Java Edition 1.13.1/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページは、Java Edition 1.13.1の開発版をまとめた一覧である。

18w30a

18w30a[1] は、1.13.1の最初のスナップショットである。このスナップショットでは、多くのバグ修正が行われた。

追加要素

ワールド一覧
  • ワールド一覧に検索バーが追加された
ブロック
  • TNTunstable プロパティが追加され、破壊してすぐに爆発させられるようになった(1.12での explode の代わりである)
デバッグ画面
  • 通常のクラッシュの代わりに JVM をクラッシュさせる Ctrl+F3+C が追加された。ただし、現在のところ右 Ctrl キーでのみショートカットが有効になる[2]

修正

50個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-33383 – シングルプレーヤーでF2を使用してスクリーンショットを撮る際のラグ
  • MC-59517 – ブロック状態がexplode=trueのTNTをサバイバルで叩いて着火させるとTNTのアイテムがドロップする
  • MC-84005 – オフハンドの本と羽根ペンを編集しても変更が保存されない
  • MC-88099 – AIタグが付いていないスライム・マグマキューブがプレーヤーにダメージを与える事がある
  • MC-88356 – 三人称でのオフハンドの弓のアニメーションが壊れている
  • MC-119971 – 古いチャンクの読み込みによって引き起こされるチャンク境界での様々な複製・削除・データ破損 - エンティティ・モブ、ホッパー内のアイテム、ピストンによって移動されるブロックなどの複製・削除など
  • MC-124942 – 「無効な本タグ」が翻訳されていない
1.13から
  • MC-122563 – 古い「叩ける」TNTが無くなっている
  • MC-122625 – 1.12.2から1.13に更新して以降、北向き及び東向きのラージチェストのコンテンツの順序が変更されている
  • MC-123806 – Tab補完・コマンド補完が最後の引数に対してのみ機能する
  • MC-124543 – コンテナブロックのCustomNamesのJSONテキスト形式が機能しない
  • MC-124681 – Tab補完がエンティティセレクタの2番目の閉じ各括弧を誤って補完する
  • MC-124690/bossbar set playersが成功してもチャットで成功メッセージが表示されない
  • MC-124808 – 支えているブロックがピストンで動かされてもブロックがアイテム化しない
  • MC-124917 – 閉じかっこを追加してもセレクターの補完候補が消えない
  • MC-125134 – 新しいチャンク生成中のサーバーのクラッシュ – java.util.concurrent.ExecutionException:領域の境界の外のチャンクを要求している
  • MC-125286 – ブロック状態の補完の最初のキーに'='がない
  • MC-129754 – 溶岩を置くと全てがフリーズし、終了するとゲームがクラッシュする
  • MC-131029 – 村人のドアの検出範囲が変更されている
  • MC-131462 – 座標の数式エラーにより、構造が生成されず、場合によってはその他の問題が発生する
  • MC-131678 – Setblockプロパティ - ブロック・setblockプロパティ - エラーメッセージで値が逆になっている
  • MC-131868 – 水が置かれたブロックの隣のコンクリートパウダーがコンクリートに変換されない
  • MC-132663 – マルチプレーヤーで256文字を超える特定のコマンドを入力するとコマンドブロックがプレーヤーをキックする
  • MC-132664 – 難読化されたテキストが、各入力文字に対してフレームごとに同じランダムな文字を使用する
  • MC-132703 – アイアンゴーレムが村の中心にスポーンしない
  • MC-132898 – 落下重力ブロックの複数の層が壊れる
  • MC-133251 – 呪いの魔法のテキストが赤くない
  • MC-133260 – 難読化されたテキストの文字セットが単純なASCIIに限定されている
  • MC-133345 – 一部の太字の難読化された文字が原因で文字が揺れる
  • MC-133452 – コピー、貼り付けなどをしても「c」「v」などが入力される
  • MC-133587 – サーバーのフォーマットエラーの削除
  • MC-133715 – 投げたトライデントがリスポーン後に拾えない
  • MC-133839 – ワールド境界にテレポートするとクラッシュする
  • MC-133871 – 水が置かれたトラップドアが開いた際に適切に更新されない
  • MC-133894 – ドラウンドがゾンビの時に拾ったアイテムをドロップせず、変換される
  • MC-133905 – オークの巨木が原木の土の下にブロックをつくらずに生成する
  • MC-133942 – 1.13リリースがワールドをバックアップするときにスナップショットと呼ばれている
  • MC-133959 – タイトル画面で「Copyright Mojang AB」をクリックしてもクレジットが表示されない
  • MC-133986 – 場所のパスの文字[a-z0-9/. _ -]がない:minecraft:EntityHorse
  • MC-133995 – 1.12.2から1.13にワールドを転送できない
  • MC-134115 – チャンク境界の隣のコンテナのアイテムが更新時になくなる可能性がある
  • MC-134166 – 村人のドアの検出順序が変更された
  • MC-134297 – 1.13の後半でオブザーバーが移動ブロックを検出する
  • MC-134298 – オブザーバーが粘着ピストンの伸縮を検出しない
  • MC-134300 – ピストンが他のピストンを引き込む際の更新順序の矛盾
  • MC-134348 – 更新中のクラッシュ: bkv{block=Block{minecraft:acacia_slab}, properties=[type, waterlogged]}にはプロパティがない: half.
  • MC-134414 – 海草の上にコンクリートパウダーが落ちても海草を置き換えるだけでパウダーのまま
  • MC-134468 – 地図の複製レシピで必ず2枚しか作成できない
  • MC-134555 – 粘着ピストンが落下ブロックを更新しない
  • MC-134570 – 新バージョンに更新した際、ドア上部が消える

