Java Edition 1.16 Pre-release 3

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16 Pre-release 3
1.16 Pre-release 3.jpg
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年6月10日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

725

データバージョン

2559

1.16 Pre-release 3ランチャー上での名称は1.16-pre3となっている)は、2020年6月10日にリリースされたJava Edition 1.16の3番目のプレリリースである[1]。このプレリリースでは、細かな変更と以前のプレリリースで発生していたバグが修正された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

ルートテーブル

全般[編集 | ソースを編集]

タグ
  • infiniburn_overworldブロックタグが追加された。
    • ネザーラックとマグマブロックが含まれる。
    • このタグ内のブロック上で火が無限に燃える。
  • infiniburn_netherブロックタグが追加された。
    • #infiniburn_overworldブロックタグが含まれている。
    • ネザー内にある、このタグ内のブロックは火が無限に燃える。
  • infiniburn_endブロックタグが追加されました。
    • #infiniburn_overworldブロックタグと岩盤が含まれている。
    • ジ・エンド内にある、このタグ内のブロックは無限に燃える。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

溶岩
  • 火炎耐性の効果が付与されている際に、溶岩内の視認性がわずかに良くなった。
オブザーバー
  • 稼働時の背面のテクスチャが変更された。
植えられたサボテン
  • 上面には側面のテクスチャが使われていたが、上面のテクスチャを使用するようになった。
  • 汚れがなくなった。

アイテム[編集 | ソースを編集]

食料
  • 消火された焚き火にも食料を置けるようになった。
シュルームライト
  • 堆肥化できるようになった。

Mob[編集 | ソースを編集]

ピグリン
  • 視界の外にいても、プレイヤーがチェストや金のブロック(または類似のもの)を破壊する音が聞こえると、怒るようになった。
  • 固有のヘルメットテクスチャがなくなった。
ゾンビピグリン
  • 怒った状態で何かによって倒された場合、経験値とレアドロップをドロップするようになった[2]

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ネザー要塞
  • 生成頻度がやや増加した。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

進捗
  • 気を取られた ピグリン が子供である場合、「わーいぴかぴか!」の進捗が達成できなくなった。

全般[編集 | ソースを編集]

チャット
  • 大文字の使い方が「Click to copy to Clipboard」から「Click to Copy to Clipboard」に変更された。
クレジット
  • エンドクレジットの内容が更新された。
リージョンファイル
  • リージョンファイルは、Windowsでは同期モードでのみ開くことができ、他のオペレーティングシステムでは開けなくなった。 この機能のステータスは、次のオプションで手動で制御できる。:
    • 専用サーバーの場合: sync-chunk-writes内のserver.properties
    • クライアントの場合: syncChunkWrites内のoptions.txt
スプラッシュ
  • スプラッシュ「Sexy!」が「Moderately attractive!」に変更された。
    • 新型コロナウイルスの流行(COVID-19 pandemic)に関連するスプラッシュは未だに使用されないままとなっている。
タグ
  • piglin_lovedアイテムタグから金塊が削除された。
ワールド作成
  • 1.16-pre1で壊れたワールドを回復させようとする。
  • ワールドをロード、新規作成、再生成するためにワールドデータを読み込んでいる間、ロード画面が表示されるようになった。
  • ゲームルールの説明が、ゲームルール画面で必要に応じて複数行に及ぶようになった。
  • 一部の文字列で大文字で記される文字が変更された。
    • 「Create backup and load」が「Create Backup and Load」に変更された。
    • 「Safe mode」が「Safe Mode」に変更された。
    • 「Edit game rules」が「Edit Game Rules」に変更された。
    • 「Import settings」が「Import Settings」に変更された。
    • 「Floating islands」が「Floating Islands」に変更された。

修正[編集 | ソースを編集]

