コマンドブロック

提供: Minecraft Wiki
Command blockから転送)
移動先: 案内検索
コマンドブロック
Impulse Command Block.gifChain Command Block.gifRepeating Command Block.gif
Conditional Impulse Command Block.gifConditional Chain Command Block.gifConditional Repeating Command Block.gif
コマンドブロックチェーンコマンドブロックリピートコマンドブロック
種類

ブロックエンティティ

設置制限

なし

落下

しない

透過

しない

発光

しない

爆発耐性

18,000,000

硬さ

-1

回収道具

なし

再生

不可

スタック

可 (64)

可燃性

なし

初登場

§ 歴史 を参照

ドロップ

しない

ブロックエンティティ ID

command_block

データ値

§ データ値 を参照

名前

§ ID を参照

Duncan Geere Mojang avatar.png あなたがプレイのほとんどをサバイバルモードでしていて「これはチートのようだ」と思ったなら、それは正しいです。これがサバイバルモードでコマンドブロックが入手できない理由です。コマンドブロックは、クリエイティブモードやアドベンチャーモードのマップ製作者向けに特別に作成した機能です。Jeb は、2012年7月のツイートでコマンドブロックの追加をアナウンスし、1.4.2(プリティー・スケアリー・アップデート)で、不気味な金床や気味の悪い植木鉢、恐ろしいニンジン付きの棒とともにゲームに追加されました。
Duncan Geere[1]
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?

コマンドブロック(英:Command Block)は、コマンドを実行することができるブロックである。サバイバルモードにおいてはチートなしでは入手できないため、主にマルチプレイサーバーやカスタムマップで使用される。

入手[編集 | ソースを編集]

コマンドブロックはクリエイティブインベントリから入手することはできず、ブロック選択操作、もしくは /give @s minecraft:command_block/setblock ~ ~ ~ minecraft:command_block のようなコマンドを使用することで入手できる。

他のブロックと同様に NBT データを保持することができ、CTRL を押しながらブロック選択を行うことで、コマンドブロックのコマンドや設定をコピーすることができる。これにより、コマンドの再入力をすることなく同じコマンドのコマンドブロックを別の場所に設置することができる。

コマンドブロックは、オペレーター権限のないプレイヤーはサバイバルモードでは破壊することができない。また、可燃性はなく、ピストンで移動させることもできない。さらに、岩盤と同じ爆発耐久値を持つ。

用途[編集 | ソースを編集]

コマンド」および「チュートリアル/コマンドブロック」も参照

コマンドブロックは、レッドストーン信号によって起動することでコマンドを実行できる。コマンドブロックはすべての権限を有するので、コマンドを使用できないプレイヤーが特定のコマンドを使用できるようにすることができる(例えば、/give を設定することで誰でも特定のアイテムを入手することができる)。

コマンドブロックは、どの方向にチェーンコマンドブロックが起動されるかを向きを決める。「条件付き」モードのコマンドブロックが実行されるかどうかをチェックする。[要改訳]

変更[編集 | ソースを編集]

コマンドブロックの GUI

コマンドブロックにコマンドを入力したり変更したりするには、コマンドブロックに対して使用操作をしてコマンドブロックの GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を開けばよい。GUI はクリエイティブモードかつ適切な権限を持つプレイヤーにのみ表示される。シングルプレイでは、コマンドブロックの編集にはチートを有効にしなければならない。マルチプレイでは、コマンドブロックの編集はクリエイティブモード、かつオペレーター権限を持つプレイヤーのみが行える。また、コマンドブロックを正しく動作させるには、server.properties ファイルの以下の値を設定する必要がある。

