Java Edition/削除された要素

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Grass Block Revision 2.png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
これらの機能は、以前の古いバージョンの Minecraft に存在するものです。
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?

Minecraft には、開発の当初から、ゲームから削除された要素が数多く存在する。これらの要素は置き換えられたり、開発者が後になって追加に反対したりした。

このページは削除された要素のみについての物であることに注意してほしい。実際のゲームの要素の削除された特性に関してはその要素のページの歴史節に記載がある。現在もゲーム内にある未使用要素に関しては未使用の要素を参照のこと。

アイテムとブロック[編集 | ソースを編集]

ウマのサドル[編集 | ソースを編集]

サドルも参照
Horse Saddle.png

ウマのサドルは、1.6.1の開発中にスナップショットの 13w16a で追加されたアイテムであり、通常のサドルと同じように機能するが、ブタの代わりにウマに使用されていた。サドルを付ける前に飼い慣らされたウマが必要である。ウマのサドル、は次のようなレシピで作ることができた。








使用されたアイテムID は 416 であり、現在のバージョンでは防具立てになっている。ウマのサドルは、後で 13w18a にゲームから取り除かれ、通常のサドルは現在ブタとウマの両方に使用されている[1][2]

無限水源[編集 | ソースを編集]

Infinite Water.png

無限水源は無限に水を生成するブロックで、無限に自己複製し続ける。浮島での無限湖を実装するため、Indev(2010年1月24日)で最初に追加された[3]

52 のブロックID を使用していたが、Indev Seecret Friday 2(2010年7月25日)でモンスタースポナーに置き換えられた。

無限溶岩源[編集 | ソースを編集]

Infinite Lava.png

無限水源と同じように、無限溶岩源は無限に溶岩を生成するブロックで、無限に自己複製し続ける。これもIndev(2010年1月24日)で追加された。53 の ID を使用していたが、Alpha 1.0.0(2010年7月28日)でオークの階段に置き換えられた。

Locked Chest.png

鍵のかかったチェスト[編集 | ソースを編集]

鍵のかかったチェストはエイプリルフールで追加されたブロックである。チェストを使用すると画面が表示され、「店に行く」というボタンを押すと「Minecraft Store」に、行くことが出来る。

パワードコンパレーター[編集 | ソースを編集]

1.5 の開発中、コンパレーターはオン・オフの状態を表すために2つのブロックID を使用していて、それぞれ unpowered_comparatorpowered_comparator と名付けられており、ID は 149 と 150 だった。13w05a から powered_comparator ブロックはゲームから削除され、機能は unpowered_comparator ブロックの「オン」状態という形で置き換えられた。/setblock を使用すれば設置できるが、機能はせず、向いている側がオンになってからオフになると unpowered_comparator ブロックに変わってしまう。

失効のポーション[編集 | ソースを編集]

Before the 1.9 snapshot 15w31a, potions had a form known as "reverted". In the inventory, reverted potions will look identical to their base potion, much like mundane and mundane (extended), and their usage is also identical to their base potions, with the exception of turning into reverted potions rather than base potions. The only difference is data values.

There are two general methods to create reverted potions, one of which involve the addition of fermented spider eyes. Reversion, in general, references changing a longer, upgraded potion into a its original weaker potion (for example, changing from a potion of poison (extended) into a potion of harming (reverted) by adding fermented spider eye).

  • The first method involves adding glowstone (typically) to an already upgraded tertiary potion (seen in Section 5.3.1 or 5.3.2 above). Since these tertiary potions have already been modified with redstone (typically), they can change to their original (revert) unmodified states depending on which modifier was added previously. Not all potions will revert (or react, for that matter) when glowstone powder or redstone dust is added to an upgraded tertiary potion (for example, adding redstone to an already redstone-extended potion will not yield a new potion).
  • The second method involves the addition of fermented spider eyes, followed by glowstone (usually). Method two works by adding fermented spider eye to an extended positive potion (i.e. an extended tertiary potion). In almost all cases, this will corrupt the potion (corruption is described in Section 4.3 above) and produce a negative potion of equal strength (in this case, extended). Then, glowstone (depending on the recipe) is added to the extended negative potion. Since these negative tertiary potions (regardless of origin) have already been modified with redstone, the addition of glowstone will revert the potion to a potion of lesser duration.

