99 & Ducky!
    • Bushy eyebrows!
    • Edit is a name!
    • From free range developers!
    • Music by Lena Raine!
    • Aww man!
    • #minecraftfarms
    • And my pickaxe!
    • Envision! Create! Share!
    • Fabulous graphics!
    • Also try Minecraft Dungeons!
    • Vanilla!
    • May contain traces of citrus!
    • Zoglin!?

変更要素[編集 | ソースを編集]

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ネザー

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュ
  • COVID-19関連のスプラッシュテキストが、通常のものを上書きしなくなった。
  • 以下のスプラッシュが削除された。
    • Undocumented!
    • Down with O.P.P.!
    • Lewd with two dudes with food!
    • Switches and ores!
    • Huge tracts of land!
    • Totally forgot about Dre!
    • Popping tags!
    • Getting ready to show!
    • Getting ready to know!
    • Getting ready to drop!
    • Getting ready to shock!
    • Getting ready to freak!
    • Getting ready to speak!

修正[編集 | ソースを編集]

8個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-59540 – Creating superflat world without layers causes to get "Classic Flat".
  • MC-86197 – Shield blocking happens even while eating.
  • MC-150543 – Using a stonecutter can sometimes crash the game in certain circumstances.
  • MC-164224 – Non updated lava layers that rarely generate in Nether wastes, crimson forests, and warped forests.
  • MC-166921 – Incorrect bow animation when eating.
  • MC-174790 – Mob on turtle eggs causes the game to crash.
1.16の開発版から
  • MC-181833 – Crash on world startup after playing world in 20w18a.
  • MC-197423 – Ender pearls sometimes won't work with end gateways.

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 1.16-rc1は、1.0.0RC2がリリースされて以降にリリースされた最初のリリース候補である。
    • 前回のリリース候補(RC2)がリリースされてからの経過日数は、8年7ヶ月5日(3,140日)である。
  • スプラッシュ「This parrot is no more! It has ceased to be!」は、空飛ぶモンティ・パイソン『死んだオウム』を参考にしたものである。
  • スプラッシュ「Honey, I grew the bees!」は、1989年に公開された映画『ミクロキッズ』Java Edition 1.15で追加されたMobを参考にしたものである。
  • スプラッシュ「From free range developers!」は、鶏卵箱で見られる「From free-range hens(放し飼いの鶏から)」を参考にしたものである。
  • スプラッシュ「Music by Lena Raine!」は、1.16で追加されたLena Raine作曲の新たな音楽を参考にしたものである。
  • スプラッシュ「Aww man!」は、インターネットミームの「Creeper – Aww man」を参考にしたものである。
  • スプラッシュ「#minecraftfarms」は、#minecraftfarmsのタグが付けられたツイートに含まれる誤報を参考にしたものである。[要出典]
  • スプラッシュ「Fabulous graphics!」は、新たなグラフィック設定を参考にしたものである。
  • スプラッシュ「Also try Minecraft Dungeons!」はMinecraftのスピンオフゲームを参考にしたものである。
  • スプラッシュ「Zoglin!?」は、新たなMobの一貫性のないネーミングを参考にしたものである。[要出典]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.16 Release Candidate 1」 –Minecraft.net、2020年6月18日