Fire TV Edition

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Fire TV Edition
MinecraftFireTV.png
製作
プラットフォーム

Fire TV

開発言語

C++

最新バージョン

1.1.5

リリース日

2016年12月19日

レーティング

Amazon: Guidance Suggested[2]

サイズ

72.4 MB

ライセンス

専用ソフトウェア

ソースコードの入手

不可

リンク

サブタイトル"Fire TV Edition"はもう使われていません。
このEditionの最新情報はBedrock Editionを参照してください。

Minecraft. Fire TV EditionAmazon Fire TV専用に設計されたBedrock Editionの旧称である。元々はPocket Editionであった。Fire TVではAlpha for Fire OSが利用可能だったが、エンダー・アップデートApple TV Editionがリリースされた2016年12月19日に、より高価なFire TV Editionに変更された。Fire TV用のPocket Editionは廃止され、それまでの所有者は無料でダウンロードできるようになっていた。ベター・トゥギャザー・アップデート以降はFire TV Editionという名称ではなくなった。

Amazonの命名と価格設定[編集 | ソースを編集]

2019年3月現在、この製品はAmazon App Storeで「Minecraft for Fire TV」と記載されており、すべてのBedrock Editionの亜種を単に「Minecraft」と呼ぶ慣習から潜在的に逸脱している。Amazonでの使用法では、平坦な「Minecraft」という名称は、(テレビ以外の)Androidプラットフォーム用の(Bedrock)エディションのみを指す。

「for Fire TV」版は、バニラAndroid版よりもはるかに高い価格帯を保持している(2019年3月時点で約3倍)。

脚注[編集 | ソースを編集]