A good example of this process at work is the reversion of the potion of weakness. A potion of weakness can be made two ways. The first method is by adding fermented spider eye to a mundane potion (water bottle + ghast tear/glistering melon/blaze powder/magma cream/sugar/spider eye), then adding redstone to produce potion of weakness (extended). The second method is by adding (again) fermented spider eye to either a potion of strength or a potion of regeneration. Potions of strength and regen, in their base or extended forms, will produce potions of weakness with equal magnitude (for the sake of this example, fermented spider eye is added to potion of strength (extended) to produce potion of weakness (extended)).

Now, there should be two Potions of Weakness (4:00). Glowstone dust is added to the Potion of Weakness (Ext) which reverts the potion into a normal duration (1:30) Potion of Weakness. The act of reducing the duration from 4:00 to 1:30 is reversion.

グロウストーン[編集 | ソースを編集]

ポーション ベース Reagent 効果 効果時間
(分)


耐火のポーション
(reverted)


耐火のポーション
(extended)


グロウストーンダスト
火、溶岩、ブレイズの攻撃による被害に耐性を与える。
3:00


暗視のポーション
(reverted)


暗視のポーション
(extended)


グロウストーンダスト
水中を含むどこでも視界が明るさレベル15になる。
3:00


鈍化のポーション
(reverted)


鈍化のポーション
(extended)


グロウストーンダスト
移動速度が低下する。
1:30


弱体化のポーション
(reverted)


弱体化のポーション
(extended)


グロウストーンダスト
すべての近接攻撃を0.5ダメージ(体力0.25分)減少させる。
1:30


水中呼吸のポーション
(reverted)


水中呼吸のポーション
(extended)


グロウストーンダスト
水中で酸素バーが減少しなくなる。
3:00

レッドストーン[編集 | ソースを編集]

ポーション ベース Reagent 効果 効果時間

(分)


治癒のポーション (reverted)[編集 | ソースを編集]


治癒のポーション

II



レッドストーン
体力をHeart.svgHeart.svg回復する。 即時

負傷のポーション (reverted)[編集 | ソースを編集]


負傷のポーション[編集 | ソースを編集]

II



レッドストーン
体力をHeart.svgHeart.svgHeart.svg減らす。 即時

発酵したクモの目[編集 | ソースを編集]

ポーション ベース Reagent 効果 効果時間
(分)


負傷のポーション
(reverted)


治癒のポーション
(reverted)
or


毒のポーション
(extended)


発酵したクモの目
Heart.svgHeart.svgHeart.svgダメージを受ける。 即時


鈍化のポーション
(reverted)


耐火のポーション
(reverted)
or


俊敏のポーション II


発酵したクモの目
プレイヤーの移動速度が低下する。
1:30


弱体化のポーション
(reverted)


力のポーション




再生のポーションⅡ



発酵したクモの目
すべての近接攻撃を0.5ダメージ(体力0.25分)減少させる。
1:30

バラ[編集 | ソースを編集]

Rose.png

バラは Java Edition では 1.7.2 のスナップショットである 13w36a で、Bedrock Edition では Alpha 0.9.0 で、Legacy Console Edition では TU25/CU14/1.17 で部分的に、TU31/CU19/1.22 で完全に削除された。いずれの場合においても、バラはポピーに置き換えられた。

アイテムとして入手可能な過去のブロック[編集 | ソースを編集]

データ値 § IDも参照 for a full list of unobtainable blocks

幾つかのブロッククラフトクリエイティブインベントリブロック選択シルクタッチのエンチャントといった通常のゲームプレイでは得られないようになっている。これらのブロックはインベントリエディターや Modコマンドのような正規でない方法を使用しても得られない。これらのブロックは 1.7.2 と 1.8 まではアイテムとして入手可能であった。

現時点では、ほとんどのコマンドで minecraft:dirt といった ID名のみを受け入れ、ブロックをインベントリに割り当ててファイルを保存するときには ID名だけを使用している。そのため、現在のバージョンでは数値ID によってブロックやアイテムを入手することはできない。更に、ケーキのような、ブロックとアイテムでそれぞれ別の ID を持つブロックは、ブロックとして入手することはできなくなった。入手しようとすると、アイテムとして入手するか、エラーが出る。

