Java Edition 1.16.2 Pre-release 1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.16.2 Pre-release 1
1.16.2-pre1.jpg
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年7月29日

親バージョン

1.16.2

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

744

データバージョン

2573

1.16.2 Pre-release 1(ランチャー上での名称は1.16.2-pre1となっている)は、2020年7月29日にリリースされたJava Edition 1.16.2の最初のプレリリースである[1]。このプレリリースでは、エフェクトに関連する2つの新しいオプションが追加され、を縦横好きなように配置できるようになり、バグも修正された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

フォント
  • 11種類の分数の字体が追加された:
字体 Unicode 名前
U+2150 VULGAR FRACTION ONE SEVENTH
U+2151 VULGAR FRACTION ONE NINTH
U+2155 VULGAR FRACTION ONE FIFTH
U+2156 VULGAR FRACTION TWO FIFTHS
U+2157 VULGAR FRACTION THREE FIFTHS
U+2158 VULGAR FRACTION FOUR FIFTHS
U+2159 VULGAR FRACTION ONE SIXTH
U+215A VULGAR FRACTION FIVE SIXTHS
U+2152 VULGAR FRACTION ONE TENTH
U+2189 VULGAR FRACTION ZERO THIRDS
U+215F FRACTION NUMERATOR ONE
  • ゲーム内のアイテムに関連する8つの絵文字が追加された:
字体 Unicode 名前 アイテム
🗡 U+1F5E1 DAGGER KNIFE
🏹 U+1F3F9 BOW AND ARROW
🪓 U+1FA93 AXE
🔱 U+1F531 TRIDENT EMBLEM トライデント
🎣 U+1F3A3 FISHING POLE AND FISH 釣竿
🧪 U+1F9EA TEST TUBE ポーション
U+2697 ALEMBIC スプラッシュポーション
🛡 U+1F6E1 SHIELD
  • その他3つの字体が追加された:
字体 Unicode 名前
U+2BEA STAR WITH LEFT HALF BLACK
U+2BEB STAR WITH RIGHT HALF BLACK
U+2C6D LATIN CAPITAL LETTER ALPHA
設定
  • 吐き気ネザーポータルの揺れなど、画面の揺れ効果に影響を与える新しい「歪み効果」の設定項目が追加された。
    • OFF(0%)から100%まで調節できる。
    • スライダーが下がるにつれ、緑色のオーバーレイが画面により強く表示される。
      • オプションメニューの内容とは異なり、設定を0%に設定しない限り吐き気の際の揺れは完全にはなくならない。
  • 新しい設定項目として、「FOVエフェクト」が追加された。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

気泡柱
  • 予想通りに、発射体に影響を与えるようになった。
  • すべての向きで設置できるようになった。
真紅のと歪んだ根
  • 入手するためにはハサミが必要になった。
さまざまな非固体ブロック
  • 発射物をブロックしなくなった。

Mob[編集 | ソースを編集]

エンダーマン
  • 持っているブロックを岩盤の上に設置しなくなった。
    • これは、岩盤の天井にブロックを設置してMobがスポーンするのを防ぐためである。
ピグリン
ストライダー
  • 溶岩へつながる道を探そうとし、溶岩にとどまろうとするようになった。
ストライダージョッキー
村人
  • 違うディメンション間で移動すると、職業を失うようになった。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

ソウルスピード
  • ハーフブロックなどのフルブロック以外の場所で移動したり、ジャンプした際でも、効果が切れないようになった。

全般[編集 | ソースを編集]

カスタムディメンションカスタムワールド生成
  • データパックで他のリソースと同じフォルダーパターンを使用するようになった: namespace/<タイプ>/resource.json.
フォント
  • 一部のフォントがわずかに変更された。

修正[編集 | ソースを編集]

29個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-73884 – 投げられる発射物が非固体ブロックとの接触で破壊される。
  • MC-96007 – 矢、トライデント、発射物、スプラッシュポーション、残留ポーションをエンドポータル、エンドゲートウェイ、ネザーポータルの真上からテレポートできない
  • MC-102967 – シュルカーの弾がネザー・エンドポータルをテレポートできない
  • MC-125758 – 気泡柱が卵、雪玉、エンダーパール、スプラッシュポーション、残留ポーション、火の玉、シュルカーの弾に影響しない
  • MC-158987 – 村人がウィッチに変わっても襲撃が続く
  • MC-163767 – 村人ゾンビに変わった村人がトロッコから降車される
  • MC-167045 – インベントリの旗が暗く描画され過ぎる
  • MC-175334 – 職業ブロックが近くにあるほど、村人が仕事を得るのに時間がかかる
  • MC-185490 – リードが付けられた行商人のラマが分離されていると、サーバーパフォーマンス(TPS)の問題が発生する
1.16から
  • MC-170900 – ハサミやシルクタッチが無くても新しいネザー植物を拾える
  • MC-174469 – ソウルスピードがジャンプ時に機能しない
  • MC-174574 – ソウルサンドの上に同じような高さのハーフブロックやブロックが置かれている場合、ソウルスピードが機能しない
  • MC-176015 – プレイヤーが上に乗って、歪んだキノコ付きの棒で上を向くとストライダーが窒息する
  • MC-176034 – プレイヤーがストライダーの上を歩ける
  • MC-177651 – 溶岩の外は寒いにもかかわらず、ストライダーが溶岩の中に入ろうとしない
  • MC-178061 – チャット遅延設定がチャット設定にない
  • MC-182330 – クロスボウを振り回すピグリンが、透明なプレイヤーを追いかけようとすると奇妙なふるまいをする
  • MC-187398 – 鍛冶台と石切台のレシピを使用してもロックが解除されない
  • MC-187904 – ワールド作成時にデータパックでバニラディメンションの設定を置き換えられない
  • MC-189414 – 鍛冶台が出力アイテムの量を正しく計算しない
  • MC-189797 – ホグリン、ゾグリン、ピグリン、ピグリンブルーとが通常の範囲内の見えないエンティティを正しく攻撃しない
  • MC-191168 – トロッコに乗っている間にゾンビピグリンに変わったピグリンがブロックに沈むことがある
1.16.1から
  • MC-192032 – 村人が常にもっとも近い職業ブロックを主張しようとせず、存在しない職業ブロックや手の届かない職業ブロックに集中することがある
  • MC-193213 – プレイヤーや行商人にリードが正しく設置されていない
  • MC-195062 – 村に職業ブロックがある場合、村人が全員死んでいると襲撃が敗北に終わらないことがある
  • MC-195544 – ウィザースケルトンが乗っているガーディアンに乗っているMobを殺すとゲームがクラッシュする
以前の開発版から
  • MC-194263 – 大きなエンドシティが正しく生成されず、切断される
  • MC-194299 – テンプレートプールがデータパック経由の読み込みに失敗する
  • MC-194845 – 亜空間バブルの進捗が7kmの距離で完了できない

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.16.2 Pre-Release 1」 –Minecraft.net、2020年7月29日