Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

Java Edition 1.13.2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.13.2
1.13.2-pre1.png
Release 1.13.2.png
エディション

Java Edition

リリース日

2018年10月22日

開発版

すべて表示

ダウンロード

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

404

データバージョン

1631

1.13.2の他の
エディション

1.13.2 は、2018年10月22日にリリースされた Java Edition のアップデートである[1]。このバージョンでは、いくつかのパフォーマンスの改善と、1.13.1 で残されていたバグの修正が行われた。また、1.13.1 のサーバーとは互換性がない。

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 以下のパフォーマンスが改善された
    • ワールドを更新する際のパフォーマンス
    • カメの経路探索
    • Mob のスポーン
    • その他の全体的なパフォーマンス
  • 起動時間が向上した

修正[編集 | ソースを編集]

22個のバグを修正
1.13.2以前にリリースされたバージョンから
  • MC-91621 – Y 座標が高いところで Mob が連続してデスポーンとリスポーンを繰り返すことで、ラグが発生する
  • MC-92019 – プレイヤーが真下を向いていると盾のブロックが発動しない
  • MC-97249 – スーパーフラットのカスタマイズ画面でのプリセットコードがリセットされず、テキストが左に追いやられる
  • MC-107933 – シュルカーボックスがマップに表示されない
  • MC-122869 – トロッコの挙動が 17w48a と異なる
  • MC-126810 – 額縁に設置された地図でプレイヤーマーカーが表示されない
  • MC-130741Alt+Tab ↹ を押すと、クリエイティブインベントリのスクロール位置がリセットされる
  • MC-130893 – 雪の層がマップに表示されない
  • MC-132284 – 構造物ファイルの読み込み時の更新が遅い
  • MC-133292 – 洞窟グモが水中での窒息ダメージを受けない
  • MC-134115 – ワールドを更新した際に、チャンクの境界に設置したコンテナの中身が消える
  • MC-134436 – サーバーを 1.13 に更新後、ブロック選択(マウス中央クリック)が機能しない
  • MC-134476 – sounds.json の記述ミスにより、1.13 の字幕がほとんどすべて表示されない
  • MC-134506 – Realm 上でプレイヤーが動いている時でしか Mob がスポーンしない
  • MC-134696 – タラの AI のパフォーマンスの問題
  • MC-134969 – 1.13 での Mob のスポーンレートの問題
  • MC-135130 – 描画距離によるラグ
  • MC-136526 – 高度限界付近でワールド生成を行うとクラッシュする
  • MC-136888 – 骨粉を持ってシュルカーボックスを ⇧ Shift を押しながら右クリックするとゲームがクラッシュする
  • MC-137034 – ワールドの最適化によりチャンクが消失する
  • MC-137229 – 1.8 のワールドを 1.13 で読み込んだ際に本の内容が破損する
非公開のバグ
  • MC-136759 – 非公開のセキュリティについての問題


脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Java Edition 1.13.2」 –Minecraft.net、2018年10月22日