Java Edition 1.16.2/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページは、Java Edition 1.16.2の開発版をまとめた一覧である。

20w27a

20w27aは、2020年7月1日にリリースされたJava Edition 1.16.2の最初のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、ピグリンブルートの追加とバグの修正が行われた。

追加要素

Mob

ピグリンブルート
  • 金の斧を装備したピグリンの強力な亜種である。
  • ピグリンとは異なり、プレイヤーに対して常に敵対的である。
  • 体力値は50♥ × 25である。
  • ワールド生成中の砦にのみスポーンする。

全般

タグ
  • ブロックタグ mushroom_grow_block が追加された。
    • 菌糸、ポドゾル、真紅および歪んだナイリウムが含まれる。
    • どのブロックにキノコが置けるか、光量が多くても巨大キノコが成長可能なブロックを判断するために使用される。

変更要素

アイテム

真紅のキノコ・歪んだキノコ
  • 菌糸ブロックに設置できるようになった。

Mob

ゾグリン
  • リードに繋げられるようになった。

ワールド生成

砦の遺跡
  • ワールド生成時にピグリンブルートがスポーンするようになった。
    • 通常のピグリンもスポーンする。

ゲームプレイ

進捗
  • Piglin Bruteが進捗「モンスターハンター」および「モンスター狩りの達人」の達成条件に含まれるようになった。

全般

メニュー
  • リソースパックをメニュー画面にドロップして、再読み込みすることなくリソースパックの一覧が更新されるようになった。
  • データパックのルートフォルダに pack.png を含めることで、データパックのメニューにその画像が表示されるようになった。

修正

この節の内容は翻訳されていません。あなたが内容を翻訳してみませんか?

22個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1058 – ドラゴンの頭を被り、透明化させたら消える。
  • MC-2404 – Stepping down while sneaking allows falling off of blocks.
  • MC-49476 – NBT "HideFlags" does not hide "Dyed" on leather armor.
  • MC-68487 – Player heads of the same player always have the same skin texture, even if the saved texture data is different.
  • MC-97507 – Using item which modifies the held item shows "Gear equips" subtitle.
  • MC-145691 – Binding "Open/Close Inventory" to Tab only opens inventory.
  • MC-150417 – Some items get stuck in soul sand when there is liquid above the soul sand.
1.16から
  • MC-171739 – Weeping and twisting vines, bamboo, and kelp can be replaced by "saplings" by breaking and placing the block at the same time.
  • MC-178729 – Red and brown mushrooms cannot be grown into huge mushrooms on nylium, while they can on all other "grass" blocks.
  • MC-182652 – 荒廃したポータルにチェストが生成されない時がある。
  • MC-183663 – 農民の村人が正しくコンポスターを使用しない。
  • MC-183743 – Iron golem overpopulation.
  • MC-185274 – Subtitles still show ''Gear equips'' when eating in snapshot 20w21a or newer.
  • MC-188473 – Resource pack screen no longer updates when adding or removing resource packs.
  • MC-188969 – Having a suspicious stew in inventory prevents all types of suspicious stew from going into your inventory when milking brown mooshroom.
  • MC-189909player_interacted_with_entity does not trigger if there is only one item and the item gets consumed.
  • MC-190021 – Trying to mount a pig or strider while sneaking plays hand animation.
  • MC-190266 – Players and other entities can catch on fire after logging on while riding a strider in lava.
  • MC-190274 – Collecting liquids in bottles on Creative mode is inconsistent with the new creative bucket mechanics.
  • MC-190849 – Slime blocks can only push entities 5 blocks high instead of 6 blocks high as in 1.15.2.
1.16.1から
  • MC-191915 – ボートに乗っている時、装備しているエリトラのエンチャントが表示されない。
  • MC-192894 – Transparency layers lose their auxiliary depth buffer ID when resized.

20w28a

20w28aは、2020年7月8日にリリースされたJava Edition 1.16.2の2番目のスナップショットである[2]。 このスナップショットでは、カスタムバイオームが試験的に追加され、バグが修正された。

追加要素

一般

タグ
  • base_stone_netherブロックタグを追加。
  • base_stone_overworldブロックタグを追加。
    • 花崗岩閃緑岩安山岩が含まれる。
    • 土、砂利、花崗岩、閃緑岩、安山岩、石炭鉱石、鉄鉱石、金鉱石、レッドストーン鉱石、ダイヤモンド鉱石、ラピスラズリ鉱石が地下鉱石として生成された場合に代替できるブロックを決定するのに使用される。
  • アイテムタグstone_crafting_materialsを追加。
    • 丸石とブラックストーンが含まれる。
    • furnace.json進捗とレシピファイルで使用される。
    • レシピファイルbrewing_stand.jsonでも使用される。

