Education Edition

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Education Edition
EducationEditionLogo.png
製作
プラットフォーム

macOSWindows 10

開発言語

C++

最新バージョン

1.0.2 (Bedrock Edition 1.2 相当[2])

リリース日

2016年11月1日[3]

レーティング

?

サイズ

83.0 ~ 84.0 MB

ライセンス

利用規約

ソースコードの入手

不可

リンク

Minecraft が教室にうまく適合する理由の1つは、それが一般的で創造的な遊び場だからです。私たちは、Minecraft が世界中の教育や学習スタイル、教育システムの違いを超えていることを見てきました。(Minecraftは)人々が一緒に来て、ほぼ何でも教育をすることができるオープンスペースなんです。
Vu Bui による Minecraft: Education Edition[4]

Minecraft: Education Edition は、学校などの教育施設で用いられることを目的とした、Minecraft の教育向けバージョンである。これは Mojang ABMicrosoft Studios によって製作され、Minecraft を使い、簡単にセットアップが可能となる。2016年11月1日にフルリリースされた[3]。日本でのリリースは未定。

機能[編集 | ソースを編集]

Education Edition は Pocket Edition および Bedrock Edition [5] に基づいており、Minecraft をよりアクセスしやすくし、教室の設定で効果的にする機能が含まれている。

  • 簡単な教室でのコラボレーション:教育者は、Minecraft: Education Edition の最大の利点の1つは、生徒が共同してプロジェクトを構築し、問題を解決する能力であると語っている。最大30人の生徒の教室全体が、別々のサーバー設定を必要とすることなく、世界中でプレイできる。または、クラスメイトの世界に参加するだけで、ペアまたはグループで一緒に働くことができる。
  • 非プレイヤーキャラクター:教育者は、ゲーム中の生徒のためのガイドとして機能し、指示を与え、より多くの情報を提供し、また、教育者が追加の参照にアクティブなウェブリンクを挿入できるように、
    NPC
    (非プレイヤーキャラクター)を作成することができる。

  • カメラ

    ポートフォリオ
    :Minecraft で教育するにあたって最も重要な側面は、ゲームの学習の証拠を収集し、生徒の進路を追跡できることである。カメラとポートフォリオ機能により、生徒は自分の仕事のスクリーンショットを撮り、プロジェクトの開発を文書化することができる。

  • 黒板
    :クリエイターは、黒板を使って学習目標を伝えたり、追加情報を提供したり、ゲーム内で明示的な指示を与えることができる。黒板は、
    黒板
    もしくはスレート (1×1)、
    ポスター
    (2×1)、
    ボード
    (2×3) の3種類のサイズが存在する。
  • シンプルで安全なサインイン:Office 365 Education アカウントを使用する個々の生徒と教師のログインにより、Minecraft: Education Edition の再生中にデータのプライバシーとセキュリティが確保される。
  • チュートリアルのワールド:Minecraft に初めて参加した教育者や生徒には、ゲーム内でのナビゲーション、クラフト、ブロックの設定や採掘をガイドするチュートリアルのワールドが用意されている。


  • 許可ブロックと拒否ブロック:これらのブロックでは、教育者(または WorldBuilder 権限を持つプレイヤー)が、プレイヤーがブロックの設置を行える場所または行えない場所を区別することができる。

  • ボーダー
    :プレイヤーが特定のエリアに出入りするのを防ぐことができる。影響の範囲は、ブロックが X、Z 座標上に置かれているところから Y 座標の全範囲を拡張する。これは、丸石の壁と同じテクスチャをしているが、滑らかな赤い質感と赤いパーティクルの効果がある。
  • クラスルームモード:これは Education Edition の無料プログラムで、教育者は地図(すべてのプレイヤーの所在地を含む)のマスタービューを表示したり、チャットでプレーヤーと通信したり、チャットを監視したり、いくつかのワールド設定をオフ / オンすることができる。
  • 追加のアイテムホットバー:3つの追加スロットを備えた小さなホットバーがあり、これは教育者がプレイヤーに有効にすることができる。この小さなホットバーはメインのホットバーの右側にあり、教育者はこのホットバーにアイテムを配置することができる。
  • コードビルダーとエージェント:生徒がコードエディターでコードを書くことを許可する Education Edition の無料プログラムで、エージェントがプログラム内のコードを実行する。これは新しく発表された機能で、1.0.1で実装される[6]

レッスンプラン[編集 | ソースを編集]

Education Edition のレッスンプランはダウンロードすることができ、特定の年齢層と、歴史、視覚芸術、ゲームなどのさまざまなテーマに分かれている。さらに、教育者は、他の人がメインのウェブサイトから使用するために作成したレッスンプランをアップロードすることができる。

価格[編集 | ソースを編集]

無料のトライアルが利用できる予定であり、すべての機能を使うには年間5ドル支払う必要がある。既に MinecaftEdu が取り入られている学校や区域には無料で提供される。

2017年5月2日に、新しい Windows 10 デバイスを購入する学校や教育機関が、Minecraft: Education Edition を無料で購入できることが発表された[7]

資格[編集 | ソースを編集]

Education Edition の購入資格を得るには、次の要件を満たす必要がある(技術仕様を参照):

  • 資格のある教育者は、学術機関のフルタイムまたはパートタイムの教員またはスタッフでなければならず、外部の電子メールを受信できる学校固有の電子メールアドレスを学校が提供している必要がある。
  • 資格を有する地区または学校は、登録学生を教育する目的で組織され、運営されている認定教育機関として定義された資格のある教育利用者でなければならない。
  • 適格公共図書館は、特定のコミュニティ、地区、地域のすべての住民に有料で一般図書館サービスを提供する必要がある。
  • 資格を有する公立博物館は、本質的に教育や審美的な目的のために恒久的に組織された機関または機関でなければならず、定期的に有形物を公衆に展示する専門スタッフを利用しなければならない。
  • 最後に、対象となる家庭教育プログラムは、それが全国的に認知された家庭教育機関に属しているか、地元の学区が認定された認定されたまたは州が認定/承認した教育機関でなければならない。

システム要求[編集 | ソースを編集]

最低限のシステム要求(Tech Specs による):

Windows 10[編集 | ソースを編集]

  • 1 GHz 以上の 32-bit または 64-bit のプロセッサ
  • 1 GB の RAM または 2 GB の RAM
  • 16 GB のハードディスク空き容量または 20 GB のハードディスク空き容量
  • WDDM 1.0 以上のドライバを搭載した DirectX 9 グラフィックスデバイス

Mac OSX El Capitan[編集 | ソースを編集]

さらに、Education Edition にログインするには、Office 365 のアカウントが必要である。

動画[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]