Hello there! We are conducting a survey to better understand the user experience in making a first edit. If you have ever made an edit on Gamepedia, please fill out the survey. Thank you!

データパック

提供: Minecraft Wiki
Data packから転送)
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

データパック (Data Pack) は、プレイヤーが Minecraft をカスタマイズすることができるシステムである。データパックを使用することで、コードを変更しなくても進捗関数ルートテーブル構造物レシピタグを上書きしたり、新しく追加できる。

使用法[編集 | ソースを編集]

データパックは、.minecraft/saves/(ワールド)/datapacks フォルダに配置する。各データパックは、datapacks フォルダ内のサブフォルダまたは .zip ファイルとなる。データパックをフォルダに入れ、/reloadコマンドを実行するか再ログインすることで、そのワールドでデータパックが有効化される。

データパックは、読み込み順に基づいてデータが読み込まれる。/datapack コマンドを使用することでこの順序の表示や変更を行うことができる。読み込み順はlevel.datファイルに保存される。

内容[編集 | ソースを編集]

フォルダの構造[編集 | ソースを編集]

  • (データパックの名前)
    • pack.mcmeta
    • data
      • (名前空間)
        • advancements
          • (進捗).json
        • functions
          • (関数).mcfunction
        • loot_tables
          • (ルートテーブル).json
        • recipes
          • (レシピ).json
        • structures
          • (構造物).nbt
        • tags
          • blocks
            • (タグ).json
          • entity_types
            • (タグ).json
          • items
            • (タグ).json
          • fluids
            • (タグ).json
          • functions
            • (タグ).json

pack.mcmeta[編集 | ソースを編集]

データパックは、JSON 形式で記述された pack.mcmeta ファイルに基づいて、Minecraft に識別されている。

  • Nbtsheet.png
    • Nbtsheet.png pack: データパックの情報を記述する。
      • Nbtsheet.png pack_format: パックのバージョン(任意の数値を指定できる)。
      • Nbtsheet.png description: パックの説明(記述する必要はあるが、空白にしてもよい)。この説明は、データパックの一覧にあるデータパックをホバリングすると表示される。
      • Nbtsheet.png description: データパックの一覧でパックの説明として表示される生のJSONテキストstring型のdescriptionと同じ振る舞いをするが、いずれか一方だけしか記述できない[いつ?]

data[編集 | ソースを編集]

名前空間ID § 名前空間」も参照

このフォルダには、1つまたは複数の名前空間の下にあるすべてのデータが格納される。これには、advancementsfunctionsloot_tablesstructuresrecipestags のフォルダを格納することができる。

各進捗、関数、ルートテーブル、構造物、レシピ、タグはそれぞれのフォルダに直接配置することができ、サブフォルダに配置することも可能である。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.13 17w43a データパックが追加された。
17w46a /datapack コマンドが追加された。このコマンドは、読み込まれたデータパックを操作するためのコマンドである。
17w48a データパックから自分のオリジナルのレシピを読み込めるようになった。
17w49a データパックでタグが使えるようになった。
17w49b 関数をタグでタグ付けできるようになった。
minecraft:tickでタグ付けされた関数が、毎ティック開始時に実行されるようになった。
18w01a set_name関数がルートテーブルに追加された。
minecraft:loadでタグ付けされた関数が、読み込まれた時(もしくは再読み込みされた時)に一度実行されるようになった。
クラッシュレポートに、有効になっているデータパックの一覧が表示されるようになった。
1.14 18w43a エンティティ種別をタグ付けできるようになった。

問題点[編集 | ソースを編集]

「データパック」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

関連項目[編集 | ソースを編集]