変更要素

ブロック

醸造台
  • ブラックストーンでクラフトできるようになった。
    • アイテムタグstone_crafting_materialsで決定される。
かまど
  • クラフトレシピとレシピブックの解除にstone_crafting_materialsアイテムタグを使用するようになった。
    • この変更は、旧furnace_materialsアイテムタグと同じ内容になっているため、ゲーム内では目立たない。
植木鉢
  • モデルの上面にカルフェイスを使用するようになった。
  • 底に穴が開いていなくなった:Potted Cactus 20w28a under.png

アイテム

不死のトーテム

Mob

村人
  • Bedrock Editionに合わせ、に参加したり、家のベッドを設定したり、職業や職業ブロックを獲得したりする際に緑色のパーティクルを出すようになった。

ゲームプレイ

物々交換

全般

カスタマイズ
データパック
  • データパック内のworldgenフォルダが試験的に対応するようになった。
    • worldgen/biomeには、バイオームの定義を格納できる。
    • worldgen/configured_carverには、ワールドカーバー設定の定義を格納できる。
    • worldgen/configured_featureには、フィーチャの配置の定義を格納できる。
    • worldgen/configured_structure_featureには、構造体の配置の定義を格納できる。
    • worldgen/configured_surface_builderには、サーフェスの定義を格納できる。
    • worldgen/processor_listには、ブロックプロセッサのセットを格納できる。
    • worldgen/template_poolには、ジグソー構造のプール定義を格納できる。
  • 最初にバイオームを含むデータパックを追加した後、単一のバイオーム・洞窟・浮島のワールドタイプでカスタムバイオームを使用できるようになった。
  • カスタムバイオームをカスタムディメンション生成で使用できるようになった。
距離効果
  • 鉱脈生成に32ビットの浮動小数を使用しなくなり、ワールド内の位置に関係なく正しい形状で生成されるようになり、MODによってワールドの境界線をさらに移動させた場合に発生する可能性のあるクラッシュを防ぐことができるようになった。
GPU警告
  • GPU warnlistは、MesaとGalliumレンダラとX.Orgベンダに対して明示的に警告するのではなく、バージョンが3.0以下のものに対して警告するように変更された。
サーバー
  • 専用サーバーでクライアントのレートを制限できるようになった。
    • 1秒以内に連続して大量のパケットを送信するクライアントを専用サーバーが追放できるようになった。
    • server.propertiesrate-limit設定で制御する。
    • デフォルトのレート制限0は「制限なし」を意味する。
タグ
  • アイテムタグfurnace_materialsstone_crafting_materialsに変更。
ワールド生成
  • ゲームルールdoDaylightCycleの記述を 「ゲーム内の時間を進める」から「日にちを進める」に変更。

修正

38個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-34661 – 棘のエンチャントで両方の防具が減衰する
  • MC-65953 – タグIsBabyIsVillager/entitydataでtrueからfalseに変更できない
  • MC-172221 – 空気の一部を歩いているホグリン、ゾグリン、ラヴェジャー、アイアンゴーレム、シロクマがブロックを歩き下りない
  • MC-179369 – ネザーやエンドの行商人が常に見えない
  • MC-182868 – フルブロックでないブロックの上にレールがある場合、1.14以降でレールの更新に4~5倍のラグが発生する
  • MC-185925 – キャストの問題:鉱脈の生成に32ビットの浮動小数を使用しているため、精度が低下し、クラッシュの可能性がある。
1.16から
  • MC-171363 – ネザーの森バイオームで、巨大キノコや小さな植物がナイリウムの最上層の上にのみ生成され、全ての下層の植物が欠落している。
  • MC-173526 – 全てのトロッコが溶岩で生きられる。
  • MC-174479 – ソウルサンドにシーピクルスを置けない。
  • MC-174520 – 魂のパーティクルテクスチャの第一フレームが間違っている
  • MC-176753CanPickUpLootタグが0bに設定されているピグリンがドロップされた金色のアイテムの周りに立つ
  • MC-181204doDaylightCycleボタンのラベルが少し間違っている
  • MC-181233 – Mobが木のトラップドアの上に出現できないが、鉄やネザーのトラップドアの上には出現できる。
  • MC-182430 – ピグリンが金インゴットを拾おうとしても届かなかった場合に失敗する。
  • MC-185684 – 今までテレポートしていなかったエンダーマンを攻撃するとテレポートする。
  • MC-186627 – アンデッドMobがカスタムディメンションの昼間に燃えなくなった。
  • MC-187112 – ジグソーブロックの「ジグソーを保持」ボタンの空白が余っている。
  • MC-187126 – 「生成」を押してもジグソーブロックのUIが閉じない。
  • MC-187129 – 「完了」を押してUIを再度開くまで、ジグソーブロックが正しい構造を生成しない。
  • MC-187598 – グラフィック設定が「最高設定」より低い場合でも、半透明ブロックの後ろにブロックの当たり判定が描画されない。
  • MC-188459 – 鉢植えのサボテンの上面のカルフェイス引数がいまだに欠落している。
  • MC-188534 – 鉢植えのサボテンの底面がない。
  • MC-189769 – キノコが火を通って育つ。
  • MC-190098 – 専用サーバーで構造体の大きさとオフセットが32に制限されている
  • MC-190852 – 右から書く言語の進捗の通知メッセージの括弧が逆である。
  • MC-190856 – 右から書く言語の/list uuidsの括弧が正しく表示されない
  • MC-190860 – 右から書く言語のチャットやコマンドブロックの「/(スラッシュ)」がレガシーフォーマット記号を表示している。
  • MC-190891 – 特定のレッドストーン回路で遅延が発生する。
  • MC-190892 – 右から書く言語のポーション効果の括弧が逆になっている。
  • MC-191501 – 1.14以前のリリースのワールドを1.16で開くと村人が消える。
1.16.1から
  • MC-191571 – 右から書く言語の各括弧が逆である。
  • MC-191579 – 右から書く言語の著書のGUIの書式設定が壊れている。
  • MC-191656 – 右から書く言語のクリエイティブ検索画面が期待通りに動作しない。
  • MC-192306 – 真紅のハーフブロックや歪んだハーフブロックの地図上の色が間違っている。
以前の開発版から
  • MC-193073 – ピグリンやピグリンブルートがゾンビピグリンに変わるとゲームがクラッシュする。
  • MC-193089 – 溶岩と水の中に同時にいるとMobがダメージを受けない。
  • MC-193125 – 「インベントリ」キーを使ってレシピ本に書き込めない。GUIに似ている(デフォルトはE)
  • MC-193659 – オウムがピグリンブルートのマネをしない

