現在、このウィキのスタイル・表記議論ページ)および翻訳のガイドライン制定について議論を行っています。皆様のご参加をお待ちしております。

Data pack

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Java Edition.png
このページには次回のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素は開発版で登場していますが、この要素が含まれた正式なアップデートはまだ行われていません。

Data pack は、プレイヤーが Minecraft をカスタマイズすることができるシステムである。Data pack を使用することで、コードを変更しなくても進捗関数ルートテーブル、構造物、レシピ、そして Tag を上書きしたり、新しく追加できる。

使用法[編集 | ソースを編集]

Data pack は、.minecraft/saves/(ワールド)/datapacks フォルダに配置する。各 Data pack は、datapacks フォルダ内のサブフォルダまたは .zip ファイルとなる。Data pack をフォルダに入れることで、そのワールドで使用することができる。

Data pack は、読み込み順に基づいてデータが読み込まれる。/datapack コマンドを使用することでこの順序の表示や変更を行うことができる。

内容[編集 | ソースを編集]

フォルダの構造[編集 | ソースを編集]

  • (Data pack の名前)
    • pack.mcmeta
    • data
      • (名前空間)
        • advancements
          • (advancement).json
        • functions
          • (function).mcfunction
        • loot_tables
          • (loot_table).json
        • recipes
          • (recipe).json
        • structures
          • (structure).nbt
        • tags
          • blocks
            • (tag).json
          • items
            • (tag).json

pack.mcmeta[編集 | ソースを編集]

Data pack は、JSON 形式で記述された pack.mcmeta ファイルに基づいて、Minecraft に識別されている。

  • Nbtsheet.png
    • Nbtsheet.png pack: Data pack の情報を記述する。
      • Nbtsheet.png pack_format: パックのバージョン(任意の数値を指定できる)。
      • Nbtsheet.png description: パックの説明(記述する必要はあるが、空白にしてもよい)。この説明は Data pack の一覧にある Data pack をホバリングすると、表示される。

data[編集 | ソースを編集]

このフォルダには、1つまたは複数の「名前空間」の下にあるすべてのデータが格納される。これには、advancementsfunctionsloot_tablesstructuresrecipes、そして tags のフォルダを格納することができる。データフォルダ内のすべてのファイルとフォルダ名と同様に

名前空間はデータを識別するために使用され、data フォルダ内の全てのファイルとフォルダ名と同様に、小文字の英数字、-_、そして . のみしか使用することができない。複数の Data pack 間で名前空間が重複することを避けるためにも、必ず一意の名前空間を使用しなくてはならない。また、minecraft の名前空間は、デフォルトのデータを上書きする場合にのみ使用される。

各進捗、関数、ルートテーブル、構造物、レシピ、そして Tag はそれぞれのフォルダに直接配置することができ、サブフォルダに配置することも可能である。

歴史[編集 | ソースを編集]

開発中
1.13 17w43a Data pack が追加された。
17w46a /datapack コマンドが追加された。このコマンドは、読み込まれた Data pack を操作するためのコマンドである。
17w48a Data pack から自分のオリジナルのレシピを読み込めるようになった。
17w49a Tag で Data pack を作ることができるようになった。
17w49b 関数を Tag でタグ付けできるようになった。
minecraft:tick でタグ付けされた関数が、ティックごとに関数を実行するようになった。
18w01a minecraft:load でタグ付けされた関数が、読み込まれた時(もしくは再読み込みされた時)に一度関数を実行するようになった。
クラッシュレポートに、有効になっている Data pack の一覧が表示されるようになった。

関連項目[編集 | ソースを編集]

Promotional Content