ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition ハードウェア要件

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Disambig color.svg この記事では、Java Editionの最新バージョンのハードウェア要件について説明しています。サーバー要件については「サーバー/要件」をご覧ください。
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

以下のハードウェアを搭載したコンピュターであれば、バニラをインストールしても問題ない。ただし、ゲームを楽しむためには推奨動作環境を参考にすることが推奨される。

Java 8が必要だが、ゲームにはJavaが付属するため手動でインストールする必要はない。

要件 CPU RAM GPU 容量 OS 注意事項
最低動作環境 Intel Core i3-3210 / AMD A8-7600 APU または同等 2GBが利用可能なRAM、可能であればDDR3 1333 MHz OpenGL 1.3 APIおよびVBOsをサポートするグラフィックカード、OpenGL 1.5
  • Integrated: Intel HD Graphics 4000(Ivy Bridge) もしくは OpenGL 4.4搭載のAMD Radeon R5 シリーズ(Kaveri APU)
  • Discrete: Nvidia GeForce 400 Series (410+) もしくは OpenGL 4.4搭載のAMD Radeon HD 7000シリーズ
プログラムデータは~180MBであるが、ワールドによっては容量が更に増える。通常のワールドやリソースパックでは1GBで十分である。 Windows: Windows 7以降
macOS: OS X 10.9 Maverick
Linux: 2014年以降のディストリビューション
インターネットへの接続は、ゲームファイルを更新してダウンロードするためのランチャーに必要である。その後、Minecraftはそのバージョンをオフラインで遊ぶことができる。
推奨動作環境 Intel Core i5-4690 / AMD A10-7800 または同等 4GBが利用可能なRAM、可能であればDDR3 1600 MHz 最新の非エントリーレベルのグラフィックカード[note 1]で、OpenGL4.5を搭載しているものが望ましい。
  • Discrete: GeForce 700 シリーズ(740+) もしくは Radeon R7。
  • Integrated: Intel Iris Graphics 550 もしくは Raedon R7。ダブルチャンネルメモリを使用して高速で動作させることが可能。
4 GB (SSDを推奨) Windows: Windows 10
macOS: OS X 10.12 Sierra
Linux: 2014年以降のディストリビューション
マルチプレイの場合、サーバーがLAN上に存在している場合を除き、インターネットへの接続が必要。
  1. ハードウェアモデルを比較すると、通常、「世代」で始まるため複雑で混乱する恐れがある。「10」で終わるグラフィックカードはほぼ意味がなく、「910M」が「780」よりも高いからといって、それらのエントリーレベルのGeForceカードが第7世代からの最上位グラフィックカードに勝てるわけではない。ほぼ全てのグラフィックカードに明記されている「GFLOPS」がどれほど優れているかを示している。比較するためにはベンチマークウェブサイトを確認する必要がある。