1.7.2 以前[編集 | ソースを編集]

スナップショット 13w37a では /give コマンドの仕様が変更された。これに伴い、26種のブロックが /give コマンドで入手できなくなった。

ブロック ID名 Dec Hex

ベッド
minecraft:bed 26 1A

ピストン伸長部
minecraft:piston_head 34 22

ピストン移動部
minecraft:piston_extension 36 24

レッドストーンワイヤー
minecraft:redstone_wire 55 37

小麦
minecraft:wheat 59 3B

立っている看板
minecraft:standing_sign 63 3F

木のドア
minecraft:wooden_door 64 40

壁に付けられた看板
minecraft:wall_sign 68 44

鉄のドア
minecraft:iron_door 71 47

光るレッドストーン鉱石
minecraft:lit_redstone_ore 74 4A

消灯したレッドストーントーチ
minecraft:unlit_redstone_torch 75 4B

サトウキビ
minecraft:reeds 83 53

ケーキ
minecraft:cake 92 5C

OFF状態のレッドストーンリピーター
minecraft:unpowered_repeater 93 5D

ON状態のレッドストーンリピーター
minecraft:powered_repeater 94 5E

カボチャの茎
minecraft:pumpkin_stem 104 68

スイカの茎
minecraft:melon_stem 105 69

ネザーウォート
minecraft:nether_wart 115 73

醸造台
minecraft:brewing_stand 117 75

大釜
minecraft:cauldron 118 76

点灯したレッドストーンランプ
minecraft:lit_redstone_lamp 124 7C

トリップワイヤー
minecraft:tripwire 132 84

植木鉢
minecraft:flower_pot 140 90

Mobの頭
minecraft:skull 144 94

OFF状態のレッドストーンコンパレーター
minecraft:unpowered_comparator 149 95

ON状態のレッドストーンコンパレーター
minecraft:powered_comparator 150 96
空気ブロック[編集 | ソースを編集]

1.7.2 のスナップショット 13w38b の間、空気ブロックはアイテムとして利用可能だったが、Grum はゲーム内の空気を表すコードを再定義していた。この可用性はいくつかのバグの焦点だったため、このスナップショットのみ有効だった。

ブロック Name ID Dec Hex

空気
minecraft:air 0 00

1.8 以前[編集 | ソースを編集]

スナップショット 14w25a では、アイテムのアイコンがレンダリングされる方法と、ブロックデータが内部的に表現される方法が変更された。 そのため、以下の12種ブロックが使用できなくなった。

ブロック ID名 Dec Hex

minecraft:flowing_water 8 08

水源
minecraft:water 9 09

溶岩
minecraft:flowing_lava 10 0A

溶岩源
minecraft:lava 11 0B

滑らかな石
minecraft:double_stone_slab 43 2B

minecraft:fire 51 34

ネザーポータル
minecraft:portal 90 5A

エンドポータル
minecraft:end_portal 119 77

重ね置きした木材ハーフブロック
minecraft:double_wooden_slab 125 7D

カカオ
minecraft:cocoa 127 7F

ニンジン
minecraft:carrots 141 91

ジャガイモ
minecraft:potatoes 142 92

1.9 以前[編集 | ソースを編集]

スナップショット 15w49a では、1ブロックが使用できなくなった。

ブロック ID名 Dec Hex

燃焼中のかまど
minecraft:lit_furnace 62 3E

生成される構造物[編集 | ソースを編集]

レンガのピラミッド[編集 | ソースを編集]

海面上の孤島に生成されたレンガのピラミッド

短い期間だったが、リスポーン地点から遠く離れた所に、レンガのピラミッドという巨大な構造物が生成されていた。これらのピラミッドは完全に個体で、中に部屋はなかった。このピラミッドの不思議な部分は、ピラミッドの下に土と石の層が広がっていることである。これは、地下まで完全にピラミッドになっている訳ではなく地形の上に生成されている(砂漠の寺院など)。ピラミッドは Infdev の後のバージョンで削除された。

