We have begun migration of most wikis to our new host, Amazon Web Services. All but the top 100 wikis are in read-only mode until the migration is complete. Estimated completion: TBD -- Update: Fri 10/20 11pm UTC - We have encountered some unexpected issues. Our staff is working around the clock to complete this process as quickly as possible. Thank you for your patience.

鉄鉱石

提供: Minecraft Wiki
Iron oreから転送)
移動先: 案内検索
鉄鉱石
Iron (Ore).png
Iron (Ore)
落下

しない

透過

しない

発光

しない

爆発耐性

15

回収道具


再生

不可

スタック

可 (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 15 hex: F bin: 1111

ID名

iron_ore

この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
Duncan Geere Mojang avatar.png 鉄鉱石の鉱脈を掘っていても、決してわくわくすることはないでしょう。Minecraft のワールドでしばらく生活をしていると、石炭が必要な時に必要なだけ見つけることができるようになっているので、それ以上の価値がなくなってしまっています。ですが、私は機会を逃しません。這い回るクリーパーの群れに襲われても、少しの鉄を掴むために。
Duncan Geere[1]

鉄鉱石 (Iron Ore) は地下に存在する鉱石である。また、道具や防具を作るのに用いられるもっとも一般的な鉱石である。

入手[編集 | ソースを編集]

鉄鉱石は、石のツルハシ以上で採掘された時のみ、アイテムとしてドロップする。他のツールで採掘しても、何もドロップしない。



ブロック
鉄鉱石
硬さ 3
回収道具
採掘時間[注釈 1]
15
木製 7.5
石製 1.15
鉄製 1.15
ダイヤ製 0.6
金製 1.25
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。


自然生成から[編集 | ソースを編集]

鉄は海面より低い場所(1~64)にのみ生成される。しかし、ほとんどの場合、低高度にある。平均すると、1チャンクあたり77個の鉄鉱石となる。

鉄鉱脈は様々な大きさになるが、一般的なものは 2×2×2 となる。鉄は砂利洞窟、または他の鉱石が重なっていない限り常に4~10の鉱脈に存在する。鉱脈中のブロックは、ランダムに鉄鉱石となっている。

用途[編集 | ソースを編集]

製錬材料として[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
鉄鉱石
Iron Ore Grid layout Furnace Progress.png Iron Ingot
Grid layout Fire.png
Coal

動画[編集 | ソースを編集]

鉄鉱石/video

歴史[編集 | ソースを編集]

Classic
0.0.14a_01 鉄鉱石が追加された。Classic では巨大な鉱脈が生成され、時に3つの洞窟に渡っていたり、167個もの大きさだった。
鉄鉱石を採掘すると1~3個の鉄ブロックが入手できていた。
Indev
? 採掘した際に、鉄ブロックをドロップしなくなった。
0.31 January 29, 2010 かまどが追加される前は、製錬したい場合、プレイヤーが鉱石をに投げ入れなければならなかった。
鉄鉱石が採掘されると鉱石自体がドロップするようになった。
February 1, 2010 鉄鉱石はあるいはダイヤモンドツルハシを使った際のみ採掘出来るようになった。
正式版
1.3.1 12w22a 鉄鉱石などの鉱石、ブロック、アイテムを製錬した際、かまどからアイテムを取り出す時に経験値を得られるようになった。鉄鉱石1スタックあたり、約2レベルの経験値が得られる。
Pocket Edition Alpha
0.3.0 鉄鉱石が追加された。
0.12.1 製錬した際、経験値が得られるようになった。
Console Edition
TU1 CU1 1.0 Patch 1 鉄鉱石が追加された。


ギャラリー[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 現実世界ではベージュ色の鉄鉱石は存在しない。実際の鉄鉱石の色は黒、赤、金黄色が存在するが、どれもベージュ色ではない。

脚注[編集 | ソースを編集]