128個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-13823 – 特定のエンティティのリードの位置が間違っている
  • MC-14680 – リードが付いたエンティティの高さに応じてリードが上に移動したり下に移動したりする
  • MC-27535 – 名札で名前を付けていてもMobがデスポーンすることがある
  • MC-84610 – インベントリでオフハンドのホットキーが機能しない
  • MC-131286 – 左利きの場合、泳いでいる時に左手ではなく右手を使って攻撃する
  • MC-134608 – 特定のスポナータグの条件でゲームがクラッシュする
  • MC-143473 – 経路探索中のMobをテレポートしても元々行こうとしていたブロックに行こうとする。
  • MC-148020 – オブザーバーブロックのテクスチャのピクセル数が多すぎる
  • MC-152157 – ゲームクレジットの「Marie Stålkrantz」の色が正しくない
  • MC-159371 – ミツバチのリードの位置が間違っている
  • MC-159502 – ミツバチが水を避けずに自殺する
  • MC-160520 – ミツバチの放浪するAIが三方角を通ろうとする
  • MC-163921 – レッドストーン鉱石を見ながらブロックを置いても音が出ない
  • MC-166346 – トリップワイヤーの上の透明なブロックが正しく描画されない
  • MC-166880 – フグの膨れるモデルが壊れている
  • MC-167043 – エンチャントのきらめきが旗付きの盾の柄にのみ適用される
  • MC-169008 – ネザーでエンドポータルを使用するとプレイヤーがエンドにてれぽーとされるが、ネザーにいた時と同じ座標にテレポートされる。
  • MC-171618 – 防具を着ているプレイヤーが特定の条件下で炎の中に立っている時に、炎によるダメージが軽減される
  • MC-171969 – 落下後に登ると落下ダメージが無効になる
  • MC-177712 – ネザーポータルブロックにルートテーブルがない
  • MC-182076 – 馬のジャンプ音が使用されていない
  • MC-182249 – ブロックモデルファイルpotted_cactus.jsonで問題が発生する
  • MC-185616 – 赤砂の上でカメの卵が孵化しない
  • MC-185949 – 「Click to Copy to Clipboard」の「Copy」の「C」が大文字になっていない
  • MC-186353 – 「Edit sign message」の「s」と「m」が大文字になっていない
1.16の開発版から
  • MC-171810 – 一部のMojangの従業員がクレジットに記載されていない
  • MC-172053 – ブロックの底にネザーのパーティクルが固まる
  • MC-172105 – 踊っているピグリン、アイテムを狙っている・見ているピグリンの着ているチェストプレートがピグリンの動きに合っていない
  • MC-172110 – ピグリンやゾンビピグリンの着ているカメの甲羅のテクスチャがない
  • MC-172871 – 高度2以下の水平位置でウィザーを召喚できない
  • MC-173310 – オブザーバーのオンになったテクスチャがオフになったテクスチャと一致しない
  • MC-173404 – スニーク中にエンティティから降りると同期しない
  • MC-173825 – コウモリがカメの卵を壊す
  • MC-176094 – 子ゾンビピグリンのチキンジョッキーが、乗っているストライダーをスポーンすることがある
  • MC-177336 – UbuntuでCIFSマウントからワールドを開くと「レベルにアクセスできませんでした」と表示される
  • MC-177530 – 新しいレジストリminecraft:attributesは複数形だが、他のレジストリはすべて単数形である。
  • MC-177542sync-chunk-writes=trueのときにチャンクの読込と保存が極端に遅くなる
  • MC-177626 – マツの生成が壊れている
  • MC-177694 – クリエイティブインベントリでゾンビピグリンのスポーンエッグが村人ゾンビのスポーンエッグの前にある
  • MC-177863 – シュルームライトを堆肥化できない
  • MC-177876 – ストライダーがよりレアになった
  • MC-178010 – クレジットにLena Raineが表示されない
  • MC-178338 – 溶岩が足に触れた時にだけストライダーの体が温まる
  • MC-179140 – 海のガーディアンの泳ぎ方がおかしい
  • MC-180603 – スーパーフラットワールドで間違った構造物が生成される
  • MC-181630 – 進捗トリガーminecraft:tickが標準のプレディケートplayerに対応していない