20w29a

20w29aは、2020年7月15日にリリースされたJava Edition 1.16.2の3番目のスナップショットである[3]。このスナップショットでは、スポーンコマンドの構文の変更やバグの修正が行われた。

追加要素

コマンド

/spawnpoint/setworldspawn
  • プレイヤーがリスポーンする際のデフォルトの方向を設定する引数angleを追加。
  • 構文:
    • /spawnpoint [<対象>] [<位置>] [<角度>]
    • /setworldspawn [<位置>] [<角度>]
      • angle:ヨー角の度数を浮動小数点で指定する。相対指定(~)修飾子が使用可能であり、コマンド実行者が向いている方向に設定される。

変更要素

Mob

ピリジャー
  • 何も装備していないピリジャーの攻撃時のアニメーションが変更された。
窒息
ヴィンディケーター
  • 何も装備していないヴィンディケーターの攻撃時のアニメーションが変更された。

ゲームプレイ

クリエイティブインベントリ
  • 道具素材に基づいて並べられるようになった。

全般

カスタムワールド生成
  • worldgen/noise_settings にノイズの設定を含められるようになった。

修正

20個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-153230 – スペクテイターモードのプレイヤーがトロッコを止められる
  • MC-158735 – クロスボウを手に持っていないピリジャーが、人によっては深いと思われる方法で腕を上げる
  • MC-166718 – ソウルサンド、耕地、草の道内でMobが窒息しない
  • MC-176778 – サーバーの待ち時間が長いため、ブロックが再表示されるとカメラがリセットされる。
  • MC-176836 – 装備していないヴィンディケーターが攻撃時に腕を上げて攻撃する。
1.16から
  • MC-185019 – ワールド生成設定でstructuresパラメーターが空の場合、全ての構造物が非常に頻繁に生成される。
  • MC-189788 – ボートに乗っている特定のMobがボートでの移動中に溺死ダメージを受ける事がある。
  • MC-190559 – 雨が降って溶岩の中にいる子ストライダーが死なない
  • MC-191031 – スペクテイターモードのプレイヤーがボートを押せる
  • MC-192021 – 最高設定で透明ブロックのエンチャントのきらめきの効果が正しく表示されない
1.16.1から
  • MC-191623 – エンダードラゴンの戦闘音が倒しても止まらない
Java Edition 1.16.2の開発版から
  • MC-193560 – 特定の状況下でエリトラのエンチャントのきらめきが描画されない
  • MC-193662 – クリエイティブでブロックの少し上を飛んでいるプレイヤーがそのブロックに拘束される
以前の開発版から
  • MC-194173 – グラフィック設定の描画優先と処理優先でアイテムや経験値を拾っている際に当たり判定がずれて描画される
  • MC-194200 – シラカバの森とシラカバの森の丘陵バイオームでシラカバの木が正しく生成されない
  • MC-194220 – 不死のトーテムが最大の耐火IではなくIIを与えている
  • MC-194257vanilla_worldgenの設定でsnowysnovyと誤表記されることがある
  • MC-194298 – 骨粉で花が生成されない
  • MC-194300 – ワールドを20w28aに更新すると、ピリジャーの前哨基地、村、砦の遺跡の構造物データが失われる。
  • MC-194464large_oak_foliage_placerblob_foliage_placerに正しくシリアライズされない

