ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

Java Edition 1.15.2 Pre-release 2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 1.15.2 Pre-release 2
1.15.2-pre1.jpg
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2020年1月16日

親バージョン

1.15.2

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

577

データバージョン

2229

1.15.2 Pre-release 2ランチャー上での名称は1.15.2-pre2となっている)は、2020年1月16日にリリースされたJava Edition 1.15.2の2番目のプレリリースである。[1]

修正[編集 | ソースを編集]

6個のバグを修正
1.15.2の開発版から
  • MC-169825 – シングルプレイヤーワールドから切断すると画面のタイトルに“Multiplayer (3rd-party)”と表示される。
  • MC-169839 – 低レベルの効果が無効になる特定のポーション効果の効果時間が終了しても削除されない。
  • MC-169840 – レベルⅠのポーションをレベルⅡビーコンの下で飲んで放置すると効果が失われる。
  • MC-169848 – 植えられた木からミツバチの巣を作成しようとするとクラッシュする。
  • MC-169886 – 1.15.2 pre-release 1で旧世界が保護されない。
  • MC-169930 – 同じポーション効果をⅢ以上のレベルで同時に付与されると低いレベルの一つだけが記憶される。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 最初のプレリリースとは異なり、このバージョン名にはゲーム内で小文字の「r」が付いている。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft 1.15.2 Pre-Release 2」 –Minecraft.net、2020年1月16日