Java Edition 1.14.3/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページは、Java Edition 1.14.3の開発版をまとめた一覧である。

1.14.3 Pre-Release 1

1.14.3 Pre-Release 1(ランチャー上での名称は1.14.3-pre1となっている)は、2019年6月3日にリリースされた、Java Edition 1.14.3の最初のプレリリースである[1]。このアップデートでは、村人への小規模な変更と、1.14.2では修正しきれなかったバグの修正が行われた。

変更要素

全般

パフォーマンス
  • パフォーマンスが改善された。

Mob

村人
  • 村人がパニックに陥る(ダメージを受けて走り回るなど)ことで、アイアンゴーレムのスポーンする可能性が上昇するようになった。
  • 農民が農作業に費やす時間が長くなった。
  • 農民が、食料を必要としていない村人にもそれらを配るようになった。

修正

36個のバグを修正
1.14以前にリリースされたバージョンから
  • MC-74407 – Villager inventories can get into a state where villagers cannot do anything useful
  • MC-123836 – Double blocks are not loaded in structures
  • MC-135001 – Beds drop as an item when loaded in a structure
1.14から
  • MC-138053/gamerule spectatorsGenerateChunks being false prevents chunks from being loaded
  • MC-143369 – Wandering trader text implies trades refresh
  • MC-144507 – The legs on cats clip through to the top of the model
  • MC-145863 – Villagers breed even if there are not enough beds
  • MC-146429 – Farmer villagers stumble between farming and using their composters
  • MC-146835 – Illager captain spawned from raids will still give the bad omen effect to its killer, causing raids to never end
  • MC-147740 – Villagers sometimes don't restock
  • MC-147851 – Villagers frequently run right into mobs they are trying to avoid
  • MC-148013 – Farmer villager behavior too lazy / not farming at all
  • MC-148610 – Hostile mobs spawning on top of trapdoors, glowstone and sea lanterns
  • MC-149372 – Game crashes when opening a 1.13.2 world
  • MC-149443 – Iron golems spawn too often
  • MC-150319 – Crash after using /kill
  • MC-151079 – An employed villager quickly becomes unemployed and employed when he works, even if its workstation has not been deleted.
  • MC-151084 – Chunk rendering is slow and random
  • MC-151144 – Hostile mobs in lazy chunks no longer count towards mob cap, breaking mob switches
  • MC-151185 – Game crash after breaking villager point of interest
  • MC-151337 – Mob spawn rate too high
  • MC-151346 – Crash while F3 menu tries to access tags while /reload-ing
  • MC-151395 – Farmers create bread only when they pick up at least 3 wheat at once
1.14.1から
  • MC-151225 – Upgrading worlds from 1.14 causes villagers to lose their brain memories
  • MC-151753 – More than one raid can happen in a village
  • MC-151771 – Villagers do not try to run away from zombie villagers
  • MC-151772 – Mob cap in the hundreds to over 1000 per player.
  • MC-151802 – Spawning causes massive TPS CPU load on a flat world.
  • MC-151995 – Patrol leaders spawn without banner
  • MC-152044 – Baby trader llamas disappear immediately
1.14.2から
  • MC-152053 – High client-side lag when pistons activate
  • MC-152228 – Can not /summon trader llama
  • MC-152542 – Resource warning "Codepoint '1ed0' declared multiple times in minecraft:textures/font/accented.png"
  • MC-152810 – Cat's natural spawning causes null pointer exception
  • MC-153222 – Broken/incorrect recipe files cause a data pack not to load with nothing in log
  • MC-153355java.util.NoSuchElementException ticking entity crash when a workstation is destroyed near a villager with a job

1.14.3 Pre-Release 2

1.14.3 Pre-Release 2(ランチャー上での名称は1.14.3-pre2となっている)は、2019年6月7日にリリースされた、Java Edition 1.14.3の2番目のプレリリースである[2]。このアップデートでは、略奪隊とパニック時の村人の振る舞いの仕様変更、およびいくつかのバグ修正が行われた。

変更要素

Mob

村人
  • パニック状態に陥った村人は、仕事と睡眠が必要になったため、常にパニック状態に陥ることが無くなりました。
  • 村人の「最後に眠った」および「最後に働いた」プロパティが適切に保存されるようになりました。

ゲームプレイ

進捗
  • 満腹は「どうやってここまで?」の実績には不要になった。
エンチャント
略奪隊
  • ヴィンディケーターが略奪隊として出現しなくなった。
  • スポーンのまでの最小時間が5分から10分になった。[要検証]
  • 略奪隊は敵対モブのスポーン条件に従います。
    • ブロックの明度が普通モンスターのスポーンする明度より低い場合、略奪隊はスポーンしなくなった。
    • 略奪隊は、マッシュルームバイオームを除くすべてのバイオームにスポーンできるようになった。