20w30a

20w30aは、2020年7月22日にリリースされたJava Edition 1.16.2の4番目のスナップショットである[4]。 このスナップショットでは、ランタンが水没するようになり、いくつかのバグが修正された。

変更要素

ブロック

ランタン魂のランタン
  • 水没できるようになった。
看板
  • 第三者製のツールを使って看板を再編集しても、既存の看板文字列に初期化されるようになった。

ワールド生成

砦の遺跡
  • チェストの中身が変更された。
    • 中身が全体的に改善された。希少品の割合が増加し、アイテムの量も増加。
    • 空欄ができないようになった。
    • 耐久値が減っているアイテムの平均耐久値が上昇。
    • 様々なルートテーブルにエンチャントされた金の斧金のニンジン鉄ブロックを追加。
    • ホグリンの小屋のチェストには、エンチャントされたダイヤモンドのツルハシが入っていることがある。
    • チェストから鉄塊を削除。
    • チェストに入っているエンチャントされていないダイヤモンドの防具は新品になった。
  • 砦跡にあるチェストはきらめくブラックストーンの上にある可能性が高くなった。

コマンドフォーマット

/summon
  • UUIDが重複しているエンティティを召喚しようとした場合のエラーを追加:「UUIDの重複によりエンティティを召喚できませんでした」。

ゲームプレイ

進捗
  • 空白の進捗画面の説明文の下にある":(" (advancements.sad_label)を変更できるようになった。
  • 「ビーコンを家に持ってくる」の説明文で、「Beacon」の大文字表記を「beacon」に変更。
  • 「この道をずっと行けば」の説明文で、「Compass」の大文字を「compass」に変更。
死亡メッセージ
  • 頭蓋骨に撃たれた死亡メッセージを「<プレイヤー>は<エンティティ>の頭蓋骨に撃たれた」から「<プレイヤー>は<エンティティ>から撃たれた頭蓋骨で死んだ」に変更。
リスポーン
  • ベッドリスポーンアンカーのリスポーン位置の選択方法を変更。
    • リスポーンアンカーが角よりも縦方向を優先するようになった。
    • ベッドがプレイヤーが入った側を優先し、ベッドの足元からベッドの頭までの空間を優先するようになった。
    • リスポーンしたプレイヤーは、リスポーンしたブロックの方を向くようになった。
    • 危険なブロックの上にブロックを置くことが可能な限り避けられるようになった。

全般

データパック
  • 一部のGUIテキスト文字列を変更。
    • データパックのエラーメッセージの2行目を「バニラデータパックのみで読み込んでみるか(安全モード)、タイトル画面に戻って手動で修正してみてください。」から「バニラデータパックだけで読み込んでみるか(安全モード)、タイトル画面に戻って手動で修正するか。」に変更。
    • 細かい文法的な変更が行われた。
      • 「このパックはMinecraftの新しいバージョン用に作られたもので、正しく動作しなくなった
可能性があります」を「このパックはMinecraftの新しいバージョン用に作られたもので、正しく動作しない

可能性があります」に変更。 (pack.incompatible.confirm.new)

      • 「Do you want to add following packs to Minecraft?」を「Do you want to add the
following packs to Minecraft?」に変更 (pack.dropConfirm)
言語の翻訳
  • 様々なテキスト文字列を大文字化。
  • さまざまなテキスト文字列の句読点を修正。
    • 最高設定の説明を変更:"最高設定! 最高設定グラフィックは、半透明のブロックや水の後ろに天気、雲やパーティクルを描画するスクリーンシェーダーを使用しています。[追記]携帯機器や4K表示の性能に深刻な影響を与える可能性があります。」を「最高設定! 最高設定グラフィックは、半透明のブロックや水の後ろに天気、雲
パーティクルを描画するスクリーンシェーダーを使用しています。[追記]携帯機器や4K表示の性能に深刻な影響を与える可能性があります。」に変更。
    • 描画優先の説明を変更:「描画優先グラフィックは大多数の騎手の性能と品質のバランスがとられています。[追記]半透明のブロックや水の後ろに天気、雲やパーティクルが表示されない場合があります」を「描画優先グラフィックは大多数の騎手の性能と品質のバランスがとられています。[追記]半透明のブロックや水の後ろに天気、雲

パーティクルが表示されない場合があります。」に変更

    • 「マルチプレイヤーは無効です、ランチャーの設定を確認して下さい」を「マルチプレイヤーは無効です

ランチャーの設定を確認して下さい」に変更。 (title.multiplayer.disabled)

    • 「ゲームモードの切り替えができません

許可されていません」を「ゲームモードの切り替えができません; 許可されていません」に変更。 (debug.creative_spectator.error)

    • 「ゲームモード切替画面を開けません

許可されていません」を「ゲームモードの切り替えができません; 許可されていません」に変更。 (debug.gamemodes.error)

    • 「再読み込みに失敗

旧データを保存します」を「再読み込みに失敗; 旧データを保存します」に変更。(commands.reload.failure)