  • MC-181813 – 「Game Rules」のメニュータイトルで「g」ame 「r」uleが大文字になっていない
  • MC-181884 – 速く落ちる・エリトラで跳ぶ・激流トライデントで泳ぐ・発射物を投げるとプレイヤーに当たる
  • MC-182766 – レシピ本を開いていないとレシピ本の検索機能が働かない
  • MC-182825 – 翻訳・キー割り当てコンポーネントでMob名の色がまだ機能しない
  • MC-182909 – カスタマイズワールドのバイオーム選択画面からEscを実行するとメニュー画面に戻る
  • MC-183018 – クリエイティブで水中を飛行中にスニークすると数秒後に飛行モードが終わる。
  • MC-183402 – ネザーの木を壊してもチュートリアルが進まない
  • MC-183554 – 溶岩湖で生成された荒廃したポータルが不自然に溶岩を変位させ、奇妙な境界線が発生する
  • MC-183588 – 構造物bastion/treasure/big_air_fullにエメラルドブロックが重なっている
  • MC-183594 – 第五大内外ホグリン小屋が砦の遺跡に生成されない
  • MC-183599 – ホグリン小屋の階段の一部が生成されない
  • MC-183762 – ヘルプ画面のF3+Nの記述が旧機能のままである
  • MC-183809 – オークの巨木がブロックを置換する
  • MC-183880 – 金で子ピグリンの気を逸らすと進捗「わーいぴかぴか!」が付与される
  • MC-183915 – 壁の頭・頭蓋骨がブロック選択の外枠からわずかにずれている
  • MC-183931 – ネザー要塞のMobが拡張当たり判定内でスポーンしなくなった
  • MC-183933/tellrawhoverEventsshow_textが解決が必要なコンポーネント(NBT、スコア、セレクタ)で動作しない。
  • MC-184093 – エンドゲートウェイを使用すると、プレイヤーが半ブロック先までテレポートする
  • MC-184250 – エンチャントテーブルに表示されるエンチャントのフォントが斜体になっている
  • MC-184608 – ゲーム起動時にエラー「不明なバイオーム、デフォルトは平原」が出る
  • MC-184612 – 「Import Settings」の「s」が大文字になっていない
  • MC-184613 – 「浮島」設定でエンドストーンが生成される
  • MC-184644 – ネザー以外のバイオームを使用していても、洞窟ビュッフェ生成でネザーラックが生成される。
  • MC-184653 – [クラッシュ] java.lang.IllegalArgumentException: value already present: – ワールド生成ディメンションタイプのプリセットが一つでないとゲームがクラッシュする
  • MC-184675 – スーパーフラットの奈落プリセットに始まりの足場がない
  • MC-184699/spreadplayers underで無効な値を防げない
  • MC-184723 – 「World Type: Floating islands」の「i」が大文字になっていない
  • MC-184757 – [クラッシュ] デバッグチャンクジェネレーターでディメンションを読み込むとjava.lang.NullPointerException: Ticking memory connection
  • MC-184887 – 洞窟世界の岩盤天井でスポーンできる
  • MC-184900/tellrawの開業で行頭に空白が追加される
  • MC-184984 – 複数のワールドを連続して生成するとゲームがクラッシュする
  • MC-185004 – [クラッシュ] java.lang.NullPointerException – ワールド生成設定でディメンションが削除されている場合、エンド・ネザーポータルに入るとクラッシュする
  • MC-185164 – 氷山の下半分がsea_levelに関係なく常にy=62の位置で生成される
  • MC-185285 – デバッグワールドを作成して再入した後にネザー・エンドに入るとゲームがクラッシュする
  • MC-185299 – 職業を指定しないと特定の種類の村人を召喚できない
  • MC-185363sync-chunk-writesでワールドを閉じるのに1分以上かかることが多い
  • MC-185417 – 地図を拡大したときに内容がリセットされる。
  • MC-186078 – グラフィック設定を最高設定にしていると、一部のグラフィックカードで透明なブロックの前に透明なアイテムが表示される
  • MC-186084 – 踊って祝福しているピグリンの頭と胴体が浮いたり離れたりする
  • MC-186085 – 移動中にボートを降りると、ワールドとの相互作用ができなくなる
  • MC-186091 – 水泳をやめると「水中に潜る」音がして視界が点滅する
