Indevの家

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Indevの家
Indev House.pngMossyCobblestoneIndev.png
構成ブロック
Rose (2D).png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
これらの機能は、以前の古いバージョンのMinecraftに存在するものです。

Indevの家(英:Indev House)は、Java Edition Indevのワールドで最初にスポーンしたときに出発点として機能する構造物だった。

生成[編集 | ソースを編集]

プレイヤーが新しいワールドを作成すると、ワールドの中心にあるIndevの家の中にスポーンする。

構造[編集 | ソースを編集]

詳細は「Indevの家/構造」を参照

幅7ブロック×長さ7ブロック×高さ4ブロックの構造物で、プレイヤーが出るための1×2の穴があり、内部には2つの松明がある。 Indevの家が追加されたとき、それらは苔石(他の場所では自然にはしない)と4つのチェストで構成され、1つはTNTで、もう1つはすべてのタイプのブロックの完全なスタック(当時は99)で、最後の1つはすべての種類のアイテムとすべての色の羊毛で満たされていた。Indevがアイテムとブロックのテストから実際のサバイバル面のテストに進むにつれて、これらのチェストは削除された。その後、家のデザインが変更された。床はに、壁と屋根は木材に変更された。

チェストの戦利品[編集 | ソースを編集]

この節では、各チェストの内容を含む表、または可能性としてサブページ。についての情報が不足しています。
上記の内容を含めて節の内容を拡充してください。詳細については、議論ページを参照してください。

内部のチェストには、バージョン間で異なるさまざまなブロックの備蓄があった。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Indev
0.3120100124Indevの家が追加された。
Indevの家は2つの松明を備え、苔石でできている。
20100214-1Indevの家が木材で作られるようになった。
Java Edition Infdev
20100227Indevの家が削除された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]