  • マルチプレイヤーの警告メッセージの「Mojang」を「Mojang Studios」に変更。
  • 処理優先の説明文を「木の葉」ではなく「葉」と表記するよう変更。
レシピ本
  • 様々なテキスト文字列を大文字化。
    • 「Right Click for more」を「Right Click for More」に変更。
    • 「Showing all」を「Showing All」に変更。
    • 「Showing craftable」を「Showing Craftable」に変更。
    • 「Showing smeltable」を「Showing Smeltable」に変更。
    • 「Showing blastable」を「Showing Blastable」に変更。
    • 「Showing smokable」を「Showing Smokable」に変更。
字幕
  • 様々な字幕を大文字化。
    • 「Turtle shell thunks」を「Turtle Shell thunksに変更。 (subtitles.item.armor.equip_turtle)
タグ
  • "required": false.を使用して、入力項目を任意で印付けられるようになった。
    • 例えば、values: ["#minecraft:beds", "minecraft:stone"]は、タグ内のすべてのベッドを許可する。これはvalues: [{id: "#minecraft:beds", "required": true}, {id: "minecraft:stone", "required": true}]と書くこともできる。[要検証]"required"falseに設定すると、どちらかの項目が任意になる。

修正

27個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-35765 – ゲーム中に右から書く言語で表示されるテキストが、他の言語に設定されていると逆向きに表示され、切断される。
  • MC-57869 – 一部のアイテムツールチップが色付けに§を使用しているため、右から書く言語で正しく表示されない。
  • MC-116857 – 進捗の説明で一般的なリソース名に不必要な大文字が使われている。
  • MC-148447 – 村人が同時にドアを通ろうとすると動かなくなる。
  • MC-149060 – 村人がドアの開け閉めを「連打」する。
  • MC-153195 – Mobがエンチャントの重複したアイテムをドロップする事がある。
  • MC-181925 – 装備していないヴェックスが攻撃時に腕を上げて攻撃する。
1.16から
  • MC-187344 – 処理優先のツールチップの綴りが「木の葉」になっている
  • MC-187379pack.incompatible.confirm.newのテキストが分からない
  • MC-187380pack.dropConfirmの英語の翻訳文法が間違っている
  • MC-188389datapackFailure.titleで小さなエラーがいくつかある
  • MC-188390 – 4つの文字列にコンマの誤用がある
  • MC-188392 – 頭蓋骨に撃たれた死亡メッセージが全ての状況で文法的に正しくない
  • MC-188621 – Mojangの「プロダクションマネージャー」のクレジットが他のクレジットよりもインデントされている
  • MC-188880 – ニワトリに乗った子ゾンビピグリンの位置が正しくない
  • MC-189918 – マルチプレイヤーの広告が「Mojang Studio」ではなく「Mojang」を使用している
  • MC-190102 – 一部のUI文字列が一貫して大文字になっていない
  • MC-190288 – 最高設定と描画優先のツールチップにコンマがない
  • MC-191441 – 右から書く文字が下から上に描画されることがある
1.16.1から
  • MC-191562 – Realmsにワールドをアップロードする際に「キャンセル」ボタンが「完了」ボタンと重なっており、ワールドをアップロードできない
  • MC-192296 – スポナー付きトロッコから出現したスパイダージョッキーがjava.lang.IllegalStateException: エンティティが既に追跡されていますでクラッシュする
  • MC-193276 – プレイヤーがストライダーに乗っていると上にわずかに浮く
  • MC-193339 – パスワードなしでrconを有効にするとシャットダウン中にNullPointerExceptionが発生する。
Java Edition 1.16.2の開発版から
  • MC-194273 – ワールドを20w28a以上に更新すると、新しいネザーのバイオームのセーブデータが失われる
  • MC-194350 – 一部の機能設定がデータパックに読み込まれない(java.lang.IllegalArgumentException: 値が既に存在します: clh@77f95e19).
以前の開発版から
  • MC-195052/spawnpointコマンドのangle引数がminecraft:rotationパーサを使用していない
  • MC-195582 – コマンドで関数・アイテム・ブロックなどを指定する際にスラッシュの跡にコロンを二階入力するとゲームがクラッシュする

1.16.2 Pre-release 1

1.16.2 Pre-release 1(ランチャー上での名称は1.16.2-pre1となっている)は、2020年7月29日にリリースされたJava Edition 1.16.2の最初のプレリリースである[5]。このプレリリースでは、エフェクトに関連する2つの新しいオプションが追加され、を縦横好きなように配置できるようになり、バグも修正された。