18w30b

18w30b は、1.13.1の2番目のスナップショットである。このスナップショットでは、多くのバグ修正が行われた。[3]

修正

30個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-3927 – アイアンゴーレムがハーフブロック、ガラス、耕地、草の道にスポーンする
  • MC-74764 – パーティクル"largeexplode", "hugeexplosion" "sweepattack"が正面図(F5二回)の時に表示されない
  • MC-75465 – GUIが非表示の場合、Vignette効果の可視性が明るさレベルに応じて更新されない
  • MC-76615/summonで召喚された雷がxは+方向に0.5、zは+方向に0.5ずれている
  • MC-78963 – 複数の可能性と他の引数が設定されているため、コマンドの補完が失敗する
  • MC-105512 – ドラゴンヘッドの破壊パーティクルが外側ではなく内側に表示される
  • MC-114218 – ディスペンサーとドロッパーが上向きと下向きの際に煙の粒子を通す
  • MC-119856 – スライムブロックにclimeface引数がない
  • MC-120664 – 道具の耐久度が1つずれている
  • MC-120780 – チャンクデータパケットが不必要に作成されることがある
  • MC-121152 – WorldClientがプレーヤーと絵画エンティティをリークする
  • MC-122614 – タブ補完の色がおかしい
  • MC-123586 – デバッグの円グラフが付近の固有の数値フォーマットを使用している
  • MC-123880 – クライアントバウンドプレイパケット0×0C(ボスバー)、異なるブール値に同じバイトを使用している
1.13から
  • MC-124054 – カーソルを移動してもTab候補が消えない
  • MC-133154Placingでハーフブロックを設置して水流を止めても水が無くならない
  • MC-133273 – 通常のピストンも短い信号でブロックを引きはがす
  • MC-133294 – 地図のマーカーが黒い
  • MC-133425 (U+FF3B)と (U+FF08)のグリフがない
  • MC-133453 – プレーヤーが泳いだ後に「通り抜ける」ブロックに立てない
  • MC-134273 – 切断後の地図上のプレーヤーのマーカー
  • MC-134274 – 異なる地図を持っているプレーヤーの地図マーカー
  • MC-134668ThreadedAnvilChunkStorageが過剰に同期しパフォーマンスに影響する
  • MC-134903 – ゲームルールmobGriefingがfalseでもMobがカメの卵を割る
以前の開発版から
  • MC-134826 – ワールドを削除しても、ワールドリストを再入力するまでリストから削除されない
  • MC-134828 – サーバークラッシュ - ワールドエンティティの作動
  • MC-134833 – 動きが速い
  • MC-134858TNTのブロック状態"explode"が1.13.1の"unstable"に引き継がれない
  • MC-134905 – 世界ティック例外
  • MC-134919 – ネザーでTNTを爆破するとクラッシュする
その他の修正
  • 雨音のコンソールでスパムエラーが発生する問題が修正され、