  • enable-command-blocktrue に設定する
  • op-permission-level2 以上に設定する(デフォルトは 4)
コンソールコマンド
コマンドは、上部のテキストエリアに入力することができる。入力できるコマンドの長さは32,500文字までだが、テキストエリアでは一度にこのわずかな部分しか表示できない。Tab ↹ キーを押すことで、コマンドの補完や候補の選択ができる。
コマンドブロックのコマンドには、チャットウィンドウでの入力のように先頭にスラッシュ(/)を付ける必要はないが、付けても問題はない。
コンソールコマンドのテキストエリアの下には、ターゲットセレクターの使用方法に関するヒントが記載されている。
前回の実行結果
下部のテキストエリアには、前回実行されたコマンドから出力されたメッセージ(成功/失敗)が表示される(初期は空欄)。このテキストは編集できない。
テキストエリアの右に表示されているボタンには、前回の実行結果の出力を記憶しておくかどうかを設定できる。O(デフォルト)が表示されている時は出力は記憶され、X が表示されている時は記憶されない。A command block that's tracking its output while executing its command will cause a block update, and when you have 64 of those command blocks tracking their output while executing their command sharing the same chunk, it will then cause 1 or more chunk updates because 64 block updates in 1 chunk will cause one or more chunk updates. If the amount of chunk updates is high enough, then it can cause fps drops for players if they're receiving the chunk updates. To avoid this, simply have all of your command blocks not track their output at all, except for temporary debugging purposes.
インパルス/チェーン/リピート
「インパルス/チェーン/リピート」のボタンをクリックすると、コマンドブロックの種類を変更できる。デフォルトの状態は「インパルス」だが、デフォルト以外の状態のコマンドブロックも設置できる。コマンドブロックの種類を変更すると、色も変わる:
  • 「インパルス」に設定されたコマンドブロックは橙色である。レッドストーン信号により起動される度に、一度だけ実行される。
  • 「チェーン」に設定されたコマンドブロックは緑色である。コマンドブロックの処理が終了すると、そのコマンドブロックが指す方向に隣り合ったコマンドブロックが実行される。これは単に隣り合っているだけでなく、どれを指しているのかを検出するという点で、条件付きオプションとは異なる。隣り合うコマンドブロックの種類は、チェーンである必要はない。
  • 「リピート」に設定されたコマンドブロックは紫色である。レッドストーン信号により起動している間は、1ゲームティックごとにコマンドが実行される(ラグなしで秒間20回)。
条件付き/無条件
上: 「無条件」モードのコマンドブロック
下: 「条件付き」モードのコマンドブロック
「条件付き/無条件」のボタンをクリックすると、コマンドブロックの実行条件を変更できる。
  • 「条件付き」:条件付きモードのコマンドブロックは、その前のコマンドブロック(チェーンの方向にかかわらず、そのコマンドブロックの方向とは反対にあるコマンドブロック)の実行が成功した場合にのみ実行される。
  • 「無条件」(デフォルト):無条件モードのコマンドブロックは、(正しく起動していれば)その前のコマンドブロックの実行が失敗していたとしても実行される。
常時実行/動力が必要
「常時実行/動力が必要」のボタンをクリックすると、コマンドブロックの起動条件を変更できる。
  • 「動力が必要」(インパルス、およびリピートコマンドブロックのデフォルト):「動力が必要」に設定されたコマンドブロックは、コマンドの実行にレッドストーン信号によって起動する必要がある。
  • 「常時実行」(チェーンコマンドブロックのデフォルト):「常時実行」に設定されたコマンドブロックは、レッドストーン信号なしに起動することができる。
    • チェーンコマンドブロックは、チェーンした際にコマンドが実行される。
    • リピートコマンドブロックは、毎ゲームティックごと、すなわち秒間20回コマンドが実行される。
    • インパルスコマンドブロックは、一度だけ起動され、その後再び起動されない。
完了
「完了」ボタンをクリックするか、↵ Enter キーを押すと、コマンドが保存され、コマンドブロックの GUI が閉じる。
キャンセル
「キャンセル」ボタンをクリックするか、Esc キーを押すと、コマンドは保存されず、コマンドブロックの GUI が閉じる。

起動[編集 | ソースを編集]

Command blocks are redstone mechanisms and can be activated by:

  • An adjacent active power component: for example, a redstone torch (except that a redstone torch will not activate a command block it is attached to), a block of redstone, a daylight sensor, a button etc.
  • An adjacent powered block (for example, an opaque block with an active redstone torch under it)
  • A powered redstone comparator or redstone repeater facing the mechanism component
  • Powered redstone dust configured to point at the command block (or on top of it) or directionless; a command block is not activated by adjacent powered redstone dust which is configured to point away from it.

In addition, when a command block is cloned by a command to a powered location, the new command block will only execute its command if the original has never been activated (visible in the F3 debug screen as "triggered").

Unlike all other redstone components except the note block, a command block can be activated every game tick (20 times per second, barring lag). However, if it's set to Needs Redstone, then activating it two game ticks in a row requires that it transition from powered to unpowered and back during the same tick (for example, with a setblock clock).

A command block in "Always Active" mode is always activated. The default state is "Needs Redstone", which means that it runs only when powered.

