Education Edition/限定要素

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

これは、Education Editionでのみ使用可能な機能の一覧であり、Bedrock EditionとEducation Editionの比較である。

全般[編集 | ソースを編集]

  • チュートリアルワールド
    • ゲーム内での移動、クラフト、ブロックの設置・破壊についてプレイヤーを案内する。
    • 科学の分野も含む。
  • 教訓
    • education.minecraft.netからダウンロード可能
  • 3Dエクスポート
    • プレイヤーが自分の作品を現実世界で利用し、Remix 3Dで共有できる
  • 教室モード
    • ワールドの高い位置からのマップの眺め、全ての生徒の一覧、教師が生徒をテレポートさせる能力、通信するチャット画面を表示するMinecraftのコンパニオンアプリ。
    • ゲームに参加せずに生徒の活動を観察したい教師向けに提供されており、生徒がプレイする必要はない。
  • Code Connection
    • 教育者と学生が没入型のMinecraftを探索、作成、プレイできるようにする拡張機能であり、全てコードを記述する。
  • 簡単な教室コラボ
    • 最大30人の生徒からなる教室全体を個別のサーバーセットアップをせずにワールドで一緒にプレイできる。
    • 正とはクラスメイトのワールドに参加するだけで、組やグループで一緒に作業できる。
  • 簡単で安全なサインイン
    • Minecraft: Education Editionをプレイしている間Office 365 Educationアカウントを使用して個々の生徒と教師がログインすると、データのプライバシーと安全が確保される。

コマンド[編集 | ソースを編集]

詳細は「コマンド」を参照

ブロック & アイテム[編集 | ソースを編集]

Mob・エンティティ[編集 | ソースを編集]

  • NPC
    • 生徒のガイドとして機能し、指導を行い、多くの情報を提供し、教員が追加の参照への有効なウェブリンクを挿入できるようにする。
  • エージェント[注釈 1]
    • 別タイプのNPC。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. a b c d e f g h これらのブロックとアイテムはBedrock Editionではなく、「Education Edition」が有効になっているワールドでのみ存在する。