Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

ブロック

提供: Minecraft Wiki
Blocksから転送)
移動先: 案内検索
Java Edition 1.15.2の全てのブロック。

ブロック(英:Block)は、ゲームのワールドに直接配置できるMinecraftの基本的な構造物の単位である。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

水中のサンゴ礁で発生するさまざまな異なるブロック。が地面を覆っているのが見られ、研がれた砂岩が海底遺跡構造物にあり、さまざまな形のサンゴが見られる。

ブロックは1立方メートルのセルの3次元グリッドに配置される。通常、各セルには1つのブロックが含まれている。例外としてハーフブロックツタの層、カメの卵シーピクルスなどが存在する。

ブロックと流体は一緒になってゲーム内の環境を構築し、そのほとんどは収集してさまざまな方法で利用できる。砂岩などの一部のブロックは不透明で、立方メートル全体を占めているが、ガラスなどの他のブロックは透明または非固体である。爆発は、いくつかのブロックを他のブロックを破壊するよりも簡単に破壊する。

空気は特別なブロックである。それは、ブロックの不在の代わりとなる、壊れない透明なブロックである。Java Editionでは、洞窟の空気奈落の空気の2つの変種がある。

松明グロウストーンなどの一部のブロックは、を放つ。これらが放つ光の強さは大きく異なる。詳しくは光量の表を参照すること。不透過ブロックは光を完全に遮るが、透過ブロックは光になんの影響も与えなかったり、遮断したり、弱めたりする。

赤い砂砂利金床ドラゴンの卵コンクリートパウダー足場[Bedrock Edition限定]を除き、ほぼすべてのブロックが重力を無視する。

壊れると、次の場合を除いて、ブロックはそれらに関連付けられたサウンドパーティクルを放出する。

  • ブロックがピストンによって取り除かれたとき。[1]
  • ブロックが重力の影響を受けて無効なスペースに落ちた場合‌[Java Edition限定][2]
  • 耐久度の不足または落下によって破壊された金床。パーティクルのみが欠落する。[3]
  • それが洗い流せるブロックであり、流れる流体によって洗い流された場合。[4]
  • それが他のブロックに置き換えることができるブロックであり、置き換えられた場合。[5]
  • ブロックが別のブロックによって支えられており、その支えているブロックが削除された場合。[6]
  • ブロックがであり、枯死した場合。[7]

ブロックの高さ[編集 | ソースを編集]

多くの固体ブロックは高さが1メートルだが、特定のブロック(特にハーフブロック階段)は非標準的な高さを持つ。

高低差が最大0.6 (35) ブロックまでであれば、プレイヤーは自動的に低所から高所へと上る事が出来る。

テクスチャ[編集 | ソースを編集]

ブロックの表面のテクスチャは16×16ピクセルである。多くのブロックは、デフォルトでは1立方メートルに相当するが、モデルによりその形状を変更できる。

ほとんどのブロックのテクスチャは静止しているが、溶岩ネザーポータルエンドポータルエンドゲートウェイプリズマリン(ハーフブロック、階段、塀)、シーランタンマグマブロック海草コンブランタン、火のついた焚き火、それらの魂の変種、火のついた溶鉱炉熱ブロック菌糸、火のついた燻製器石切台コマンドブロックアニメーションする。

プレイヤーはリソースパックを用いて、アニメーションの有無を含むブロックのテクスチャと解像度を変えることが出来る。また、モデルを使用するブロックの形状を変えたり、等しい高さと幅でブロックのサイズをあらゆるサイズに変えることが出来る(サイズは2の冪数の方が上手く機能しやすい)。

ブロック一覧[編集 | ソースを編集]

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

これらのブロックは、Bedrock Editionでのみアクセスできる。このエディションでは、額縁はブロックエンティティとして機能し、古いストーンカッターはインベントリ編集によってのみ取得でき、輝く黒曜石、不可視の岩盤、およびネザーリアクターコアは全く入手できないが、古いワールドには存在し続ける。

Education Edition限定[編集 | ソースを編集]

これらのブロックにアクセスできるのは、Education Editionと、Bedrock Editionで教育オプションが有効になっている場合のみである。(元素はここにリストされていない。)

削除されたブロック[編集 | ソースを編集]

削除されたブロックは現在のバージョンのゲームには存在しない。

テクニカルブロック[編集 | ソースを編集]

Java Edition 1.6.1までのテクニカルブロック。この画像のブロックは、耕地スポナーを除いて、現在のMinecraftバージョンでは使用できなくなった

テクニカルブロック(英:Technical block)は、主な機能が他のブロックの使用に厳密に関連付けられているブロックである。それらは通常のゲームプレイでは入手できない。それらのほとんどは、コマンドや外部エディターでさえも取得できないが‌[Java Edition限定]コマンドModにより取得できるものもある。それらはゲーム内のイベント中に様々な目的を果たす。取得した場合、通常は テクスチャが不足している。