When activated, a command block will try to execute its command. depending on the command block's type:

  • a command block ("Impulse") will try to execute its command once
  • a chain command block ("Chain") will not try to execute its command until another command block facing it executes its own command
  • a repeating command block ("Repeat") will try to execute its command every game tick until no longer activated

連鎖実行[編集 | ソースを編集]

If any command block faces a chain command block (a command block in "Chain" mode) when activated, it will notify the chain command block to also attempt execution. The chain command block will only execute its command if activated and, if in "Conditional" mode, if the command block behind it executed successfully (behind in the sense of the direction it is facing, not in the sense of which command block chained to it). Whether or not the chain command block is activated or executes successfully, if it is facing another chain command block, it will notify it to attempt execution as well.

Chained command blocks execute in the same game tick in the order they are chained. Chained execution cannot be passed to a command block which has already executed in that game tick (loops execute only once).

出力[編集 | ソースを編集]

When activated, a command block can produce multiple types of output:

Redstone Comparator
A command block can power a redstone comparator facing away from it (possibly separated by a block) with a signal strength specific to the last executed command (for example, the number of players affected by the command).
The signal strength always reflects the last command executed, even after the command block is deactivated.
Message
The output message describes the success or failure of the executed command, and may be written to multiple destinations:
Previous Output: The output message is always written to the "Previous Output" text pane of the command block GUI.
Chat: The output message is written to the chat text in singleplayer mode, or broadcast to all other ops in multiplayer mode, unless it has been suppressed with /gamerule commandBlockOutput false. Some commands may write additional text to the chat as their normal function which won't be suppressed (for example, the /say command will write a message to the chat of all players), separate from the output message. Chat messages which would usually be prefaced by a player's name (such as from the /me, /say and /tell commands) use @ as the player name. If the command block had been named in an anvil before placement, that name will be used instead.
Logs: The output message is written to multiplayer server logs unless it has been suppressed with /gamerule logAdminCommands false.
Command Stats
Command blocks can post various success results to scoreboard objectives, including:
  • SuccessCount: the number of successes (previously also available by redstone comparator output, but not limited to 15)
  • AffectedBlocks: the number of blocks that were altered
  • AffectedEntities: the number of entities that were altered (including players)
  • AffectedItems: the number of items that were altered
  • QueryResult: value returned by command
The objectives to be used can be specified by running the /stats command or by modifying the command block's NBT data directly with the /blockdata command.

備考[編集 | ソースを編集]

The following commands cannot be used in a command block: /ban, /banlist, /ban-ip, /debug, /deop, /kick, /op, /pardon, /pardon-ip, /publish, /save-all, /save-off, /save-on, /stop, and /whitelist (i.e., /debug, /publish, and all of the multiplayer-only commands except /list).

The following commands are usable but with limited functionality (their output only displays in the command block's Previous Output pane rather than being displayed in the chat): /help, /seed, /list, /scoreboard objectives, /scoreboard players, and /scoreboard teams list.

The following commands use the command block's name (defaults to @) in their output: /me, /say, and /tell.

イースターエッグ[編集 | ソースを編集]

Running "Searge" as the command in the command block without a preceding "/" will now set the previous output to "#itzlipofutzli". Additionally, if /help is run via command block, it gives various messages prefixed with "Searge says: ".

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

名前 ID名 ブロックID もしくはアイテムID
コマンドブロック minecraft:command_block 137
リピートコマンドブロック minecraft:repeating_command_block 210
チェインコマンドブロック minecraft:chain_command_block 211

データ値[編集 | ソースを編集]

データ値」も参照

In Bedrock Edition, a command block's block data specifies whether the command block is currently activated.

ビット
0x1
0x2
0x4

コマンドブロックの向きを指定する:

  • 0: 下向き
  • 1: 上向き
  • 2: 北向き
  • 3: 南向き
  • 4: 西向き
  • 5: 東向き

6と7は未使用だが、コマンドブロックは下向きおよび上向きになる。

0x8 条件付きであるかどうか
DV 詳細
0 下向き
1 上向き
2 北向き
3 南向き
4 西向き
5 東向き
8 下向き、条件付き
9 上向き、条件付き
10 北向き、条件付き
11 南向き、条件付き
12 西向き、条件付き
13 東向き、条件付き

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

ブロック状態」も参照
名前 詳細
Nbtsheet.png conditionaltrue
false
条件付きの場合、trueになる
Nbtsheet.png facingnorth
south
east
west
up
down
コマンドブロックの向き

ブロックエンティティ[編集 | ソースを編集]

ブロックエンティティフォーマット」も参照

A command block has a block entity associated with it that holds additional data about the block. The block's block entity ID is command_block.

