Java Edition/更新履歴/開発版

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
これは公式の更新履歴ではありません。公式なものをお探しなら、Minecraft のウェブサイトをご参照ください。
1.11 以前のものは Mojang のウェブサイトを、
Beta 1.8 以前のものは the Word of Notch をご参照ください。
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?

MojangはBeta 1.7.3からBeta 1.8にかけて、主にバグに関する多くのフィードバックを得るため、社外に試験版のフルアップデートを公開し始めた。結果として、製品版のアップデートはそれまでと比べてかなり安定している。

現在、スナップショットがリリースされる日は、2014年6月25日の1.814w26aリリース以降、基本的に水曜日と決まっている。それより前までは木曜日となっていた。[1]

スナップショット版とプレリリース版[編集 | ソースを編集]

スナップショットリリースの年表。

プレイ方法[編集 | ソースを編集]

開発版は一般公開されているが、ランチャーの起動設定にあるスナップショットのチェックボックスを選択していないと、バージョン一覧には現れず、自動インストールされることもない。

命名規則[編集 | ソースを編集]

初めて開発版としての位置づけでリリースされたのは、記者向けのAlpha v1.2.0の初期ビルドである。Alpha v1.2.0-previewという名で非公式ながら呼ばれていた。またBeta 1.6がリリースされる前日、試験版が用意されていたのだが、リリースされることはなかった。開発版が初めて正式に一般リリースされたのはBeta 1.7.3からBeta 1.8にかけてである。Beta 1.9にかけてのプレリリース版は、バージョンが1.0.0と改められるのに伴い、リリース候補 (Release Candidate) を意味する「RC#」という名で公表されていた。「#」には1からの採番が入る。

1.1以降のスナップショットは「YYwWWn」の形式で命名されている。「YY」は西暦の下2桁、「w」は単純に週 (week) を意味を表し、「WW」にはその年の第何周目かが2桁で示される。「n」には同一週内に複数回の公開が行われる場合に備えて、aから始まる識別子が付けられる。現在、同一週内にリリースされた最大スナップショット数は4個、つまり識別子「e」までである。12w30e13w47e15w35eがそれに該当する。唯一規則に沿わない命名のスナップショットとして13w12~が存在するが、これは重大なバグを修正する暫定的なものとしてリリースされたためである。最多のスナップショット数を持つのは1.9(計56個)、プレリリースは1.13(計10個)である。

プレリリースが始まった当初は、「バージョン番号 Pre-release x」という形式の名称だった。「x」には空白または1からの採番が入る。これはBeta 1.8にて使用されたが(Beta 1.8 Pre-release 2など)、1.0.0のプレリリースでは「Pre-release」からハイフンを省いた形式が使用された(Beta 1.9 Prerelease 3など)。それから1.7.4まで、そのメジャーバージョン中の最終アップデートまでのバージョンはプレリリースとして扱われた。例えば、1.41.4.11.4.2のためのプレリリースであり、またそれは1.4系最終バージョンである1.4.7のためのプレリリースでもある。1.7.6から1.13.2までは「バージョン番号-prex」の形式で、「x」には1からの採番が入る(Java Edition 1.12-pre2など)。1.14以降は「バージョン番号 Pre-Release x」となり、「x」にはもちろん1からの採番が入る(Java Edition 1.14.1 Pre-Release 2など)。

プロモーションのスクリーンショット[編集 | ソースを編集]

スナップショットリリースの際には、新要素などを伝えるスクリーンショットを併載することがしばしばある。Erik Broes (Grum) が撮影の担当をしており、彼を含む何人かの開発者が写真のどこかに写り込んでいることがある。以下は、開発者が写っているバージョンをまとめたものである。

1.14[編集 | ソースを編集]

1.14.4[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.14.3[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.14.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.14.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.14[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.13[編集 | ソースを編集]

1.13.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.13.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.13[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.12[編集 | ソースを編集]

1.12.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.12.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.12[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.11[編集 | ソースを編集]

1.11.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.11[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.10[編集 | ソースを編集]

1.10[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.9[編集 | ソースを編集]

1.9.3[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.9.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.9[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.8[編集 | ソースを編集]

1.8.8[編集 | ソースを編集]

1.8.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.8.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.8[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.7[編集 | ソースを編集]

1.7.10[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.7.6[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.7.4[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.7.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.6[編集 | ソースを編集]

1.6.4[編集 | ソースを編集]

1.6.2[編集 | ソースを編集]

1.6.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.5[編集 | ソースを編集]

1.5.2[編集 | ソースを編集]

1.5.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.5[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.4[編集 | ソースを編集]

1.4.7[編集 | ソースを編集]

1.4.6[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.4.5[編集 | ソースを編集]

1.4.4[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.4.2[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.3[編集 | ソースを編集]

1.3.2[編集 | ソースを編集]

1.3.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.2[編集 | ソースを編集]

1.2.5[編集 | ソースを編集]

1.2.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.1[編集 | ソースを編集]

すべて表示

1.0.0[編集 | ソースを編集]

すべて表示

Beta 1.8[編集 | ソースを編集]

すべて表示

Beta 1.6[編集 | ソースを編集]

Alpha v1.2.0[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]