Java Edition 1.13.2/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページは、Java Edition 1.13.2の開発版をまとめた一覧である。

1.13.2-pre1

1.13.2-pre1[1] は、1.13.2 の最初のプレリリースである。

変更要素

全般

  • ワールドを更新する際のパフォーマンスが改善された
  • 起動時間が向上した
  • カメの経路探索のパフォーマンスが改善された
  • Mob のスポーンのパフォーマンスが改善された
  • その他の全体的なパフォーマンスが改善された

修正

2個のバグを修正
Java Edition 1.13.2以前にリリースされたバージョンから
  • MC-91621 – Y 座標が高いところで Mob が連続してデスポーンとリスポーンを繰り返す(ラグを発生させる)
  • MC-134115 – ワールドを更新した際に、チャンクの境界に設置したコンテナの中身が消える

1.13.2-pre2

1.13.2-pre2[2] は、1.13.2 の2番目のプレリリースである。このプレリリースでは、いくつかのバグ修正が行われた。

修正

7個のバグを修正
Java Edition 1.13.2以前にリリースされたバージョンから
  • MC-135453 – ブロックエンティティの描画中にクラッシュする
  • MC-136526 – 高度限界付近でワールド生成を行うとクラッシュする
  • MC-136888 – 骨粉を持ってシュルカーボックスを Shift キーを押しながら右クリックするとゲームがクラッシュする
  • MC-137229 – 1.8 のワールドを 1.13 で読み込んだ際に本が破損する
以前の開発版から
  • MC-137300 – ワールドを更新する際に ConcurrentModificationException 例外が発生する
  • MC-137331 – 敵対および中立的 Mob は Z 座標が正の場所でほとんどスポーンしない
非公開のバグ
  • MC-136759 – 非公開のセキュリティについての問題

脚注

  1. 「Minecraft Java Edition 1.13.2」 – Minecraft.net、2018年10月16日
  2. 「Minecraft Java Edition 1.13.2」 – Minecraft.net、2018年10月16日