Cave game tech test

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
このページは英語版 1360881 の内容です。


Cave game tech test
Cave game tech test.png
エディション

Java Edition

公式名称

Cave Game tech demo[1]

開発日

2009年5月10–13日

ダウンロード 入手不可

Cave game tech test』 [2](ケーブ・ゲーム・テック・テスト)は、2009年5月13日にノッチによってリリースされた動画の名称である。表示されているバージョンは公開されていないためプレイはできないが、2009年5月10日から開発され[3]、2009年5月13日に披露されたコンピューターゲームである。現時点で言及されている限りではMinecraft、言い換えるとCave Gameの最初のバージョンとして知られている。

機能[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 物理
  • 明かり
  • チャンク
  • ワールド生成
    • 256×64×256のタイルマップである。
  • 洞窟
    • 丸石の最下層の数ブロック前まで続き、渓谷を生成する。
  • クリエイティブモード
    • 非常に単純なバージョンである。プレイヤーは飛行もブロックの設置もできず、ブロックを取得するためのインベントリもホットバーもなかった。

エンティティ[編集 | ソースを編集]

  • プレイヤー
    • 当時は目に見えるモデルがなかった。
    • 身長は1.7ブロックである。

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • 空気
    • この時点では内部的にはブロックではなかった。
  • 丸石
    • ノッチのゲームRubyDungと同じグラフィックスで作られている。
    • RubyDungと同じグラフィックスで作られている。
    • 日光に照らされているタイルにのみ生える。


開発[編集 | ソースを編集]

Cave Game Tech Testのコードは開発中に複数回編集されている。これは分かっているコードの編集の一覧である[要出典]

  • 2009年5月10日:ゲームが初めて開発された
  • 2009年5月12日:パフォーマンスの問題が修正された
  • 2009年5月13日 (16:41 UHC):ノッチはフレームごとに 2 チャンクをアップデートするようにした。ゲームは空チャンクを生成し、FPSも誤っていた。
  • 2009年5月13日 (16:48 UHC):ゲームがより滑らかに動作するようになった(78fps、288 チャンク・アップデート)。
  • 2009年5月13日 (16:51 UHC):チャンクが8×8×8から16×16に変更された。これがノッチのYouTubeチャンネルで紹介したビルドである。

動画[編集 | ソースを編集]

オリジナル
再アップロード

脚注[編集 | ソースを編集]