これらのブロックの多くは、ブロック以外の形でインベントリに保持できる。を発生させるために火打石と打ち金が使用でき、溶岩はそれぞれバケツに入れることができ、ベッドドアケーキ植木鉢などのブロックには独自のインベントリアイテムが存在する。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition pre-Classic
rd-132211設置と破壊が可能なブロックが追加された。
空気が追加されたが、内部的にはブロックではなかった。
rd-160052さまざまなブロックの種類がサポートされるようになった。
新しいパーティクルがブロックを壊すときに出るようになった。
動的なブロックがサポートされるようになった。
ブロックを拾う機能が追加された。
Java Edition Classic
?複数のサウンドがブロックに追加された。
2009年8月4日ブロックを破壊するとそれらを拾って配置でき、インベントリに追加したり、削除したりできるようになった。
2009年8月14日ブロックを壊すためにマウスボタンを押し続けてブロックを壊すアニメーションを作成する必要があるという要件が初めて示された。
0.27 SURVIVAL TESTプレイヤーが10個のTNTブロックを持ってスタートし、から丸石原木から木材金鉱石から金ブロック鉄鉱石から鉄ブロック石炭鉱石から石のハーフブロックヒツジから白い羊毛を得らるようになった。
0.28右クリックでブロックを追加し、左クリックで削除することができるようになった。
プレイヤーが自然に発生するブロックを使用して建築ができるようになった。
プレイヤーが、本棚スポンジ、色のついた羊毛レンガ黒曜石苔石を使えるようになった。
サーバーオペレーター岩盤も使えるようになった。いくつかのカスタムサーバーでは草ブロック流体も配置できるようになった。
すべての新しいブロックタイプが追加された。
Java Edition Indev
0.31 20091223-2ブロックを地面にドロップできるようになった。
地面に投げられたブロックも拾うことができるようになった。
0.31 20100122リソースアイテムにブロックを配置できるようになった。その結果、リソースアイテムを押し出せるようになった。
0.31 20100125-1新しいブロックパーティクルが追加された。
Java Edition Infdev
20100227プレイヤーの内側にブロックを配置できるようになった。
20100413プレイヤーの内側にブロックを配置することは不可能になった。
20100617-2固体ブロックが窒息を引き起こすようになった。
Java Edition
1.7.213w37aベッド (26)、ピストンヘッドと伸長部 (34 & 36)、レッドストーンワイヤー (55)、小麦の作物 (59)、立っているまたは壁に付けられた看板 (63 & 68)、木と 鉄のドア (64 & 71)、光っているレッドストーン鉱石 (74)、消えているレッドストーントーチ (75)、サトウキビ (83)、ケーキ (92)、動力なしまたはありのリピーター (93 & 94)、カボチャスイカの茎 (104 & 105), ネザーウォート (115)、醸造台 (117)、大釜 (118)、光っているレッドストーンランプ (124)、トリップワイヤー (132)、植木鉢 (140)、頭蓋骨 (144)、動力なしまたはありのコンパレーター (149 & 150)の26のテクニカルブロックのアイテム形態を得る能力が削除された。
13w38b空気が内部的にブロックになった。[8]そして、インベントリに保持できるようになった。Missing texture MissingTextureInventory.png になる。
13w38c空気がインベントリに保持できなくなった。
1.814w25a静止した溶岩のブロック (8, 9, 10 & 11)、重なった石と木のハーフブロック (43 & 125)、ブロック (51)、ネザーエンドポータルブロック (90 & 119)、 カカオのさや (127)、ジャガイモニンジンの作物 (141 & 142) の12のテクニカルブロックのアイテム形態を得る能力が削除された。
ブロックが、スーパーフラット設定メニューのアイコンとして、それぞれに最も近いアイテム形態を表示するようになった。
14w26bモンスタースポナー (52) と耕地 (60) を除く全てのテクニカルブロックは、アイテムモデルが存在しないため、インベントリではMissing texture Missing Texture Block.png になった。
1.915w49a点火したかまど (62) のアイテム形態を得る能力が削除された。
Pocket Edition Alpha
Pre-release限定の青緑色の花不可視の岩盤が追加された。
ブロックはインベントリでは2Dだった。
0.2.0ブロックを破壊すると、プレイヤーはそれらを拾って配置でき、インベントリに追加したり、削除したりできるようになった。
ブロックがインベントリでも3Dになった。
0.2.1ブロックの破壊アニメーションが追加された。
0.5.0限定のネザーリアクターコア輝く黒曜石が追加された。
0.6.0限定のストーンカッターが追加された。
0.9.0?青緑色の花が削除された。
0.12.1build 1ネザーリアクターコアサバイバルまたはクリエイティブで入手できなくなった。
0.13.0build 1ストーンカッターのレシピと機能が削除された。クリエイティブインベントリから得ることはできる。

問題点[編集 | ソースを編集]

「ブロック」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 特定のブロックは、通常の方法では配置できない位置を有効な位置として解釈する場合がある。たとえば、/setblock またはバグを介して空中に配置された看板は、更新された場合でも、破壊されるまで、またはブロックがその下に配置されて破壊されるまで、空中に留まる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]