黒曜石の壁[編集 | ソースを編集]

Infdev での黒曜石の壁

黒曜石の壁は、Infdev で基軸方向の位置を示すために追加された。

黒曜石の壁は2つの交差する面が黒曜石の表面のすぐ上に広がっていたが、これは既に削除された。

ファーランド[編集 | ソースを編集]

Both types of Far Lands

ファーランド (Far Lands) は、Beta 1.8 まで存在した Java Edition の「無限」に広がる地図の「端」を形成する領域という形で存在していたが、それらは地形生成の更新の結果として削除された。

現在、ファーランドは Bedrock Edition に存在している。

樹木[編集 | ソースを編集]


いくつかの種類の木は苗木で栽培することができず、新しい地形では自然に生成されない。 The "cold-en" oak, or winter oak, was a tree formed by a rare glitch in older versions of Pocket Edition prior to 0.9.0. It causes a small tree with a leaf arrangement the same as that of small oak or birch to be generated on the border of a forest and a snowy area (one of which is usually mountainous). It is composed with spruce leaves and spruce logs (seen in the lite and newer versions prior to 0.9.0) or oak logs (paid only).

マップのカスタマイズ[編集 | ソースを編集]

等角投影視点からのスクリーンショット[編集 | ソースを編集]

In the Indev versions of the game, you can take a screenshot of the map from an isometric perspective using F7. When the game captures an isometric image it will save the current location of all mobs and show any and all alterations to the map the player has made that would be visible from the perspective of the sun (at sunrise). The player will not be visible unless the player was in third person view before taking the Isometric screenshot.

The Isometric screenshot will save to your local user folder as "mc_map_####.png" where #### represent the number of the screen shot starting at 0000 up to 9999.

There are some limitations that existed with the screenshots:

  • Can only capture the player's model when in 3rd person mode.
  • Due to a glitch the screenshot will only render blocks that are in the player's FOV, and everything else will either be black or show blocks under the ground.

Indev のマップ形状[編集 | ソースを編集]

A typical normal, small, floating, deep map in isometric view.

マップ形状 (Map Shape) は、レベルジェネレータがマップを作成するために使用する一般的なディメンションである。0.31 に追加され、地図の長さ、幅、高さが変更された。これらは3種類の形状が存在する。

  • 平方 - 同じ長さ、幅、高さのマップ
  • 長さ - 法線マップの長さの2倍で幅の1/2のマップ
  • 深さ - 法線マップの4倍の高さで、幅と長さが1/2のマップ

Indev のマップテーマ[編集 | ソースを編集]

マップテーマMap Theme、バイオームに匹敵)は、レベルジェネレータがマップを作成するために使用する一般的なスタイルだった。2010年1月7日の 0.31 のアップデートで追加され、Indev モードのゲームの仕組みに劇的に影響した。パラダイスとウッズのテーマは2010年2月14日の Indev のアップデートで追加された。テーマは後に、Infdev の途中で削除された。

当時4つのマップテーマがあった。

  • ノーマル - 散発的な木々、雲や、昼夜の長さが同じで、岩盤の近くに鉱石が生成された。
  • 地獄 - 特徴は Mob がスポーンできない明るさで、他にも水の代わりに溶岩の代わりに、草ブロックと砂がある。地上には、キノコが豊富にある。農耕の速度ははるかに遅くなる(1つの植物に成長するのに1日かかる)。これは、後にネザーと置き換えられた。
  • パラダイス - 大きな砂浜や豊富な植物が特徴で、時間は常に「正午」に設定されていて、敵対的Mob は地下に出現する。農耕ははるかに速い速度で行われる(植え付けから収穫まで30~45分)。
  • ウッズ - 木の密度が高く、光が少ない日中、一定の曇りが特徴。さらに、キノコは地上部全体にむらがっている。

Indevのマップタイプ[編集 | ソースを編集]

ファイル:Indevshot.png
The floating map type.