18w31a

18w31a[4] は、1.13.1の3番目のスナップショットである。

追加要素

全般
  • 強制ロードチャンクの概念がゲームに追加された。コマンド (/chunk) を使用して強制ロードするかどうかを切り替えることができる
  • ブロックタグ minecraft:underwater_bonemeals が追加された
アイテム
  • 暖かい海洋バイオームの水中で骨粉が使用された時に、サンゴが育つようになった
エンティティ
  • が5%の確率で骨粉をドロップするようになった

変更要素

全般
  • パフォーマンスが最適化された
ブロック
エンティティ
  • イカが川と海洋のみにスポーンするようになった(これまでは、水がある場所であればどこでもスポーンしていた)
コマンド
  • スコアボードの演算子 %= が、Java の % 演算子から Math.floorMod が使用されるようになった。これにより、-1 % 7 は-1ではなく6を返すようになる[5]
関数
  • 関数の解析エラーのログに出力される行番号が、1から始まるようになった(今までは0から)

修正

45個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-73 – 額縁内の地図の緑色の矢印のバグ
  • MC-1528 – 額縁内の地図のマーカーがずっと表示されない
  • MC-96998 – 生成を中断するとエンドシティ・森の洋館が完全に生成されない
  • MC-112801 – 死亡スクリーンのプレーヤーがスポナーをスポーンさせる
  • MC-122939 – 旗とベッドを壊した回数の統計が増えない
  • MC-128547 – プレーヤーがその世界のいずれかのエンティティを攻撃した場合、以前に使用した世界をメモリに保持される
1.13から
  • MC-121369 – ESCを押しながら[マルチプレーヤー]をクリックすると、ユーザーがメインメニューに戻る
  • MC-123021 – 「保存」がリンクの場合、開く際にクラッシュする
  • MC-124583 – 右クリックをしてもストラクチャーヴォイドブロックを別のブロックの隣に設置できない
  • MC-125337 – トライデントを二刀流で持ち投げられるとプレーヤーが両手をあげる
  • MC-130258 – 額縁内の地図の影の問題
  • MC-131397 – スポンジがコンジットの水を除去しない
  • MC-132451 – コマンドパーザー - ブロックプロパティとプロパティ名の無効な値がエラーメッセージで逆になる
  • MC-132769 – オブザーバーで2遅延のレッドストーンリピーターを検出すると2ティックのパルスが出力される
  • MC-133181 – オブザーバーのクールダウンが壊れている
  • MC-133546 – ネザーで死ぬかエンドポータルを通ってオーバーワールドに戻るとプレーヤーが「ゴースト」になる
  • MC-134105 – ドラゴンを倒した後エンドから戻れない
  • MC-134159 – 1.13で保存されたワールドでクラッシュが発生する
  • MC-134667 – Async Chunk Genは、エンティティをワールド非同期に危険に追加する
  • MC-134889 – アイアンゴーレムが空気ブロックにスポーンする
  • MC-134916 – サウンドイベントblock.pumpkin.carveが通常のカボチャをくり抜く時に再生されない
  • MC-135049 – 1.13で古い世界の地図マーカーを保存しない
  • MC-135261 – プレーヤーの頭を/setblockで設置しても設置後にテクスチャが表示されない
Java Edition 1.13.1の開発版から
  • MC-134816 – クラッシュ:ワールドエンティティのティック例外
  • MC-134825 – Tab補完・候補がいくつかの非リテラル引数(チャット)では機能しない
  • MC-134832 – ブロック状態unstable=trueを持つTNTをクリエイティブで破壊すると点火される
  • MC-134898 – ESCキーを押すと、シングルプレーヤーメニューからメインメニューに戻らない
以前の開発版から
  • MC-134966/setblockを使用し、「常にアクティブ」なコマンドブロックを設置しても、コマンドがすぐに実行されない
  • MC-134967 – ウィザースケルトンの頭蓋骨を設置する際のNullPointerException
  • MC-134974 – ワールドのエンティティがランダムにフリーズすることがある
  • MC-134982 – コマンドブロックを設置するときの例外
  • MC-134987 – ワールドの名前を変更してもワールドリストを再入力するまでその名前が更新されない
  • MC-134988 – ワールドを最適化してもワールドリストを再入力するまで更新されない
  • MC-135039 – 大文字を含むエンティティIDでスポナーを/setblockで設置するとゲームがクラッシュする
  • MC-135053 – 0ティックパルスを入力された粘着ピストンが動かなくなる
  • MC-135136 – setコマンドでチェーンコマンドブロックを設置するとクラッシュする
  • MC-135147 – コマンドブロックを含む構造をロード・保存するとエラーが発生する
  • MC-135172 – 特定の条件下では、動いた後最初に2ゲームティックでピストンに動力を与えられない
  • MC-135185 – すべてのレッドストーン機構は、間接的に電源が入っていない場合、電源が入った状態のままになることがある
  • MC-135186 – ピストンが5ゲームティックの再パルスのみ可能である
  • MC-135194 – ピストンが1ゲームティックの反応が遅すぎる
  • MC-135229 – かまどを開くとゲームがクラッシュする
  • MC-135268 – スペクテイターモードに切り替えて戻ると、他のプレーヤーのゴーストプレーヤーの複製が作成される
  • MC-135293 – プロフィールは、エンティティが削除された際にセクションを終了せず、再帰的なプロフィーリングの遅延を引き起こす
非公開のバグ
  • MC-134716 – Minecraftマルチプレーヤー – プレーヤーキック開発