Chunk format/CommandStats

    • Nbtsheet.png Command: The command to issue to the server.
    • Nbtsheet.png SuccessCount: Represents the strength of the analog signal output by redstone comparators attached to this command block. Only updated when the command block is activated with a redstone signal.
    • Nbtsheet.png LastOutput: The last line of output generated by the command block. Still stored even if the gamerule commandBlockOutput is false. Appears in the GUI of the block when right-clicked, and includes a timestamp of when the output was produced.
    • Nbtsheet.png TrackOutput: 1 or 0 (true/false) - Determines whether or not the LastOutput will be stored. Can be toggled in the GUI by clicking a button near the "Previous Output" textbox. Caption on the button indicates current state: "O" if true, "X" if false.
    • Nbtsheet.png powered: 1 or 0 (true/false) - States whether or not the command block is powered by redstone or not.
    • Nbtsheet.png auto: 1 or 0 (true/false) - Allows to activate the command without the requirement of a redstone signal.
    • Nbtsheet.png conditionMet: 1 or 0 (true/false) - Indicates whether a conditional command block had its condition met when last activated. True if not a conditional command block.
    • Nbtsheet.png UpdateLastExecution: 1 or 0 (true/false) - Defaults to true. If set to false, loops can be created where the same command block can run multiple times in one tick.
    • Nbtsheet.png LastExecution: stores the tick a chain command block was last executed in.

歴史[編集 | ソースを編集]

コマンド § 歴史」も参照
Java Edition
2012年7月27日Jeb began tweeting of a new block he had created to start expanding Adventure mode. He began posting pictures, ideas and hints of what the block will be able to do.
2012年7月31日During Notch's AMA he hinted the block may be in 1.4.
1.4.2 12w32a 32px Added command block.
1.5 13w03a Command block success can now power a redstone comparator.
13w04a Command blocks renamed with an anvil now use their name instead of @ in the chat.
1.6.1 13w19a Command blocks are no longer mineable in survival.
Command blocks are now no longer damaged by explosions, except by Blue wither skulls.
1.7.2 13w37a A bar that shows the previous output of command blocks has now been added.
The character limit when inserting a command in a command block has now been increased from 256 to 16,369. Using a third-party editor allows the player to reach 32,767 characters.
1.8 14w07a Dispensers will now place command blocks, instead of shooting them out.
14w20a The in-game character limit of 16,369 has now been removed, allowing access to the full 32,767 characters.
14w27a Added CommandStats NBT tag.
1.8.6 Dispensers will now no longer place command blocks.[2]
1.9 15w33a Character limit for command blocks is now 32,500 instead of 32,767.
15w34a 32px 32px Added the chain command block and the repeating command block.
Added block facing for command blocks.
32px Command block textures have now been updated.
15w34b Added Conditional mode within command blocks.
Added tab completion support within command blocks.
15w35a Impulse Command Block.png Chain Command Block.png Repeating Command Block.png Updated texture of all three command blocks.
Added Always active and needs redstone options for command blocks.
Added auto NBT tag to control redstone options within command blocks.
When command blocks are set to conditional, the back of the arrow texture is curved.
15w36a Players are now unable to use commands, such as /give, within command blocks.
Players, who unable to use commands, can now no longer place command blocks.
15w36d Each command block type will now appear with different colors on maps.
16w02a Running /help in a command block will now randomly use one of various different humorous phrases as the previous output.
16w04a Running "Searge" as the command in the command block without a preceding "/" will now set the previous output to "#itzlipofutzli".
1.11 16w32a The block entity ID is changed from Control to command_block.
1.12 17w16a Chains of command blocks will no longer schedule their commands to be run in the next tick. Instead, they will now execute all in the same tick they are read. This allows later blocks in a chain to be modified via earlier blocks, allowing techniques like branching and looping, all in the same tick.
Added maxCommandChainLength game rule to control the max length of such a chain.
17w17a Added UpdateLastExecution and LastExecution NBT tags, which control the tracking of which tick a chain command block was last executed in.
pre6 Tab-completing command names in command blocks will now no longer add a / prefix.
1.13 17w47a Prior to The Flattening, the numeral IDs for the command block, repeating command block, and chain command block were 137, 210, and 211, respectively.
pre1 The player can now tab-complete in command blocks again.
開発中のJava Edition
1.14 18w47b 32px32px Changed the texture of impulse and repeating command blocks.
Pocket Edition
1.0.5 build 1 Impulse Command Block.png Chain Command Block.png Repeating Command Block.png Added all types of command blocks.
開発中のBedrock Edition
1.8 beta 1.8.0.8 Command blocks will now have a default name of ! instead of @.
Legacy Console Edition
TU19CU71.12Patch 132px Added command blocks.
Command blocks do not have any functionality.

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

問題点[編集 | ソースを編集]

「コマンドブロック」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

脚注[編集 | ソースを編集]