The map type is the general format the level generator used to create maps. Added in 0.31, it dramatically affected Indev mode in the availability of water, sand, and gravel. The further the player travelled towards the end of the map, the slower they moved. There were four map types:

  • Island is the default map type featuring minor hills and water existing at the borders.
  • Floating contains multiple floating islands. Falling from these islands results in death as the surface is covered in bedrock. Floating gravel and sand is common, while water is rare.
  • Flat is similar to superflat today - it features flat grass with flowers, trees and a starting house.
  • Inland features a slightly hilly landscape, which is essentially the Island map type with infinite flatland at its borders as opposed to water. Sand and gravel are common.

冬季[編集 | ソースを編集]

A map with winter mode.

Winter mode was a randomly occurring map type for Minecraft Alpha. It was added on the 9th of July, 2010 and was the first other "biome" than the generic one to appear in Minecraft. It was removed in the Halloween Update. Four different types of snowflakes fell constantly, creating snow tiles on any block that was directly exposed to the sky, provided that it was solid. When a map was generated, all exposed water blocks would be frozen into ice. Also, animals would not spawn as much as in the normal world.

Pre-Beta 1.8 でのバイオーム[編集 | ソースを編集]

Beta 1.8 では、多くのバイオームを削除したり変更したりする、大規模なオーバーホールが行われた。これらの変更に先立ち、はるかに小さく、あまり異なっていない13種類のバイオームがあった。

Mob[編集 | ソースを編集]

Beast Boy、Black Steve、Steve、Rana[編集 | ソースを編集]

Beast Boy、Black Steve、Steve、Rana は、Indev のフェーズ中のテストとしての人間の Mob だった。彼らは Minecraft の過去のアーティストである Dock によって作られ、Dock が2010年初めに開発チームを離れるとゲームから削除された。これらの Mob はアニメーションを持たず、同じ姿勢で周りを滑るように動いた。体力はそれぞれ5 (Heart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)5 (Heart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)5 (Heart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)13 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)[4]、死ぬと Beast Boy、Black Steve、Steve は1~2個の、1~2個の、1~2個の火薬、0~1個の火打ち石と打ち金、Rana は0~2個のリンゴ、0~5個のバラ、0~2個のを落とす。

人間[編集 | ソースを編集]

プレイヤーを攻撃している人間

人間は、デフォルトスキンのクローンの形を取る敵対的Mob である。クラシックモードでは、Gキーを押すと人間がスポーンする。不思議なことに、彼らは普通のプレイヤーが使う攻撃のアニメーションが使われなかった。彼らはゾンビのように、プレイヤーにしか攻撃をしない。

そうでないと、人間は地図のまわりを無意識に動き、わずかに不完全な円状に歩き、腕と頭を振り回して時々ジャンプする。彼らはブロックを動かしたり、破壊したりすることができず、水などの影響を受けない。自分のスキンを変えても、人間のスキンは変わらない。

未使用[編集 | ソースを編集]

これらはゲームで一切使用されなかった。

歯車[編集 | ソースを編集]

Gear.png

2010年1月25日、Notch は崖の壁に歯車を設置している動画を投稿した。[5]

2010年1月26日、Indev に歯車のコード(もともとは「Gear」という名称)が追加された。それはインベントリをハッキングしてのみ得られ、インベントリでは見えなかった。歯車は、ブロックの側面にのみ置くことができ、2つの側面の幅が1ブロックの場合、設置すると両側に配置される。置かれた歯車を破壊することは不可能。歯車を破壊しようとすると、のように、その後にあるブロックが破壊される。歯車が破壊された場合、歯車は無くならず、奇妙なことに見えなくなる。歯車はまだマップには存在し、歯車があった所に固体ブロック(石など)を設置すると、歯車と置き換えられ、再び表示される。地図エディタを使用しても、配置された歯車は見えず、ブロックが隣に配置されると表示される。歯車は、水を使うと破壊できる。歯車の画像は、センターロッドとアニメーションギアの2枚の画像で構成されていた。2010年2月27日の Infdev では、「Gear」から「Cog」に改名され、その後2010年6月27日に削除された。

歯車は 55 のデータ値を持っていた。これは Alpha 1.0.1 でレッドストーンに置き換えられた。

泣く黒曜石[編集 | ソースを編集]