  • MC-186092 – ピグリンが祝福ダンスをすると頭がずれる
  • MC-186097 – ブタが動くのが非常に遅い。
  • MC-186248 – 「Safe Mode」ボタンの「m」が大文字になっていない
  • MC-186263 – 「Create Backup & Load」の「b」と「l」が大文字になっていない
  • MC-186337 – 「クライアント」の照明と「サーバー」の照明が一致しない
  • MC-186403 – 水流の側面を泳いでも溺れない
  • MC-186492 – クリエイティブモードでスイレンの葉を設置すると、ホットバーのアイテムがちらついたり消えたりする
  • MC-186905 – 「スーパーフラットのカスタマイズ」画面が開くたびにリセットされ、以前に保存した設定が表示されない
  • MC-187363 – チャージしたリスポーンアンカーの周りのブロックが明るくならない
  • MC-187367 – ネザライトのレシピを使用するには鍛冶台が必要だが、作業台にも表示される
  • MC-187371 – 一部のグラフィックカードでクラウドの設定を変更しようとするとゲームがクラッシュする
  • MC-187392 – 浸水した階段にあるアイテムが階段の上の水流に巻き込まれるほど高く浮いていない
  • MC-187394 – 最高設定のグラフィックを使用していると、死んでいるエンダードラゴンが真っ白に描画される
  • MC-187402 – エンドのディメンションの明るさがサーバー上でかなり暗くなる
  • MC-187405 – チートを有効にしないと/seedを使用できない
  • MC-187411 – 色付きガラスや固体ブロックの後ろにあるパーティクルや雲が正しく描画されない
  • MC-187437 – 持っているアイテムがインベントリ画面で見えなくなる
  • MC-187449 – 怒った状態でプレイヤー以外に殺されたゾンビピグリンが経験値とレアドロップをドロップしない
  • MC-187466 – クリエイティブで殺されたMobが経験値を落とさない
  • MC-187468 – 最高設定でエンチャントのきらめきが特定のものに対して描画されない
  • MC-187483 – カメを繁殖させるだけで進捗「二匹ずつ」を達成できる
  • MC-187504 – クリエイティブモードでMobがプレイヤーに殺されてもレアドロップのアイテムを落とさない
  • MC-187552 – サーバー上のネザーでピグリンとホグリンが揺れる
  • MC-187585NoAI:1bのイルカがおぼれる事がある
  • MC-187592 – ピグリンが常に金塊を拾って落とす
以前の開発版から
  • MC-187611 – ビデオ設定を最高設定にしてF1を押して一人称視点で見ると白い四角が表示される
  • MC-187618Minecraftを保存して終了した後、デモワールドが保存されない
  • MC-187673 – [クラッシュ] java.lang.IllegalStateException: ディメンションタイプが登録されていません
  • MC-187676 – 「Reset to default」の「d」が大文字になっていない
  • MC-187677 – 「Go back」の「b」が大文字になっていない
  • MC-187679 – ハチのおこっている時間がずっと長い
  • MC-187729 – 村人がプレイヤーなどからの攻撃を受けたときに怒るパーティクルを出さない。
  • MC-187730 – 新しくスポーンしたゾンビピグリンが、昔スポーンした怒ったゾンビピグリンの怒りを拾わない
  • MC-187739NeutralMob.playerDied forgiveDeadPlayers=falseの時は(プレイヤー)が戻らない
  • MC-187796 – オオカミが攻撃後にしか敵対的な姿を使用していない
  • MC-187811 – エンダードラゴンの死亡アニメーションが終了直後に突然点滅する
  • MC-187978 – マルチプレイヤーサーバーの全プレイヤーが/seedを利用できる
  • MC-188070 – 泳いでいる時にスキンがバグる(左手)
  • MC-188088 – オーバーワールドのスーパーフラットプリセットが地形装飾で生成されない
  • MC-188216 – スーパーフラットバイオームの選択が「新しい世界の作成」画面でブロック選択よりも優先される
  • MC-188393 – 「4k」の「K」が大文字になっていない

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 1.16-pre3は現在、単一のプレリリースで最も多くのバグ修正が行われた記録を保持しており、その数は129である。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.16 Pre-Release 3」 –Minecraft.net、2020年6月10日
  2. MC-187449