18w32a

18w32a[6] は、1.13.1の4番目のスナップショットである。

追加要素

アイテム
ブロック
  • 限定要素 死んだサンゴ が追加された
    • 通常のサンゴの死んだバリエーションである
    • ブロックの上面に設置できる
ゲームプレイ
  • 新たな統計が追加された:[7]
    • 被ダメージ(吸収) – damage_dealt_absorbed
    • 被ダメージ(抵抗) – damage_dealt_resisted
    • 盾で防がれたダメージ – damage_blocked_by_shield
    • 吸収したダメージ – damage_absorbed
    • 防いだダメージ – damage_resisted
    • シュルカーボックスを脱色した回数 – clean_shulker_box

変更要素

全般
  • パフォーマンスが最適化された
  • エンティティがブロックの中にいた場合に、地面を突き抜けて落下しなくなった[8]
ブロック

修正

31個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1489 – プレーヤーの右側にフェンスがある状態で馬を降りると、プレーヤーがフェンスの反対側に降りる
  • MC-4488 – Mobの最後のダメージが火、溶岩、ファイアチャージであっても調理済みの肉がドロップしない
  • MC-73361 – トロッコ・ボートを出ると、境界の外に出ることができる
  • MC-76649 – 手から投げられたエンティティのアイテム
  • MC-81237 – プレーヤーが衝撃吸収の場合、stat.damageTakenの増加が失敗する
  • MC-88230 – 金のリンゴ・ニンジンまたは干し草の俵を飼い馴らされた馬・ラマに餌付けるとカーソルが右に移動する
  • MC-112533 – ディスペンサーが腕のない防具立てに盾を装備できる
  • MC-114074 – 一部の非固体ブロックが隣の同じブロックの面を選別しない
  • MC-114246 – 防具立てのオフハンドに持っているアイテムを取り戻せない
  • MC-119607 – ラマが馬とは異なり、繁殖モードでも干し草の俵を餌付け続けられる
  • MC-130724stat.damageDealtが衝撃吸収の体力へのダメージを記録しない
1.13から
  • MC-132789 – リピーターのロック時の予期しないピストン動作
  • MC-132806 – 名前にコロンが含まれている特定の進捗を付与・取り消せない
  • MC-132870 – 1.12.2に比べて1.13に大量のエンティティがありラグが発生する
  • MC-133158 – 水中の水が置かれたブロックに水滴のパーティクルが発生している
  • MC-133842 – インベントリを開いている際にキックされるとクラッシュする
  • MC-134392 – スポナーが固体ブロックの中にイカをスポーンする
  • MC-134402 – シュルカーボックスを脱色した回数の統計がない
  • MC-135079 – プルプァの柱を使用してプルプァの階段・ハーフブロックをクラフトできない
  • MC-135126 – 水中の草ブロックに骨粉を使用しても海草が生えない
  • MC-135468 – ムーシュルームにハサミを使用すると消える
  • MC-135791 – Mobの不具合
Java Edition 1.13.1の開発版から
  • MC-134817 – シュルカーとの当たり判定がおかしい
  • MC-135048 – 砂漠の寺院の砂岩ブロックの位置がずれている
  • MC-135457 – リスポーン後のブロック、特にレッドストーン装置と砂の設置と削除がおかしい
以前の開発版から
  • MC-135381 – コンジットを水の外に置けない
  • MC-135385 – エンティティがブロック内にいるとワールドをすり抜け落ちる
  • MC-135387 – チャンクがプレーヤーがロードするまで強制・強制解除されない
  • MC-135390 – ピストンが特定の4ゲームティックパルスに一貫して反応しない
  • MC-135423 – バグを使用しないとボートの上に立てない
  • MC-135431 – スコアボードの分割がモジュロと矛盾している