Strangeorerender.png

泣く黒曜石は、Minecraft で既に撤回された企画で、スポーン地点を変更するオベリスク(モニュメント)のためのテクスチャである[6][7][8][9]。これはベッドの追加の後に中止された。[10]。もし追加されていれば黒曜石ラピスラズリからクラフトできただろう[11]

泣く黒曜石のテクスチャは Beta 1.5 で削除された。

2012年2月9日に 「泣く黒曜石の再追加や、いくつかの新しい色やテクスチャのブロックを追加する予定はありますか?」[12] という問いに対して Jeb は、「テクスチャの空き場所があればすぐにでも。」[13]と答えた。

ピッグマン[編集 | ソースを編集]

ピッグマンは、プレイヤーと同じモデルだがそのスキンはブタである Mob のことである。Minecraft ユーザーの Miclee がピッグマンを提唱し(Mojang AB は報酬としてマントを授与したが、クレームが絶えなかったため彼はマントを外された)。Notch住人として追加するだろうと述べたことがあった (ただし実現せず、村人が代わりになっている)。そのため追加される可能性は低い。

ちなみに 1.6 ではピッグマンのスキンが残っている。

家具[編集 | ソースを編集]

Chair from Indev's terrain.png file.

Indev には terrain.png 内に恐らく椅子の側面と正面と思われる2つの画像があった。これらの実際の目的は分かっていない。2つ目のテクスチャはテーブルを横から見たものとも椅子を正面から見たものともとれる。Notch のブログでは家具やより特別な椅子は数回言及されている。[14][15][16][17]

Plate.png[編集 | ソースを編集]

The unused armor file

c0.30_01c に、 "armor" というフォルダがあった。このフォルダには、ヘルメットとチェストプレートだけが表示された2つのファイルが含まれていた。1つは完成し、 "chain.png" と呼ばれ、チェーンアーマーに似ていて、もう1つは未完成で "plate.png" と呼ばれていた。Plate.png は未使用のままで、最終的に削除された。これが鉄の装備に置き換えられたか、または元々鉄の装備であると考えられていた。

ポーション[編集 | ソースを編集]

There were 30 unused potions that were left behind in Beta 1.9-pre2. All unused potions had no effect and appeared to be re-textures of other potions. These potions were later removed in the 1.9 snapshot 15w44b.

These potions could only be obtained by using the command /give <プレイヤー名> minecraft:potion 1 <data-value> {CustomPotionEffects:[]}. Adding a multiple of 64 to the value would result in the same potion. As with other potions at the time, adding the value with 16384 would result in a splash version of given potion.

Values with a * did not require {CustomPotionEffects:[]} at the end of the command.

Name DVs
Uninteresting Potion 2 & 3
Bland Potion 4 & 5
Clear Potion 6 & 7*
Milky Potion 8 & 9
Diffuse Potion 10 & 11
Artless Potion 12 & 13
Thin Potion 14 & 15*
Flat Potion 18 & 19
Bulky Potion 20 & 21
Bungling Potion 22 & 23*
Name DVs
Buttered Potion 24 & 25
Smooth Potion 26 & 27*
Suave Potion 28 & 29
Debonair Potion 30 & 31*
Elegant Potion 34 & 35
Fancy Potion 36 & 37
Charming Potion 38 & 39*
Dashing Potion 40 & 41
Refined Potion 42 & 43*
Cordial Potion 44 & 45
Name DVs
Sparkling Potion 46 & 47*
Potent Potion 48* & 49
Foul Potion 50 & 51
Odorless Potion 52 & 53
Rank Potion 54 & 55*
Harsh Potion 56 & 57
Acrid Potion 58 & 59*
Gross Potion 60 & 61
Stinky Potion 62 & 63*
Burpy Potion 63 & 64


矢筒[編集 | ソースを編集]

Quiver.png
リサイズされたスクリーンショット

Notch が作り、放棄した RPG Legend of the Chambered では、矢筒というアイテムが存在し、戦利品として入手できる。左右反転しているが Notch はこれを再利用して Minecraft に入れた。

Indev からこのスプライトは存在しているがほとんど知られていない。 Jeb は元々このアイテムを追加するつもりはなかったようだが[18]後に、1.9 の開発版で Dinnerbone が2×204960 の画像をツイートした[19]。これは、854×480 にリサイズされた Minecraft のスクリーンショットで、矢筒が映っていた[20]。しかし、2015年6月30日に Dinnerbone はオフハンドスロットの矢を「より自然に」感じさせるために再び矢筒を削除したと述べた[21]