追加要素

全般

フォント
  • 11種類の分数の字体が追加された:
字体 Unicode 名前
U+2150 VULGAR FRACTION ONE SEVENTH
U+2151 VULGAR FRACTION ONE NINTH
U+2155 VULGAR FRACTION ONE FIFTH
U+2156 VULGAR FRACTION TWO FIFTHS
U+2157 VULGAR FRACTION THREE FIFTHS
U+2158 VULGAR FRACTION FOUR FIFTHS
U+2159 VULGAR FRACTION ONE SIXTH
U+215A VULGAR FRACTION FIVE SIXTHS
U+2152 VULGAR FRACTION ONE TENTH
U+2189 VULGAR FRACTION ZERO THIRDS
U+215F FRACTION NUMERATOR ONE
  • ゲーム内のアイテムに関連する8つの絵文字が追加された:
字体 Unicode 名前 アイテム
🗡 U+1F5E1 DAGGER KNIFE
🏹 U+1F3F9 BOW AND ARROW
🪓 U+1FA93 AXE
🔱 U+1F531 TRIDENT EMBLEM トライデント
🎣 U+1F3A3 FISHING POLE AND FISH 釣竿
🧪 U+1F9EA TEST TUBE ポーション
U+2697 ALEMBIC スプラッシュポーション
🛡 U+1F6E1 SHIELD
  • その他3つの字体が追加された:
字体 Unicode 名前
U+2BEA STAR WITH LEFT HALF BLACK
U+2BEB STAR WITH RIGHT HALF BLACK
U+2C6D LATIN CAPITAL LETTER ALPHA
設定
  • 吐き気ネザーポータルの揺れなど、画面の揺れ効果に影響を与える新しい「歪み効果」の設定項目が追加された。
    • OFF(0%)から100%まで調節できる。
    • スライダーが下がるにつれ、緑色のオーバーレイが画面により強く表示される。
      • オプションメニューの内容とは異なり、設定を0%に設定しない限り吐き気の際の揺れは完全にはなくならない。
  • 新しい設定項目として、「FOVエフェクト」が追加された。

変更要素

ブロック

気泡柱
  • 予想通りに、発射体に影響を与えるようになった。
  • すべての向きで設置できるようになった。
真紅のと歪んだ根
  • 入手するためにはハサミが必要になった。
さまざまな非固体ブロック
  • 発射物をブロックしなくなった。

Mob

エンダーマン
  • 持っているブロックを岩盤の上に設置しなくなった。
    • これは、岩盤の天井にブロックを設置してMobがスポーンするのを防ぐためである。
ピグリン
ストライダー
  • 溶岩へつながる道を探そうとし、溶岩にとどまろうとするようになった。
ストライダージョッキー
村人
  • 違うディメンション間で移動すると、職業を失うようになった。

ゲームプレイ

ソウルスピード
  • ハーフブロックなどのフルブロック以外の場所で移動したり、ジャンプした際でも、効果が切れないようになった。

全般

カスタムディメンションカスタムワールド生成
  • データパックで他のリソースと同じフォルダーパターンを使用するようになった: namespace/<タイプ>/resource.json.
フォント
  • 一部のフォントがわずかに変更された。

修正

29個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-73884 – 投げられる発射物が非固体ブロックとの接触で破壊される。
  • MC-96007 – 矢、トライデント、発射物、スプラッシュポーション、残留ポーションをエンドポータル、エンドゲートウェイ、ネザーポータルの真上からテレポートできない
  • MC-102967 – シュルカーの弾がネザー・エンドポータルをテレポートできない
  • MC-125758 – 気泡柱が卵、雪玉、エンダーパール、スプラッシュポーション、残留ポーション、火の玉、シュルカーの弾に影響しない
  • MC-158987 – 村人がウィッチに変わっても襲撃が続く
  • MC-163767 – 村人ゾンビに変わった村人がトロッコから降車される
  • MC-167045 – インベントリの旗が暗く描画され過ぎる
  • MC-175334 – 職業ブロックが近くにあるほど、村人が仕事を得るのに時間がかかる
  • MC-185490 – リードが付けられた行商人のラマが分離されていると、サーバーパフォーマンス(TPS)の問題が発生する
1.16から
  • MC-170900 – ハサミやシルクタッチが無くても新しいネザー植物を拾える
  • MC-174469 – ソウルスピードがジャンプ時に機能しない
  • MC-174574 – ソウルサンドの上に同じような高さのハーフブロックやブロックが置かれている場合、ソウルスピードが機能しない
  • MC-176015 – プレイヤーが上に乗って、歪んだキノコ付きの棒で上を向くとストライダーが窒息する
  • MC-176034 – プレイヤーがストライダーの上を歩ける
  • MC-177651 – 溶岩の外は寒いにもかかわらず、ストライダーが溶岩の中に入ろうとしない
  • MC-178061 – チャット遅延設定がチャット設定にない
  • MC-182330 – クロスボウを振り回すピグリンが、透明なプレイヤーを追いかけようとすると奇妙なふるまいをする
  • MC-187398 – 鍛冶台と石切台のレシピを使用してもロックが解除されない
  • MC-187904 – ワールド作成時にデータパックでバニラディメンションの設定を置き換えられない
  • MC-189414 – 鍛冶台が出力アイテムの量を正しく計算しない
  • MC-189797 – ホグリン、ゾグリン、ピグリン、ピグリンブルーとが通常の範囲内の見えないエンティティを正しく攻撃しない
  • MC-191168 – トロッコに乗っている間にゾンビピグリンに変わったピグリンがブロックに沈むことがある
1.16.1から
  • MC-192032 – 村人が常にもっとも近い職業ブロックを主張しようとせず、存在しない職業ブロックや手の届かない職業ブロックに集中することがある
  • MC-193213 – プレイヤーや行商人にリードが正しく設置されていない
  • MC-195062 – 村に職業ブロックがある場合、村人が全員死んでいると襲撃が敗北に終わらないことがある
  • MC-195544 – ウィザースケルトンが乗っているガーディアンに乗っているMobを殺すとゲームがクラッシュする
以前の開発版から
  • MC-194263 – 大きなエンドシティが正しく生成されず、切断される
  • MC-194299 – テンプレートプールがデータパック経由の読み込みに失敗する
  • MC-194845 – 亜空間バブルの進捗が7kmの距離で完了できない