修正

24個のバグを修正
1.14以前にリリースされたバージョンから
  • MC-72390 – Rconがスレッドセーフでない
  • MC-124170 – パーティクルが遅延を引き起こすパフォーマンスの問題
  • MC-129491 – 1.9以降で追加された構造に対して、進捗位置トリガーがちゃんと機能しない
1.14から
  • MC-139257 – ワールド境界が変更されるとリロード時にサーバーがクラッシュする
  • MC-141301 – ハーフブロック、カーペット、階段など、Mobがスポーンしないブロックに奪略隊がスポーンする
  • MC-142360 – 奪略隊の際に木の上の葉の中にピリジャーがスポーンする
  • MC-144107 – Linuxのウィンドウモードでのカメラ位置の誤り
  • MC-144929 – 水源の上に水がある場合、水源に隣接するほかの水源が外側に流れる
  • MC-146433 – ラージチェストにカスタム名が表示されない
  • MC-148354 – ガーディアンがスポナーからスポーンする際に水が必要である
  • MC-148600 – ゾンビピッグマンが怒りを永遠に広げることがある
  • MC-148986 – レベル30の標準エンチャントの低層エンチャントのセットアップ
  • MC-149207 – 上にブロックがある水が理由なく水流に変換される
  • MC-149877 – ブロックの下でジャンプした子キツネが窒息する
  • MC-150401 – ブロックの下でジャンプしたニワトリが窒息する
  • MC-150954 – 奪略隊のスポーンがオフになっている:たがいに近づきすぎている、変なバイオームで、頻繁過ぎる
1.14.1から
  • MC-151566 – 奪略隊がワールド境界の外に出現することがある
  • MC-151989 – イルカがプレーヤーの方へ行けない場合、サバイバルのプレーヤーにイルカの好意の効果が付与されない
  • MC-152638 – 村人に大きな変化が起きても、村人取引GUIが閉じず、自由に取引でき素早くインベントリが更新する事に繋がる
1.14.2から
  • MC-152182 – 取引ホールを実行できない:雇用された村人が2ブロック以内で既存のワークベンチから結合を解除することがある。見習いランク以上は96ブロック移動しない限り再結合できない
  • MC-153221 – ドラゴンの火の玉によりFPSがクラッシュする
以前の開発版から
  • MC-153714 – 最近のハードウェアにもかかわらず、Macで古いグラフィックカードの警告が表示される
  • MC-153730 – 新しいデータパックが多すぎると/reloadが機能しない
  • MC-153734 – ワールドを1.14.3に更新した後、バニラデータパックが無効になる(アイテムが落下しない、釣りが機能しない、進捗がないなど)

1.14.3 Pre-Release 3

1.14.3 Pre-Release 3(ランチャー上での名称は1.14.3-pre3となっている)は、2019年6月14日にリリースされた、Java Edition 1.14.3の3番目のプレリリースである[3]。このアップデートでは、いくつかのブロックの設置規則の変更と、バグの修正が行われた。

追加要素

全般

言語
  • バシキール語(Башҡортса)を追加
  • ゴシック語(Gutrazda)を追加

コマンドフォーマット

ゲームルール
  • trueに設定すると襲撃が無効になる/gamerule disableRaidsを追加
    • trueの場合、村に入る際に不吉な予感がプレーヤーから削除されない
    • 襲撃の進行中にtrueに設定すると、襲撃は停止するが、既存の襲撃Mobは消滅しない

変更要素

ブロック

ランタン
  • 鉄格子板ガラスの上に設置できるようになった。
  • 鉄格子と板ガラスの下に設置できるようになった。
感圧板および松明

アイテム

全般
  • アイテム同士をクラフトすることで修復できるようになった

修正

14個のバグを修正
1.14以前にリリースされたバージョンから
  • MC-47699 – ブレイズがブロック越しにプレーヤーを見れる
  • MC-93892 – 火のついた矢と火の玉を盾で防御してもプレーヤーに火が付く
  • MC-110004 – エンダーマンとブレイズがスプラッシュ・残留ポーションで攻撃された際に経験値を落とさない
  • MC-131122 – 鉄格子やガラス板の上に松明を設置できない
1.14から
  • MC-147619 – プレイヤーを信頼するオオカミが、オオカミや他のプレイヤーが追いかけることに怒っている他のプレイヤーを避ける
  • MC-149518 – ブロックの下まで日光が届く
1.14.1から
  • MC-151710 – 強制的に読み込まれたチャンクでエンティティが機能しない
1.14.2から
  • MC-153470 – 言語マップが読み取り後に内部en_us.jsonファイルを閉じない
  • MC-154000 – ディスペンサーがシュルカーボックスを配置するとスタックが½減少する
  • MC-154080 – 無限に取引が可能なディメンションに変更しても行商人の取引GUIが閉じない
  • MC-154081 – ワールドを開くときにサバイバルインベントリを開くとゲームがクラッシュする
  • MC-154328 – ゾンビの包囲が起こらない
以前の開発版から
  • MC-154092 – ゾンビピッグマンが攻撃範囲内におり、視線に入っていても攻撃しない
非公開のバグ
  • MC-154239 – Mobのスポーンエッグでスポーンされたペイントエンティティが保存されるとNPEサーバーがクラッシュする

1.14.3 Pre-Release 4

1.14.3 Pre-Release 4(ランチャー上での名称は1.14.3-pre4となっている)は、2019年6月19日にリリースされた、Java Edition 1.14.3の4番目のプレリリースである[4]。このプレリリースでは、バグの修正が行われた。

修正

6個のバグを修正
1.14から
  • MC-99198 – 村人が繁殖にビートルートを使用することができない
  • MC-145202 – ブレイズが見ることができないはずのブロックの向こう側を見ることができる
Java Edition 1.14.3の開発版から
  • MC-154082 – ワールドの境界をエンティティが通り抜けられる
以前の開発版から
  • MC-154499 – ワールド内の額縁が消失し、サーバーコンソールに複数のエラーメッセージが表示される。また、額縁を設置するとクライアントがクラッシュする
  • MC-154506 – 敵対的になったゾンビピッグマンを他のゾンビピッグマンが見てもプレイヤーに対して敵対的にならない
  • MC-154602 – End cities being generated causes the game to crash.

注釈・脚注

  1. 「Minecraft 1.14.3 Pre-Release 1」 –Minecraft.net、2019年6月3日
  2. 「Minecraft 1.14.3 Pre-Release 2」 –Minecraft.net、2019年6月7日
  3. 「Minecraft 1.14.3 Pre-Release 3」 –Minecraft.net、2019年6月14日
  4. 「Minecraft 1.14.3 Pre-Release 4」 –Minecraft.net、2019年6月19日