ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

Education Edition Early access

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Early Access
Education Edition early access.jpeg
エディション

Education Edition

公式名称

0.14.2
0.16.0

リリース日

2016年6月9日[1]

プロトコルバージョン

Education Edition early accessMinecraft: Education Editionの開発バージョンである[2]

機能[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • シンプルで安全なサインイン
    • 個々の生徒と教師がログインすると、ゲーム内の各プレーヤーで識別され、Minecraft: Education Editionをプレイしている間、データのプライバシーとセキュリティが確保される。
    • シングルサインオン(SSO)機能がサポートされているため、追加のパスワードやアカウントは必要ない。

ブロック[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

エンティティ[編集 | ソースを編集]

レビュー[編集 | ソースを編集]

Minecraft:Education Editionのセットアップが簡単だったことに感銘を受けました。ダウンロードされてから45分以内にインストールされ、生徒がログインして一緒に世界で遊ぶことができました。サーバーのセットアップやネットワーク構成は必要ありませんでした。

ウィリアム・アニン中学校、ゲームデザイン及び開発教師、Steve Isaacs

新しいMinecraft:Education Editionのお気に入りの機能の1つは、カメラとポートフォリオです。 私は生徒にプロジェクトの写真を撮らせ、キャプション付きで作品のポートフォリオに保存させました。そして、カメラを置いて自分とクラスメートで自撮りすることができました。

ターナー統一学区、メディア技術専門家、Lisa Douthit

私たちの教師は過去数年間、MinecraftEDUバージョンを使用していましたが、新しいMinecraft:Education Editionを試すことに興奮していました。Minecraft Educationチームは、ベータプログラムを通じて非常に協力的で助かりました。Minecraft:Education Editionのチュートリアルと新機能は素晴らしいです。また、数人の学生はベータプログラムに参加し、Minecraft Educationチームと意見を交換することを楽しんでいました。これは彼らにとって強力で現実的な学習の機会でした。

ダグラス郡学区、学校技術&革新パートナー,Mark Blair

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • これは、Minecraft:Education Editionの唯一の無料バージョンである。

脚注[編集 | ソースを編集]