Early Classic Creative

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Early Classic Creative
Early Classic Creative.png
初期バージョン

0.0.2a(2009年5月16日)

最新バージョン

0.0.14a_08(2009年5月28日)

料金

?

この記事の名前は単なる推測です。
正式な名称が発表された場合、名前が変更される可能性があります。

Early Classic Creativeは、2009年5月16日から5月28にかけてリリースされたクラシックのいくつかのバージョンを指す。pre-Classicに成功し、Multiplayer Testを先行した。クリエイティブのシングルプレイが唯一のモードであり、ゲーム内で使用できるブロックの数は限られていた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック
  • 岩盤
    • プレイヤーには手に入らない。
  • および砂利
    • 1ブロックの厚さの砂浜でのみ自然生成される(通常は水辺または山水の中央)。これらの海岸は常に海面より下にあった。
    • 落下するブロックエンティティに変化して落下するのではなく、空気ブロックの上に置くと、落下するアニメーションなしで、砂が移動できる最も低いポイントに即座に移動する。
  • 金鉱石
    • より高い標高で発見され、地表に露出した鉱脈がしばしば発見された。
    • 金鉱石を壊しても、採掘時にプレイヤーに1–3の金ブロックを与えない。
  • 鉄鉱石
    • 巨大な鉱脈に生成され、時には3つの洞窟を突き抜けるほど大きく、167個もの鉱石を持つことがあった。
    • 鉄鉱石を壊しても、採掘時にプレイヤーに1–3の鉄ブロックを与えない。
  • 石炭鉱石
    • 採掘時に鉱石自体をドロップしない。
  • 原木および
    • 木としてスポーンする。
ワールド生成
  • 無限の海が地図を囲んでいる。
  • レベルサイズ「巨大」。
設置
  • 右クリックすると、ブロックの設置と削除が切り替わるようになった。
GUI
  • バージョン番号が画面の左上に表示されるようになった。
    • FPS(1秒当たりのフレーム数)とチャンクの更新も表示される。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • この時点で発生したバグがあり、プレイヤーは砂の上に砂を置くことで液体ブロックの高さを上げることができた。砂は、壊れるまで宙に浮いたままになる。壊れると、砂の下にあるタイプに対応する液体ブロックがブロックのある場所に表示される。吊り下げられた液体ブロックは、ブロックが隣に配置されるまで動かず、洪水を引き起こす。