1.16.2 Pre-release 2

1.16.2 Pre-release 2(ランチャー上での名称は1.16.2-pre2となっている)は、2020年8月5日にリリースされたJava Edition 1.16.2の2番目のプレリリースである[6]。このプレリリースでは、ディメンション間のテレポートの結果が変更され、根を手で破壊できるようになり、バグも修正された。

変更要素

ブロック

  • ハサミを使わなくても再び回収できるようになった。
ネザーの植物
  • 発火しなくなった。

アイテム

フグ
  • 食べた際に、吐き気 II の代わりに吐き気 I の効果が付与されるようになった。
    • 吐き気は、レベルによって効果が変わらないためゲーム内で表記以外の変化はない。

コマンドフォーマット

/execute
  • /execute in 相対座標とローカル座標の寸法スケーリングが考慮されるようになった。コマンドの実行位置(X/Z座標のみ)は、オーバーワールドからネザーに移動するときに8で除算され、逆の場合は8で乗算される。
    • チルダの後に値が追加される場合、その値は新しいスケーリングされた位置が計算された後にのみ追加される。たとえば、~5は、最初にプレイヤーの現在の位置をスケーリングし(オーバーワールドに移動するときに8で乗算するか、ネザーに移動するときに8で除算して)、その出力値に5を加算する。
    • 例えば、オーバーワールドの(16,64,16)の位置にいるプレイヤーがコマンド/execute in minecraft:the_nether run tp ~ ~ ~を実行すると、プレイヤーはネザー内の(2,64,2)の位置にテレポートする。
      • 相対的に、ネザーの(2,64,2)の位置にいるプレイヤーがコマンド/execute in minecraft:overworld run tp ~ ~ ~を実行すると、プレイヤーはオーバーワールド内の(16,64,16)の位置にテレポートする。
      • オーバーワールドの(80,64,80)の位置にいるプレイヤーがコマンド/execute in minecraft:the_nether run tp ~ ~ ~5を実行すると、プレイヤーはネザー内の(10,64,15)の位置にテレポートする。
      • オーバーワールドの(16,64,16)の位置にいるプレイヤーがコマンド/execute in minecraft:the_nether run tp 16 64 16を実行すると、プレイヤーはネザー内の(16,64,16)の位置にテレポートする。
    • このバージョンより前では、コマンド/execute in <対象ディメンション> position as @s run tp @s ~ ~ ~で実行できる。
    • カスタムディメンションでも適用される。

全般

カスタムディメンションタイプ
  •  shrunk coordinate_scaleに置き換えられた。
    •  coordinate_scaleminecraft:overworldの場合は1.0、minecraft:the_netherの場合は8.0なので、 オーバーワールドに対する上記の/execute inコマンドは、実際は実行位置の座標(X/Z座標のみ)に8.0/1.0を乗算する。 (逆の場合は1.0/8.0)。つまりは8を乗算することになる(逆の場合は0.125)。
    • 2つのカスタムディメンションcustom:aがあり、coordinate_scaleが2.33に設定され、custom:bが3.14に設定されている場合、/execute inコマンドを実行してcustom:aに移動すると実行位置の座標(X/Z座標のみ)が乗算される。この場合は3.14/2.33が乗算される(逆の場合は2.33/3.14)。