1.9 で、矢筒のテクスチャは削除された。

Bedrock Edition ではハッキングで入手することはできるが、「空白の」アイテムとして扱われるためフリーズするだけである。

Studded armor[編集 | ソースを編集]

One example of unimplemented armor

Studded armor were several sprites that were added sometime around Indev 0.31 in items.png. They were taken from Notch's unfinished game, Legend of the Chambered, along with other armor sprites. The sprites were never implemented into gameplay and were eventually removed.

Play Tutorial Level のボタン[編集 | ソースを編集]

Indev の実行中に解読不可能なプレイチュートリアルレベルのボタンが追加された。これはメイン画面で見つけることができる。最終的に、アルファ版からベータ版への移行中に削除されたが、Indev とベータ版の間にこのようなチュートリアルレベルは存在しなかった。

スキー板[編集 | ソースを編集]

スキー板のテクスチャ

1.4.6 のアップデートで追加されたテクスチャの中に「skis.png」というものがある。これは Dinnerboneレッドへリング(ミスディレクション)[22]として追加したもので、 1.6 で削除された。

その他[編集 | ソースを編集]

Calm4.ogg[編集 | ソースを編集]

Calm4.ogg は他のトラックと並んだ音楽ファイルで、 Notch 自身が作り、ベータテストされたものである。長さは 3:13 である。

陽気でバトルのような曲である。1:36 で Notch が遅く "Mojang Specifications" と言っているのが聞こえる。

この曲は Alpha 1.1.1 (Seecret Saturday 10) あたりで公開されたがいつ何のために削除されたのかは判っていない。.minecraft/resources/music フォルダにある曲が任意に再生されるため、削除される前ならこの曲をゲーム内で聴き続けることができるだろう。

1.6.1 のランチャーの導入により、 古いバージョンで Calm4.ogg は聴けなくなった。これは .jar ファイルとは別に音楽がダウンロードされるからである。

明るさの更新[編集 | ソースを編集]

ワールド生成時の明るさの問題は 1.4.2 の開発時のスナップショットである 12w39a で一時的に修正されたが[23]、パフォーマンスが低下したため Dinnebone はこれらの変更を取りやめた。このとき双方向の明るさの変更も撤廃され、 Dinnerbone は「1.5 で再追加される」と約束した。しかし、結局それが果たされることはなかった[24][25]

これらの多くは 1.8 で追加された[要検証]

奈落の霧[編集 | ソースを編集]

1.8 のスナップショットで削除される前の奈落の霧
プレイヤーが見える距離の限界。深度とともに減少していく。

Beta 1.8 からY=17より深い場所に行くほど黒い奈落の霧が発生するようになり、描画距離の端から深くなるごとに徐々にプレイヤーに近づいてきた。最深部に到達した頃には辺りは真っ暗であり、数ブロックしか見えなかった。更に、Y=16以下では暗い灰色の奈落のパーティクルが追加された。

奈落の霧とそのパーティクルは 1.8 のスナップショットである 14w34c で削除された。これは主にパフォーマンスを向上させるためである。[28]

トロッコの仕様変更[編集 | ソースを編集]

1.8 の開発中のスナップショット 14w11a では、トロッコの物理が変更された。衝突位置のハンドリングが改善され、速く、遠くに行くことが出来るようになった。速すぎると、コーナーで脱線するようになり、遅いと、上り坂を登りきれなくなった。開発者は、これらの行動があまりにもバグがあると判断し、これらの変更は、14w17a で元に戻された。

コマンドブロックの分配[編集 | ソースを編集]

1.8 のスナップショットである 14w07a からディスペンサーにコマンドブロックを入れて起動するとそれを設置できた。これはセキュリティ上の問題を解決するために 1.8.6 で削除された。 [29][30]

クリーパーからの退避 (Mob)[編集 | ソースを編集]

