Java Edition 1.13.2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.13.2
1.13.2-pre1.png
Release 1.13.2.png
エディション

Java Edition

リリース日

2018年10月22日

開発版

すべて表示

ダウンロード

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

404

データバージョン

1631

1.13.2の他の
エディション

1.13.2 は、2018年10月22日にリリースされた Java Edition のアップデートである[1]。このバージョンでは、いくつかのパフォーマンスの改善と、1.13.1 で残されていたバグの修正が行われた。また、1.13.1 のサーバーとは互換性がない。

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 以下のパフォーマンスが改善された
    • ワールドを更新する際のパフォーマンス
    • カメの経路探索
    • Mob のスポーン
    • その他の全体的なパフォーマンス
  • 起動時間が向上した

修正[編集 | ソースを編集]

22個のバグを修正
1.13.2以前にリリースされたバージョンから
  • MC-91621 – Y 座標が高いところで Mob が連続してデスポーンとリスポーンを繰り返すことで、ラグが発生する
  • MC-92019 – プレイヤーが真下を向いていると盾のブロックが発動しない
  • MC-97249 – スーパーフラットのカスタマイズ画面でのプリセットコードがリセットされず、テキストが左に追いやられる
  • MC-107933 – シュルカーボックスがマップに表示されない
  • MC-122869 – トロッコの挙動が 17w48a と異なる
  • MC-126810 – 額縁に設置された地図でプレイヤーマーカーが表示されない
  • MC-130741Alt+Tab ↹ を押すと、クリエイティブインベントリのスクロール位置がリセットされる
  • MC-130893 – 雪の層がマップに表示されない
  • MC-132284 – 構造物ファイルの読み込み時の更新が遅い
  • MC-133292 – 洞窟グモが水中での窒息ダメージを受けない
  • MC-134115 – ワールドを更新した際に、チャンクの境界に設置したコンテナの中身が消える
  • MC-134436 – サーバーを 1.13 に更新後、ブロック選択(マウス中央クリック)が機能しない
  • MC-134476 – sounds.json の記述ミスにより、1.13 の字幕がほとんどすべて表示されない
  • MC-134506 – Realm 上でプレイヤーが動いている時でしか Mob がスポーンしない
  • MC-134696 – タラの AI のパフォーマンスの問題
  • MC-134969 – 1.13 での Mob のスポーンレートの問題
  • MC-135130 – 描画距離によるラグ
  • MC-136526 – 高度限界付近でワールド生成を行うとクラッシュする
  • MC-136888 – 骨粉を持ってシュルカーボックスを ⇧ Shift を押しながら右クリックするとゲームがクラッシュする
  • MC-137034 – ワールドの最適化によりチャンクが消失する
  • MC-137229 – 1.8 のワールドを 1.13 で読み込んだ際に本の内容が破損する
非公開のバグ
  • MC-136759 – 非公開のセキュリティについての問題


脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Java Edition 1.13.2」 –Minecraft.net、2018年10月22日