修正

27個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-69876 – Y=1ではピストンが下に伸びず、Y=254ではピストンが上に伸びない
  • MC-124320 – エンダーマンが雪のない雪の草ブロックを拾って設置できる
  • MC-130558 – ゲームルールdoEntityDropsがfalseに設定されている場合、額縁を空にできない
  • MC-134084 – ゲームルールsendCommandFeedbackが無効に設定されている場合、/msg/tellが送信者にメッセージを表示しない
  • MC-136553 – クリエイティブインベントリの染料が逆順になっている
  • MC-152037 – パワードレール、アクティベーターレール、ディテクターレールが、設置できないブロックの上で押されたり引っ張られたりすると削除される
  • MC-169203 – 傾斜したレッドストーンタイプのレールが、隣接するブロックのない場所にピストンで押されてもアイテムをドロップしない
  • MC-177684 – クリエイティブインベントリの染料の中にカカオ豆、骨粉、ラピスラズリが設置されている。
  • MC-196473 – フグが吐き気Ⅰの最大値ではなく吐き気Ⅱを与える
1.16から
  • MC-176491 – ナイリウムが溶岩からランダムに引火し、無限に燃える
  • MC-187357floating_islandscavesプリセットで要塞が生成されない
  • MC-189736 – プレディケート内のdistanceが機能しない
  • MC-190552 – デモモードで起動時に位置とインベントリがリセットされる
  • MC-190859floating_islandscavesのビュッフェワールドで要塞が生成されず、1.16に更新してもエンダーアイが以前に生成された要塞を見つけない
1.16.1から
  • MC-192136 – 溶岩ダメージが以前のバージョンと異なる動作をする
  • MC-192236 – エンダーマンが床の額縁の上にブロックを置く
  • MC-192371 – チャンク読込時に同じブロック空間内の絵画がアイテム化する
  • MC-192845 – 1.16のブロックイベントの遅延が過大
  • MC-195851 – 物々交換中にヘルメットの帽子のレイヤーがピグリンの頭から外れる
  • MC-196245 – ゾンビやその亜種が近くにいる場合、帯電クリーパーが頭蓋骨を落とさないときがある
Java Edition 1.16.2の開発版から
  • MC-194867 – トロッコがネザーポータルの反対側から出てきて、オーバーワールドに戻ってくるときに勢いを失う
  • MC-194953 – カスタムバイオームをプレディケートに使用できない
  • MC-195803 – Mobの統計情報が逆にフォーマットされている「<数字>があなたを<Mob>会殺しました」
以前の開発版から
  • MC-196441 – 石切台と鍛冶台のレシピが、複数のスタックをクラフトした後では与えられない
  • MC-196469F1で吐き気の緑の色合いが非表示になる
  • MC-196653 – 同じdimension_type文字列を参照する複数のデータパックディメンションを作成すると、「未登録のディメンションです」というクラッシュが発生する
  • MC-196743 – オーバーワールドでカスタム及び修正されたバイオームが機能しない

1.16.2 Pre-release 3

1.16.2 Pre-release 3(ランチャー上での名称は1.16.2-pre3となっている)は、2020年8月6日にリリースされたJava Edition 1.16.2の3番目のプレリリースである[7]。このプレリリースでは、バグが修正された。

変更要素

Mob

オオカミ
  • 暗い場所でも正しく描画されるようになった。

修正

12個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-105248 – 濡れたオオカミが、暗い場所にいるとほぼ黒くなる。
  • MC-107529Marker:1b防具立てが固体ブロック内にある場合、自分自身とその装備が暗くなる。
  • MC-167756 – 光の影響を直接受けていない場合、オオカミが暗く描画される。
1.16から
  • MC-191388 – コンソールで、"No key position_predicate in MapLike"というプロンプトが繰り返し表示される。
1.16.1から
  • MC-197049 – 再読み込み後に保留中のメッセージが保存されるが、通常のメッセージは保存されない。
  • MC-197053F3+Dを押すと、保留中の行のメッセージはクリアされるが、保留中のメッセージはクリアされない。
Java Edition 1.16.2の開発版から
  • MC-196534 – ゲームがカスタムディメンションタイプを認識すない: java.lang.IllegalStateException: Unregistered dimension type
  • MC-197242 – カスタムマルチノイズディメンションでのクラッシュ: java.lang.IllegalStateException: Unregistered dimension type: cha@90d4173
以前の開発版から
  • MC-197122 – デバッグモードのワールドに入った後、ゲームがクラッシュする。
  • MC-197152 – ピストン構造の一部がゴーストブロックを生成してしまう。
  • MC-197218 – ピストンアームが収縮する際に、同時に2つあるように見える。
  • MC-197223 – バイオームが定義されていない、または設定ファイルに問題がないカスタムワールドを作成または入ろうとすると、ゲームがクラッシュする。

注釈・脚注

  1. "Minecraft Snapshot 20w27a" – Minecraft.net、2020年7月1日
  2. "Minecraft Snapshot 20w28a" – Minecraft.net、2020年7月8日
  3. "Minecraft Snapshot 20w29a" – Minecraft.net、2020年7月15日
  4. "Minecraft Snapshot 20w30a" – Minecraft.net、2020年7月22日
  5. 「Minecraft 1.16.2 Pre-Release 1」 –Minecraft.net、2020年7月29日
  6. 「Minecraft 1.16.2 Pre-Release 2」 –Minecraft.net、2020年8月5日
  7. 「Minecraft 1.16.2 Pre-Release 3」 –Minecraft.net、2020年8月6日