Java Edition 1.16 Pre-release 2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16 Pre-release 2
20w17a.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年6月5日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

722

データバージョン

2557

1.16 Pre-release 2(ランチャー上での名称は1.16-pre2となっている)は、2020年6月5日にリリースされたJava Edition 1.16の2番目のプレリリースである[1]。このプレリリースでは、いくつかの致命的なバグの修正が行われた。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

浮島
  • 「ジェリー」のネコが村に自然スポーンするようになった。

全般[編集 | ソースを編集]

データパック

修正[編集 | ソースを編集]

15個のバグを修正
以前の開発版から
  • MC-56970 – グラフィックスが処理優先の際、葉がX線効果を示す。
  • MC-128066 – 氷、スライムブロック、ハチミツブロックに透明度の高いブロックの縁が現れる。
  • MC-147591 – 「Jellie」のネコが、ワールド生成の際に村にスポーンしない。
  • MC-148794 – ガーディアンがワールドタイプ「浮島」に設定されている場合、スポーンしない。
  • MC-148802 – ピリジャーがワールドタイプ「浮島」に設定されている場合、前哨基地の周りにスポーンしない。
  • MC-152001 – ゾンビ村に、村人子供ゾンビがスポーンしない。
  • MC-166260 – チャンクの境界で火の光が消える。
  • MC-172650 – 水中で、氷の側面のテクスチャが表示されない。
1.16の開発版から
  • MC-176011 – アップデート後、Minecraft 20w13aでのサーバーがチャットにスパムする。
以前の開発版から
  • MC-187350 – ゲームがランダムにクラッシュするか、IllegalStateExceptionエラーが発生する。
  • MC-187352 – 1.16-Pre1で生成されたワールドを読み込むと、常に確認を求められる。
  • MC-187353 – 特定のワールドを読み込むと、IllegalStateExceptionエラーが発生する。
  • MC-187358 – 1.16-Pre1で生成されたワールドは、ワールド生成設定を正しく保存しないためブロックエラーが発生する。
  • MC-187364 – ディメンションデータパックを無効及び有効にすると、ネザーとジ・エンドが無効になる。
  • MC-187406 – 無効なディメンションに入ろうとするとゲームがクラッシュする。

トリビア[編集 | ソースを編集]

1.16のプレリリースで使用されている画像は、スナップショット20w17aで使用されているものと同一である。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.16 Pre-Release 2」 –Minecraft.net、2020年6月5日