18w33a

18w33a[9] は、1.13.1の5番目のスナップショットである。このスナップショットでは、熱帯魚入りバケツへのツールチップの追加や、パフォーマンスの改善、バグの修正が行われた。

追加要素

アイテム

変更要素

全般
  • 液体のパフォーマンスが改善された

修正

18個のバグを修正
1.13以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1357 – 地図にログアウトしたプレイヤーが表示される
  • MC-3715 – ベッドで寝ているときに /teleport を使用すると寝たままになる
  • MC-67780 – y:255 より上にいるときに空が暗くなる
  • MC-79697 – 透明化のクモ、帯電クリーパー、無敵状態のウィザーの隣のエンティティが適切に描画されない
  • MC-86943 – 複数のアイテムのアイテムスタック上のクールダウンが真っ白である
  • MC-90842 – なぎ払い攻撃がマーカーの防具立てをノックバックする
  • MC-98796 – 盾でダメージを防御しても防具の耐久力が減る
  • MC-108592 – ウィッチがポーション効果を持っている場合正しくデスポーンしない
  • MC-118258 – 「チェーンコマンドブロックが◯段階以上実行しようとしました!」の警告メッセージの誤植
1.13から
  • MC-131346 – アドベンチャーモードで水・溶岩・魚入りバケツを設置できる
  • MC-132063 – ウィンドウのサイズを変更すると石のアイテムが表示される
  • MC-133098 – 破損した統計ファイルでワールドをロードするとゲームがクラッシュする
  • MC-133127 – 海底遺跡のドラウンドがトライデント、オウムガイの殻、釣竿を持ってスポーンしない
  • MC-134702 – バケツから生まれた魚が水生Mobとしてカウントされる
  • MC-135816 – トライデントがワールドのリロード中には帰ってこない
  • MC-135857 – ポーション効果を上書きする場合、ビーコンのエフェクトアイコンの青い縁が表示されない
  • MC-135893 – 1.12.2から新しいバージョンに更新すると、1.12.2以前に設置されていたチェストが床を通してレッドストーンを作動しなくなる
非公開のバグ

1.13.1-pre1

1.13.1-pre1[10] は、1.13.1の最初のプレリリースである。このプレリリースでは、/chunk/forceload へ変更され、パフォーマンスの改善といくつかのバグ修正が行われた。

変更要素

全般
  • チャンクのレンダリングのパフォーマンスが改善された
  • Mob のスポーンのパフォーマンスが改善された
コマンド

修正

11個のバグを修正
Java Edition 1.13.1以前にリリースされたバージョンから
  • MC-132457 – Advancement and dimension command suggestions require minecraft namespace
  • MC-132496 – Passive Mob Spawning Breaks 1.9+
  • MC-132762 – Observed signal strength observer abnormality
  • MC-135484 – Pressing Q + right click a block while holding a double block only shows the top of the block
Java Edition 1.13.1の開発版から
以前の開発版から
  • MC-136051 – Mob spawning ignores light level, biomes and height.

注釈・脚注

  1. "Minecraft Snapshot 18w30a" – Minecraft.net、2018年7月25日
  2. MC-135509
  3. "Minecraft Snapshot 18w30a" – Minecraft.net、2018年7月26日
  4. "Minecraft Snapshot 18w31a" – Minecraft.net、2018年8月1日
  5. https://www.reddit.com/r/Minecraft/comments/93pmai/minecraft_snapshot_18w31a/e3fkwrj
  6. "Minecraft Snapshot 18w32a" – Minecraft.net、2018年8月8日
  7. Reddit Comment by developer Rockenroll4life
  8. MC-135385
  9. "Minecraft Snapshot 18w33a" – Minecraft.net、2018年8月15日
  10. 「Minecraft 1.13.1 pre-release 1」 –Minecraft.net、2018年8月16日