Java Edition 1.10-pre2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.10-pre2
1.10-pre2.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2016年6月7日

親バージョン

1.10

プロトコルバージョン

205

データバージョン

507

1.10-pre2 は、1.10 の2番目のプレリリースである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

環境音
  • 新しい環境音が追加された
    • ambient/cave/cave15
    • ambient/cave/cave16
サウンド
  • 既存のサウンドイベントへの追加が行われた
    • block.enchantment_table.use
    • entity.husk.ambient
    • entity.husk.death
    • entity.husk.hurt
    • entity.husk.step
    • entity.polar_bear.baby_ambient
    • entity.polar_bear.ambient
    • entity.polar_bear.death
    • entity.polar_bear.hurt
    • entity.polar_bear.step
    • entity.polar_bear.warning
    • entity.stray.ambient
    • entity.stray.death
    • entity.stray.hurt
    • entity.stray.step

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

エンドストーンレンガ
  • 再びクラフト可能になったが、1度のクラフトで得られる数が4から1になった

アイテム[編集 | ソースを編集]

スポーンエッグ
  • Mob の亜種のスポーンエッグ(16w20a で追加されたもの)が削除された

修正[編集 | ソースを編集]

17個のバグを修正
1.10以前にリリースされたバージョンから
  • MC-78688 – 無敵の Mob が火の中でダメージを受けているような振る舞いをする
  • MC-89141 – スポーンしたシュルカーの位置が曲がっている(座標軸に沿っていない)
  • MC-94576 – インベントリにプレイヤーの頭があると、特定のインベントリのスロット、ポーション効果、攻撃のクールダウンの描画が正常に行われない
  • MC-94896 – テキストがすでに選択されている時、Tab キーを用いた補完機能が正常に動作しない
  • MC-95554/playsound において、Tab キーを用いた補完機能が正常に動作しない
  • MC-98224 – スコアボードの情報を持つ JSON を使った看板が、チャンクの読み込みに関する情報を削除する
1.10の開発版から
  • MC-102043 – ブロックに雪が積もっていると、自動ジャンプの機能が正常に動作しない
  • MC-102139 – シロクマに小麦を与えても、体力の回復のみで繁殖させられない
  • MC-102152 – 自動ジャンプの機能の方向のバグ
  • MC-102177 – エンドストーンレンガのレシピが存在しない
  • MC-102360 – 自動ジャンプの機能で跳躍の効果が反映されない
  • MC-102364 – クリエイティブで自動ジャンプの機能を使うと飛んでしまう
  • MC-102709 – Mob が /replaceitem で盾を持つことができない
  • MC-102835 – 敵対的Mobがマグマブロックの上にスポーンする
以前の開発版から
  • MC-102891/teleport/tp ではない)で Tab キーを用いた補完機能が正常に動作しない
  • MC-102894 – 額縁と絵画の当たり判定が暗く描画される
  • MC-103014 – Mob がマグマブロックを避けられない

脚注[編集 | ソースを編集]