client.json

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

client.json は、.minecraft/versions/<バージョン番号>client.jar に付属し、バージョンの属性が記載されているファイルである。Minecraftのランチャーの最新バージョンを使用する場合、名前は <ゲームのバージョン番号>.json である。特定のバージョンのJSONファイルは version_manifest.json ファイルに配置されている。

JSONの書式[編集 | ソースを編集]

以下は、client.json のJSONの書式である。

  • Nbtsheet.png ルートタグ
    • Nbtsheet.png arguments:
      • Nbtsheet.png game: ユーザー名やバージョンに関する情報など、ゲームに提供される引数が含まれる。
        • Nbtsheet.png 引数。
        • Nbtsheet.png 条件付き引数。
          • Nbtsheet.png rules: ルールの一覧。
            • Nbtsheet.png ルール。
              • Nbtsheet.png action: この値は「allow」。
              • Nbtsheet.png features: チェックできる一連の機能が含まれる。
                • Nbtsheet.png is_demo_user: 複合タグの最初にのみ表示される。
                • Nbtsheet.png has_custom_resolution: width, heightが指定されているかどうか。
          • Nbtsheet.pngNbtsheet.png value: 引数または条件が一致した際に追加される引数の一覧。
      • Nbtsheet.png jvm: メモリ割り当て、ガベージコレクターの選択、または環境変数に関する情報などのJVM引数が含まれる。
        • Nbtsheet.png: 条件付き引数。
          • Nbtsheet.png rules: ルールの一覧。
            • Nbtsheet.png: ルール。
              • Nbtsheet.png action: 値は"allow"。
              • Nbtsheet.png os:
                • Nbtsheet.png name: 複合タグの最初は「osx」、2番目と3番目の場合は「windows」。4番目は表示されない。
                • Nbtsheet.png version: 複合タグの3番目でのみ表示される。値は"^10\\."。
                • Nbtsheet.png arch: 複合タグの4番目でのみ表示される。値は"x86"。
          • Nbtsheet.pngNbtsheet.png value: 引数または条件が一致した際に追加される引数の一覧。
    • Nbtsheet.png assetIndex:
      • Nbtsheet.png id: アセットのバージョン。
      • Nbtsheet.png sha1: アセットファイルのSHA1。
      • Nbtsheet.png size: バージョンのサイズ。
      • Nbtsheet.png totalSize: バージョンの合計サイズ。
      • Nbtsheet.png url: アセットをダウンロードするためゲームがアクセスするURL。
    • Nbtsheet.png assets: Java Edition 1.15時点の値は"1.15"。
    • Nbtsheet.png downloads:
      • Nbtsheet.png client: client.jarダウンロード情報。
        • Nbtsheet.png sha1: jarのSHA1。
        • Nbtsheet.png size: jarのサイズ。(バイト単位)
        • Nbtsheet.png url: jarがホストされているURL。
      • Nbtsheet.png client_mappings: このクライアントバージョンの難読化マップ。Java Edition 19w36aで追加されたが、1.14.4にもある。クライアントダウンロード情報の構造を繰り返す。
      • Nbtsheet.png server: サーバーのダウンロード情報。クライアントダウンロード情報の構造を繰り返す。
      • Nbtsheet.png server_mappings: このサーバーバージョンの難読化マップ。Java Edition 19w36aで追加されたが、1.14.4にもある。クライアントダウンロード情報の構造を繰り返す。
    • Nbtsheet.png id: このバージョンのクライアントの名前(1.14.4など)
    • Nbtsheet.png libraries: ライブラリのリスト。
      • Nbtsheet.png: ライブラリ。
        • Nbtsheet.png downloads: ライブラリのダウンロード情報。
          • Nbtsheet.png artifact: artifactに関する情報。
            • Nbtsheet.png path: ダウンロードしたartifactを格納する。.minecraftの「library」ダイレクトリに関連。
            • Nbtsheet.png sha1: ファイルのSHA1。
            • Nbtsheet.png size: ファイルのサイズ。
            • Nbtsheet.png url: ゲームがファイルをダウンロードするためアクセスするURL。
          • Nbtsheet.png classifiers: 一部のライブラリにのみ表示される。
            • Nbtsheet.png <classifier>: この特定のclassfierを持つartifactの情報を指定する。上記のartifact構造を繰り返す。
        • Nbtsheet.png name: "groupId:artifactId:version"の形式のライブラリのmaven name名
        • Nbtsheet.png url: The URL of the Maven repository (used by Forge).
        • Nbtsheet.png natives: このライブラリに束ねられている(Cで)nativeライブラリに関する情報。nativeのclassfierがある場合にのみ表示される。
          • Nbtsheet.png: このタグの名前は、classfierに表示されるnativeに依存するため、「linux」、「macos」、「windows」または「osx」のいずれかになる。値は、対応するclassfier(「natives-linux」など)になる。
        • Nbtsheet.png extract: 2つのライブラリにのみ表示される。
          • Nbtsheet.png exclude: extractionから除外するものを示す。
            • Nbtsheet.png: 値は"META-INF/"。
        • Nbtsheet.png rules: 最後の2つのライブラリにのみ表示される。上記のように、タグ「action」および「os」を持つcompoundが含まれている。
    • Nbtsheet.png logging: Log4jログ構成に関する情報。
      • Nbtsheet.png client:
        • Nbtsheet.png argument: ログ構成を追加するためのJVM引数。値は"-Dlog4j.configurationFile=${path}"。
        • Nbtsheet.png file:
          • Nbtsheet.png id: 値は「client-1.12.xml」だが、古いバージョンでは異なる場合がある。[注釈 1]
          • Nbtsheet.png sha1: ファイルのSHA1。
          • Nbtsheet.png size: ファイルのサイズ。
          • Nbtsheet.png url: ゲームがログ設定をダウンロードするためアクセスするURL。
        • Nbtsheet.png type: 値は"log4j2-xml"。
    • Nbtsheet.png mainClass: 主要なゲームのclass。 最新バージョンの場合net.minecraft.client.main.Mainだが、古いバージョンでは異なる場合がある。[注釈 2]
    • Nbtsheet.png minimumLauncherVersion: このバージョンのゲームを実行できる最小のランチャーバージョン。
    • Nbtsheet.png releaseTime: リリース日時。
    • Nbtsheet.png time: 「releaseTime」と同じ。
    • Nbtsheet.png type: このゲームバージョンのタイプ。新しいインストールを作成すると、バージョンリストに表示される。デフォルト値は「release」と「snapshot」。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.6.113w16a新しいランチャーでは、バージョンは .minecraft/versions に保存され、各バージョンには minecraft.jar(新しいバージョンでは client.jar.jsonファイル、client.json。を持つ独自のフォルダーがある。
1.7.213w39aルートタグに Nbtsheet.png logging タグが追加された。
1.1317w43a古いタグ Nbtsheet.png minecraftArguments がタグ Nbtsheet.png arguments に置き換えられた。
1.1519w36a難読化マップが Nbtsheet.png downloads タグに記載されるようになった。また、難読化マップは1.14.4でも実装されている。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 例えば、Java Edition 1.10.2の値は"client-1.7.xml"。
  2. 例えば、rd-132211の値はcom.mojang.rubydung.RubyDung