Java Edition 1.16 Pre-release 7

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16 Pre-release 7
1.16 Pre-release 6.jpg
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年6月16日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

732

データバージョン

2563

1.16 Pre-release 7ランチャー上での名称は1.16-pre7となっている)は、2020年6月16日にリリースされたJava Edition 1.16の7番目のプレリリースである[1]。このプレリリースでは、バグの修正が行なわれた。

変更要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

ストライダー
  • 各脚に独自のテクスチャを適用できるようになった。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ソウルサンドの谷
  • スケルトンのスポーン量が10から20になった。
  • バイオームの総スポーンエネルギーが1.0から0.7になった。

全般[編集 | ソースを編集]

フォント
  • 多くの文字を追加:[情報提供依頼]
    • その例としては、ラテン語やアルメニア語の合字の残りと、グルジア語のアルファベットである。

修正[編集 | ソースを編集]

21個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-30814 – チャットの文字同士が近すぎる
  • MC-60933 – クリエイティブのプレイヤーに散発的に、主観的に火がついている
  • MC-144107 – Linuxのウィンドウ画面でのカメラの位置が誤計算されている
  • MC-156442 – 一部のラテン・アルメニアの合字がMinecraftのフォントに含まれていない
1.16の開発版から
  • MC-176447 – ストライダーの左右の手が同じテクスチャを使用している
  • MC-180467 – ワールド境界が完全に固体でない
  • MC-183673 – ソウルサンドの谷でスケルトンがあまりスポーンしない
  • MC-185126 – 高度3以下で溶岩が流れている状態から1ブロック高くジャンプできない
  • MC-186228 – ゾンビピグリンの袖のレイヤーが腕のように上向きに保持されていない
  • MC-188552 – ゾンビピグリンが落とす経験値が以前より少ない
  • MC-188838 – 壁についている頭や頭蓋骨のテクスチャがちらちらする
  • MC-189824 – オーバーワールド・一般のゲームプレイの音楽がクリエイティブのネザーで再生される
  • MC-189846 – カメの卵のふ化が壊れていて、ゲームが砂を調べるのが1ブロック深すぎる
以前の開発版から
  • MC-189856/setblockまたは/fillでネザーポータルブロックを設置できない
  • MC-189867/setblock/fillを使用して通常は配置できない位置にブロックを設置できない
  • MC-189868 – クリエイティブモードで炎の中に立つと、プレイヤーは火が付いたり消えたりが連続して行われる
  • MC-189895 – ジャングルの寺院・砂漠の寺院のレッドストーンがブロックとレッドストーン装置を適切に接続しない
  • MC-189903 – カメの家海岸の検知が1ブロック深すぎる
  • MC-189905 – プレイヤーがワールド境界の中で動かなくなることがある
  • MC-189971 – 「Take me back」ボタンをクリックすると、半透明のブロックが描画を停止する
  • MC-190010 – インベントリの中にいながらスロットの上にはカーソルを合わせていない状態で、マウスボタンを使用して手に持っているアイテムを交換するとゲームがクラッシュする

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.16 Pre-Release 7」 –Minecraft.net、2020年6月16日