1.8 では Mob は爆発寸前のクリーパーから逃げる習性があった。これは クリーパーから逃げる Mob はすべて爆発しかけるクリーパーを毎ティック探したためラグが生じ、 1.8.1-pre1 で削除された。

ゲームサウンド[編集 | ソースを編集]

Game sounds Track
Drr
Explosion
Splash
Bow
Experience Orb
Door opening
Door closing
Lava
Flint and Steel

スプラッシュ[編集 | ソースを編集]

スプラッシュを削除すると、splashes.txt での行が削除され、その後のすべてのスプラッシュの行が1つずつずれる。

メインスプラッシュ[編集 | ソースを編集]

Splash text Explanation Version added Version removed Pre-removal line number
Pre-beta! Alpha version of Minecraft. Indev or earlier Beta 1.2 1
Alpha version! Alpha version of Minecraft. Indev or earlier Beta 1.2 30
9.95 euro! The pricing of the Alpha version of Minecraft, which was less than half that of the final price. Indev or earlier Beta 1.2 48
Half price! The pricing of the Alpha version of Minecraft, which was about half that of the final price. Indev or earlier Beta 1.2 49
Check it out! Duplicate of "Check it out!" on line 21. pre-Halloween Update Beta 1.8-pre1 47
Notch <3 ez! Most likely because of Notch's departure from Mojang Indev 1.8.5 100
SOPA means LOSER in Swedish! SOPA was a highly controversial antipiracy bill that made its way through the United States House of Representatives before it was rejected. In Swedish, "sopa" is a verb meaning "to sweep" and also commonly used as a slang insult (comparing someone or something to the dirt that you would sweep up). Prior to the 1.3 Pre-release, this splash read "SOPA means LOSER in Swedish", without an exclamation point.

The specific bill SOPA had not been a current issue for several years, by the time of the splash's removal.

1.1 1.9 (15w42a) 304

スペシャルスプラッシュ[編集 | ソースを編集]

Splash text Explanation Date/version displayed Version removed
Happy birthday, ez! Shown on ez's birthday. November 9 1.8.5
Happy birthday, Notch! Shown on Notch's birthday. June 1 1.8.5

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. https://twitter.com/jeb_/status/327817745360101376
  2. https://twitter.com/jeb_/status/327819210455650304
  3. http://notch.tumblr.com/post/333135179/i-should-be-sleeping-but
  4. https://www.youtube.com/watch?v=OpmK7rDU5bA
  5. http://www.youtube.com/watch?v=V9H_ymjT-4E&t=2m12s
  6. https://twitter.com/jeb_/status/58821868924309504
  7. User talk:Jeb mojang#Your opinion on this deletion
  8. https://twitter.com/jeb_/status/40350003591380992
  9. https://twitter.com/jeb_/status/52994778224275456
  10. https://twitter.com/jeb_/status/140410431394160640
  11. https://twitter.com/jeb_/status/140411053250064384
  12. https://twitter.com/maxwilso/status/167545472796459008
  13. https://twitter.com/jeb_/status/167547923041751040
  14. wordofnotch:659506746
  15. wordofnotch:660061390
  16. wordofnotch:666612436
  17. wordofnotch:673782427
  18. User talk:Jeb mojang#Quiver
  19. https://twitter.com/Dinnerbone/status/595224755126534144
  20. https://www.reddit.com/r/Minecraft/comments/34too2/nathan_adams_on_twitter_the_following_picture_is/cqxxz2i?context=1
  21. https://twitter.com/Dinnerbone/status/615853908553019393
  22. https://twitter.com/Dinnerbone/status/283392354851901440
  23. https://twitter.com/Dinnerbone/status/252679131261710336
  24. https://twitter.com/Dinnerbone/status/251719813704069120
  25. https://twitter.com/Dinnerbone/status/253772962530996224
  26. https://twitter.com/Dinnerbone/status/250904989885661184
  27. https://twitter.com/Dinnerbone/status/250907917665042432
  28. https://twitter.com/TheMogMiner/status/501766046681153536
  29. https://twitter.com/SeargeDP/status/603200679532978176
  30. https://bugs.mojang.com/browse/MC-80671?focusedCommentId=228546&page=com.atlassian.jira.plugin.system.issuetabpanels:comment-tabpanel#comment-228546