Java Edition 1.16.4 Pre-release 1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16.4 Pre-release 1
20w19a.png
Java Edition 1.16.4 Pre-release 1.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年10月15日

親バージョン

1.16.4

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

0x40000001

データバージョン

2581


1.16.4 Pre-release 1は、2020年10月15日にリリースされたJava Edition 1.16.4の最初のプレリリースである。このプレリリースでは、ワールド生成の致命的なバグとテクスチャのバグが修正された[1][2]

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般
  • ソーシャルインタラクション画面が追加された。
    • 自分と、その他の特定のプレイヤーとのチャットを無効にする機能であり、そのプレイヤーから受信するメッセージを非表示にする。
    • デフォルトでは、Pで表示できる。
    • サーバーに再参加すると、プレイヤーが非表示になっているかどうかの状態はリセットされる。

変更要素[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

ネザライトのレギンス
  • ネザライトのレギンスの見た目が変更された。

全般[編集 | ソースを編集]

オプション
  • options.txtに、"joinedFirstServer"オプションが追加された。
サーバー
  • サーバーとクライアントのバージョンに互換性がない場合、"Client out of date!"または"Server out of date!"というメッセージの代わりに、"Incompatible version!"というメッセージが表示される。
技術
  • スナップショットに新しいネットワークプロトコルの案として、上位ビット(ビット30)が設定された。 プロトコルバージョンはスナップショットごとに1ずつ増加するが、ネットワークプロトコルに互換性がある場合、正式リリースでは以前の正式リリースと同じプロトコルバージョンが維持される場合がある。
  • パフォーマンスの低下によりサーバーがクラッシュした場合に備えて、クラッシュログに詳細情報が追加されるようになった。

修正[編集 | ソースを編集]

2個のバグを修正
1.16.1から
  • MC-192434 – 装備されたネザライトのレギンスの3Dモデルが正しく描画されない。
1.16.2から
  • MC-199487 – ワールド生成の行き詰まりにより、ゲームがクラッシュする。

脚注[編集 | ソースを編集]